メニューを開く
2017年4月25日 更新

【ドクターケイ】ローションの感想紹介!実際に試してみました

ドクターケイ4
ドクターケイが気になる!でも実際どうなんだろう?自分の肌に合うかな?と気になっていませんか?

今回はドクターケイの特徴や、肌らぶスタッフが実際に試した感想などをお伝えしていきます。

ドクターケイが気になっている方は、ぜひ参考にしてください!




1. ドクターケイの特徴

ドクターケイ2
ドクターケイ(Dr. K)は、青山ヒフ科クリニック(東京都港区)の院長、亀山孝一郎先生によって開発されたスキンケアシリーズです。
「ドクターケイ」というブランド名は、この亀山先生にちなんでいるようです。

毎日を忙しく生きる現代女性なら一度は悩んだこともあるであろう、メンタル面の不調と肌悩み・肌荒れの関係。
「肌は心を映す鏡」という考え方を大切にしているドクターケイは、そんな女性たちをサポートしてくれる、とされています。

独自の製法により、それぞれの製品に合わせて複数のビタミンをブレンド配合しているのが特徴です。

2. ドクターケイの感想!お試しレビュー

【1. ドクターケイの特徴】でお伝えしたような特徴のあるドクターケイですが、今回はその中でもローションを試そうと思います。

ドクターケイ ケイカクテルVローション
ドクターケイ
・着色料・香料・防腐剤(パラベン)不使用
・アレルギーテスト済み(全ての方に刺激やアレルギーが起こらないというわけではありません)

【特徴】
ビタミン成分を配合した化粧水です。
(※製品の抗酸化剤:ビタミンC誘導体・ビタミンE、保湿成分:ビタミンA誘導体・ビタミンB群・ビタミンH・ビタミンP)

保湿成分として、ヒアルロン酸・セラミド・コラーゲンなども配合されています。
かさつきを防いで肌のきめを整える、エイジングケア(※)もできる化粧水です。
(※年齢に応じた肌のお手入れ)

通常のローションの容量は150mLです。
いきなり新しい化粧品を使うのはなんとなく不安だな…と思っていたところ、ハーフボトルと乳液のミニサイズがお試しできるセットがあったので、今回はこちらを試してみることにしました。

実際に使用してみた感想をお伝えします。

ドクターケイ ケイカクテルVローションハーフボトルセット
ドクターケイ1
内容:ケイカクテルVローション(化粧水)60mL、ケイパーフェクトモイスチャーミルク(乳液) 8mL

【今回試した肌らぶスタッフ】
・26歳女性
・混合肌
・頬や目もと・口もとはかさつきますが、Tゾーンの皮脂が多いことが気になります。
頬のきめ乱れも悩みの一つです。

火曜日の夜に注文して、木曜日の午前中に届きました!
ドクターケイ6
特別サイズの化粧水とチューブ容器に入った乳液が2本、さらに美容オイルのパウチサンプルが6個入っていました。
ドクターケイ7
届いた日の夜から、さっそく使ってみます。

2-1. ケイカクテルVローション(化粧水)

早速使おうと思って目に付いたのが、このボトルの口もとです。
ドクターケイ8
写真を見ていただければ分かるとおり、密閉シールが貼ってありました。
このような化粧水はあまり見たことがなく、新鮮そうな感じがしていいなと思いました。

ドクターケイ化粧水
手に出してみると、とてもサラサラのテクスチャーです。
べたつきがあまり得意ではない私にはうれしいポイントでした。

肌になじませると、さらっとした化粧水がすーっと肌になじみます。
ほんのり柑橘系のようなさわやかな香りが広がり、リフレッシュしてお手入れできました。

肌にたっぷりつけたのに、なじませた後の肌はサラサラです。
季節関係なく、気持ちよく使うことができそうです。

(※すべて個人の感想です)

2-2. ケイコンセントレートオイル(美容オイル)

「オイル」と名前がつくだけあって、こちらもべたつきがないか不安でした。

パウチを開けて手のひらに出してみると、ほとんど透明ですがほのかに黄色っぽいオイルです。
ドクターケイオイル
ここではテクスチャーが軽そうな感じは特にせず、よくあるオイルと同じような印象です。
商品説明にあったとおり、化粧水と乳液の間に使ってみました。

まずいちばん印象的だったのが、先に使った化粧水の香りをアップさせたような、さわやかな香りです。

とは言っても「きつい」というわけではなく、まるでアロマを焚いているかのような、ぜいたくな気分になれる香りでした。

使い心地も決して重くなく、手の上ではまろやかだったテクスチャーが肌に伸ばすとさらっとなじみます。
全体になじませた後しっかりハンドプレスすると、何ともなめらかな感触になっていて驚きです。

朝、顔全体に使うと夕方のTゾーンのテカりが少し気になったので、メイク前には乾燥しやすい部分(頬や目もと・口もとなど)にのみ使うようにすると、乾燥も防げてちょうどよかったです。

自分の肌状態をよく見ながら調整して使うとよいでしょう。

(※すべて個人の感想です)

2-3. ケイパーフェクトモイスチャーミルク(乳液)

混合肌の私にとって、乳液はどうしてもべたつきが気になるアイテムです。
こちらも少し不安に思いながらも使ってみました。
ドクターケイ乳液
チューブから出してみてすぐ、やわらかそうなテクスチャーであることがわかりました。

ややゆるめのミルクは肌に伸ばしても重くなく、肌なじみもとてもよかったです。
化粧水とオイルで整えた肌を、この乳液がやさしく包み込んでくれているようなイメージでした。

肌全体になじませた後ゆっくりハンドプレスしてみると、ふっくらとした感触が。
べたつきともさらさらとも違う「もっちり感」を実感しました!

(※すべて個人の感想です)

公式HPはこちら(大)

3. ドクターケイの感想

ドクターケイハーフボトルセット
ドクターケイのローションを使用してみて感じたのは、「使い心地のよさ」「香りのよさ」「きめが整った」ということです。

肌のべたつきと乾燥、どちらも気になる私は、今まで使用感に満足できるスキンケアになかなか出会うことができませんでした。
ちょっとべたつきが気になったり、逆にさっぱりしすぎたり…

でもドクターケイは、化粧水⇒オイル⇒乳液と重ね付けしても肌にスーッとなじみ、しっかりうるおっていくのを実感できました。
乳液までつけ終わった肌には、手が吸い付くようなモチモチ感を味わえます。

そのモチモチ感のおかげで使っている間は肌のきめが整ったように感じ、気持ちよく使うことができました。
ファンデーションの乗りもよくなったので嬉しいです。

また、シリーズ共通のさわやかな香りが、個人的にとても気に入りました。
使うたびに気持ちがリラックスできたので、お手入れも自然と丁寧にできるようになった気がします。

■ドクターケイはこんな方にぴったり!
・うるおいは欲しいけどべたつくのもイヤな方
・肌なじみのよいものが好きな方
・きめが整った肌に憧れる方
・大人の肌悩みを予防したい方
・年齢に応じたお手入れをしていきたい方
・リラックスしながら丁寧なお手入れがしたい方

>>>ドクターケイ公式HPはこちら

(※すべて個人の感想です)

4. ドクターケイはどこで購入できるのか

ドクターケイ参考:ドクターケイ公式HP

2017年4月現在ドクターケイの商品は、オンラインショップ・取扱店の店頭・青山ヒフ科クリニックなどで購入することができます。

ドクターケイは専門店を持っていないので、店頭では各地のバラエティショップや百貨店などでのみ取扱われているようです。

その中でも私たち肌らぶは、ドクターケイのオンラインショップの利用をおすすめします。

オンラインショップで購入することで、全国送料無料※・特別割引・購入ごとのポイントプレゼントなど、限定のお得なサービスをたくさん受けることができます(※定期購入、お試し品など以外の商品は10,000円(税抜)以上の購入で無料)

フリーダイヤルで肌悩み相談などができることも、うれしいポイントです。

ドクターケイについてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ一度オンラインショップをのぞいてみてください。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。
ドクターケイのローションの特徴や使ってみた感想などを中心にご紹介してきました。

使い心地が抜群のドクターケイは、大人の肌にうれしいスキンケアシリーズです。

ドクターケイが気になっている方は、まずはローションから試してみましょう!

>>>ドクターケイ公式HPはこちら

※この記事は2017年4月25日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。