2019年4月10日 更新

乾燥したまぶたへ!3つの対策とおすすめ目元用クリーム

まぶた 乾燥 アイクリーム

毎年まぶたが乾燥してカサカサするから、今年こそ乾燥を防いでまぶたのうるおいを保ちたいと思っていませんか?

アイメイクはうまくのらないし、目元に腫れや赤み、かゆみがでると気持ちがブルーになってしまいますね。
まぶたの乾燥は放っておくと、シワやたるみの原因になることもあるので、早めのお手入れで予防することが大切です。

今回は、まぶたの乾燥を防ぐ3つのお手入れポイントと、おすすめのアイクリームをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

1. なぜまぶたは乾燥しやすいの?

まぶた 乾燥 アイクリームまぶたの皮膚はもともと薄くてデリケート。さらに、まばたきのために常に動いているので伸縮しやすい部分でもあります。また、アイメイクに力をいれる女性は、メイクやクレンジングでまぶたに摩擦による負担をかけてしまいがちです。

まぶたの乾燥を放っておくと、たるみやシワの原因になってしまうことがあります。
人の視線を集める目元は、まさに見ため年齢を左右する印象の要!乾燥を防いでうるおいとハリのある目元を目指しましょう!

2. すでにまぶたが乾燥しているときの対策

まぶた 乾燥 アイクリームまぶたが乾燥し、肌荒れして赤みやヒリつきを感じる場合には、まずはアイメイクを控えましょう。
ふだんは肌をすこやかに保ってくれる化粧品の成分も、まぶたが乾燥して肌荒れを起こしてしまっているときには負担が大きいことがあるため、肌のお手入れも極力控えることをおすすめします。

花粉や化粧品の成分によるアレルギーで、まぶたが乾燥したようにかぶれている場合もあります。まぶたの乾燥が気になるときには、専門医の受診を検討してみてください。

3. まぶたの乾燥を防ぐ3つのポイント

まぶたの乾燥を防ぐために、普段の生活で気を付けるべき3つのポイントをご紹介します。

3-1.負担を避けるアイメイク・クレンジング

まぶた 乾燥 アイクリームまぶたが乾燥しやすい方は、できるだけアイメイクを控えめにしましょう。アイメイクをしないのが理想的ですが、メイクをしたい場合には目元専用のリムーバーで摩擦を起こさないようにオフすることをおすすめします。

ここでは、負担をおさえてアイメイクをオフするために、おすすめのクレンジング方法をご紹介します。

《アイメイクの落とし方》

① リムーバーを浸したコットンをまぶたにのせ、10秒数えてメイクを浮かす

まぶた 乾燥

②上まぶたと下まぶたを、 そっとなでるように挟んでメイクをオフする

まぶた 乾燥引っ張るとまつ毛が抜けてしまうことがあります。やさしく挟み込むようにしてください。

③ 落ちきらなかったメイクは、リムーバーを含ませた綿棒でやさしく拭き取る

疲れている時などはつい適当に済ませたくなりますが、ぐっとこらえて毎日基本に忠実にクレンジングをしましょう!

3-2.日中も保湿

まぶた 乾燥まぶたが乾燥しやすい方は、目元の保湿を朝晩だけでなく日中も行いましょう。
メイクや紫外線、強い空調などによって、まぶたは日中が最も乾燥しやすいと考えられているからです。

少し面倒に感じるかもしれませんが、アイメイクは一度オフしてから保湿をするのがおすすめです。

力の入りにくい薬指でアイクリームをとり、やさしい力加減でまぶたをタッピングしてなじませましょう。
アイクリームの使い方については、「4-2.アイクリームの使い方」で詳しくご紹介しています。そちらもあわせてご覧ください。

3-3.サングラスで紫外線を避ける

まぶた 乾燥 アイクリーム紫外線も乾燥の原因になることがあります。朝のお手入れでは必ず日焼け止めを塗り、日中に外を歩くときは帽子や日傘にプラスしてサングラスをかけるようにしてください。

帽子や日傘だけでは降り注ぐ紫外線は避けられても、地面に反射したものを防ぎきることは難しいと考えられています。サングラスをかけてしっかり紫外線に対策しましょう。

≪サングラスの選び方≫
サングラスは濃い色のものが紫外線を通さないと思われがちですが、実はそうとは限りません。選ぶときには「紫外線透過率」、または「紫外線カット率」をチェックしてください。

・紫外線透過率・・サングラスがどれだけ紫外線を「通すか」を示す数字です。
この数字が低いほど、紫外線を通さないことになります。

・紫外線カット率・・サングラスがどれだけ紫外線を「通さないか」を示す数字です。
この数字が高いほど、紫外線を通さないことになります。

4. まぶたの乾燥を防ぐおすすめ保湿アイクリーム

まぶた 乾燥 アイクリームまぶたの乾燥対策には、「保湿」がもっとも大切です。
日常的にアイクリームを使用し、目元にうるおいを与えて乾燥を防ぎ、すこやかに保ちましょう。

アイクリームには、肌にうるおいを与えるほか、「ハリを与える」「肌をなめらかにする」などそれぞれのアイテムに特徴があります。
理想の目元をイメージしながら、目的にあったアイクリームを選んでみてください。

4-1.まぶたの乾燥を防ぐおすすめ保湿アイクリーム

ここでは、まぶたの乾燥を防ぐ肌らぶ編集部おすすめのアイクリームをご紹介します。
肌にうるおいとハリを与えてくれるアイクリームを選びました。

アテニア アイエクストラセラム
アテニア アイエクストラセラム詳細をチェック!価格:3,048円(税抜)

植物由来の保湿成分「アロエベラ葉エキス」「セイヨウキズタエキス」を配合したアイクリームです。肌にうるおいを与えて、いきいきとした目元印象へ導きます。ローズマリー・ゼラニウム・オレンジのさわやかな香りも魅力的。毎日のスキンケアタイムを楽しく彩ってくれます。

詳細をチェック!キュレル アイゾーン美容液(医薬部外品)
プチプラ 美容液  詳細をチェック!

価格:1,760円(税抜)・肌らぶ編集部調べ

カサつきやすい敏感な目元のためにつくられた、肌荒れを防いでキメを整える目元用美容液です。コクのあるジェルが肌にふっくらとなじみ、しっかりとどまる使い心地。目元にうるおいを与えることで、メイクのりをよくしてくれます。

詳細をチェック!アベンヌ フィジオLF アイ
アベンヌ フィジオLF アイ詳細をチェック!価格:3,800円(税抜)・肌らぶ編集部調べ

整肌保湿成分「レチナール」配合。肌にしなやかなハリを与えて引き締め、乾燥による小じわを目立たなくします* 。なめらかなテクスチャーで、乾燥が気になるまぶたにもスーッと伸びてうるおいを保ちます。1回の適量をだしやすいポンプ式。
*効能評価試験済み

詳細をチェック!メルヴィータ アルガン コンセントレイト ピュア アイクリームメルヴィータ アルガン コンセントレイト ピュア アイクリーム

詳細をチェック!

価格:5,000円(税抜)

オーガニック認証機関「エコサート」の認証取得済み、全成分のうち25%がオーガニック成分でつくられているので自然派の方にもおすすめのアイクリームです。アルガンオイルとその果肉を整肌成分として配合。肌にハリを与えてなめらかにします。

詳細をチェック!

箸方化粧品 目元クリーム
はしかた化粧品 目もとクリーム2価格:550円(税抜)
詳細をチェック!

シンプルなパッケージが特徴の”箸方化粧品”は、店舗は京都のみですが公式オンラインショップで購入できるキンケアブランドです。こちららのアイクリームはプチプラながら、保湿成分「ヒアルロン酸」「スクワラン」「天然ビタミンE(トコフェノール)」を配合し、肌にうるおいを与えてすこやかに保ちます。

詳細をチェック!

4-2.アイクリームの使い方

まぶた 乾燥 アイクリームアイクリームを使うときには、魅力を実感しやすくなるように使い方にも気をつけましょう。
ここでは、アイクリームの基本的な使い方についてご紹介します。

①スキンケアの前には手を清潔にする

正しいスキンケア ニキビ 順番 メンズ 毛穴 やり方 美肌

肌をお手入れする前に、まず手を洗って清潔な状態にしましょう。汚れた手で顔を触ると、手の雑菌が肌について肌荒れの原因になってしまうことがあります。

洗うのが億劫だと感じる方は、スキンケアアイテムの隣にウェットティッシュを用意して手を拭くことをおすすめします!

②アイクリームは乳液の後、クリームの前に使う

アイクリームスキンケアアイテムは、油分の少ないものから順番に使うのが基本です。アイクリームは乳液の後、クリームの前に使うようにしましょう。

ただし、お使いのアイクリームに説明書きがある場合には、そちらを優先するようにしてください。

③アイクリームは目頭から目尻の方向になじませる

フローフシ アイクリーム 使い方①アイクリームは、目頭から目尻の方向へなじませましょう。こうすることで、目の周りの血行を良くすることが期待できます。

こするのではなく、なじませることを意識してぽんぽんとやさしい力加減で叩き込むようにしてください。

5. まとめ

まぶた 乾燥 アイクリームいかがでしたでしょうか。小まめな保湿と普段の生活に気をつけることで、デリケートなまぶたの乾燥を防ぐことが期待できます。

ハリとうるおいのある目元でいられるように、毎日少しずつ頑張りましょう。

◆目元ケア・アイクリーム 肌らぶ関連記事◆

「アイクリームの使い方」順番と塗り方をチェック!
おすすめのアイクリーム
目元パックのおすすめと使い方
目もとの乾燥対策をチェック!
メイクの上から保湿する方法とは?

作成者情報

肌らぶ編集部
キレイになりたいあなたに価値ある情報を提供する美容メディア「肌らぶ」編集部。スキンケア・メイクを中心に、みなさまのキレイに寄り添った記事を日々執筆中。肌のお悩みからコスメの最新トレンド情報までお任せください!

⇒肌らぶ編集部員一覧を見る