メニューを開く
提供:皮膚臨床薬理研究所株式会社

化粧品に含まれる界面活性剤で肌に影響を与えるのは一つだけ!


Pocket
LINEで送る

女性 驚く

界面活性剤は「肌に悪い」というイメージはありませんか。
界面活性剤は本当にたくさんの種類がありますが、肌に良くない影響を与える心配があるのは、実は洗うことを目的とした洗浄力のある界面活性剤(洗浄剤)だけなのです。

洗浄剤は、主にクレンジング剤や洗顔料、シャンプーなどに含まれています。洗浄剤による肌荒れや肌の乾燥を防ぐためには、これらのクレンジング剤や洗顔料の使い方のコツをおさえることが一番重要なのです。

ちなみに、石油系や植物性・天然などの表示は、そこまで気にしなくても大丈夫です!なぜなら、これらの表示に関する統一基準はありません。そもそも、原料が石油由来か植物由来かどうかは、洗浄剤の種類には関係ないのです。

そこで今回は、界面活性剤の中でも、洗浄剤がなぜ肌に良くないのか、洗浄剤と上手く付き合っていく方法をご紹介していきます。また、化粧品における界面活性剤の役割を正しく理解することで、「界面活性剤はすべて肌に悪い」という誤解もなくすことができるでしょう。

◆肌らぶ セレクション◆

ラミナーゼ モイストクレンジングバーム

美容クリームから生まれたクレンジング!?「ラミナーゼ モイストクレンジングバーム

ラミナーゼ モイストクレンジングバーム」は、汚れをしっかり落としながら美容成分もたっぷり与えてくれて、エイジングケアもしてくれる新発想のクレンジングです!
徹底的な低刺激処方なので、肌にダメージを与えず、敏感肌の方にもオススメです!またW洗顔は不要です!

通常価格4,500円(税別)のところ、初回定期は特別価格1,500円でお申込み可能です!
さらに30日間返金保証つきで、送料・手数料は無料です!
ラミナーゼ モイストクレンジングバーム2


1.肌に影響を与える界面活性剤は一つだけ

女性 秘密肌に良くない影響を与える心配があるのは、洗浄力のある界面活性剤(洗浄剤)だけです。そして、この洗浄剤が含まれる化粧品には、クレンジング剤や洗顔料、シャンプーなどがあります。

では、界面活性剤とは、そもそもどういうものなのでしょうか。また、なぜ洗浄剤が肌に良くない影響を与えるのかをご説明していきましょう。

1-1.洗浄力のある界面活性剤に注意

界面活性剤は、何千種類も存在します。そして、それぞれの役割によって、使われる界面活性剤の種類は異なります。

界面活性剤とは、水と油のように混ざらないものの界面にはたらき、二つを馴染ませることができる物質です。水と油をコップに入れると、混ざり合うことはなく境目ができますよね。この二つの物質の境の面のことを界面といいます。

このような水と油を馴染ませる働きを利用して、化粧品にはよく界面活性剤が使われているのです。その役割としては、汚れを取り去ることや、美容成分を肌に浸透しやすくすること、乳液やクリームが分離しないように安定させることなどがあります。

この中の、汚れを取り去ることのできる界面活性剤(洗浄剤)は、主にクレンジング剤や洗顔料、シャンプーなどに配合されています。言い換えれば、その他の界面活性剤が含まれる化粧品は、界面活性剤による肌への影響はほとんどありません。

洗浄剤 界面活性剤

1-2.なぜ洗浄力が肌に影響を与えるのか

今回、シャンプ―のことは除いて、影響を受けやすい顔の肌についてお話ししましょう。顔の肌に使う、クレンジング剤や洗顔料に含まれる洗浄剤は、メイク汚れや皮脂汚れ、古い角質などを落としてくれます。

しかし、これらの汚れ(油脂、タンパク質、紛体など)を落とす力が強すぎると、外部の刺激から肌を守っているバリア(皮脂膜・角質層)を壊してしまいます。

肌は皮脂膜という汗と皮脂が混ざってできた薄い膜に守られています。これが壊されると、肌の水分が蒸発して水分保持ができなくなることから、肌が乾燥してしまいます。

また、皮脂膜が壊されることで、その下にある肌のバリア機能をもつ角質層も壊されてしまうので、肌のバリアが弱くなってしまうのです。

健康な肌とバリア機能が低下した肌

バリア機能(普通肌&敏感肌・乾燥肌)

通常、洗浄剤は水で洗い流したり、ふき取ることで肌から落とすことができます。また、仮に肌に残っていたとしても、肌の表面は弱酸性であることから、その酸によってバリアを壊す力は失うのです。よって、肌のバリアが破壊されているのは、クレンジングや洗顔をしている間だけと考えてよいでしょう。

一方、その他の化粧品に含まれる洗浄剤以外の界面活性剤は、洗浄力がないことから肌のバリアを壊すことはあまりありません。また、これらは化粧品に配合される量も少ないので、肌に影響を与える心配はないと思ってよいでしょう。むしろ、化粧品の品質を高めるために配合されているだけなのです。

2.洗浄力のある界面活性剤と上手く付き合うには

洗浄力のある界面活性剤と上手く付き合っていく秘訣は、クレンジングと洗顔方法にあります。

洗浄剤は、クレンジング剤や洗顔料に入っていますが、これらの化粧品はまた、洗浄剤がないと作ることができません。しかし、メイクをするからには、使わないわけにもいかないですよね。

そこで、界面活性剤について少し聞いたことのある人は、石油由来の界面活性剤が入ったものではなく、植物由来の界面活性剤が入ったものを使えば大丈夫なのでは?なんて思いませんでしたか。

実は、原料の由来はほとんど関係ありません!洗浄剤の本当の良し悪しは、十分な知識がなければ、中々見分けることができないものです。

洗浄剤を否定や拒否することはやめて、この際、上手く付き合っていくことが一番重要なのです。

2-1.秘訣はクレンジングと洗顔方法にある

メイクをしたら、その都度メイクは落とさなければなりません。そのためには、クレンジング剤や洗顔剤がどうしても必要となりますよね。

でも心配はいりません。クレンジング剤や洗顔料の使い方のコツをおさえることで、洗浄剤による肌荒れや肌の乾燥は防ぐことができます。

2-1-1.クレンジング編

女性 ミルクポイント☺

①クレンジングは1分以内で終わらせる

②クレンジング剤と洗顔料はどちらか一つ

③クレンジング剤はクリームタイプやミルクタイプ

 

  • クレンジング時間

クレンジングには、洗浄剤が比較的多く含まれているため、1分以内で終わらせるようにするのが原則です。

個人差はありますが、だいたい5分間クレンジングを続けると、肌の角質層は壊されてしまいます。角質層は、外部の刺激から肌を守るバリアです。1分以内であれば、このバリアが壊される前であることから、素早くクレンジングを終わらせることが大切なのです。

  • W洗顔

クレンジングの後にW洗顔をしている人は、肌のバリアをダブルで壊しているかもしれません。メイクを落とすときは、クレンジング剤と洗顔料のどちらかひとつにすることで、肌のバリアの破壊を抑えることができます。

普段、薄いベースメイクにアイメイクをしない人は、石鹸だけでも落とすことができます。クレンジング剤だけの場合は、必ずW洗顔不要のクレンジングを使うようにしましょう。汚れが肌に残っていても、肌荒れの原因となることがあるからです。

  • 肌への摩擦

洗浄剤の刺激に加え、メイクを落とすときの摩擦によっても肌のバリアは壊されてしまいます。

クリームタイプやミルクタイプが乾燥肌や敏感肌の人におすすめされているのは、洗浄剤の量が比較的少なく、肌への摩擦が小さいためです。

摩擦が大きくなりがちな、ふき取りやシートタイプのクレンジングは、どうしてもの時だけにするとよいでしょう。

2-1-2.洗顔編

洗顔ポイント☺

①洗顔不要のクレンジング剤を使うこと

②オイリー肌以外の人は、朝はぬるま湯で洗顔する

  • 洗顔料

W洗顔については、W洗顔不要のクレンジング剤だけで済ませ、洗顔料は使わないこと。

洗顔料を使った洗顔は、必要な皮脂まで取りすぎてしまうことがあります。洗顔によって一時的に乾燥した肌は、普通肌やオイリー肌の人であれば、肌が必要な皮脂を分泌し肌のバリアを戻すことができます。しかし、乾燥肌や敏感肌の人は、もともと皮脂の分泌が少ないので、さらに乾燥が進んでしまうのです。

  • 肌質

朝の洗顔については、オイリー肌以外の人は、洗顔料を使わずにぬるま湯で顔を洗うだけにしてください。そうすることで、肌のバリア破壊を抑えることができます。

オイリー肌の人や思春期の過剰な皮脂分泌でお悩みの人は、皮脂を取りすぎてバリアを壊すことよりも、皮脂が多すぎることの方が問題なので、朝は洗顔料を使った洗顔をおすすめします。

2-2.石油由来に敏感になりすぎない

界面活性剤の種類は本当にたくさんあることから、もちろん、洗浄剤の中にも刺激の高いものや、低いものがあります。刺激の高いものは、肌に残留・浸透しやすく、肌の奥まで浸透して、肌のバリアを破壊し続けると言われています。

しかし、前提として、日本で使うことができる化粧品原料は、厳格な毒性試験や刺激試験をパスしたものだけになります。現在の日本の化粧品には、肌に致命傷を与える程の洗浄剤はもともと含まれていません。

また、石油由来の界面活性剤は肌に悪く、植物由来の界面活性剤は肌に優しいと思ってはいませんか?でも実は、これらの表示には統一基準がないのです!

例えば、原料が植物と石油の両方で作られたものでも、「植物性界面活性剤」なんていうこともできます。逆に、「石油系合成界面活性剤」と言われているものも、石油から作ることもできますが、現在では植物からつくられています。

本来、化学的に合成して作られた界面活性剤は、原料ではなくその性質や構造によって、刺激の高い低いが決まります。しかし、界面活性剤の構造なんて言われてもわからないため、それをイメージで、石油は悪く、植物は良いという表現になってしまったのでしょう。

成分をみて頭を悩ませるよりも、洗浄剤の含まれたクレンジング剤や洗顔料を使いこなすことが、美肌への近道となるのです!

3.界面活性剤は必要不可欠な存在

界面活性剤は、化粧品から食品まで、幅広く使われています。今日、界面活性剤は、世の中には無くてはならない存在と言えるでしょう。では、界面活性剤の使われ方を見ていきましょう。

3-1.大活躍の界面活性剤!!

化粧品における界面活性剤は、汚れを落とすことのほかにも、化粧品の使用性を高めることや、様々な原料を馴染ませ、均一に混ぜることもできます。このように、化粧品を作る上で界面活性剤は必要不可欠な存在です。

化粧品だけでなく、洗浄力のある界面活性剤は、油汚れを包み込んで水で洗い流すことができることから、食器洗い洗剤や洗濯用洗剤にも使われています。

また界面活性剤の中には、食品添加物として認められているものもあり、ホイップクリームやアイスクリームを作る際の、油と水を混ぜ合わせるためにも使われています。

界面活性剤は、ほとんどが化学的に合成して作られるため、「合成界面活性剤」とも呼ばれていますが、天然のものとしては、レシチンやサポニンがあります。卵黄のレシチンはマヨネーズ作りに使われています。界面活性剤 化粧品

3-2.化粧品における役割

  • クレンジング・洗顔料・シャンプー

洗浄:体の汚れを落とす。

  • 乳液・クリーム

乳化:水溶性と油溶性の液体を均一に混ぜ合わせる。化粧品の使用感の向上や、化粧品を肌に浸透しやすくする。

  • 化粧水

可溶化:水溶性の液体に油溶性の成分(香料・油・薬品)を溶かし込む。化粧品の使用感の向上や、化粧品を肌に浸透しやすくする。

  • ファンデーション・日焼け止め

分散:化粧品の粒子を均一に分散させる。

  • 洗顔料・整髪料

起泡:泡で汚れを包み込み、化粧品の性能や使用感を向上させる。

  • ヘアリンス・静電気防止スプレー

帯電防止:静電気を髪や体、衣類から空気中に逃がす。

  • 逆性石鹸

殺菌:界面活性剤がタンパク質を破壊することを利用して、細菌を破壊させる。

 

4.石油由来や植物由来は関係ない

現在の界面活性剤は、ほとんどが石油と植物の両方から作られています。

では、なぜ「石油系合成界面活性剤」が悪く、「植物性界面活性剤」が良いと言われているのでしょうか。

おそらく、石油は肌に悪いというイメージで、肌への刺激が強い界面活性剤を「石油系」と呼んだのでしょう。同じく、植物は肌に優しいというイメージで、肌への刺激が弱い界面活性剤を「植物性」と呼んでいるのだと思います。「石油系合成界面活性剤」や「植物性界面活性剤」は、イメージで付けられた名前であるといえるでしょう。

界面活性剤の種類というのは、原料で決まるのではなく、最終的に合成されてできた界面活性剤の性質や構造によって決まるのです。

4-1.植物由来の「石油系合成界面活性剤」

「石油系合成界面活性剤」と言われているものは、実は石油は使われていないことの方が多いでしょう。石油価格が高騰していることからも、最近では原料に植物性オイルが使われています。

一般的に石油系合成界面活性剤と言われているものには、以下のようなものがあります。

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム
  • ラウリルスルホン酸ナトリウム
  • キシレンスルホン酸ナトリウム
  • スルホン酸ナトリウム
  • パレス-3硫酸ナトリウム
  • パレス-3硫酸アンモニウム

➡「スルホン酸」「~硫酸」「Na(水酸化ナトリウム)」「アンモニウム」などの名称があった場合は、石油系合成界面活性剤と言われています。

また、「ラウリル」ということばがついたものも多いですよね。「ラウリル」は「ラウリルアルコール」というアルコール原料から取った名前であり、「ラウリン酸」という脂肪酸から生成されます。

そして、この「ラウリン酸」は主に「ヤシ油」から取っているのです。ラウリン酸は石油からも取ることができますが、植物性オイルである「ヤシ油」の脂肪酸組成は、約半分が「ラウリン酸」であることから、石油から取るよりも簡単に安く作ることができるのです。

4-2.石油由来の「植物性界面活性剤」

よく「植物性界面活性剤」と言われているものは、「EO付加型界面活性剤」という界面活性剤です。その原料は、植物と石油の両方が使われています。

界面活性剤は、油と馴染みやすい「親油基」と、水に馴染みやすい「親水基」を持ちます。

「EO付加型界面活性剤」の親油基は植物由来の脂肪酸などから成りますが、親水基は石油由来のEO(酸化エチレン)からできているのです。EO付加型界面活性剤

5.肌に優しい界面活性剤

「洗浄剤の本当の良し悪しは、十分な知識がなければ、中々見分けることができないもの」と言いました。

それでも、肌に優しい界面活性剤について詳しく知りたい人や、洗浄剤は肌に優しいものだけしか使いたくないという人は、ここから先を参考にしてみてください。

しかし、基本的には、クレンジング剤や洗顔料の使い方のコツをおさえることで、洗浄剤による肌荒れや肌の乾燥は防ぐことができますので、安心してくださいね。

5-1.非イオン性界面活性剤は低刺激

界面活性剤の種類は、原料ではなく、界面活性剤の性質や構造によって決まります。

界面活性剤の中で、「非イオン性界面活性剤」に分類されるものは、低刺激と言われています。現在、化粧品に使われている洗浄剤は、すべてではありませんが、ほとんどがこの「非イオン性界面活性剤」です。

すべての界面活性剤は、水に溶けたときに電離してイオンになる「イオン性界面活性剤」と、水に溶けてもイオンにならない「非イオン性界面活性剤」があります。

イオン性界面活性剤はさらに、陰イオン・陽イオン・両面界面活性剤に分類ができます。イオン性界面活性剤

肌の表面は、弱酸性であり陽イオンが多いのに対し、肌の内部はアルカリ性で陰イオンが多くなっています。この二つが反発し合うことで、二つの間に電気の膜ができています。

この電気の膜によって、通常は外からの成分は肌に浸透することができません。しかし、イオンは電気の膜を通って、肌に浸透することができるのです。

よって、イオン性界面活性剤は肌への浸透性が高いことから、肌の刺激も強くなります。「石油系合成界面活性剤」が肌に悪いと言われているのは、これらが主に、陽イオン界面活性剤や陰イオン界面活性剤だからだったのです。

一方、非イオン性界面活性剤はイオンを持たないことから、比較的低刺激であるのです。

5-2.非イオン性界面活性剤の種類

では、非イオン性界面活性剤には、どのようなものがあるのか、代表的な種類をみていきましょう。

成分名称の特徴をつかむことができれば、簡単に商品の成分表示をみてわかるようになるでしょう。

5-2-1.EO付加型(酸化エチレン付加型)

EO付加型の構造は、親水基に石油由来の酸化エチレン、親油基には高級アルコール・脂肪酸・油脂のいずれかが結合したものがあります。

①高級アルコール

  • オレス−10
  • ステアレス−20
  • オクチルドデセス-25
  • オクトキシノール-9   など

➡「~レス」「~セス」や「PEG」の文字が入っている場合が多い

②脂肪酸

  • オレイン酸PEG−20グリセル
  • ステアリン酸PEG−15グリセル
  • ラウリン酸PEG−20グリセル   など

➡「PEG-○○」という文字が入っている場合が多い

③油脂(アルコールと脂肪酸エステル)

  • ポリソルベート20
  • ポリソルベート60
  • オレイン酸PEG-6ソルビタン   など

➡「ポリソルベート○」や「PEG−○ソルビタン」という文字が入っている場合が多い

5-2-2.アルカノールアミド型

親水基には石油由来のアルカノールアミン、親油基には主に植物由来の脂肪酸から成る界面活性剤です。

  • コカミドDEA
  • コカミドMEA
  • ラウラミドMIPA   など

➡「~ミド」と表示されることが多い。

5-2-3.多価アルコールエステル型(ポリオール型エステル型)

親水基となる多価アルコール(グリセリン・ソルビトール)や、糖類(ショ糖・グルコース)と、親油基となる植物由来の脂肪酸をエステル結合した界面活性剤です。食品添加物にも使われることもあることから、安全性の高い界面活性剤です。

  • 脂肪酸モノグリセリド
  • プロピレングリコール脂肪酸エステル
  • ラウリン酸ソルビタン
  • ステアリン酸ソルビタン
  • SEステア林酸スクロース
  • アルキルグルコシド   など

6.まとめ

どうでしたか?界面活性剤は「肌に悪い」というイメージも、少し変わったのではないでしょうか。一般的に、石油由来や植物由来と言っているのも、実はすごく曖昧な表現だったのですね。

クレンジング剤や洗顔料には、洗浄力のある界面活性剤(洗浄剤)によって、肌に良くない影響を与えることもありますので、使い方やコツをつかんで、肌トラブルを防ぐようにしましょう。

どうしても、肌に優しい洗浄剤を使いたい人は、原料が石油由来か植物由来かではなく、性質や構造から非イオン性界面活性剤を選ぶようにするとよいでしょう。

界面活性剤は、化粧品とは切っても切れない関係なので、これからも上手く付き合っていきましょう!
この記事は2014年8月13日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る