メニューを開く

目指せふんわり眉美人!アイブロウパウダーでナチュラル眉メイク

アイブロウ パウダー
「アイブロウパウダーってどうやって使ったら良いの?」「アイブロウパウダーってどんなものを選べばいいの?」とお悩みではありませんか。

アイブロウパウダーは、自然でふんわりとした眉メイクに欠かせないものです。

今回はアイブロウパウダーの使い方や、アイブロウパウダーを選ぶときのポイントなどについてご紹介します。


1. アイブロウパウダーの特徴

アイブロウパウダーは、色の濃淡がつけやすく発色が控えめなので、初心者の方でも使いやすいタイプのアイブロウです。

単色で使うのはもちろん、色をミックスして使うことで、より自然なグラデーションやふんわり感・立体感を演出することができます。

また、アイブロウパウダーで描くと産毛のような柔らかさを表現することも期待できます。
優しい印象の眉がお好みの方にもおすすめしたいアイブロウです。

【アイブロウパウダーをおすすめしたい方・場面】
・眉毛が薄い方
・眉の毛が太くて硬めの方
・ナチュラルな印象に見せたいとき
・優しい雰囲気に見せたいとき

2. アイブロウパウダーを選ぶポイント

ここでは、アイブロウパウダーを選ぶ際のポイントを2つお伝えします。

2-1. 髪色に近い、やや明るめの色を選ぶ

アイブロウ パウダー
アイブロウパウダーは、髪の色と同じ系統の色を選ぶことをおすすめします。
髪と眉の色を同系色にすることで、統一感が生まれるため、洗練された印象を演出することが期待できます。

また、髪より少し明るめの色を選ぶこともおすすめです。
明るめの色を使って眉を描くことで、眉の印象が強くなりすぎることも避けられ、アイブロウパウダーの特徴を活かしたふんわり眉に仕上げやすくなるでしょう。

アイブロウパウダーを肌にのせて、実際の発色具合や肌なじみなども確認してみるといいですね。

2-2. 好みや使う場面に合わせてアイブロウパウダーのタイプを選ぶ

アイブロウ パウダー
アイブロウパウダーには、パレットタイプチップタイプがあります。
それぞれ描き心地や特徴が異なるので、実際に使って好みに合ったものや、使うシーンに応じて選ぶとよいでしょう。

①パレットタイプ

パレットタイプのアイブロウパウダーは、複数色のパウダーがひとつのパレットにセットされているアイテムです。

色を混ぜて使うこともできるため、髪色を変えたときなども、雰囲気の変化に合わせることができます。

単色使いで眉の薄い部分に色をプラスするなど、全体のボリュームを調整したいときにも便利です。

【肌らぶ編集部おすすめアイテム】
資生堂メーキャップ アイブロー スタイリング コンパクト
アイブロウ パウダー
価格:3,500円(+税)
全2色

【肌らぶ編集部コメント】
眉や髪の毛の色に合わせてナチュラルな立体感を演出する、ベーシックなアイブロウパウダーです。
シャープなラインやソフトなぼかし、ふんわりとしたボリュームなどを表現しやすいのが特徴。
色持ちがよく、仕上がりが長続きするのも嬉しいポイントです。

②チップタイプ

チップタイプは、チップにアイブロウパウダーが含まれている、ペンシル型のアイテムです。

アイブロウパウダー・アイブロウペンシル・アイブロウブラシがひとつになっているものもあります。

チップタイプは初心者でも描きやすく、持ち運びしやすいので外出先でのメイク直しのときにも活躍します。

【肌らぶ編集部おすすめアイテム】
資生堂メーキャップ アイブロー スタイリング デュオ
アイブロウ パウダー
価格:3,000円(+税)
全4色
レフィルあり ペンシル 900円(+税)/パウダー 1,200円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
細部まで描きやすい極細ペンシルと、なめらかに描けるパウダーがひとつになっていて、簡単に自然な印象の眉を描くことができるアイブロウです。
2つの質感で、スピーディーに自然で洗練された眉を演出します。
ポーチに入れてもコンパクトなサイズなので、持ち運びにも便利です。

3. アイブロウパウダーの使い方

ここではアイブロウパウダーの使い方についてご紹介します。

【準備】
・(パレットタイプ)アイブロウブラシにメインで使いたい色を適量含ませます。
・(チップタイプ)キャップを開け、チップについたパウダーの量を手の甲やティッシュなどで調整します。

①眉の毛流れにそって眉山から眉尻に向かって描きます。
アイブロウ パウダー

②眉頭以外の部分に何度かブラシまたはチップを動かして描きます。
アイブロウ パウダー
パレットタイプの場合は、ここでライトカラーやダークカラーを足すことで、濃さや明るさをプラスすることができます。

③最後にブラシまたはチップに残ったパウダーで、眉頭など眉毛の薄い部分に軽くぼかします。
アイブロウ パウダー
後から足りないところを足していくと、失敗が少ないのでおすすめです。

4. アイブロウパウダーで描いた眉の持ちをよくするコツ

どんなに朝きれいにアイブロウを仕上げても、日中の皮脂や汗などによって落ちてしまうこともありますよね。
ここでは、アイブロウを落ちにくくするためのコツをご紹介します。

4-1. 落ちやすい部分はアイブロウペンシルを使う

アイブロウ パウダー
眉が落ちやすい部分には、アイブロウペンシルを使って描き足しましょう。

アイブロウペンシルは 眉をしっかりと描けるのが特徴です。

特に眉尻など前髪が触れる部分や、眉毛が生えていない部分は落ちやすいので、アイブロウパウダーとアイブロウペンシルの併用をおすすめします。

4-2. ベースメイクを工夫する

アイブロウ パウダー
ベースメイクに油分が多めのリキッドファンデーションやBBクリームなどを使う場合は、眉部分はあまり塗らず、量を控えめにするのがおすすめです。

油分が残ってしまうと、アイブロウパウダーが落ちやすくなる原因となります。
そのため、ベースメイクの後は、余分な油分をティッシュやスポンジで軽く押さえるとよいでしょう。

また、ファンデーションの後の仕上げにはフェイスパウダーを使いましょう。

フェイスパウダーで軽く押さえて肌表面をサラサラにすることで、アイブロウメイクを崩れにくくします。

5. まとめ

アイブロウパウダーの選び方や使い方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

コツさえつかめば、簡単にナチュラルでふんわりした眉毛に仕上げらるので、ぜひ試してみてくださいね!

アイブロウパウダーの魅力を生かした眉メイクをマスターして、美しいふんわり眉を演出しましょう。

この記事は2017年4月10日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る