2019年6月27日 更新
【PR】

髪を綺麗にする方法!基本のお手入れからサラサラ・ツヤツヤの髪を目指す!

髪 綺麗

女性なら誰でも、さらさらでツヤのある髪が綺麗な人に憧れてしまいますよね♡

「自分の髪もさらツヤの綺麗な髪になれたらなぁ」と、鏡を見るたびに考えてしまうという女性も多いのではないでしょうか?

綺麗な髪は、すこやかでしなやか、髪の表面がつるんと整ってクシ通りもよくサラサラ、そしてツヤツヤ。
女性ならそんな綺麗な髪に、中学生以来一度はあこがれたことがあるはず。

今回はそんなすこやかでサラサラ・ツヤツヤの髪を手に入れたい方へ、ぜひ意識してほしい基本のお手入れ方法をご紹介します。

実践しやすい方法ばかりですので、ぜひ今日から取り入れてみてくださいね。あなたもみんなの憧れになりましょう♡

1.髪を綺麗にする方法【基本】

枝毛 処理 TOP髪をすこやかに保ち、しなやかでクシ通りよく、ツヤのある綺麗な状態に整えるために、とても大切なことは丁寧に洗髪を行うことです。

なぜなら、頭皮には汚れや不要な皮脂が溜まりやすく、それらを毎日洗髪でしっかり洗い落とさないと、綺麗な髪どころかすこやかな髪を保つことも難しくなってしまいかねません。
頭皮や頭皮の毛穴に不要な皮脂や汚れが溜まっていると、頭皮がべたついたり臭くなってしまったり、フケやかゆみのもとになってしまったりすることもあります。

また、洗い方によって、髪の毛に不要な摩擦を与え、ダメージを与えている可能性もあります。

ヘアオイル・アウトバストリートメントやスタイリング剤で表面を整え、サラ・ツヤに整えるのは簡単ですが、まずはきちんと髪の毛1本1本をすこやかに保つことを目指しましょう。

2.髪を綺麗にする方法♡丁寧なシャンプーから!

天使の輪 TOP 女性「髪を綺麗にする方法ってなんだろう…?」と疑問をお持ちの方に、髪を綺麗にするための基本のお手入れとして、丁寧な洗髪方法と肌らぶ編集部おすすめのシャンプーをご紹介します。

2-1.髪を綺麗にする方法♡丁寧なシャンプー

クレンジングリキッド 洗顔 泡丁寧なシャンプーは、髪をツヤのある綺麗な状態にするためのお手入れの基本です。

肌らぶ編集部おすすめの丁寧なシャンプー方法を7ステップでご紹介します。

頭皮や髪をしっかりと洗っているつもりでも、意外と地肌まできちんと洗えている人は少ないそうです。
「たかが洗髪」とあなどらず、自分の洗い方が間違っていないか一度確認してみましょう。

ステップ1<洗髪前に髪をブラッシング>

頭皮 皮脂
洗髪前には、髪の絡まりや付いてしまったホコリなどの汚れを、あらかじめ落としておくためにブラッシングを行いましょう。

髪の毛をブラッシングしておくだけでもある程度汚れを落とすことができ、シャンプーの泡立ちをよくすることも期待できます。

また、髪が絡まったままシャンプーをして、毛髪が傷むことを防ぐ対策にもなると言われているのです。

ステップ2<頭皮をしっかり濡らす>

加齢臭 髪 シャワー
シャワーの温度をぬるま湯に設定し、シャワーヘッドを頭皮に近づけます。地肌を丁寧に、1分以上かけてもみほぐすように予洗いしましょう。

スタイリング料が落ちにくいときは、指の腹で髪を揉み洗いします。それでも落ちないときは軽く泡立てたシャンプーで予洗いし、すすいでから本洗いを行いましょう。

ステップ3<一度水気をきる>

洗髪 頻度 水切り
両手のひらで毛先を挟み、押し出すようにして水気を切ります。髪が短い方は、オールバックにするように髪を撫で付けましょう。

髪の毛の水分が多すぎると、シャンプーの泡立ちが悪くなってしまう可能性があります。洗髪に使う泡が少ないと髪同士が擦れやすくなるので、摩擦による影響で髪を傷めてしまわないためにも水気は必ず切りましょう。

ステップ4<シャンプーを手のひらで泡立てる>

頭皮 皮脂
シャンプーを手のひらで泡立ててから、頭皮にのせていきます。
泡立ちが悪いと、シャンプーが全体に行き渡りづらくなることもありますし、髪の毛同士の摩擦も起こりやすくなります。

うまく泡立たない場合は、泡立てネットなどを使ってみることもおすすめです。

ステップ5<シャンプーの泡は頭皮から付ける>

無添加 シャンプー 方法
シャンプーで最も大切なことは、頭皮を洗うことです。
スタイリング剤やほこりなどの汚れはもちろんですが、皮脂汚れ・汗汚れもしっかりと洗い流しましょう。

頭部は皮脂腺が多い部位なので、特に皮脂汚れをキレイに洗い流すよう意識することをおすすめします。

後頭部は、髪を持ち上げるように手を入れて、下から上へ向かうように洗っていきましょう。順に、側頭部、頭頂部へと頭皮をやさしくマッサージするような気持ちで洗い上げていきす。

ステップ6<頭皮をマッサージするように洗う>

髪の毛 ベタベタ シャンプー
頭を両手でわし掴みするように指を拡げ、指の腹で円を描くように揉みほぐします。そのあと、指の腹をジグザグに動かすのがポイントです。

頭皮をしっかりと洗うことで、髪の毛も自然と洗えていると言われています。
やこめかみなど、洗いづらい部分もしっかりと洗いましょう。

ステップ7<最後にしっかりとすすぐ>

頭皮 臭い 対策
最後に、すすぎ残しのないようにしっかりと洗い流します。

シャンプーは、頭皮から流していきます。頭皮にシャワーを当てながら、洗った時と同様に、優しくもみ洗いしながらすすぎましょう。

2-2.おすすめのシャンプー&トリートメント

剛毛 シャンプー肌らぶ編集部おすすめのシャンプー&トリートメントをご紹介します。

ツヤがあって、ハリ・コシがありしなやかな美髪を手に入れるためには、髪を育む土台である頭皮をきちんとケアできるシャンプー、そして髪の傷みを補修してくれるトリートメントを使うことも大事です。

肌らぶ編集部おすすめの数あるシャンプーの中から、今回は、たっぷりの泡で頭皮をやさしく洗い上げ、またバスタイムを心地よい香りで包みこんでくれるシャンプー、そして、ライン使いで傷んだ髪の毛を補修し、ツヤのあるしなやかな髪へと導いてくれるトリートメントを選びました。

ぜひ参考にしてみてください!

◆肌らぶ編集部おすすめ◆
【PR】
ベルタ シャンプー・トリートメント
ベルタシャンプートリートメント
詳細をチェック! (201806)シャンプー・トリートメントセット価格:6,780円(税抜)
★定期購入ならもっとお得に購入可能です★

ベルタシャンプーは、頭皮をすこやかに保つための成分にこだわってつくられたアミノ酸系シャンプーです。ふっくらリッチな泡で包みこむように、頭皮と髪をマイルドに洗い上げます。洗い上がりのスッキリ感も魅力。
また、ボタニカル原料にもこだわっていて、合成香料は使わず、オレンジ果皮やハッカ葉の天然精油をブレンドした香りを採用。柑橘系の爽やかな香りがバスタイムを演出してくれます。
トリートメントには、ホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油、オリーブ果実油、ヒアルロン酸、ユズセラミド、アミノ酸を保湿成分として配合。傷んだ髪を補修しながら、しなやかな髪へと髪に導きます。
ツヤのある美髪を目指したい方におすすめ!

詳細をチェック! (201806)

●関連記事⇒【香りが残るシャンプー】

3.髪を綺麗にする方法♡シャンプー以外の日常的なお手入れも大切

日焼け止め 日焼けしたくないもちろん、しなやかでクシ通りよく、ツヤツヤの綺麗な髪を手に入れるためには、シャンプー以外の日常的なお手入れも重要です。

ツヤツヤの綺麗な髪に憧れている方注目! 日常で意識したいお手入れポイントを3つご紹介します。

①頭皮をしっかり乾かす

パーマ 乾かし方3 ドライヤー濡れた状態の毛髪はキューティクルが剥がれやすく、髪が傷みやすいと言われているのでしっかりと乾かしましょう。

タオルドライをした後に、ドライヤーをかけ、頭皮から髪の順番で乾かしていきます。
頭皮が濡れままや生乾きの状態だと雑菌が増えやすくなり、すこやかな髪を保ちにくくなってしまうので、入浴後は毎日よく乾かす癖を付けましょう。

また、ドライヤーの風の当て方もツヤのある綺麗な髪を目指すためには大切です。
ホホバオイル 頭皮 ドライヤー
生え際から毛先へ、キューティクルの向きに合わせて風を当てていきましょう。

●関連記事⇒【髪は乾かさない?乾かす?】

②冷風でブローする

頭皮 保湿 ローション 保湿 ホホバオイル メンズ オイル
ドライヤーの熱による影響で、髪が傷んでしまうことがあるので、ブローするときは冷風を使って乾かすことをおすすめします。

「冷風だけでは、乾くまで時間がかかるから少し嫌だな」という方は、温風を使うときに、洗い流さないトリートメントやヘアオイルを塗って、髪に熱の影響を与えにくくしてからブローしましょう。

また、ドライヤーとの距離は15㎝以上離し、温風を当てている時間も短くなるようにすると髪に熱を与えにくくなります。温風と冷風を交互に使用してみてもよいですね!

●関連記事⇒【ドライヤーの冷風に8つメリット】

③こまめにブラッシング

ヘアパック おすすめ
ツヤやかで綺麗な髪を作るために、こまめにブラッシングを行いましょう。

頭皮には、皮脂という油分があります。ブラッシングをすることで、毛髪全体に皮脂をいきわたらせることができ、ツヤやかでうるおい感のある髪を作ることができると言われています。

ブラッシングは、最低でも朝と夜の2回は行ってみましょう。

●関連記事⇒【ブラッシング方法】

4.髪を綺麗にする方法♡生活習慣も大事!

BBクリーム ランキング 選び方綺麗に見える髪の土台は、すこやかな髪の毛1本1本です。

すこやかな髪の毛を育むためには、生活習慣も整えてすこやかな頭皮や体を保つことが大切です。

ここでは、生活習慣を整えるポイントをご紹介します。

ポイント①睡眠などの生活リズムを整える

アホ毛 対策髪を綺麗にするためにもすこやかな体を保つためにも、睡眠や食事などの生活リズムを整えることが大切です。

なるべく決まった時間に眠り、起きるというように、睡眠時間のリズムを整えてみましょう。

仕事などで、寝る時間が不規則な場合は、決まった時間に起きるようにすると、お腹の空く時間などが一定になり、生活リズムが整えやすくなりますよ。

「朝はどうしても起きられない」という方は、朝起きてすぐにカーテンを開けて朝日を感じてみましょう。
また、寝起きが悪いときはストレッチなどで軽く体を動かすこともおすすめです。

●関連記事⇒【ロングヘア女子は寝るときのケアが重要!】

ポイント②バランスのよい食生活を心がける

食事「髪を綺麗にしたい」「髪をすこやかに保ちたい」というときにも、栄養バランスのよい食事を心掛けることは欠かせません。

肉・魚・野菜・米などを、バランスよく取ることが大切です。さらに、髪を構成する成分であるタンパク質や不足しがちなビタミンCは、意識的に摂り入れてみましょう。

5.まとめ

薄毛「自分の髪をツヤのある綺麗な髪にしたい!」とお考えの方に、普段のお手入れ方法などをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

ツヤツヤの綺麗な髪を目指すために、毎日の生活で気を付けたいことがたくさんありましたね。

普段の生活で行いやすいお手入れが多かったので、綺麗な髪を実現するための努力も楽しく・気軽に行えそうですね♪

自分の髪の扱い方を見直して、みんなが憧れるツヤツヤで綺麗な美髪を目指しましょう。

◆髪を綺麗に 肌らぶ関連記事◆

髪にツヤを与える簡単な方法
ツヤ髪は艶出しスプレーに秘密あり!
髪の毛サラサラ!憧れヘアになる方法&アイテム
髪をストレートにする方法とは?
市販で選ぶおすすめトリートメント【最新】
ヘアオイルの使い方

作成者情報

肌らぶ編集部
キレイになりたいあなたに価値ある情報を提供する美容メディア「肌らぶ」編集部。スキンケア・メイクを中心に、みなさまのキレイに寄り添った記事を日々執筆中。肌のお悩みからコスメの最新トレンド情報までお任せください!

⇒肌らぶ編集部員一覧を見る