2018年8月14日 更新

カラーアイライナーで遊び心をプラス♡選び方と使い方

カラー アイライナー 使い方 選び方「カラーアイライナーってどうやって使うのかな?」「挑戦してみたいけど、どの色がいいのかな?」と、お悩みではありませんか?

目もとを印象的に魅せるカラーアイライナーは、いつものメイクにプラスするだけで雰囲気を変えることができるすぐれもの。
今回は、そんなカラーアイライナーの選び方と使い方をご紹介します。

★おすすめのカラーアイライナーはこちらの記事でご紹介中!



1.カラーアイライナーの選び方

カラー アイライナー 使い方 選び方カラーアイライナーには、明るめのものから落ち着いたものまでさまざまな色味があります。
また、通常のアイライナーと同様にいくつかのタイプが存在します。

1-1.カラーアイライナーを「色」で選ぶ場合

カラーアイライナー初心者が「色」で選ぶ場合は、できるだけ落ち着いた色にするのがおすすめです。

また、使うアイシャドウと同系色のものを選ぶと、ラインだけ浮くことも避けることができます。
パステル系などの白に近い色は、上まぶたに使うとやや不自然になってしまいますが、下まぶたに使えば目もとを明るく見せることができるでしょう。

■カラーアイライナー:ピンク系

カラー アイライナー ピンクビビッドなピンクから白に近いパステルピンクまで、色の種類も豊富。
はっきりしたビビッドなピンクは、目もとにかわいらしい印象を与えることができます。

■カラーアイライナー:赤(レッド)系

カラー アイライナー レッド 赤赤は、強さを感じる大人っぽい目もとを演出することができる色です。
ボルドーなどの落ち着いた色味を使うと、女性らしい色っぽさが引き立ちます。

■カラーアイライナー:紫(パープル)系

カラー アイライナー パープル 紫紫のカラーアイライナーを使えば、エレガントで女性らしい目もとを演出することができます。
アイシャドウで目のキワにいれる色として使われることも多いので、比較的使いやすい色でしょう。

■カラーアイライナー:青(ブルー)系

カラー アイライナー 青 ブルー青は、知的でクールな印象を演出します。
落ち着いたネイビーは黒にも近いので、初心者の方にもおすすめです。

■カラーアイライナー:緑(グリーン・カーキ)系

カラー アイライナー グリーン 緑 カーキトレンド感のあるおしゃれな目もとをつくることができるのが緑系のアイライナー。
特に黄みがかったカーキは、肌にもなじみやすく使いやすいでしょう。

1-2.カラーアイライナーを「タイプ」で選ぶ場合

アイライナーには主に3つのタイプがあり、それぞれに特徴・魅力があります。お好みや目的に合わせて選びましょう。

■ペンシルタイプのアイライナー

リップペンシル削って使う鉛筆型、削る必要のない繰り出し式、アイシャドウとしても使えるクレヨン型など、種類もさまざまあるペンシルタイプのアイライナー。

安定感があり描きやすく修正もしやすいので、アイライナー初心者の方にもおすすめです。

■リキッドタイプのアイライナー

アイライナー ブラウン 1先端が筆のようになったリキッドタイプのアイライナーは、フェルトペン・筆ペン・細筆など、筆先の形状にもさまざまな種類があります。
細部まで綺麗に描くことができ、比較的落ちにくいのが魅力です。

■ジェルタイプのアイライナー

アイライン 引き方 初心者ジェルタイプのアイライナーは、ジャー(容器)に入ったジェルをブラシに取って使うのが主流ですが、最近ではジェルがペンシル型になったものも多く販売されています。
ペンシルタイプとジェルタイプのメリットを併せ持っているのが特徴で、なめらかな描き心地も魅力の一つでしょう。

2.カラーアイライナーの使い方

ヴィセ カラーインパクトリキッドライナーカラーアイライナーの使い方を変えるだけで、同じ色でも印象が異なる目もとを演出することができます。
上下どちらのまぶたに使うかでも雰囲気が変わるので、好みに合わせて選びましょう。

この章では、カラーアイライナーの使い方のアイデアをいくつかご紹介します。
シーンやお好みに応じて、さまざまな使い方を楽しんでみてくださいね。

2-1.カラーアイライナーの使い方①上まぶた

■目の上全体に描く

カラーアイライナーを主役にしたメイクにおすすめ。目もとをより印象付けることができます。
カラー アイライナー 使い方目のキワに沿って、カラーアイライナーで丁寧にラインを描きましょう。

よりくっきりとした目もとを演出したいときは、カラーアイライナーの前に黒やブラウンのアイライナーでまつ毛の隙間を細く埋めておくのもおすすめです。

■目尻に描く

黒のアイラインを引いてから目尻にだけカラーアイライナーをプラスすることで、さりげなく色を入れることができます。カラーアイライナー初心者の方にも挑戦しやすい使い方です。
カラー アイライナー 使い方 2黒目の上あたりから、目尻にかけて太くなるようにカラーアイライナーを入れましょう。

目尻を跳ね上げるように引くとキャットアイのようなはっきりした雰囲気に、目のキワに沿って目尻を軽く下げるように引くと優しい雰囲気になります。

2-2.カラーアイライナーの使い方②下まぶた

■目の下(下まぶた)全体に描く

目の下にカラーアイライナーをプラスすると、色が際立って個性的な仕上がりになります。
カラー アイライナー 使い方 下まぶた上まぶたには使いにくいパステル系のような明るい色も、目の下に入れることでうるんだ瞳を演出することができるでしょう。

■下まぶたの目尻に描く

下まぶたの目尻に差し色としてカラーアイライナーを使うことで、いつものメイクを新鮮な印象にチェンジすることができます。
カラー アイライナー 使い方 目尻 下まぶた下まぶたのキワ、目尻側3分の1くらいにラインを描きましょう。

3.まとめ

カラー アイライナー 使い方 選び方カラーアイライナーは、目もとの印象を簡単に変えることのできるとても便利なアイテムです。
ぜひいつものメイクにプラスして、アイメイクを楽しんでみてくださいね。

関連記事

カラーアイライナーおすすめ30選【タイプ別】デパコスもプチプラも
【ヴィセ】カラーインパクトリキッドライナー全色レビュー【カラーアイライナー】
もう手放せない!ラブ・ライナー リキッド&ペンシル全色レビュー♡
フローフシのアイライナー「モテライナーリキッド」全5色レビュー!
【検証】セザンヌジェルアイライナーの実力とは!全4色レビューも
本当に100円!?クレヨンタッチミーのカラーコスメが優秀すぎる♡
大人女子的ネイビーアイライナーの合わせ方&おすすめ6選
資生堂のジェルライナー「インクストロークアイライナー」レビュー