2017年11月14日 更新

もうダマにならない!マスカラの上手な塗り方&使い方を解説

マスカラ 塗り方 奥二重 一重 下まつげ ナチュラル「マスカラがいつもダマになってしまう・・・。上手なマスカラの塗り方や使い方が知りたいな」そう感じた経験はないでしょうか?

マスカラの役割は、マスカラの液や繊維を塗ることでまつげを太く長く見せて、目のサイズを放射状に広げて大きく見せること。

マスカラの塗り方や使い方にはいくつかポイントがあり、塗り方や使い方次第で魅力的な目元を演出できるかどうかが決まります。

そこで今回は、マスカラの基本的な塗り方や使い方についてご紹介します。

いつもマスカラがダマになってしまう方や上手に塗れない方、必見です!



1.マスカラは下準備が重要

綺麗にマスカラを塗るために欠かせないことは、まつげを根元からビューラーでしっかり立ち上げることです。

1-1.根元をしっかり上げるビューラーの使い方

①まず初めに、ビューラーをまつげの根元にあてて3回ほど少し強めに握ります。 (ビューラーを上手く挟めない方は指でまぶたを上げると挟みやすくなります。)マスカラ 塗り方 奥二重 一重 下まつげ ナチュラル②根元がしっかり上がったら、力を緩めて毛先の方向に向かって少し動かし、まつげの中間地点で再度挟みます。 (この時、握り手ごと上に持ち上げます。) マスカラ 塗り方 奥二重 一重 下まつげ ナチュラル③まつげの先端を軽く握ります。 (まつげの毛先は毛質も細く繊細なので、力を込め過ぎないように注意しましょう。) マスカラ 塗り方 奥二重 一重 下まつげ ナチュラル

◆ビューラーを使用する際のポイント◆
マスカラ 塗り方 奥二重 一重 下まつげ ナチュラル

・まつげは3段階に分けて上げる ⇒力の入れ加減は、①少し強めの力②やや弱め③弱めの順です。

・ビューラーを上げる際は、ヒジ全体を使ってビューラーを上げる ⇒ヒジを動かさず手首だけを動かすと、変なカールになりやすいです。

・ビューラー使用する際は、まつげを上げる時に強く引っ張らない ⇒まつげが痛んで、抜けてしまう原因になることがあります。

1-2.マスカラをさらに美しく仕上げる下地の役割

マスカラ下地は、「まつげのボリュームアップ」と「カールの持ちを良くする」という役割をしてくれるとされています。

まつげが細い方や上がりにくい方は、マスカラと合わせてマスカラ下地を使用してみましょう。

2.綺麗に仕上がる!マスカラの塗り方&使い方