2018年1月17日 更新

酵素洗顔料おすすめ5選!毛穴の黒ずみ・古い角質すっきり!

酵素洗顔 おすすめ 人気 TOP「酵素洗顔を使ってみたいけど、どんなものを選べば良いのかな…」とお悩みではありませんか?

酵素洗顔は、古くなった角質を柔らげ、肌をなめらかに洗い上げることや、化粧品の肌なじみの良さが実感しやすいことなどが魅力です。

最近では、さまざまな種類の酵素洗顔料が販売され、注目の洗顔料として美容感度の高い女性をはじめとして熱い視線を集めています。

そこで今回は、肌らぶ編集部おすすめの酵素洗顔5つと、酵素洗顔を使用する際のポイントについてご紹介します。

1.肌らぶ編集部おすすめ酵素洗顔料5選

酵素洗顔 おすすめ 人気 効果まずは、肌らぶ編集部が選んだおすすめの酵素洗顔料をご紹介します。

今回選んだ商品はパウダータイプで、肌にうるおいを与えながら洗い上げる酵素洗顔料を5つ選んでみました。

ぜひ、お好みのものを見つけてみてくださいね。

suisai ビューティクリアパウダーウォッシュ

suisaiビューティクリアパウダーウォッシュ(酵素洗顔)黒ずみ 毛穴価格:オープン価格
内容量:0.4g×32個、トライアル 0.4g×15個

カネボウのエイジングケアライン「suisai」から発売されている酵素洗顔料です。
複数の酵素を組み合わせた、粗めのパウダー。酵素をシルクでコーティングし、使用する際に酵素の魅力を発揮できるような独自の工夫が施されているのが特長です。ドラッグストアはバラエティショップで気軽に買えるのも嬉しいですね。
毛穴の黒ずみ汚れ・角栓・ザラつき・古い角質を取り去り、すべすべの肌に洗い上げます。個包装タイプなので、旅行にも便利です。

公式HPはこちら(推奨)

アルファピニ28 コーラルクリア パウダーウォッシュ

アルファピニ28 コーラルクリア パウダーウォッシュ価格:3,000円(税抜)
内容量:40g

自然の洗浄成分「パパイン酵素」が配合された、パウダータイプの酵素洗顔料です。
保湿成分に「アオノクマタケラン」、「クマタケラン」、「サトウキビ」を配合。
洗顔におけるつっぱり感を気にされている方にもオススメです。
サンゴ末とクレイが毛穴の黒ずみや皮脂汚れを吸着し、生クリームのような濃密な泡ですっきりと洗い上げます。
洗った後はしっとりもちもち!

公式HPはこちら(推奨)

ヴァーナル 薬用ウォッシュパウダー(医薬部外品)

ヴァーナル ウォッシュパウダー価格:3000円(税抜)
内容量:0.5g×30包

自然の洗浄成分、パパイン酵素を配合した酵素洗顔パウダーです。
1回分が個包装の使い切りタイプ。いつでもフレッシュは酵素洗顔が楽しめます。
水と混ぜてパックとして使うこともでき、2通りの使い方ができるのもポイント!
古い角質を洗い落とし、キメを整えすこやかな肌をキープします。むき卵のようにつるんとした洗い上がりが魅力的です。

公式HPはこちら(推奨)

持田ヘルスケア Collage(コラージュ)洗顔パウダー

コラージュ洗顔パウダー(酵素洗顔 ランキング)価格:1,600円(税抜)、2,839円(税抜)
内容量:40g、80g

低刺激・無香料・無色素。敏感肌の人にもおすすめの酵素洗顔料です。
洗浄補助成分として「プロテアーゼ」という酵素を配合。肌表面の皮脂汚れや毛穴の黒ずみ、古い角質をすっきり洗い落とすことができます。
ゴワつきやザラつきの気になる肌を柔らげ、もっちりと吸い付くような洗い上がり。
化粧水や美容液を角質層までしっかり浸透させたい方、 化粧水や美容液などの肌なじみも良くなります。

公式HPはこちら(推奨)

ロート製薬 Obagi(オバジ)酵素洗顔パウダー

オバジC酵素洗顔パウダー(酵素洗顔 ランキング)価格:1,800円(税抜)
内容量:0.4×30個

独自の皮膚科学に基づき、ロート製薬の技術とアイデアで生み出したブランドObagiの酵素洗顔料です。洗浄成分に酵素である「プロテアーゼ」、「リパーゼ」、整肌保湿成分「ビタミンC(アスコルビン酸)」を配合。1日1回の使用で毎日の使用がおすすめ。穏やかな泡が皮脂汚れや、毛穴の黒ずみになじんで、すっきりと洗い落とします。
洗顔後のスキンケアが角質層までしっかり浸透し、メイクのりも期待できるでしょう。

公式HPはこちら(推奨)

2.酵素洗顔について

酵素洗顔 泡 毛穴の黒ずみ 角栓酵素洗顔は、通常の洗顔では落としにくい汚れを落とすことのできる洗顔と言われています。

そのため、肌表面の古い角質を柔らげ、化粧水の肌なじみをしっかり実感するようなお手入れをしたい方におすすめです。

また、酵素洗顔を使用すると、なめらかでつるんとした肌になるため、肌のごわつきが気になる方、肌の色がなんとなく曇った印象の方におすすめします。

酵素洗顔は、一般的にはパウダータイプの泡立てて使用するものが多いですが、泡立てずにパックのように塗るものや石けんタイプ等、商品によって使用方法もさまざまです。

自分の好みに合わせて、お好きなタイプを選ぶと良いでしょう。

3.酵素洗顔をするときのポイント

酵素洗顔 おすすめ 人気ここでは酵素洗顔を使用する際のポイントを4つご紹介します。

洗顔時に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

①使用方法・使用頻度を守る

酵素洗顔 泡 毛穴の黒ずみ 角栓酵素洗顔の使用方法は、それぞれの洗顔料によって異なります。

普段通りの洗顔として使用するもの、通常の洗顔の後に使用するものなどがあるため、製品ごとの使用方法に従いましょう。

また、使用頻度の目安も異なります。

酵素洗顔を初めて使用する際は、週1回程度から初めてみるのも良いでしょう。

②肌荒れしているときは使用を控える

酵素洗顔 泡 毛穴の黒ずみ 角栓

肌が荒れているときの酵素洗顔は控えましょう。肌荒れしているときは洗顔に、肌に負担がかからないよう丁寧に行うことが大切です。

肌荒れしているときの洗顔ポイントは以下の3つです。

1. 洗顔料の使用は控える
2. 洗顔は32度程度のぬるま湯でする
3. 丁寧に洗う

すこやかな肌のためにも、その時の自分の肌状態に合わせた洗顔をしていきましょう。

③丁寧な洗顔を心がける

酵素洗顔 泡 毛穴の黒ずみ 角栓

これは酵素洗顔以外にも、全ての洗顔に共通して言えることですが、洗顔は丁寧に行うことが大切です。

ゴシゴシと力を入れて洗顔をしてしまうと、肌を傷つけてしまう可能性があります。

洗顔を行う際はできるだけ濃密な泡を作り、クッションのようにして洗うと良いでしょう。

④酵素洗顔後は保湿をしっかり行う

酵素洗顔 おすすめ 人気

酵素洗顔をした後は、うるおいを与えるお手入れをしっかり行いましょう。

保湿はすこやかな肌を保つスキンケアの基本です。酵素洗顔をすると、肌に化粧品が角質層まで浸透しやすくなると言われています。

肌に化粧水、美容液、乳液などをなじませる時は、やさしい力加減で顔を包み込むようにハンドプレスしていくと良いでしょう。

4.酵素とは?

酵素 洗顔

そもそも、酵素洗顔に含まれる「酵素」には一体どんな役割があるのかご存じでしょうか?

酵素は、人間の体内でつくりだすことができる、人が生きていくうえで欠かせないものと言っても過言ではないでしょう。

人間の体内ではそれぞれの場所に適した役割を持つ酵素がつくられ、ある栄養素から新しい成分をつくりだすもの、食べ物を消化するもの、何かの形を変化させて違うものをつくるもの等、その場所や動きによってさまざまな役割があります。

もちろん、人間の体内でつくられるだけではなく、植物や動物も酵素を持っていて、その種類は数千から数万種類あるとも言われています。

5.まとめ

酵素洗顔 おすすめ 毛穴 黒ずみ スキンケア

酵素洗顔は、角質や毛穴の汚れ、肌のゴワつき、ザラつき等が気になる方におすすめの洗顔です。

また、酵素洗顔をした後の肌は、余分な古い角質が洗い落とされ、肌が柔らかくなるのでお手持ちの化粧品も肌になじみやすくなります。

酵素洗顔を普段のお手入れアイテムにプラスして、つるんとなめらかなたまご肌を目指してみてはいかがでしょうか。

もっとスキンケアが楽しくなりそうですね。