メニューを開く
提供:健康コーポレーション株式会社

朝の5分で顔のむくみをとる方法&むくませないための4つの対策


Pocket
LINEで送る

顔のむくみ

顔のむくみ、目立たなくなったと思ったらまた翌朝できている…ということを繰り返していませんか?

むくんだままの顔では朝からテンションも下がりますし、人に会うのも億劫になってしまいますよね。

顔がむくんでいると、まぶたが腫れぼったく、目つきが悪く見えたり、老けた印象を持たれたりすることも…。

そこで、朝のひと手間で顔のむくみをケアする方法をお伝えします。

また、顔のむくみは、顔だけの問題ではなく身体からのサインです。むくみとは一体何なのか、ということとあわせてご紹介いたします。

※まぶたのむくみでお悩みの方は、こちらの記事をご参照ください。


1.顔のむくみが気になる朝の対処法

顔がむくんでいるときは、顔の血行を良くすることが大切です。そこでおすすめなのが「冷温パック」と「首リンパマッサージ」です。

1-1.冷温パック

「顔を温める⇔冷やす」を繰り返します。洗顔後、スキンケアの前に行いましょう。

① タオルを2枚用意します。

② 「冷」タオルを作る

むくみ 冷温パック 冷1枚は水で濡らします。冬は水道水そのままでもよいですが、夏は水がぬるいため、洗面器または丈夫な袋に氷水を入れて濡らします。

③ 「温」タオルを作る

むくみ 冷温パック 温もう1枚は熱めのお湯(43~45度くらい)を入れた洗面器にタオルを入れるか、水で濡らして軽くしぼったタオルを電子レンジで40~1分程温めて蒸しタオルを作ります。(直後はかなり熱くなっているので、必ず適度に冷まし、やけどに注意しましょう)

④ 交互にあてる

蒸しタオル冷たいタオルと温かいタオルを20秒ずつ、交互にあてます。(3セットくらい)どちらのタオルもぬるくなってきたら再度作り直します。

1-2.首リンパマッサージ

首をほぐすことで、顔と首の血行を良くしましょう。

① 首のストレッチ

まずは首をほぐしましょう。 むくみ 首リンパマッサージ首を回す。(5周くらい) むくみ 首リンパマッサージ (2)首を右に傾けて、左のラインを伸ばす(5秒くらい)。→左も同様に行う。

② 首にクリームを塗る

何もつけていないと滑りが悪く、肌に負担がかかりやすいので、クリームを塗りましょう。

滑りさえよくなれば良いので、首専用のクリームを買わなくても、顔で使用しているもので大丈夫です。オールインワンゲルなどでも代用可能ですし、柔らかいタオルをあてるという方法もあります。

③ 首のリンパをさする

むくみ 首リンパマッサージ (3)指の腹を使って、耳の後ろから鎖骨あたりまでを少し強めの力で約10回上下に撫でます。

1-3.美顔器を使うのもおすすめ

顔のむくみをそのままにするのは嫌だけど、冷温パックを作るのは面倒‥そんな方におすすめな美顔器をご紹介します。

エステナードソニック

エステナードソニック 販売元:健康コーポレーション株式会社

超音波型の美顔器です。 肌の水分量に合わせて超音波の振動数を調節できる「自動スキンセンサー」機能が働き、ソフトな肌あたりでやさしくマッサージします。

専用の薬用ジェル(医薬部外品)には、美白※成分プラセンタエキス、保湿成分コラーゲン・ヒアルロン酸などを配合しています。

※美白とは、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと 日焼けによるシミ・そばかすを防いでハリとうるおいを与えるので、年齢サインの気になる肌にもおすすめです。

⇒エステナードソニック公式HPはこちら

2.むくみとは?

顔がむくんでいなければ、毎朝の顔のむくみケアにかかる時間も、有効に使うことができますよね。

そこで、これ以上むくみに悩まないためにも、そもそもむくみとは一体何かを知ることから始めましょう。 むくみは漢字で、浮いて腫れるで「浮腫」と書きます。

つまりは単純に身体の中の水分量が多くなったり、血行が悪く、水分が特定の場所に集中してしまった結果、膨らんで見えてしまうことです。

また、顔のむくみは、基本的に朝に起こりやすく、夜は足に目立ちます。それは重力が関係しているためと考えられています。

日中は、立っていることや座っていることが多いので、重力で上から下へ水分が下に向かうため、夕方から夜になると足に水分がたまりやすくなります。

そして、寝ている間は、身体が横になっているので、日中にたまった水分が足から顔に再度流れ、顔がむくみやすくなるのです。

むくみのメカニズム

3.むくみの原因

むくみの原理が分かったところで、むくみの主な原因と考えられていることを、5つをご紹介します。普段の自分の行動と当てはめて考えてみましょう。

3-1.塩分の摂り過ぎ

塩分を摂り過ぎると、高くなった塩分濃度を薄めようとして、身体から喉が渇いたというサインが出ます。そしてそのサインにより水を飲み過ぎてしまい、余分な水分がたまることで、むくんで見えてしまうことがあります。

塩分だけで水は飲んでいないという場合でもむくみが出ることがあります。それは、身体は求めていた水が摂取できないと、今ある水分を逃さないようにするため、水分がたまってむくんでしまうのです。

3-2.アルコールの飲み過ぎ

アルコールを飲むとトイレが近くなりますよね。その結果身体から水分がなくなるので喉が渇き、水を飲み過ぎてしまい、むくみの原因になることがあります。

また、塩分と同じように、アルコールだけで水を飲まなかった場合でも、身体が水分を溜め込もうとするためむくみに繋がることがあります。 さらに、お酒のつまみで塩分を摂り過ぎるというのも原因の一つです。

3-3.血行が悪くなっている

水分を摂り過ぎていても、きちんと流れているのであれば排出されるのですぐむくみに繋がるということはありません。

むくんでいるということは、血行が悪くなっているというサインでもあります。 運動不足や長時間のデスクワークなど、身体が全然動いていないと血行は悪くなりますし、冷えの方も血行が悪くなりやすいのでむくみやすくなると言われています。

3-4.月経前

生理痛 病気女性の場合、月経前は女性ホルモンの関係で特に何もしていなくてもむくみやすくなります。

それは、妊娠に備えて準備をする期間であるため、妊娠しているかどうかに関わらず、身体が栄養素やエネルギーを溜め込もうとするためです。

そのため、不要なものも排出しにくい状況になり、便秘にもなりやすく、むくみがちになると言われています。

3-5.病気のサイン

むくみがずっと続くようであれば、身体のどこかに異常があるサインかもしれません。 軽視しないで一度病院で診てもらうことをおすすめします。

4.むくみの対策法

姿勢を良くする方法むくみの原因は分かったけど、具体的にどうしたらいいかお悩みの方のために、今日から始めてほしい4つの対策方法をご紹介します。

4-1.塩分をおさえる

一般的に、1日の食塩摂取量は、成人男性が10g未満、成人女性が8g未満と言われているので、超えないように注意しましょう。といっても、塩分量を常に計算することは難しいと思いますので、以下のポイントを最低限おさえるようにしましょう。

◆塩分以外で味付けをする

いつも醤油と塩で味付けするのではなく、ゆず、コショウ、レモン、すだち、しそ、みょうがなど、酸味や香辛料を使って料理をする工夫をしましょう。

◆麺の汁は残す

特にラーメンですが、麺類は汁に多くの塩分が含まれています。全部飲みほすのではなく、できるだけ残すようにしましょう。

◆「減塩」商品だからと油断しない

みそや醤油などで減塩のものが多くありますが、減塩だからといって多く入れたり食べ過ぎないよう意識しましょう。

4-2.カリウムを積極的に摂る

塩分を多めに摂っている方は、おさえることも意識したうえで、カリウムをたくさん摂るように心がけましょう。

カリウムの多い食品

カリウム 食品果物  バナナ・はっさく・いよかん・もも・干し柿・りんご・キウイ 海藻  ひじき・昆布 野菜  スイカ・パセリ・アボカド・ほうれん草・じゃがいも 他   豆みそ・納豆・にんにく・小麦胚芽

効率的な食べ方

茹でたり煮たりすると栄養素が外に出てしまうので、そのまま食べるかスープなどで煮汁も摂取できるようにすることをおすすめします。

足りない分はサプリで補う

定期的にカリウムを摂るのは難しいという方は、食事に合わせて、サプリで足りない分を補いましょう。

■スイカプラス スイカプラス主な成分:カリウム、シトルリン、リコピン、食物繊維

スイカプラスの詳細はこちら

■きゅきゅっと小町 きゅきゅっと小町主な成分:カリウム、メリロート、キトサン、ビタミンC

きゅきゅっと小町の詳細はこちら

■するるのおめぐ実 するるのおめぐ実主な成分:カリウム、ポリフェノール、カルコン、乳酸菌

するるのおめぐ実の詳細はコチラ

4-3.締め付けるパンプス・ガードルは控える

むくみ 締め付け身体を締め付けてしまうような靴や服・下着、ストッキングなどは、できるだけ控えましょう。特に女性の場合、靴のサイズが合っていないことも多いので、見直してみてください。

4-4.休憩タイムのストレッチ

デスクワークで座りっぱなしの方ほどむくみやすいので、途中で特に足を意識して動かすようにしてください。

仕事をしながら座ったままできるストレッチと、コピーを待ちながらなど立っている時間を有効活用できるストレッチを紹介します。帰りの電車の中でやるのもおすすめです。

■座りながらできるストレッチ

むくみ 体操(座)かかとは床につけたままで、つま先を上に上げます。30回くらいやりましょう。

■立ったままできるストレッチ

むくみ 体操(立)

つま先は床につけたまま、思いっきりかかとを上にあげます。ふくらはぎがぴーんと伸びていることを意識しながら、30回くらいやりましょう。

5.最後に

顔のむくみを中心に、身体のむくみの対応策や、むくみの原因・予防法などをご紹介しました。

顔のむくみが顔だけの問題ではなく全身の問題であることがお分かりいただけましたでしょうか?

本日お伝えした食生活の改善と適度な運動で、顔をはじめ、全身のむくみのお悩みから解放されましょう!

※この記事は2016年6月20日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご理解ください。


Pocket
LINEで送る