いちご鼻 原因

スキンケアアイテム

2016.12.06 Tue

おすすめ洗顔石鹸!財布に嬉しいプチプラアイテム

#プチプラ #洗顔

洗顔石鹸 おすすめ ランキング(プチプラ)「コストパフォーマンスの良い、プチプラの洗顔料がほしいなぁ…。」と考えてはいませんか?

洗顔石鹸は毎日使うものだからこそ、プチプラで手に入りやすいものを使ってみたいですよね!

今回は、肌らぶ編集部員がセレクトした1,000円以下(税抜)のプチプラ洗顔石鹸をご紹介します!

ぜひ、洗顔石鹸を選ぶ際の参考にしてみてください。

1.1,000円以下!おすすめ洗顔石鹸

それでは早速、肌らぶ編集部おすすめのプチプラ洗顔石鹸を発表します!

今回は、1,000円以下(税抜)の洗顔石鹸の中から、肌の水分と油分を保ちながら肌を清浄にする洗顔石鹸を選びました。

資生堂 ホネケーキ(エメラルド)NA

資生堂標準重量:100g
価格:550円(税込み)

クリーミーな泡で肌の汚れを洗い落とすことで、肌をなめらかにする洗顔石鹸です。
透き通ったエメラルドグリーンの見た目も印象的で、飾っておきたくなるような美しさです。

詳細をチェック!

MARKS&WEB ハンドメイドボタニカルソープ オリーブ/スクワラン

MARKS&WEB標準重量: 100g
価格:436円(税抜)

エモリエント(保湿)成分のオリーブ油、スクワラン配合の洗顔石鹸です。
なめらかな泡立ちで、つっぱりにくくしっとりと洗い上げます。
とてもシンプルな見た目で、洗練された印象がステキです!!

詳細をチェック!

ちふれ 洗顔石けん(枠練り)

ちふれ標準重量:80g
価格:350円(税抜)

プチプラ化粧品でおなじみのブランド「ちふれ」の、シンプルなつくりの洗顔石鹸です。キメ細かい泡立ちが特徴的で、肌をすっきりと洗い上げます。無香料・無着色・ノンアルコール。

詳細をチェック!

松山油脂 M-mark アミノ酸洗顔せっけん

松山油脂標準重量:90g
価格:700円(税抜)

「釜焚き製法」(鹸化法)という昔ながらの手法でつくられた洗顔石鹸です。
マイルドな洗い上がりでつっぱりにくいため、乾燥しやすい方にもおすすめです。
保湿成分「2種類のアミノ酸(プロリン、グリシン)」「PCAナトリウム」などを配合。

詳細をチェック!

コーセーコスメポート 黒糖精 うるおい石けん

黒糖精標準重量:100g
価格:780円(税抜)※肌らぶ編集部調べ

濃密でもっちりとした泡がつくれる洗顔石鹸です。
肌のうるおいを奪いすぎることのない、しっとりとしたなめらかな洗い上がりです。
黒糖精のオリジナル保湿成分「黒糖発酵エキス」を配合しています。

詳細をチェック!

BCL クレンジングリサーチ ソープ

AHAソープ標準重量:100g
価格:800円(税抜)

角質ケアを毎日のスキンケアに気軽に取り入れられるように、という想いから開発された洗顔石鹸。肌の不要な角質や汚れを洗い落とし、すっきりと洗い上げます。
爽快感も感じられるような、みずみずしいアップルの香りも魅力的です。

詳細をチェック!

牛乳石鹸共進社 自然ごこち 洗顔石けん 茶

自然ごこち茶 標準重量:80g
価格:700円(税抜)

弾力のある泡立ちと、すっきりとした緑茶の香りが特徴的な洗顔石鹸です。
うるおい成分として京都宇治茶エキスを配合。
古い角質や皮脂汚れを落として、肌をすこやかに保ちます。

詳細をチェック!

NOV ノブ ソープ D

NOV標準重量:100g
価格:1000円(税抜)

洗顔だけでなく全身にも使える、デリケートに傾きやすい肌のことを考えてつくられた石鹸です。汚れをしっかり落としながら、肌に必要なうるおいは残し、つっぱりにくい洗い上がりです。無香料・無着色。

詳細をチェック!

2.洗顔石鹸を選ぶポイント

洗顔石鹸はさまざまな種類があるため、自分にあったものを選ぶためにも、以下のポイントを意識して選んでみましょう!

①肌の状態に合わせた洗い上がりのものを選ぶ

洗顔石鹸 おすすめ ランキング(プチプラ) 洗顔石鹸を選ぶ際には、自分の肌状態に合わせた洗い上がりのものを選んでみましょう。

基本的には、乾燥しやすい肌の方はしっとりとした洗い上がりのもの皮脂やテカリが気になる方はすっきりと洗い上がるものを選ぶとよいでしょう。

また、ニキビができやすい肌の方は、ニキビを予防する医薬部外品の洗顔石鹸がおすすめです。

ごわつきやざらつきが気になる方は、肌の不要な角質を洗い落とす役割を持つピーリング石鹸を選んでみるなど、お手入れの目的に合わせて使い分けることもおすすめです。

②泡立ちの良いものを選ぶ

洗顔石鹸 おすすめ ランキング(プチプラ)洗顔石鹸は、泡立ちのよいものを選ぶことも大切です。

泡は、洗顔する際に、顔の皮膚と指による摩擦が起きないようにクッションのような役割を果たします。

そのため、洗顔時に肌にかかる負担を極力減らすためにも、しっかりと泡が立つ洗顔石鹸を選ぶことをおすすめします。

洗顔石鹸を泡立たせることが苦手な方は、洗顔用の泡立てネットを使用してみるのもよいでしょう。

短時間で、もこもことした弾力のある泡を作ることができます。

3.まとめ

プチプラのおすすめ洗顔石鹸をご紹介しましたが、いかがでしたか?

洗顔石鹸は、プチプラでコストパフォーマンスのよいものがたくさんあります。
また、洗い上がりがしっとりするもの、さっぱりするものなど、種類も豊富なのが魅力です。

ぜひ、お気に入りの洗顔石鹸を見つけてくださいね!

◆洗顔 肌らぶ関連記事◆

あなたはどう選ぶ?【最新】おすすめ洗顔料35選
洗顔方法保存版|実はNGな洗顔方法とは?
毛穴汚れ・黒ずみにおすすめの洗顔料はこちら!
ニキビは洗顔で防ぐ?おすすめ洗顔料15選
肌らぶレビュー記事 新着一覧

この記事をシェア

肌らぶ編集部 肌らぶ編集部は、美容のプロとして1記事1記事にプライドを持ち、あなたのキレイに寄り添う情報・知識を分かりやすく伝えるために日々執筆をしています。 詳細を見る

あわせて読みたい記事

スキンケアアイテムの人気記事ランキング

肌らぶ編集部おすすめの記事

肌らぶライター