メニューを開く
アスタリフト;

足の毛穴が目立つ!赤いブツブツと黒いブツブツの2つのケア

shutterstock_264377822

足の毛穴が目立つ場合には、赤くブツブツした状態と、黒いブツブツした状態に分けられます。

足の毛穴が目立つなら、じっくりと肌を観察してみて、どのタイプなのかチェックしてみましょう。


astalift
astalift

1.ブツブツと目立つ|足の毛穴の種類と原因

足 毛穴 目立つ②

足の毛穴が目立つといっても、その状態はさまざまです。

赤みのある状態や、黒く変化しているなど、足の毛穴が目立つ状態にも種類があることがわかります。

まずはどのような原因で足の毛穴が目立っているのかチェックしてみましょう。

 1-1.『赤く』目立つ足の毛穴

足の毛穴が目立つ場合で赤くぶつぶつしている場合、一番には足の毛穴が傷ついていたり、雑菌が毛穴に入り込んでいる可能性が考えられます。

たとえば脱毛の方法により毛穴周辺に負担がかかってしまっているときなどは、毛穴周辺の肌を傷つけてしまい、毛穴が赤く目立つ原因になっている可能性があります。

無理に毛抜きで毛を抜いていたり、カミソリの使い方を雑に扱っている場合は気をつけたほうがいいでしょう。

カミソリで剃る行為は手軽なものの、剃れないカミソリで必要以上に力を入れていたり、毛の流れと反対に剃ってしまうと、肌に負担をかけてしまう場合があります。

毛の周辺が赤くなっているということは、肌や毛穴がなんらかの原因により傷つき、雑菌が入り込んでいる可能性もあります。

さらに痛みやかゆみを感じるようなことがある場合は、一度専門医に相談してみましょう。

1-2.『黒く』目立つ足の毛穴

足の毛穴が目立ち黒くぶつぶつした感じがあるのには、いくつかの原因が考えられます。

もともと毛が太い方がカミソリで剃ると、剃った後の毛が少し生えてきたところで、黒くぶつぶつ状態になり、足の毛穴が目立つ問題が出てきます。

これは毛の断面が見えているためで、毛が太い方は毛の処理方法について考える必要があります。

気になる方は脱毛サロンを利用したり、クリニックでの脱毛も検討してみてもいいでしょう。

もうひとつ足の毛穴が目立つ黒くぶつぶつした原因として考えられるのが、毛穴が色素沈着を起こしてしまったものです。

最初は赤くぶつぶつしていたものが、黒く変色したように感じるなら、毛穴周辺が色素沈着を起こしていることがあります。

この場合は専門医に相談し、適切にケアする必要があります。

最後に足の毛穴が目立つ黒い原因としては、陥没毛が挙げられます。

これは毛抜きで抜いた際によくみられ、皮膚の内側に伸びてきた毛が皮膚に埋もれている状態です。

よく近くで見ると、皮膚の下に毛が入り込んでいるのを確認することができます。

2.ブツブツと目立つ|足の毛穴の対策

足 毛穴 目立つ③

足の毛穴の赤いブツブツと、黒いブツブツは、それぞれで対策が異なります。

自分の足の毛穴が目立つタイプがわかったら、それぞれの対策を実践していきましょう。

2-1.『赤く』目立つ足の毛穴|対策

足の毛穴が目立つ場所で赤くブツブツしているようなら、毛穴が傷ついている可能性も考えられます。

毛抜きで無理に抜いている方、間違ったカミソリの使い方をしている方は、くり返さないために方法を見直してみましょう。

毛抜きでの脱毛は、肌に負担がかかりやすいため、足などの広範囲で使用するのは控えるようにしましょう。

カミソリを使用して自己処理するのは問題ありませんが、処理方法を見直す必要があります。

たとえば古いカミソリを使用し肌に力がかかっている場合は、適度にカミソリを交換することで対策できます。

カミソリは数日程度で刃がこぼれてくるものもありますし、2週間ほど持つ場合もあります。

ほかにも肌を清潔にしてから処理をしなかった場合や、カミソリ負けを起こしてしまっている場合もあります。

除毛処理をした後にいつもカミソリ負けをする方は、剃り方で肌に必要以上の負担をかけてしまっている場合もあるでしょう。

カミソリで剃る場合は入浴後の肌が清潔な状態で行い、カミソリの刃はいつも切れ味がよく清潔な状態を保ちます。

また、石鹸やボディーソープよりもシェービングクリームのほうが肌への負担が少ないとされています。

2-2.『黒く』目立つ足の毛穴|対策

足の毛穴が目立つ原因で、毛が太いために黒くブツブツしているなら、毛の処理方法を見直す必要があります。

カミソリだと毛の断面が目立ちやすく、数日で毛が伸びてきた際に黒くブツブツしたように見えてきます。

ワックス脱毛や、脱毛サロンやエステ、医療機関などで光脱毛やレーザー脱毛を利用するのを考えるとよいかもしれません。

もし、足の毛穴が目立つのが色素沈着である場合、専門医に相談してみましょう。

色素沈着を改善させるには時間がかかるといわれています。根気よく続けていくのがポイントです。

3.足に目立つ毛穴を作らない|3つの予防ポイント

足 毛穴 目立つ④

足の毛穴が目立つ場合は、新たに毛穴が目立つ状態をつくらないということも有効となります。

正しい脱毛方法、保湿ケアを実践すれば、足の毛穴が目立つ状態はできにくくなっていきます。

3-1.正しい脱毛処理を行う

毛の処理で毛穴に負担をかけすぎために、毛抜きで抜く方法は控えるようにしましょう。

脱毛処理により毛穴に負担をかけることによって、陥没網や毛穴を傷つけることにもつながり、赤いブツブツや黒いブツブツどちらも引き起こしてしまう場合もあります。

同じようにワックス脱毛、脱毛テープも、まとめて毛抜きで抜いているようなもので、毛穴に負担がかかりやすい方法です。家庭脱毛機で毛を抜くタイプも、毛を引き抜くときに肌の負担になる場合があります。

これらは絶対にダメというわけではありませんが、頻繁に処理をしたりするのは避け、その後は必ず保湿などのお手入れをするようにしましょう。

カミソリで剃る方法は正しいやり方なら、肌への負担が少なくでき、手軽にできるメリットがあります。

カミソリで剃る場合は、まずは肌を清潔にしておきます。

剃る前にはシェービングクリームを塗り、カミソリは毛の流れに沿うように足の上から下に向かって剃っていきます。

肌がピンと張るように指で押さえながらやると、力を入れず毛を根元から剃ることができます。

剃り残しがあるようなら2回カミソリを当ててもかまいませんが、基本は1回で剃れるようにしましょう。

足の毛穴が目立つ原因となりやすいのは、乾いた肌に直接カミソリを当てて剃る方法や、剃る頻度が多い場合、生理前など肌が敏感になっているときのお手入れです。

どれも肌にかかる負担が大きく、足の毛穴が目立つ状態につながりやすいので気をつけましょう。

剃る頻度は2週間に1回、または1週間に1回が適しているといわれています。

3-2.ゴシゴシとこすらずに体を洗う

足 毛穴 目立つ⑤

足の毛穴を目立つ状態にしないように、体は丁寧に洗うようにしましょう。

洗うときに力を入れてゴシゴシ擦ってしまうと、肌へ負担がかかりやすく、足の毛穴だけではなく乾燥などの肌悩みにつながりやすくなります。

力が入らないように、やわらかいタオルまたは手のひらを使用するのがおすすめです。

体のホコリや汗はぬるま湯だけでも落とすことができるといわれています。

皮脂は肌の保湿を保つ働きや、外界からの刺激から肌を保護する働きもあるため、必要以上に落としすぎないことも大切です。

体を洗う場合は、よくあわ立てた泡で、肌への摩擦による負担をかけすぎないようにしましょう。

3-3.保湿ケアを行う

日々の保湿ケアは、なめらかでキメの整った肌にするためには大切です。

足の毛穴についても、保湿のお手入れが足りずに肌が乾燥して肌のキメが荒くなってしまうと、ちょっとの刺激でも毛穴が傷つきやすくなってしまい、足の毛穴が目立ちやすい状態になってしまうこともあります。

毎日の保湿は手持ちの化粧水や乳液でもできます。

肌が乾燥しやすい方は、入浴直後の濡れた肌にボティオイルを塗るなど、オイルケアをプラスする方法もおすすめです。

よりしっとりとして、すこやかな肌を保つことができます。

4.まとめ

足の毛穴が目立つ状態やその原因、スキンケアについてお話ししましたが、いかがでしょうか。

足の毛穴が目立つ状態は、脱毛処理の負担によってできやすくなるので、日々の自己処理の方法を見直し、正しいケアに変えてみましょう。

この記事は2016年8月31日時点での情報になります。

また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る