メニューを開く
アスタリフト;

クマをメイクで隠す方法とおすすめしたいコンシーラー

クマ メイククマをメイクで隠したい、クマを隠すための化粧品がほしいと思っていませんか?

クマを隠すには、まず自分がどのタイプのクマなのかを知らなければいけません。

今回はクマのタイプを知る方法と、タイプ別のクマを隠すメイク方法、そしておすすめしたいコンシーラーを紹介します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1 自分のクマタイプの見分け方

まずは自分のクマタイプがどれなのか、下のイラストを参考に確かめてみてください。
クマ_確認方法
① 青クマ

「あっかんべー」をする時のように、目の下の皮膚を下にひっぱったときに、クマの色が薄くなった人は青クマの可能性があります。

青クマは体調不良や冷えなどからくる血行の悪さが主な原因です。また、目の下の皮膚が特に薄い方や、肌が比較的白い方に目立ちやすい傾向があります。

② 黒クマ

鏡を持って上を向いたときに、クマの色が薄くなった人は黒クマの可能性があります。

黒クマの主な原因は加齢によるたるみです。皮膚がたるむことで目の下に影ができ、クマができたように見えます。
そのため、元々涙袋が大きい方や、はっきりとした顔立ちの方は黒クマが目立ちやすいです。

③ 茶クマ

青クマと茶クマの方法を両方試してもクマの色が薄くならなかった人は茶クマの可能性があります。

茶クマの主な原因は、目のこすりすぎや乾燥による刺激からくるメラニンの増加による色素沈着となっています。

2 黒クマを隠すメイク方法

自分のクマのタイプがわかったところで、クマをメイクで隠す方法をみていきましょう。
まずは、黒クマを隠すメイク方法です。

2-1 濃い黒クマは視線誘導メイクがおすすめ!

クマ_メイク黒クマはたるみによって皮膚にへこみができ、影ができてクマのように見えているため、青クマ・茶クマのように実際に肌に色があるわけではありません。
そのため、濃い黒クマはコンシーラーを厚く塗っても隠しきるのは難しいのです。

ですので、黒クマには視線誘導メイクを活用しましょう。
視線誘導メイクは他人の視点を黒クマから別のパーツに誘導することで目立たなくさせるメイク方法です。

アイラインをしっかり引く、アイシャドウやリップを明るい色にするといった視線誘導メイクで、黒クマ以外のパーツに視線を誘導しましょう。

2-2 薄い黒クマはパールでハリ感を!

濃い黒クマはコンシーラーを使ってもあまりうまく隠すことができませんが、薄い黒クマであればコンシーラーである程度隠せます。

ベージュやオークル系のコンシーラーを黒クマの上にのせてなじませましょう。
もしそれでも隠しきれない場合は、パールのパウダーを仕上げに使って光反射で黒クマが目立たないようにするといいでしょう。

または、パール感のあるコンシーラーを使って目元にハリ感をだすのも良いですね。

3 青クマ・茶クマをメイクで隠す方法

では、次は青クマ・茶クマをメイクで隠す方法をみていきましょう。
青クマ、茶クマは肌に実際に色がある状態ですのでコンシーラーが大活躍します。

3-1 青クマ・茶クマはリキッド・筆タイプのコンシーラーを活用する

目元の皮膚は薄く繊細なので、やわらかく使いやすいリキッドや筆タイプのコンシーラーが向いています。

コンシーラーのカラーは、青クマを隠したいのであればオレンジ系、茶クマであればイエロー系を選ぶとよりきれいにクマを隠してくれます。
クマ_隠す色コンシーラーは単色のもからパレットタイプのものまで、種類はさまざまです。手持ちのものでカラータイプのコンシーラーがない場合は、素肌と同じ色または少し暗めのコンシーラを使ってカバーするのがおすすめです。

明るめのコンシーラーを使うと、逆にクマが目立ってしまうことがあるので注意しましょう。

3-2 コンシーラーは薄付きを意識した付け方で!

コンシーラーつけ方青クマ・茶クマをしっかりと隠すメイク方法は以下のとおりです。

1 コンシーラーをブラシ等で取り、手の甲で量を調整する
2 目元の青クマ・茶クマにコンシーラーを斜め下の方向へ少量をのせ伸ばす
3 軽くポンポンと触れるように薬指の腹かスポンジでなじませる

コンシーラーのラインをつなげていくように、上下左右にぼかし周囲の肌となじませていきます。
このとき、コンシーラーはクマの上だけにのせるようにしてください。クマになっていない部分にもコンシーラーの色がつくと、メイクの色合いが変わってしまいます。

もしコンシーラーの量が多かった場合は、目の下をスポンジなどで軽く押さえ、余分なコンシーラーをとりましょう。
そして少量のフェイスパウダーを目元に軽くのせて押さえると、コンシーラーを塗った部分が崩れにくくなるのでおすすめです。

4 おすすめしたい!コンシーラー4選

では、肌らぶ編集部がおすすめしたいコンシーラー4種を紹介します。

①ポーラ ミュゼル アイゾーンコンシーラー
ミュゼル アイゾーンコンシーラー
筆タイプで扱いやすい目元用コンシーラーです。
メリッサエキス、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分を配合しており、クマを隠すだけでなく肌にうるおいも与えます。
クリック

②ポーラ オーガ コンシーラー&ベール
オーガ コンシーラー&ベール目の下のクマを隠す淡いオレンジ色のコンシーラーと、毛穴や小ジワを目立たなくさせ、なめらかに整える補正料ベールのセットです。
コンシーラーはライトとナチュラルの2色から選ぶことができます。
クリック

③エスティローダー ダブルウェア ステイインプレイス コンシーラー
エスティローダーオイルフリーのクリームタイプコンシーラーです。
湿気に強く、ナチュラルにクマをカバーしてくれます。アプリケーターも使いやすいです。
クリック

④ヘレナルビンスタイン マジックコンシーラー
ヘレナルビンスタイン光の反射で目の周りのクマを明るく演出するコンシーラーです。
肌になじみが良く、ナチュラルで透明感のある肌に見せてくれます。
クリック

5 まとめ

自分のクマを見分ける方法、そしてクマのタイプ別のメイクでの隠し方、そしておすすめしたいコンシーラーを紹介しましたが、いかがでしたか?

自分のクマのタイプを知って、それにあったメイクでクマをフォローしていきましょう。

今回紹介した視線誘導メイクやコンシーラーの選び方、使い方をぜひ活かしてくださいね!
この記事は2016年3月3日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る