メニューを開く
提供:株式会社ヴァーナル

週に1回からの酵素洗顔で肌のくすみ・黒ずみを撃退する方法


Pocket
LINEで送る

酵素 洗顔

酵素って体や肌に良いって言うけど本当なの?酵素洗顔ってどんな効果があるの?と思っていませんか。

酵素と言えば、健康やダイエットでもお馴染みになってきていますが、美容に関してもとても注目されています。
洗顔料に含まれる酵素は、肌表面に残っている古くなった角質や角栓を取り除いてくれるという効果があるのです。

本日は、酵素洗顔の効果を100%引き出す正しい洗顔方法、その効果などご紹介していきます。

肌らぶ編集室が厳選する「洗顔料ランキング」を先に知りたい方は以下の記事をお読みください。
>>「おすすめ!試してないなら、まず試して欲しい洗顔料ランキング」

>>>「ヴァーナル」の酵素洗顔「薬用ウォッシュパウダー」の初回限定価格はこちら

◆肌らぶ セレクション◆

ウォッシュパウダー

毛穴もくすみもごっそり! 「酵素洗顔 薬用ウォッシュパウダー
毛穴の黒ずみをオフするだけでなく、ターンオーバーを整える事で、肌本来のバリア機能が高まります!

黒ずみスッキリのリパーゼ、ゴワツキ・くすみオフのパパイン酵素やプロアテーゼといった3種の酵素が配合されているので、古い角質も溶かすことができます。

また、初めての方限定で、30日間チャレンジ 約38%offの1,980円(税込)で試すことができます!

ヴァーナル ウォッシュパウダー

650×650_2

1.酵素洗顔とは?

酵素洗顔とは、いつもの洗顔に「酵素」をインして洗う洗顔方法です。
入れる酵素によって、角質や汚れ・皮脂などを分解して排出されるので、肌表面のザラザラや毛穴の黒ずみ・詰まりが気になる時には効果的な洗顔方法です。

そもそも「酵素」って?

酵素(こうそ)とは、生体で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子である。酵素によって触媒される反応を“酵素的”反応という。
酵素は生物が物質を消化する段階から吸収・輸送・代謝・排泄に至るまでのあらゆる過程に関与しており、生体が物質を変化させて利用するのに欠かせない。したがって、酵素は生化学研究における一大分野であり、早い段階から研究対象になっている。
多くの酵素は生体内で作り出されるタンパク質を基にして構成されている。したがって、生体内での生成や分布の特性、熱や pH によって変性して活性を失う(失活)といった特性などは、他のタンパク質と同様である。
生体を機関に例えると、核酸塩基配列が表すゲノムが設計図に相当するのに対して、生体内における酵素は組立て工具に相当する。酵素の特徴である作用する物質(基質)をえり好みする性質(基質特異性)と目的の反応だけを進行させる性質(反応選択性)などによって、生命維持に必要なさまざまな化学変化を起こさせるのである。
古来から人類は発酵という形で酵素を利用してきた。今日では、酵素の利用は食品製造だけにとどまらず、化学工業製品の製造や日用品の機能向上など、広い分野に応用されている。医療においても、酵素量を検査して診断したり、酵素作用を調節する治療薬を用いるなど、酵素が深く関っている。

「Wikipedia」より引用

つまり早い話が、「酵素」とは、食べた物などを吸収しやすいように変化させてくれる役割を果たすモノなのです。
この変化のことを「分解」と言い、基本的には元の物質を小さくしてくれます。

さらに言ってしまうと、この酵素が無いと、人間は生きていけないんですね!!

酵素 役割つまり、この物質を分解してくれる酵素が含まれる洗顔料を使うので、古くなった角質などを分解し落としやすくしてくれるのです!!

肌表面から角質が無くなっていくので、長期的にはターンオーバーを早めてくれますが、何度も何度も酵素洗顔をやり過ぎると敏感肌になったり、肌荒れしやすくなったりするので、この後の【3.酵素洗顔の正しい取り入れ方】をしっかりと読むようにしてください。
主な酵素の種類

①パパイン酵素
パパイヤ 酵素
パパイヤの実から抽出された天然植物性の酵素です。主な働きは、「タンパク質の分解」で、市販されている酵素洗顔料の多くはこのパパイン酵素を使っています。

②パイン酵素
パイナップル 酵素
パイナップルの実から抽出された天然植物性の酵素です。主な働きは、パパイン酵素同様の「タンパク質の分解」で、強力な消化酵素として洗顔料に含められます。

パイナップルを食べると舌がヒリヒリする経験をしたことがあると思います。
これは、パイナップルの酵素(ブロメライン)が口内のたんぱく質を分解しているからなのです。

2.酵素洗顔の凄い実力

酵素洗顔には、「肌に残った古い角質を取りのぞく」「鼻周りなどの黒ずみ・角栓を除去」「ターンオーバーを整える」という3つの効果があります。

角質や角栓・皮脂といった肌トラブルの原因は、多くが「タンパク質」からできており、酵素洗顔に含まれる酵素には、タンパク質を分解する働きがあります。
それにより、通常の洗顔よりも効率的に角質や角栓・皮脂を取り除くことができるのです。

2-1.肌に残った古い角質を取りのぞく

酵素洗顔をすることで、肌に残った古い角質を取りのぞくことができ、古くなった角質の蓄積による「くすみ」を解消することができます。【酵素】肌に残った古い角質を取りのぞく

先ほどもご紹介しました通り、酵素にはタンパク質を包み込むように取り込み分解する働きがあり、通常の洗顔では落とし切れていなかった角質を泡と酵素で落とし切ることができるのです。【酵素】肌に残った古い角質を取りのぞく2

2-2.鼻周りなどの毛穴の黒ずみ・角栓を除去

酵素洗顔をすることで、毛穴に溜まってしまった角栓や黒ずみを取りのぞくことができ、毛穴の開きや詰まりを解消することができます。
【酵素】鼻周りなどの毛穴の黒ずみ・角栓を除去
毛穴の黒ずみや角栓は、毛穴に溜まった“皮脂”と古くなった“角質”が、毛穴の入り口の所で固まってできあがります。
これらは、2、3日で詰まるわけではなく、1ヶ月や2ヶ月と言った長いスパンで徐々に角栓へと変わっていくので、気づいたときには黒ずんでいたなんてことが多くあります。

この角栓も7割ほどがタンパク質からできているので、酵素の働きにより、分解して毛穴詰まりを解消してくれます。

2-3.ターンオーバーを整える

酵素洗顔をすることで、肌表面に残った古い角質を落とすことでき、長期的にターンオーバーを整える効果があります。【酵素】ターンオーバーを整える
【1-1.肌に残った古い角質を取りのぞく】と起きている現象は同じですが、古くなった角質を取り除くことで「くすみ」を解消するだけでなく、遅くなってしまったターンオーバーを半強制的に早めることができるのです。

敏感肌の方や乾燥肌の人はターンオーバーの周期が早まっている恐れがあるので、できるだけ使用は控えましょう。
どうしても使用したい時は、ヒリヒリしたり、赤みが出たらすぐに使用を中断し、専門機関などに相談しましょう!

⇒ターンオーバーのことがもっと知りたい方は、「ターンオーバーって何なの?ターンオーバーを整えるためのポイント」もご覧になってみてください!

3.行う上での注意点

嬉しい効果を発揮してくれる酵素洗顔ですが、注意点を守らないと効果どころか肌荒れや肌トラブルに繋がるので、必ず守るようにしてくださいね!

①ニキビができた時は酵素洗顔を治るまで控える

ニキビ 女性
ニキビにはいくつか種類があり、原因により洗顔での対処法が異なるため、一概に酵素洗顔で汚れや皮脂・角質を落としてしまうと悪化してしまうこともあるので、ニキビができた際には一旦使用を中止し、治るまで酵素洗顔は控えるようにしてください。

⇒もっとニキビの洗顔について知りたい方は「失敗したくない!ニキビができた時&予防のための洗顔ポイント」もご覧になってみてください!

②乾燥肌・敏感肌の方は何か症状がでたらすぐに使用を中断する

女性 肌荒れ
酵素洗顔は、角質(タンパク質)を分解することにより、ターンオーバーを早める効果があるので、そもそも早い人が行うと逆効果になることもあり得ます。

これらの方々はまず1回試してみて、違和感がないかどうかチェックしてみてください。

③洗顔後は、保湿と紫外線対策を念入りに行う

女性 スキンケア
酵素洗顔後の肌は、化粧水や乳液などのスキンケアが浸透しやすい状況であるとともに、何のケアもしないと肌内部にダメージが届きやすくなっています。洗顔後は、しっかりとケアを行い、肌内部に潤いを届けてあげましょう!

④週に1度、夜の洗顔から始める

女性 洗顔 夜
朝の肌よりも夜の肌の方が皮脂分泌が多いので、夜に行うのが効果的です。
週に1度の酵素洗顔に慣れてきても肌のくすみを感じる様であれば、頻度を週に2~3回に増やしてみてください。

くれぐれもやり過ぎはNGです。

⑤擦りすぎは絶対NG

男性 バツ
毛穴の黒ずみが気になる方は、顔を擦る手に力が入りがちになりますので、くれぐれもクルクルと優しく洗顔してください。

4.酵素洗顔の正しい使い方

酵素洗顔料は、その多くが「パウダータイプ」になっています。
フォームや固形石鹸に慣れている方には、泡立てにくいかもしれませんので、慣れるまでは泡立てネットなどを使ってモコモコの泡を作りましょう。

①スキンケア前には手洗い
手洗い

②ぬるま湯ですすぎ洗い
洗顔 洗い流す

③洗顔料をよく泡立てる
手のひらに泡

④優しく洗顔
クレンジング Tゾーン
まずは、「おでこ・鼻」といったTゾーンから洗ってください。おでこにたっぷりの泡をのせ、こめかみ部分に広げていきます。毛穴の黒ずみや角栓ができやすい小鼻は指の腹でクルクルとマッサージするように洗います。
洗顔 頬

次に、「頬」を洗ってください。頬はおでこなどよりも皮脂は出ていないので、泡を乗せるようにして優しく洗います。
洗顔 目・口

最後に、「目・口」といったもっとも皮膚が薄い部分を洗います・目や口は、擦らずにのせてから少し待つようにして終わらせましょう!

【洗顔のポイント】
指の腹を使って、泡を転がすようにクルクルと洗いましょう。
上下に擦って洗ったり、手のひらでゴシゴシ擦るのは摩擦が強くなるので厳禁です。

⑤泡を残さないようにすすぐ
洗顔 洗い流す
ぬるま湯を両手ですくい、顔に“付ける”感覚で20回以上すすいでください。特に、髪の生え際やこめかみなどは泡が残りやすいので、意識してすすぐようにしましょう。

⑥タオルで水気を切る
洗顔 タオルでふく
キレイなタオルで顔に当てるようにして水気を取っていきます。
タオルは手よりも摩擦が起きやすいので、最後まで気を抜かずに肌をいたわってあげましょう!

5.酵素パックの効果的な使い方

酵素 パック
酵素洗顔との一番の違いは、「顔以外にも使える」ということです。
洗顔の泡とは違い、粘性の高いクリームなのでデコルテや膝・ひじ・かかとといった部分も簡単に塗ることができます。

市販されている多くの商品は、粉末状の酵素と水(クリーム)の2つを混ぜ合わせて作ります。
それを、くすみ・ザラつきが気になる箇所に塗りこみ、既定の時間放置します。
その後、パックを落とし、ぬるま湯でしっかりと洗顔してください。

また、顔による洗顔とパックの両方使いは肌に負担となることもあるので、できるだけ控えるようにしてください。
どうしても両方とも使いたい時は、週に1回を目安にどちらかを選んで使うようにしましょう。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか?
酵素洗顔は、くすみや毛穴のケアを集中にしたい方にとって抜群に効果を出します。

その反面、何度も何度もやりすぎると、敏感肌になったりニキビができやすくなったりと肌トラブルの原因になることもあるのです。

実際に行う際は、今回ご紹介した手順や注意点を守って行うようお願いしますね!

また、パックもあるので、自分に合う方を選んで使ってみてください。

この記事は2014年10月17日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

>>>「ヴァーナル」の酵素洗顔「薬用ウォッシュパウダー」の初回限定価格はこちら

ウォッシュパウダー

Pocket
LINEで送る


【永久保存版】クレンジング完全攻略マニュアル