メニューを開く
アスタリフト;

ぱっちりまつげが叶う!ビューラーの上手な使い方とは?

ビューラー 使い方
「ビューラーを使ってもまつげが上手にあがらない・・。」

そんな経験はありませんか?

しかし、まつげはビューラーの使い方と選び方次第で、簡単かつ美しく仕上げることが可能です。

そこで今回は理想の目元を叶える!ビューラーの使い方&選び方をご紹介します!



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.根元をしっかり上げるビューラーの使い方

ビューラー 使い方②綺麗にまつげを上げるために欠かせないことは、「まつげを根元からビューラーでしっかり立ち上げること」です。

ビューラーでまつげを根元からしっかり方向づけて、綺麗なカールを作っていきましょう。

■ビューラーの持ち方■
1ビューラー利き手でビューラーを持ちます。

※正しい持ち方は、親指と中指をビューラーの輪の中に入れて人差し指で押さえるようにして固定していきます。

この時に持ち方を間違えてしまうとビューラーが不安定になり、まつげが変な方向に曲がってしまう恐れもあるため、正しい持ち方を意識するようにしましょう。

■ビューラーの使い方■
マスカラ_塗り方ビューラーを使用する際の大きなポイントは「まつげを3段階に分けて上げていく」ことです。

力の入れ加減は、①少し強めの力②やや弱め③弱めを意識していきましょう。

①まつげの根元にビューラーをあて、数回強めに握ります。(上手く挟めない場合は、指でまぶたを持ち上げるとやりやすくなります。)

まついく

②根元が上がったら、まつげの中間地点までビューラーを移動して手を持ち上げるようにして挟みます。
1マスカラ③まつげの先端までビューラーを移動し、優しく握ります。
2マスカラ

■ビューラーを使用する際のポイント
・ビューラーは、手首ではなく肘を使って持ちあげましょう。そうすることで、まつげが綺麗に上がりやすいです。

・まつ毛は細く繊細なので、ビューラーで強く挟みすぎたり、引っ張らないよう気をつけましょう。乱暴に扱うと、傷んで抜けてしまうことがあります。

Pocket
LINEで送る