メニューを開く
2017年9月22日 更新

30代で再確認!おすすめクレンジング&クレンジング方法とポイント

30代 クレンジング おすすめ30代になって変化してきた今の自分の肌に合うクレンジングが欲しい、改めて上手なクレンジング方法のポイントを確認したい、と思っていませんか?

30代になって朝の肌の違いをヒシヒシと感じた…となると、少し悲しくなってしまいますよね。

クレンジングに始まる一連のスキンケアを自分に合ったアイテムで、上手にきちんと続けることは、すこやかな肌を保っていくために大事なことです。
今回は、肌らぶ編集部が30代におすすめしたいクレンジングと、上手なクレンジング方法、クレンジングのポイントなどまとめてご紹介します。



1. 肌らぶ編集部おすすめクレンジング【乾燥しがちな30代へ】

30代 クレンジング

今回は、乾燥しがちな肌が気になりはじめた30代に、肌らぶ編集部がおすすめしたいクレンジングをご紹介します。

クレンジングの主要な目的はメイクなどの油性の汚れをさっぱり落とすこととはいえ、30代に入ると、クレンジングの際も肌の潤いを保つことは意識することがいっそう必要になってきます。
肌は年齢とともに、乾燥しやすくなってくるからです。

メイクの濃さに対して適度な洗浄ができるクレンジングタイプを選び、保湿成分が入っているなど、肌の潤いを意識しているクレンジングを選ぶように意識しましょう。

今回は、メイクの濃さや好みに合わせられるよう、【オイル、リキッド、ジェルタイプ、クリーム、ミルク】のタイプ毎に、肌らぶ編集部のおすすめクレンジングをセレクトしました。
いずれも保湿成分を2種類以上配合しているクレンジングで、忙しくがんばる30代を包んでくれそうな、素敵な香りのおすすめのクレンジングです。

クレンジングタイプを選ぶ際は下記の表を参考にしてみてください。クレンジング 30代 選び方

30代は、仕事に家事に子育てに遊びに、毎日忙しく過ごし、がんばっている方も多いですよね。
そんななか、20代のころとは変わってきた自分の肌状態が、ふと、気になる時はきっとみなさんにあります。

自分の肌の調子と向き合い、スキンケアの第一歩であるクレンジングを再確認するというのは、実はとてもすばらしいことです!

ぜひご紹介するクレンジングを参考に、自分にあったクレンジングを見つけてくださいね。

30代に!肌らぶ編集部おすすめ オイルクレンジング
アテニア クリア オイルクレンズ

アテニア スキンクリアクレンズオイル

4種類の植物オイル、ロックローズオイル・イモーテルオイル・バオバブオイル・アルガンオイルを保湿成分として配合したクレンジング。
すがすがしいけれど穏やかな柑橘系のアロマで気持ちよくお手入れできます。ポンプタイプで時間のない時もささっと使いやすいのもうれしいですね。
アテニアが初めての方向けのお試しセットがお得です。
公式HPはこちら(オレンジ)

30代に!肌らぶ編集部おすすめ リキッドクレンジング
ポーラ アロマエッセゴールド リキッドクレンジング

アロマエッセゴールド リキッドクレンジング

すっとなじんでつるんと落ちるので、クレンジングの際の肌への摩擦が気になる方におすすめ。
保湿成分として4つのゴールデンエキス(ゴールデンカモミール・マリーゴールド・ゴールデンシルク・ゴールデンホホバオイル)配合
ローマンカモミールの甘みある香りにミモザをブレンドした自然由来の香りを楽しみながらクレンジングをできるのが魅力。
公式HPはこちら(オレンジ)

30代に!肌らぶ編集部おすすめ ジェルクレンジング
シン ピュルテ ピュアクレンジング クリア

ジョンマスターオーガニックから出ているクレンジングジェル。ナチュラルなライフスタイルやスキンケアにこだわりたい方におすすめのクレンジングです。
植物由来の保湿成分、アルガンオイル、ヒマワリ種子油、マカデミア種子油などを配合。
グレープフルーツとオレンジの爽やかな香りが、どんよりしがちなクレンジングタイムをすっきりと演出してくれます。公式HPはこちら(オレンジ)

30代に!肌らぶ編集部おすすめ クリームクレンジング
モイスティシモ  クレンジングクリーム

モイスティシモ クレンジングクリーム 使い方

ポーラの保湿系スキンケアシリーズモイスティシモのクリームタイプクレンジング。保湿成分「サクラエキス」「オウレンエキス」を配合。
肌にのせるとクリームがとろりとオイル状に変化し、メイク汚れとよくなじみます。肌の潤いを保ちながらメイク落としをしたい方におすすめ。
ジェントルフローラルのリッチでやわらかな香りがお手入れタイムをほのかに包みます。公式HPはこちら(オレンジ)

30代に!肌らぶ編集部おすすめ ミルククレジング
オラクル メイクアップ・リムーバーミルク

オラクル クレンジング

タイソウエキス、クロフサスグリ葉エキス、ヒマワリ種子油、オリーブ油などの植物性の保湿成分を配合したミルククレンジング。
肌にうるおいを与えながら、なめらかにメイク汚れを落としてくれるので、しっとりした洗い上がりがお好みの方におすすめ。
ローズやラベンダーに、さわやかな柑橘系をミックスしたシトラスフローラルのくつろぎの香り。
公式HPはこちら(オレンジ)

2. クレンジングの基本の方法【乾燥しがちな30代へ】

30代 クレンジング おすすめ肌のキメを整え、すこやかな肌を保っていくためには、丁寧なスキンケアが欠かせません。
思い込みのスキンケアでは、意外と肌に負担になっていることをしている可能性もあります。

ここでは、30代でぜひ再確認してほしい、基本のクレンジング方法を紹介します。

① 手を洗って清潔にし、しっかり乾かす

30代 クレンジング おすすめクレンジングや洗顔などのスキンケアをおこなうときは、かならず清潔な手でおこないましょう。

また、クレンジングは乾いた手で使うものが多く、水が混ざると洗浄力が弱まりメイクが落ちにくくなってしまうものもあります。
お風呂場や、濡れた手でも使えると書いてあるクレンジングを使う場合も、基本は乾いた手で使うようにしましょう。

②ポイントメイクは先に落とす

濃いアイメイクをしたり、落としにくい口紅をつけている場合は、事前にポイントメイクリムーバーで落としておくようにしましょう。
ポイントメイクを先に落としておくことで、基本のクレンジングの際に肌を強くこすったりして、肌に負担をかけるのを軽減できます。

③ クレンジングを手に取りT→Uゾーンの順になじませる

30代 クレンジング おすすめ手にクレンジングを適量から少し多めに取って皮脂の多いTゾーンからなじませていきます。

クレンジングの量が少ないと、強くこすりやすくなってしまうので、適量か少し多めにクレンジングを出すようにしましょう。

Tゾーンにクレンジングがなじんだら、次はUゾーンになじませていきます。
くるくると円を描くようになじませるのがポイントです。顔の中心から、指の腹で円を描きながら外側に向かって手を動かしていきましょう。

次に、眼のまわりや口のまわりになじませましょう。
目元・口元は顔の肌の中でも皮膚が薄いといわれているため、さらにやさしい力加減を心がけてクレンジングをなじませてください。
軽く小さな円を描くようにくるくるとなじませます。

④ ぬるま湯で洗い流す

30代 クレンジング おすすめそして、顔の表面温度に近いぬるま湯で顔をすすいでいきましょう。
すすぎの回数は30回前後と言われています。

なお、アゴ、こめかみ、髪の生え際はすすぎ残しがあることが多いので、最後に確認するようにしてくださいね。

3. 必ず押さえておきたいクレンジング3つのポイント

30代 クレンジング おすすめ最後に、すこやかな肌を保つために、30代と言わず、必ず押さえてほしい基本のポイントを3つ紹介します。

3-1 クレンジングはベースメイクの濃さを基準に選ぶ

30代 クレンジング おすすめクレンジングはベースメイクの濃さを基準に選びましょう。
目元や口元に濃いメイクをした日は、専用のポイントメイクリムーバーであらかじめ落とすことも大事です。

クレンジングは目安として、【オイル⇒リキッド⇒ジェル⇒クリーム⇒ミルク】タイプの順に濃いメイクを落としやすいとされています。
それを基準に、普段のベースメイクの濃さや肌との相性なども含めて自分に合うクレンジングを選ぶと良いでしょう。

3-2 クレンジングのときゴシゴシとこすらない

30代 クレンジング おすすめクレンジングやそのあとの洗顔で洗い残しがあると面倒ですし、一度でしっかり落としたいと思うと、ついつい力を込めてしまいがちです。

「やさしく肌に触れる」ということをクレンジングや洗顔、その後のスキンケアををするときも常に意識しておきましょう。

クレンジングは毎日のことですから、小さな負担だったとしても、積み重なってしまいます。

3-3 疲れていても寝る前にクレンジングと洗顔をする

30代 クレンジング おすすめ1日がんばって、くたくたに疲れて帰ってきて、どうしてもこのまま倒れこみたい!という日もありますよね。

それでも、明日の肌を化粧のりのよいすこやかな肌に保っておくために、そのまま寝るのは避けましょう。

1日の終わりは、あなたが頑張った分だけ、皮脂汚れなども肌についています。
メイクや汚れを落とさないまま寝ると、毛穴にファンデーションや余分な皮脂汚れが詰まったりして、肌に負担をかけてしまいます。

疲れている上に一晩メイクをしたままで寝てしまうと、しばらくは肌の調子が整いにくく、メイクのりも悪くなりがちになる可能性もあります。

眠くてもひと踏ん張りして、クレンジングと洗顔をおこなうようにしてくださいね。

4. 【乾燥しがちな30代へ】クレンジング まとめ

30代 クレンジング おすすめ 方法今回は乾燥しがちな肌が気になる30代に、肌らぶ編集部がおすすめしたいクレンジングと、再確認したい基本のクレンジング方法、そしてクレンジングの押さえてほしいポイントを紹介しました。

年齢とともに乾燥しやすくなる肌にきちんと向き合い、保湿成分配合などの潤いを保ちながらメイク落としできるクレンジングを選ぶことはとても大切です。

今回ご紹介した肌らぶ編集部のおすすめクレンジングもぜひ参考にしてくださいね。

日々のクレンジングは丁寧に、肌にはやさしく触れる、そしてどんなに疲れていてもクレンジングと洗顔だけは行うことを忘れないようにしてくださいね。

キメの整った若々しいツヤのある肌は、毎日のスキンケアなくして語れません。しっかりお手入れしていきましょう。