メニューを開く

ぎりぎりまで使いたい!これだけは守っておきたい化粧品の使用期限

Pocket
LINEで送る

化粧品・メイク道具
今使っているファンデーションやアイシャドウなど、ずーっと使ってるけど大丈夫かな?と心配になったことはないでしょうか?

実は化粧品にも使用期限は存在します!
あなたの化粧品は大丈夫ですか?
でも、せっかく買った化粧品・・・まだ使えるのに、捨てるのは結構、勇気が入りますよね・・・

そこで本日は、ギリギリまで使いたいという方のために、一般的にいわれている化粧品の使用期限と、本当に捨てないといけないデッドライン、適切な保管方法についてご紹介いたします!ぜひ、チェックしてみてくださいね!


1.一般的な化粧品の使用期限

まずは一般的に言われている化粧品の使用期限についてご紹介します。

1.未開封の場合

基本的には、未開封の場合製造から約3年間が期限となっています。ですが、これにはあるカラクリがあります。実は、化粧品には期限はもちろんのこと製造日も記載されていないことが、ほとんどです。

なぜかというと、“薬事法” という医薬品や化粧品の製造や販売について定めている法律(正式には「 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」)で、未開封の状態で3年以上品質が保持される化粧品については、製造日も使用期限も表示しなくてよいことになっているからです。

3年以上も品質が保たれる商品であっても、3年経ったからといって急に劣化するというようなことはないはずです。開けてみて、特に臭いや変色などの異常がないようであれば使っても特に問題はないといえます。(※必ず状態はご自身でチェックしてください。それを保証するものではありませんのでご了承ください。)

2.開封済みの場合

化粧品を一度開封してしまったら、3年という使用期限は短くなり、実は長くても半年で捨てることが推奨されています。

それは、食品と同じで、使用する時に、空気に触れたり、空気が中に入ってしまうことにより、酸化してしまうためです。酸化すると、“黄色ブドウ球菌”“表皮ブドウ球菌”といった細菌が繁殖します。また、直接、手で触ったり、一度使用したパフなどで、何度か使用をすることで、そこから菌が容器に入りやすくなり繁殖してしまうためです。

つまり、その繁殖してしまった菌を、気が付かないうちに肌につけてしまっていることになります。それらが、かぶれやかゆみ、ニキビなどの肌悩みを引き起こしてしまう可能性があります。時間が経って消費期限の切れた化粧品は捨てたほうがよいといわれています。

2.アイテム別、化粧品の使用期限

一度開封した化粧品については、使用する部位やアイテムなどよって、それぞれ推奨される使用期限が異なります。

ぎりぎりまで使いたい…そんな方のために、
絶対に使用期限を守ってほしいアイテムと、ある程度、気をつければ使用期限が少し過ぎてしまっても大丈夫なアイテムとで分けて、ご紹介いたします。

化粧品の使用期限を「絶対」守るべきアイテム

期限を絶対守るべきアイテム

■マスカラ:3カ月以内

特に注意が必要なのが、アイメイク商品です。菌(バクテリア)が最も繁殖しやすく、またアイメイクは目のギリギリで使用することが多いため、菌が入り込む問題が起きた時のダメージがとても大きいといえます。
毎日、同じマスカラを使う場合は大抵3カ月以内に使い切れるので問題はありませんが、複数のマスカラを並行して使用する場合や、毎日マスカラは使用しないという方は、容器に開始日をメモしたシールを貼るなどして、わかりやすいよう管理にしましょう。
(マスカラを使用中の時に、はみ出して容器の口元に付いてしまうなどの経験はありませんか。容器の口元にマスカラが付くとフタがしっかり閉まらなくなり、そこから空気や汚れ、雑菌などが入ってしまう場合がありますので、はみ出した時はティッシュペーパーなどできれいにふき取るようにしてくださいね!)

■リキッドアイライナー:3カ月以内

粉状のものより液状の方が菌の繁殖が早くなるといわれています。
また、目に入りやすいため、リキッドアイライナーは注意が必要です。

■スキンケア用品:6カ月以内
(化粧水・乳液・美容液・クリーム・クレンジング・洗顔)

化粧水などのスキンケアアイテムは、メイクをする前の最初のステップでもあり肌の角質層まで浸透させるため、菌が繁殖した場合、肌荒れにつながりことが考えられます。

大事なことはスキンケア用品を使用するときは一度に数種類を並行するのではなく、できるだけ1商品を集中して使い切るようにしましょう。

■リップメイク用品(リップクリーム・グロス・口紅):6カ月以内

唇の皮はとても薄いので、荒れを起こしやすいといえます。半年以内に使い切るようにしてください。

その他のアイテム

■日焼け止め:6カ月以内

33

日焼け止め化粧品に含まれている成分には肌への負担になりやすいものが多く、肌に負担をかけないという点でもできるだけいい状態で使うことが理想的です。目安的にはワンシーズン、半年以内がいいといえるでしょう。

また、時間が経つと日焼け止めとしての役割が落ちてしまうこともありますので、使い切れるようにしましょう。顔用の日焼け止め化粧品が、あまるようでしたら身体に使用することもできます。

■ファンデーション、化粧下地:6カ月以内

ファンデーション

厳密に言うと粉状のパウダーファンデーションより液状のリキッドファンデーションの方が菌の繁殖が早くなると考えられます。

しかし、ファンデーションは気分やファッションによって色を変えたりするようなアイテムではないので、ほとんど毎日使いますよね。変えると言っても汗ばみやすい春夏と乾燥する秋冬で、使い分ける程度だと思います。

もし今、使っていないファンデーションをどうしようかな?と悩んでいるようであれば、何かが気に入っていないのかもしれません。思い切って捨ててみてはいかがでしょうか。

■ペンシルアイライナー:1年以内

ペンシルアイライナー

ずっと同じ筆を使っているリキッドアイライナーと違って、削れば新しい部分が出てくるペンシルアイライナーは比較的、消費期限が長めです。

ですが、目の近くで使うものですし、新しい芯を出したからといって本当に安全であるという保証はどこにもありません。1年を目安にすうとよいでしょう。

■アイシャドウ:1年以内

アイシャドウ

基本的には1年で捨てることを推奨していますが、メイク用品の中でも1番種類を持ちたいのがアイシャドウですよね。1年以内に全種類を使い切るのは難しいといえます。

アイシャドウに関してはチップやブラシを最低でも1週間に1度は洗う、または使い捨てのチップやブラシを使うようにすれば、そこまで問題はありません。チップやブラシは目の中には入れないよう十分注意してください。
(※必ず状態はご自身でチェックしてください。それを保証するものではありませんのでご了承ください。)

■チーク:2年以内

チーク

基本的にはチークは2年で捨てることを推奨していますが、チークに関してはファンデーションの上からつける、頬にしか使用しないという点で、そこまで神経質に考える必要はありません。

ただし、クリームタイプなどの粉ではないチークは、酸化しやすいので、臭いや変色がないか、期間がある程度たったら必ず確認しましょう。

3.迷わず捨てるアイテムの見極め方

3-1.分離している

もともと分離させるタイプの化粧品を除いて、乳液やリキッドファンデーションなどで、分離が見られる場合は捨てるようにしてください。腐敗している可能性が高いといえます。

3-2.変な臭いがする

ツンと鼻にくるような臭いや、変な臭いがしたら捨てるサインです。最初とは違う臭いを感じたら、迷わず捨てましょう。

3-3.変色している

食べ物と同じで、明らかに変な色をしている、変な色になった場合は腐敗していると考えられますので、捨てましょう。

4.化粧品を長持ちさせる保管のポイント

先ほどお伝えした化粧品の消費期限より、保管方法を間違えると、早くダメになってしまうことがあります。これから化粧品を長持ちさせる保管のポイントをお伝えします。いつも清潔な化粧品を使うようにしましょう。

未開封・開封済み共通

■日光が当たる場所に置かない

日光が当たる場所に置かない

■湿度の多い場所を避け、なるべく涼しい場所に保管する

お風呂場、脱衣場などは湿気が多いので避け、扉付きの棚の中に入れるとよいです。

開封済み商品

■多く取りすぎたからといって容器に戻さない

一度手につけたものは、手の菌がついてしまっているので、容器に戻すと菌が繁殖してしまいます。もったいなくても一度手にとったものは戻さず、使い切りましょう。

■蓋は必ず閉める

蓋をしっかり閉めないと、隙間ができてしまいます。その隙間から空気が入り、酸化スピードが速くなってします可能性があります。その分、菌の繁殖も早くなってしまうのです。面倒でも一度使ったらきちんと蓋を閉めましょう。

■パフ・ブラシは定期的に洗う

使い捨てのものを使用するか、最低でも1週間に一度はブラシやチップを洗いましょう。専用の洗剤も販売されています。ブランドの化粧品であれば、別売りでパフやブラシのみ購入できるケースがほとんどです。化粧品カウンターなどで購入することができますので、まずは別売りがあるか事前に確認してみてください。

■リップは直接塗るのではなく清潔なブラシを使用する

直接つけるとそれだけ菌の繁殖が早くなるので、ブラシを使用しましょう。ただし、ブラシが汚れていると意味がありませんので、ブラシは定期的に洗いましょう。

■クリームはヘラ(スパチュラ)を使う

クリームを使用するときは、指をそのまま入れるのではなく、面倒でもヘラ(スパチュラ)を使用してください。付属品として、付いていない場合はアイスやプリンなどの購入の時にもらえる使い捨てのプラスチックスプーンなどで代用できます。

5.まとめ

いかがでしょうか?いつ買ったのかも覚えていないアイテムや、ずっとポーチや引き出しの中に埋まっていたアイテムを再度確認してみてくださいね。
この先も使う予定がないものは、化粧品期限を確認しながら、化粧品の断捨離してみてはいかがでしょうか?
また現在使用中のファンデーションやアイシャドウのケースなどもティッシュペーパーなどで水拭きするなどし、定期的に掃除をすると、化粧品を購入したときの状態に近づけることもできます。
併せて、化粧ポーチが汚れて、くたびれていたりしていないかチェックもしてみてくださいね!少しでもお役にたてれば幸いです!

この記事は2016年6月5日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご理解ください。



Pocket
LINEで送る