メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社リアルビューティーケア

そばかすは皮膚科の治療か、メイクで目立ちにくくさせよう!!

そばかす 女の子

昔からある「そばかす」を消したい!と思っている人は多いのではないでしょうか。筆者もそのうちの一人で、今までにいくつもの方法を自宅で試してきました。

しかし、そばかすは、薄くすることが難しく、消すこともできないんですよね。

どうしても気になるそばかすは、皮膚科の治療を受けることをおすすめします。

治療を受けた後は、再びそばかすができないように、自宅でのアフターケアが重要になってきます。

しかし、今すぐに隠したいそばかすは、メイクによって目立たなくすることもできるのです。

そこで今日は、筆者のようにそばかすで悩む女性のために、そばかすにおすすめの治療法から、そばかすのためのメイク術、そばかすの基礎知識などについてご紹介していきます。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.できてしまった「そばかす」対策は皮膚科がおすすめ

シミ 顔 レーザー
できてしまった「そばかす」の対策は、皮膚科での治療がおすすめです。

治療法には、レーザー治療と光治療などがあります。

それぞれの治療法には種類があるので、そばかすの濃さや数によって、信頼できるドクターと相談しながら決めるとよいでしょう。

皮膚科での治療は、お金もそれなりにかかってしまいますが、お金をかければ解決すると思えば、悩みも気が楽になりますよね。

*自由診療の場合、健康保険は適用されません。事前に確認することをおすすめします。

1-1.レーザー治療

レーザー治療を受けた後は、新しい皮膚に落ち着くまで、紫外線対策が必須です。

ルビーレーザー

ルビーレーザーは、そばかすのもととなるメラニン色素をピンポイントに照射することのできるレーザー治療の一種です。

そばかす以外にも、シミやアザの治療として行われることが多いといわれています。

周辺の皮膚に傷跡を残さずに行うことができるのが特徴です。

治療は1~5回程度が一般的で、1~2週間ほどのアフターケアが必要です。

レーザートーニング

レーザートーニングは、低出力のレーザーを当てて、そばかすのもととなるメラニン色素を少しずつ壊していくレーザー治療の一種です。

肝斑の治療として行われることが多いといわれています。

メラニン色素のある部分に、均一にレーザーを照射できるのが特徴です。

3~5回の治療が必要といわれていますが、治療後はダウンタイムもなく、すぐにメイクすることも可能です。

1-2.光治療

フラッシュライトのような光を瞬間的に顔に当てる治療法です。1回で広範囲の治療が可能です。

こちらも、施術後の紫外線対策は必須です。

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルは、「IPL」と呼ばれる光を当てていくことで、肌を整えていき、そばかすを治療する方法です。

メラニン色素のある部分に反応して、そばかすやシミが一時的に濃くなりますが、1週間ほどで自然に剥がれ落ちます。

肌への負担が少ないといわれていて、そばかすの治療だけでなく、キメが整ったツヤのある肌を実感しやすくなるのが特徴です。

ゴムで弾かれたような痛みを感じることがあります。

オーロラ

フォトフェイシャルに「RF」(高周波エネルギー)を加えた治療法です。

そばかすの治療だけでなく、肌にハリを実感しやすくなるのが特徴です。

フォトフェイシャルに比べて、痛みを感じにくいといわれています。

アキュチップ

部分的に光治療を行う治療法です。気になる部分のみ、ピンポイントで照射することができます。

施術後にかさぶたができず、ダウンタイムもないので、デリケートな部分の治療が可能といわれています。

ライムライト

日本人の肌のために開発された機械を用いて行う光治療です。

肌負担を感じにくく、施術後にすぐメイクをすることもできるといわれています。

Pocket
LINEで送る