メニューを開く
2017年4月11日 更新

タイプ別!コットンのおすすめ&使い方のポイント

コットン おすすめ普段のスキンケアで使う、コットンのおすすめ商品をお探しではありませんか?

肌に直接触れるスキンケアアイテムだからこそ、お気に入りのコットンを見つけたいものですよね。

今回は、さまざまなタイプ別に肌らぶ編集部がおすすめするコットンをご紹介します。

また、コットンのおすすめの使い方や、コットンを使用するメリットも合わせてご紹介するので、是非参考にしてみてくださいね。



1.コットン使用 おすすめポイント5つ

コットン おすすめここでは、化粧水をコットンで付けるおすすめポイントを5つ簡単にご紹介します。
毎日スキンケアで使うコットンだからこそ、あらためてコットンの魅力を再確認しましょう。

①衛生的

コットンは、衛生的にスキンケアができることが魅力の1つです。
手には雑菌がつきやすいといわれているため、常に新しいコットンを使ってスキンケアをおこなうことは衛生面で理想的です。

②肌のすみずみまでつけやすい

コットンでスキンケアをおこなうと、肌のすみずみまでまんべんなく美容成分を届けることができるといわれています。
また、凹凸感のある小鼻や目元部分にもつけやすいというメリットがあります。

③化粧水がこぼれにくい

コットンが化粧水などをしっかり含んでくれるので、液だれすることがなくスムーズにスキンケアをおこなうことができます。
特に、さっぱりタイプの化粧水を付ける時にとても便利です。

④ローションマスクができる

コットンは、手軽にローションマスクとして使うことができます。
また、自分のお気に入りの化粧水を使ってパックすることができるのが魅力です。

⇒ローションマスクについて詳しく知りたい方はこちらを参照してください。

⑤首にまで使える

顔に使用した後のコットンを使って、残った化粧水を首や耳などにつけることができます。
普段は首までお手入れしない方も、毎日顔に使うコットンでならネックケアにも手軽に挑戦できそうですよね。

2.タイプ別 コットンのおすすめ

コットン おすすめコットンはバリエーションが豊富なので、何を選んだら良いか悩んでしまうことってありますよね。
今回は、肌らぶ編集部がおすすめするコットンを、さまざまなタイプ別にご紹介します。

以下のように、コットンを選ぶ際に重視されることが多いと思われる点に合わせてご紹介するので、気になる項目をチェックしてみてくださいね。

☑気軽に毎日使いたい
☑肌の摩擦をなるべく抑えたい
☑たっぷり化粧水を含ませたい
☑パックに使いたい
☑メイク落としに使いたい
☑肌ざわりを重視したい

◆気軽に毎日使いたい方に コスパが良いコットン◆

気軽に毎日使いたい方は、ドラッグストアで購入可能なお財布に優しいコスパの良いコットンがおすすめです。

【肌らぶ編集部参考商品】
今回は、ドラッグストアで購入可能かつ100枚以上の容量のコットンの中から、肌らぶ編集部参考商品としてご紹介します。

資生堂/ビューティーアップコットン F

コットン おすすめ 資生堂 ビューティーアップコットン F<販売会社>株式会社資生堂
<価格>300円(+税)
<容量>108枚

≪肌らぶ編集部コメント≫
手摘みの綿を使用している、1枚あたり約2.8円とコスパが良いプチプラコットンです。
綿を何層にも重ねて作られた資生堂のコットンは、肌あたりがなめらかで心地良い肌触りなのでおすすめです。
ふき取り、ローションマスク、パッティングなどさまざまなシーンで使いやすいコットンなので、お手入れ好きには欠かせない1品です。

資生堂公式HPはこちら

肌の摩擦をなるべく抑えたい方に シルクコットン◆

肌の摩擦をなるべく抑えたい方は、肌の上をなめらかにすべるシルクのコットンがおすすめです。
コットンの使用感にこだわりを持った、美意識の高い方にも是非試していただきたいコットンです。

たっぷり化粧水を含ませたい方に 大判コットン◆

たっぷりと化粧水を含ませて使用したい方は、コットンの大きさが60mm以上の比較的大きいサイズのコットンがおすすめです。
サイズが大きいことで持ちやすく、スキンケアもスムーズに行いやすいでしょう。

パックに使いたい方に ローションパックコットン◆

パックにコットンを使用したい方は、「ローションパック用」として作られたコットンがおすすめです。
綿を何層かに重ね、数枚に割いて使用できるコットンも多く、なかなかコットンを上手に割けないとお悩みの方にもよいでしょう。

メイク落としに使いたい方に ふき取りコットン◆

メイク落としでコットンを使用したい方は、上記の「ローションパック用」同様に、「ふき取り用」として作られたコットンがおすすめです。
毛羽立ちにくく、古い角質や汚れが拭き取りやすい表面を意識して作られたものが多いのも特徴です。

肌ざわりを重視したい方に オーガニックコットン◆

肌ざわりを重視したい方は、オーガニックコットンがおすすめです。
肌あたりがやわらかくなめらかなので、お肌がデリケートに傾きがちな方にも使いやすいでしょう。

3.化粧水はコットンで おすすめの使い方

コットン おすすめここでは、化粧水を付ける際におすすめしたいコットンの使い方をご紹介します。
化粧水は、ただコットンに含ませて肌に付ければ良いというものではありません。

しっかりポイントをおさえて、コットンの魅力を最大限に引き出した使い方をマスターしていきましょう。

①コットンの繊維の方向を確認する

コットン おすすめ 繊維コットンの表面をよく見ると、繊維が一方方向に並んでいるのが分かります。
コットンを小さく割く時に、割きやすい方向と割きにくい方向があるのも、この繊維の方向が関係しています。

繊維の方向と肌の上をすべらせる方向が平行になるように化粧水をなじませると、スキンケアのなじみが良くなるといわれているので、コットンを使用する前に繊維の方向をしっかり確認しておきましょう。

②コットンを半分に折る コットン おすすめ 折る 画像コットンを半分に折り、真ん中に折り目をつけます。

折り目の線は、先ほど確認した繊維の方向と垂直になるようにつけておきましょう。

③使用量をコットンに出す

コットン おすすめ 化粧水 塗布真ん中の線に沿って、コットンのすみずみまで均等に化粧水を染み込ませていきます。
折り目の線が付いていることで、化粧水がコットンの隅までなじみやすくなっています。

④中指と薬指の間にコットンを挟む

コットン おすすめ 持ち方中指と薬指の上にコットンを置き、人差し指と薬指で挟み込みます。
この時、化粧水が塗布されている面が出るように挟みましょう。
肌にあたるコットン面が、全面化粧水で濡れていることを確認します。

⑤肌へなじませる

頬や額など、面積の広い部分から順に、内側から外側に向かって化粧水をなじませます。
コットンの繊維と塗り進める方向が平行になるように塗ることを意識しながらおこなうようにしましょう。

4.まとめ

コットン おすすめ今回はさまざまなタイプ別からおすすめのコットンをご紹介しましたが、お気に入りのコットンは見つかりましたか?

お気に入りのコットンを見つけるだけでも、スキンケアタイムをより楽しむことができますよね。

毎日使うコットンだからこそ、その使い方をマスターして、日々のスキンケアに役立てていきましょう!

きっと毎日が、今よりももっと楽しく輝き続けるはずです。

この記事は2017年4月11日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。