メニューを開く
提供:株式会社decencia

敏感肌を徹底対策する!美肌を叶えるスキンケア方法とは?

Pocket
LINEで送る

敏感肌 スキンケア

「なんだか肌が敏感な気がする・・・。」

肌が敏感な状態だと、どのようにスキンケアをしたら良いのか悩んでしまいますよね。

しかし敏感なお肌の方は、肌の状態に合わせたスキンケアを行うことで対策することができます。

そこで今回は、敏感なお肌かなと思う方必見!肌悩みを解消するための簡単!お手入れ方法をご紹介します。


肌が荒れやすいとお悩みの方にオススメ!保湿スキンケア「アヤナス」の詳細はこちら>>



エイジング△敏感肌・敏感肌△化粧水・敏感肌△スキンケア・敏感肌△化粧品

1.敏感なお肌について

1-1.敏感なお肌とは

敏感なお肌とは「水分」と「油分」の両方が少なくなってしまい、乾燥することによって敏感に感じてしまうお肌を指します。

肌本来には、肌を外的な刺激(乾燥や紫外線)から守るため、適度な水分が保たれ、それを蒸発させないよう、油がでてお肌をガードしてくれます。

つまり敏感なお肌とは、常に肌の水分や皮脂が不足して乾燥しているため、必要以上にカサついたり、外的な要因、紫外線や乾燥によっておこしやすくなるといわれています。

乾燥肌_敏感肌01

1-2.「敏感なお肌」のほとんどは「デリケートな乾燥」

実は「敏感肌」という肌質は医学的なカテゴリーがありません。敏感なお肌だと感じているほとんどの方は、乾燥肌がより深刻化してデリケートになってしまった状態なのです。

この場合、日ごろの生活習慣(睡眠不足やストレスなど)や間違ったスキンケアによる影響が主な原因なので、生活習慣を見直して敏感な肌状態に合わせたスキンケアを行うだけでも十分に対策することができます。

また、「体質・遺伝」で生まれつき敏感なお肌の方も自身に合わせたスキンケアを行う事で肌トラブルを起きにくくすることが可能です。

一方で、生活習慣も問題なくスキンケアも正しく行っているのにも関わらず、敏感なお肌状態が改善されない方は【接触皮膚炎】(アレルギー)の可能性も考えられるため、自分で特定をせずに専門医に相談しましょう。

2.敏感肌を解消!化粧品の選び方

敏感なお肌状態を解消するポイントは、「肌の保湿」と「肌を守る事」です。

敏感なお肌は「デリケートな乾燥」状態のお肌なので、自分にあった化粧品を上手に選び、使い、保湿を重視するケアを行うことが大事なポイントになります。

それによって肌表面が潤い、キメが整い、敏感な状態を対策&解消することができます。

ここで敏感なお肌を解消し、美肌に導くための、化粧品を選ぶ3つのポイントをご紹介します。

乾燥肌_敏感肌02

<化粧品を選ぶ3つのポイント>

■できるだけシンプルな成分にこだわり、化粧品を選ぶ
化粧品を選ぶ時は、配合成分がシンプルなものを選びましょう。

それは、皮膚そのものが、複雑な化学構造のもとにつくられた化粧品に敏感に反応してしまうことがあるからです。

つまり、配合成分が多ければ多いほど、敏感な状態となりやすく、時には赤みを起こす可能性もあるといわれているからです。

また、化粧品アイテムをたくさん使う事も合わない成分に出会う確率が高くなるので「美容液を何本も使う」「古くなった角質を取り除くピーリングを行う」などの過剰なお手入れは避けて、できるだけシンプルなスキンケアを行うことがポイントです!

■保湿を行うために「保湿成分」を取り入れた化粧品を選ぶ
敏感なお肌には保湿が一番重要なポイントといえるでしょう。保湿は欠かせません。その中でも「水分を保ってくれる=保湿成分」を配合した化粧品でケアすることが大切といえるでしょう。

保湿成分の中でも「セラミド」は最も水を蓄える力(保水力)が高く保湿の期待ができます。

セラミド成分は類似品が多く、わかりにくいのも特徴です。成分表示上で「セラミド」の後に、2・3・6・10などの数字が書いてあるものが本来のセラミドです。

また、セラミドに次いで保湿を期待できる成分は次の通りです。できるだけこれらの成分が配合されているかを意識し、化粧品を選びましょう。

<保湿の期待が高い成分①>
・セラミド
・セラミド以外スフィンゴ脂質
・水素添加大豆レシチン
・ヒアルロン酸

<保湿の期待が高い成分②>
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・エラスチン
・ヘパリン類似物質

※上記は聞いたことがありと思いますが、代表的な保湿成分となります。

■合わない化粧品は控える

敏感なお肌の方は「ビタミンC誘導体」や「アルコール」がまれに刺激になることがあります。

「ビタミンC誘導体」は保湿の期待もできますが、皮脂の分泌をコントロールするなど多くの肌悩みに対してアプローチする期待が備わっています。

また「アルコール」も種類や配合量によって合わない恐れがあるため、使用する場合は必ずご自身でパッチテストを行い合う、合わないを確認しましょう。

3.敏感なお肌の方におすすめ!潤いを与える化粧品3選「必見!」

今回は、【2.敏感肌を解消!化粧品の選び方】を基準に肌らぶスタッフが選んだ潤いのある「保湿成分配合」とされているスキンケア化粧品3選をご紹介します。

どのブランドもトライアルセットで試すことが可能なので、ぜひ1度試してみることをおすすめします。

 

①ディセンシア/アヤナス

ayanusu

トライアルセット:あり 2,160初回限定1,480円(税込)

会社:株式会社decencia(ディセンシア)
送料:無料
返金保証:あり(30日間)

「ポーラ・オルビスグループ」の敏感肌専門ブランドが手がけた、敏感なお肌のための保湿化粧品です。

潤いの期待が高い保湿成分である「ヒアルロン酸」「ヒト型ナノセラミド」を配合することで肌のすみずみまで保湿してくれます。「敏感なお肌の対策」と共に潤う「保湿」を実現してくれます。

また、見た目印象で老け顔になりがちな敏感なお肌のために、コラーゲン産生を170%アップしてくれるポーラ研究所オリジナル成分「CVアルギネート」を配合。さらに
「コウキエキス」、「シモツケソウエキス」の配合により、敏感なお肌の方のくすみ原因のひとつである「糖化」対策に期待ができます。敏感なお肌状態の対策をしたい方におすすめです。

⇒decencia(ディセンシア)公式HPはこちら


②小林製薬/ヒフミド

ひふみど
トライアルセット:あり 980円(税込)

会社:小林製薬株式会社
送料:無料
返金保証:記載なし

製薬会社視点から生まれたスキンケアラインです。

刺激を与えないようこだわってつくられました。
無香料、無着色、エタノール、パラペン不使用。
さらに、「セラミド1・2・3」も配合されているため、高い保湿を期待できます。

冬場や夏場のエアコンによるダメージなど、気になる方はぜひ一度試してみてください。

⇒「ヒフミド」公式HPはこちら

 

③エトヴォス/モイスチャーライン
ETVOS
トライアルセット:あり 2052円(税込)

会社:株式会社エトヴォス
送料:無料
返金保証:8日間(未開封の場合のみ)

保湿の期待が高いとされている、「セラミド1・2・3・5・6」に加えて、アミノ酸やヒアルロン酸などの保湿成分も配合されて、角質層のすみずみまで浸透し、潤いを与えてくれます。

ETVOSのモイスチャライジングラインは保湿成分を豊富に含んでいるため、敏感なお肌の方でも潤いをじっかんすることができます。

⇒ETVOS(エトヴォス)公式HPはこちら

 

4.敏感なお肌を対策!スキンケアのポイント!

敏感なお肌だと感じているほとんどの方は、乾燥がより深刻化し、デリケートになってしまった状態といえます。

自分に合った化粧品を選んだうえで、間違ったスキンケアを行っていないか今一度確認していき、自分の肌状態に合わせたお手入れを行っていきましょう。

■クレンジングのスキンケアポイント
クレンジングクリーム

クレンジングを行う際は、適量を意識して皮膚が引っ張られないよう、優しい力で行いましょう。手の薬指と小指を使うようにクレンジングすると過度な力が入らないのでおすすめです。

また、毎日のクレンジング料はクリーム・ミルクタイプがおすすめです。

クレンジングには様々なタイプがあり、それぞれ洗浄に差がありますが、クレンジングの目的は油性の汚れ(メイクや日焼け止め) を落とすことです。

肌が敏感な場合、「油溶性の汚れを落とす」と共に「余計な負担を肌にかけない」タイプを選ぶことが重要なのです。

一概にすべての製品が当てはまるという訳ではありませんが、オイルタイプやリキッドタイプは必要な皮脂も奪ってしまうこともあります。落とす事には期待ができるので、脂っぽいお肌の方にはおすすめですが、敏感なお肌である場合は比較的、肌への負担が少なくメイクや汚れもきちんと落とすことができるクリームタイプ・ミルクタイプがおすすめです。

クレンジングの詳細については「こちら」をご参照ください。

■洗顔のスキンケアポイント
洗顔石鹸

お肌が敏感な状態の時は、肌への負担をかけないよう、毎日のスキンケアを心がけなければなりません。洗顔料でゴシゴシ洗ったりせず、皮脂をとりすぎないよう、力を入れずに優しく洗顔を行いましょう。

洗顔の役割は、皮脂や肌表面に付着したほこりや雑菌を落として肌を清潔に保つことです。

洗顔料は香料などが含まれていないシンプルなものを選ぶことをおすすめします。

また、洗顔を行う際は肌に摩擦をかけないよう洗顔料をまずは、しっかりと泡立てて、包み込むように洗顔し、すすぎ残しがないように気を付けることがポイントです。

水温は体温よりも、ややぬるま湯(30~35度)が目安です。熱すぎるお湯は、肌を乾燥させてしまうので注意しましょう。

洗顔の詳細については「こちら」をご参照ください。

■化粧水のスキンケアポイント
ニキビ 化粧水

化粧水は、手のひら全体を使ってゆっくりと押し当てるように馴染ませることがポイントです。

化粧水の役割は皮膚の角質層に保湿成分や美容成分を与えて次に使う美容液やクリームの角質層への浸透を高める事です。
化粧水を選ぶ際は「水」と相性の良い「水溶性美容成分」を取り入れて、お肌をみずみずしく整えましょう。

特にお肌への潤いの期待ができる「水溶性の保湿成分」は、【コラーゲン・ヒアルロン酸・天然保湿因子(NMF)】などで、おすすめはディセンシア「アヤナス」です。

■美容液のスキンケアポイント
美白化粧品

美容液を使用する際は「適量」を正しい手順で行っていき、乾燥が特に強い部分は重ね塗りしていくことをおすすめします。

美容液は有用成分をお肌の角質層へ届ける目的で作られたものであり、化粧水や乳液に比べて凝縮された有用成分が配合されています。

敏感なお肌にとって欠かせない「保湿」を手早く、行ってくれるのは「セラミド」配合の美容液といえますので、敏感なお肌の方にはおすすめです。

「セラミド」配合の化粧水も保湿の期待はできますが、「セラミド」は脂質であり、化粧水にはあまり高濃度の配合ができないとされています。

「セラミド」は美容液に取り入れて保湿をすっかり行いましょう。おすすめはディセンシア「アヤナス」です。

■乳液orクリームのスキンケアポイント
クリーム
本来、美容液の油分や顔の皮脂(油分)は「天然のクリーム」として乾燥から肌を守るので乳液やクリームは必要不可欠な化粧品ではありません。

特にお肌が敏感な状態の時は、あまり多くの化粧品を使うとはおすすめできません。
乳液やクリームを使う際は「特に乾燥する部分のみに塗る」「シンプルな成分のものを選ぶ」などの工夫をしましょう。

■日焼け止め(朝のみ)のスキンケアポイント
IMGP5593

敏感なお肌の方は、紫外線防止効果が高すぎるSPF値PA値の高いものは避けましょう。

紫外線から肌を守ることはとても大切ですが、だからといって高いSPF値とPA値を使えば良いという訳ではありません。

通勤程度であれば、日焼け止めはSPF10~20程度の低い値で対応しましょう。

また、日焼け止めは「値が高いから一日中安心」という訳ではなく、どの日焼け止めでも塗り直しが必要不可欠なのです。

日焼け止めは、程よく紫外線カットできる低刺激なタイプを選びましょう。

日焼け止めの選び方と使い方に関しては、下記をご参照ください。

・日焼け止めの選び方⇒「こちら」
・日焼け止めの塗り方⇒「こちら」

5.敏感なお肌の仕組み

乾燥肌_敏感肌05
肌の潤い(水分)は、【皮脂・天然保湿因子(NMF)・細胞間脂質】という3つの保湿因子によって一定に保たれています。

しかし、これら3つの保湿因子が乾燥や紫外線の影響などで肌ダメージを受けてしまうと、肌の細胞は上手に保湿因子を生産することができなくなります。

その結果、保湿因子が減少してしまい肌表面は乾燥した状態になってしまうといわれています。
また、お肌が乾燥した状態は肌表面が外的な刺激(摩擦や紫外線)の刺激を受けやすくなります。

6.敏感なお肌を招く根本的な要因

敏感なお肌を招く根本的な要因は、日ごろの生活習慣や間違ったお手入れです。これらを改善していくだけでも敏感なお肌状態は緩和されるため、意識をしていきましょう。

■間違ったお手入れ
敏感なお肌を招く要因のひとつが、間違ったお手入れです。例えば洗顔を行う際に、肌をゴシゴシとこすると、必要以上にお肌に負担がかかり、皮脂を奪い、肌を乾燥させて傷つけてしまうことがあります。また、熱いお湯も必要な皮脂(油分)まで落としてしまいます。

■紫外線
紫外線は「美肌の大敵」といわれており、日焼けによるシミだけではなく、乾燥を深刻化させる要因のひとつにもなります。肌は紫外線を浴びる事で、肌にダメージが蓄積され水分を保持する力が低下してしまうといわれています。

■環境
季節の変化によって、お肌は敏感な状態になりやすいといえます。特に空気の乾燥はお肌の乾燥を、より深刻化させてしまいます。空気の乾燥だけではなく、屋内においても、夏場の冷房や冬場の暖房なども、お肌を乾燥させてしまう要因となります。

■生活習慣
ストレスや寝不足、偏った食事なども、敏感な肌悩みだけではなく、さまざまな肌悩みの原因になります。

■加齢
年齢を重ねると肌の水分量と油分量は共に低下します。水分量は生まれた時をピークに減り始め、油分量(皮脂)は20代前半をピークにその後は減少し続けます。

そのため、加齢とともに自然と乾燥は深刻化し乾燥肌や敏感なお肌に傾きやすくなるといわれています。美しく年齢を重ねて行くためにも今からしっかりと保湿をこころがけることが大切です。

乾燥肌_敏感肌04

 

7.敏感なお肌のメイクポイント

ミネラルファンデーション
お肌が敏感な場合、肌に負担をかけずにメイクを行う事がポイントです。

■下地から保湿にこだわる!保湿があるものを選ぶ
外的な刺激や乾燥から肌を守るためにも下地は肌を守る保湿の期待ができるものを選ぶことをおすすめします。そのうえで、最も乾燥しやすい部分はしっかり下地をつけて対策をしましょう。

下地の詳しい詳細については下記をご参照ください。

・下地の選び方⇒「こちら」
・下地の塗り方⇒「こちら」

マキアージュ
マキアージュ ピーチチェンジベースCC

ほんのり桃色の肌の印象に仕上げ、血行をよく見せてくれる化粧下地です。

ファンデーションがなめらかに広がりながら密着し、化粧もちをよくします。

マキアージュはリキッドタイプ・パウダータイプ・リキッドパウダリータイプがあり、それぞれ種類が豊富です。

⇒資生堂 公式通販サイトはこちら

■パウダーファンデーションを使用する
お肌が敏感な状態の時はできるだけ、肌への負担をかけずにメイクを行いましょう。

乾燥や敏感なお肌の方は、仕上がりの良いリキッドファンデーションを選びがちですが、リキッドファンデーションがまれに合わない場合もあります。

パウダーファンデーションは、ファンデーションの中でも肌への負担を抑え、同時に紫外線を防ぐこともできるため、乾燥や敏感なお肌の方にはおすすめです。

8.まとめ

肌全体がデリケートな敏感肌は、「水分」と「油分」を補給して徹底的に「保湿」を行う事で「乾燥」対策をし、「正しいスキンケア」を行うことで、肌悩みが解消され、美肌を目指すこともできます。

現在のご自身のお肌の状態をきちんと理解し、正しいスキンケアを行っていきましょう!

この記事は2016年5月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


肌が荒れやすいとお悩みの方にオススメ!保湿スキンケア「アヤナス」の詳細はこちら>>

エイジング△敏感肌・敏感肌△化粧水・敏感肌△スキンケア・敏感肌△化粧品

Pocket
LINEで送る