2017年9月11日 更新

恋人が欲しい♡付き合うきっかけの作り方♡

付き合う きっかけ「恋人とはどんなきっかけで付き合うのかな?」と、恋人が欲しいけど、恋愛の始まるきっかけが分からないとお困りではありませんか。

今回は、そんな恋愛に迷える皆さんのために、出会いから付き合うまでの流れや、一般的なカップルの付き合うきっかけについてご紹介します。

恋愛経験のない中学生や高校生はもちろん、恋愛の仕方を忘れてしまった20代30代の社会人の方も必見です。

付き合うきっかけは、カップルによってさまざまではありますが、参考になる部分は参考にしながら、素敵な恋を始めてみてください♡


1.付き合うまでのステップ

男女が出会って、付き合うに至るまでの一般的なステップは、以下の通りです。

①出会い
②親しくなる
③2人で会う
④付き合う

それぞれ、簡単にお話します。

付き合うまでの流れ① 出会い

付き合う きっかけ
男女が恋愛をし付き合うためには、まず2人が出会うことから始まります。

そのために、周りに気になる異性がいない方は、出会いの機会を増やして、好きな人を見つけることから始めましょう。

人生には運命的な出会いもありますが、待っているだけで必ず運命の出会いが訪れる保証はありません。

出会いのチャンスを作る方法としては、友達の紹介、飲み会・合コン・街コンへの参加などが考えられます。

また、普段からいつどんな出会いがあっても対応できるように、好みの異性にいつ会っても恥ずかしくないよう、身だしなみに気を遣うように心がけてください。

普段から意識を高めておくと、それだけで心理的に恋愛の準備にもなるのです。

付き合うまでの流れ② 親しくなる

付き合う きっかけ
出会いの後は、気になる異性と距離を少しずつ詰めていきましょう。

2人きりで会うのは緊張するという場合は、まずは男女の友達を交えてグループで交際することから始めてみるのもおすすめです。

仲の良い友達に協力してもらい、季節のイベント(春は花見、夏はBBQ・海水浴など)を計画すると、気軽に誘いやすいかと思います。連絡先をきくのに、良い口実も見つけられそうです。

また、イベントが絡んでくると気になる異性とも、それほど気張らずに仲良くなれるでしょう。

学校や会社の行事を通してカップルになる人が多いことから、イベントは恋愛のきっかけになることは間違いないです。

好きな人に積極的に話しかけることは、意識してくださいね。

付き合うまでの流れ③ 2人で会う

付き合う きっかけ
グループで交際した後は、2人きりで会ってみてください。

連絡先を交換してあれば、気軽に連絡を取り合えるような関係を作っておくと、よりデートに持ち込みやすいはずです。

相手にわざと恩を着せさせ、何かのお礼として食事に誘うというのは、もはやデートに誘う常套手段でしょう。

納得できる理由が必要なのは1回目だけで、次からはもう少し気軽に誘うことができるようになっていきます。

学校や職場の延長で会うのではなく、授業や仕事などのないまったくのプライベートで会えるようになれば、お付き合いも近いかもしれませんね。

付き合うまでの流れ④ 付き合う

付き合う きっかけ
2人でデートをしたら、いよいよ告白して付き合うことになります。

ある程度関係を作っておき、自分に脈があるのかどうかを冷静に判断することが、告白に成功して付き合うためのポイントでしょう。

また、男性はあまりこだわらない方が多いですが、「付き合う」という言葉を、女性はとても大切にしています。告白なくして付き合うことはあり得ないと考える女性は多いのです。

付き合うからには、告白などのけじめをつけることが大切かもしれませんね。

2.付き合うきっかけの作り方

親しくない状態から、付き合うまでのステップを踏むためのきっかけの作り方をご紹介します。

付き合うきっかけ① 相手の日常に多く登場するようにする

付き合う きっかけ
付き合うきっかけを作るために、まずは相手の日常に多く登場するように意識しましょう。

手始めに、会う度に自分からあいさつをしてみてください。気になる人と会話をするのは緊張しますが、あいさつだけであれば、それほどハードルは高くないはずです。

あいさつが習慣化してきたら、次は「今日は暑いですね」など、あいさつと何か一言プラスして話しかけてみるのが良いでしょう。

相手の日常に、少しでも多く登場することで、相手にあなたの存在を印象づけることにつながるはずです。

付き合うきっかけ② 共通点を見つける

付き合う きっかけ
好きな相手との共通点を見つけましょう。

好きな人との共通点を見つけることで、ただの知り合いという関係から、親しい友達という、もう一歩進んだ関係になれることが期待できます。

相手の趣味や好きなこと、スポーツなどの活動、習い事などの中に、あなたも興味の持てるものはありませんか?

好きな相手との共通点を持っていると、相手と話すきっかけになったり、何か理由をつけて連絡先をきいたりすることができるでしょう。

相手があなたに対して恋愛的な好意を持っていない場合は、いきなり恋人を目指すのではなく、友達の1人を目指してみてください。

付き合うきっかけ③ ギャップを見せる

付き合う きっかけ
ただの友達というポジションから脱却するために、普段のあなたのキャラクターからは意外に思われるようなギャップを見せましょう。

友達を異性として意識してしまう瞬間が訪れるのは、「ギャップ」を見せられたときと言われています。

ギャップを見せて、異性であるということを意識してもらうことで、より親密な関係にステップアップすることが期待できるのです。

例えば、ギャップの見せ方としては、以下のような方法が考えられるかと思います。

【ギャップの見せ方】
普段はスポーティな女性 →ギャップ→ デートのときは女子全開の服装
普段は大人しく清楚な女性 →ギャップ→ 趣味はブレイクダンス
普段は俺様で強気な男性 →ギャップ→ 元気がない人をそっと気にかける
普段は軟弱で頼りない男性 →ギャップ→ ピンチのときは男らしく女性を守る
など

自分の好きな人の前でのキャラクターを理解したうえで、ドキッとしてもらえそうなギャップを見せましょう。

付き合うきっかけ④ 特別な人にしかに見せない表情をのぞかせる

付き合う きっかけ
付き合うために、普段は他人には見せない表情を相手に見せることで、心理的に特別な存在であることを意識してもらいましょう。

少し弱っているところを見せて、誰にもできない悩み事を相談するのもおすすめの方法です。男性なら、真剣に夢を語るという方法もあります。真面目な男性の表情に女性もキュンとすることがあります。

「こんなことを話せるのはあなただけ」というフレーズは、「あなたは特別な人ですよ」というサインとも言えるでしょう。自分が相手の彼氏や彼女になったような気がするので、男性も女性もうれしくなるものです。

付き合うきっかけ⑤ デートスポットへ行く

付き合う きっかけ
付き合うきっかけを作るために、ベタなデートスポットへ2人で出かけてみるのもおすすめです。地元のデートスポットや遊園地、横浜のみなとみらいなど、「デートするならここ!」という定番の場所に行くことで、気分も盛り上がります。

2人きりで、カップルだらけの空間にいると、相手と自分との関係をより意識するきっかけになるでしょう。もしかして付き合ってるのかな、と考えてしまいますよね。

「周りからどんな風に見えているんだろう」と考えさせることができたら、成功ですね。何気なく、「私たちって他人から彼氏・彼女に見えてるのかな?」と思わせぶりな態度できいてみても良いでしょう。

付き合うきっかけ⑥ 告白する

付き合う きっかけ
付き合うためには最終的に、どちらかから気持ちを伝え、相手の同意が得られれば、晴れて付き合うことになります。

「わざわざ告白なんてしなくてもいいでしょ?」と思う男性もいるようですが、真剣に付き合う気持ちがあるなら、告白というステップは外せません。

きちんと告白しないままでいると、「私ってあなたのなんなの?」と女性を悩ませることになります。

告白は、それだけ大切なけじめのようなものなので、多少の緊張を伴うかと思いますが、あなたの素直な思いを自分なりの言葉で伝えましょう。

告白は男性からするものという決まりはないので、女性の方も遠慮はいりませんよ。

3.みんなの付き合うきっかけ

周りの人たちは、どんなきっかけで付き合うようになったのか、一般的によく言われるものをご紹介します。

3-1.同じ職場・学校・バイト先

付き合う きっかけ
同じ職場や学校、バイト先など、同じ場所に所属していることがきっかけで付き合うことは多いです。

同じところに所属していることは、仲間意識も生まれやすいというのもポイントかと思います。

筆者の周囲を見渡してみても、結婚相手や恋人とは、同じ学校や職場の人というのは多いです。

近くに気になる異性がいないという方も、他のクラスや学年、別の部署、支社、店舗など、範囲を広げてみると、良い出会いにたどり着くかもしれません。

3-2.知り合いの紹介

付き合う きっかけ
友達の紹介による出会いがきっかけで付き合うパターンもよくききます。

紹介というのは、あなたと相手のことをよく知った人が出会いのかけ橋となってくれるため、うまくいきやすいことが多いと言われています。

友達の紹介というのは、
・異性の好みを分かったうえで紹介してもらえる
・合いそうな人を紹介してもらえる
・ちゃんとした人を紹介してもらえる
というメリットがあるためです。

メンツもありますし、大事な友達であれば、良い相手を紹介したいという心理が働くものですよね。

出会いがなくてお悩みの方は、信頼のおける友達にお願いして、良さそうな人がいたら紹介してもらいましょう。

3-3.通勤・通学中

付き合う きっかけ
通勤や通学中に、駅や電車、バスで一緒になることから、恋愛に発展するパターンも多いようです。

アプローチの仕方としては、連絡先を書いた紙を渡すというのがよくあるようです。

色々な人が集まる公共の場所ですから、相手を怖がらせず、相手に迷惑をかけないというのが鉄則です。

付き合いたいと思うような素敵な相手が、通勤・通学中にいませんか?

ただし、振られると通勤・通学の時間をずらさなければいけないというリスクもあるので、その点は注意です。

3-4.出会いの場

付き合う きっかけ
合コンや恋活パーティーなどのような場での出会いをきっかけに付き合うことになるというのも、最近では増えてきているかと思います。

こうした出会いの場にいるという時点で、相手を探しているという目的が合致しているため、付き合うに至るまでもスムーズになるというのもおすすめなポイントです。

待っていても新しい出会いが期待できない方は、こうした出会いの場へ積極的に足を運ぶ方が手っ取り早いでしょう。

4.まとめ

付き合う きっかけ
カップルが付き合うきっかけや、男女が恋人として付き合うまでの流れについてお話ししました。

恋愛は2人の人間同士のことなので、自分の想定や占いの結果通りに物事が進んでいくとも限りません。

しかし、それが恋愛の難しさでもあり、面白さでもあるのです。

どんなきっかけでも、順番でも良いので、あなたが本当に好きな人と付き合えるように、努力してみてください。

この記事は2017年5月29日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。