メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社リアルビューティーケア

そばかすのタイプは2つ!そばかすの原因と簡単な6つの対策

そばかす 原因
子どもの頃からそばかすのある方も、大人になってからできたという方も、ご自身にそばかすができた原因はなんなのか、気になりますよね?

そばかすは、子どもによく見られるものと、大人になってできるもので、原因が異なります。

ですが、普段の生活を見直すことで、そばかすを増やさないようにお手入れすることができます。

そこで今日は、そばかすで悩んでいる女性のために、そばかすの原因や、日常で気を付けるべきことなどをご紹介します。

そばかすを増やさないためにも、早めに対策をしていきましょう。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

フレキュレル(医薬部外品)
1フレキュレル

香料・着色料・タール系着色料・紫外線吸収剤・パラベン・鉱物油フリー。

美白*成分トラネキサム酸・グリチルレチン酸ステアリルを配合した、薬用クリームです。
しっとりやわらかいクリームが角質層に浸透し、日焼けによるシミ・そばかすを防ぎます。

また、美白はもちろん、スキンケアの基本である『保湿』も重視しているのが特徴です。
シュガースクワラン、セラミド3、セラミド6、セラミド2、キウイエキスなど、複数の保湿成分を配合しています。

夜寝る前にもしっかり塗布することで、翌朝にはモチモチのうるおい肌を実感することができます。
肌なじみのよいクリームで、美白*のお手入れを始めてみませんか?
*メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと

公式HPはこちら(オレンジ)

1.そばかすができる原因

そばかすの原因は、子どもによく見られる「そばかす」と、大人になってからできる「そばかす」で異なります。

それぞれの原因を詳しく説明していきますので、まずはあなたの「そばかす」がどちらなのかを確認しましょう。

1-1.子どもにできるそばかす

そばかす 女の子
子どもにできる「そばかす」の原因は、ほとんどが両親からの遺伝によるものと考えられています。

「そばかす」自体が遺伝するのではなく、「そばかす」ができやすい色白の体質が遺伝すると言われています。

また、思春期にでき始め、思春期の終わり頃に自然と消える場合もあるようです。

ただし、思春期を過ぎても「そばかす」が消えない場合は、もう一つの「そばかす」タイプの可能性が高いです。

1-2.大人になってできるそばかす

大人になってできる「そばかす」、または子どもの頃にできた「そばかす」が大人になっても消えない場合は、紫外線や生活習慣が原因だと考えられています。

① 紫外線とそばかすの関係

a0002_005510
紫外線を浴びすぎると、「そばかす」はできやすくなります。

「そばかす」のもととなる、メラニン色素が多く生成されると、生成されたメラニン色素の排出が間に合わなくなり、蓄積されてしまうことがあるからです。

蓄積されたメラニン色素は、肌の奥にとどまります。そうなると、黒褐色の色素が定着し、「そばかす」となってあらわれます。

② 生活習慣とそばかすの関係

そばかす
生活習慣によっても、「そばかす」ができやすくなります。

・肌の負担になるスキンケア

一般的には、間違った洗顔の仕方や、肌と合っていない化粧品を使用することも、「そばかす」の原因といわれています。

過度のピーリングなども肌に傷をつけてしまう可能性があるので気を付けましょう。

メラニン色素は、紫外線だけでなく摩擦や化粧品による刺激によっても生成されることがあるといわれています。

顔の皮膚は体の他の部分の皮膚より薄いので、とても敏感です。その分、きちんとお手入れをする必要があるのです。

・栄養不足

体内に取り込む栄養からも、肌は大きな影響を受けます。

特にビタミンCを十分に摂っていると、紫外線の影響を受けにくくなるといわれています。そのためビタミンCが不足すると、紫外線を浴びた時に「そばかす」ができやすくなる場合があります。

・精神的なストレス、疲労、睡眠不足

上記の原因が当てはまらない方は、ストレスや疲労が原因かもしれません。

2.普段からできるそばかす対策

対策は、以下の6つになります。

1.紫外線対策
2.正しいクレンジング・洗顔
3.美白*化粧品を使う
4.ピーリング
5.生活習慣の改善
6.サプリメント(飲み薬)

(*日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)

2-1.紫外線対策

ビーチ 女性
毎日の紫外線対策ができているという方は、実はあまり多くないといわれています。紫外線対策は夏だけ、冬や家の中であれば、「すっぴんでも平気」なんて思っていませんか?

・季節や天気による紫外線量

紫外線は夏や晴れている時だけのものと思われがちですが、1年中降り注いでいます。

6月・7月は紫外線が多い時期と言われていますが、実は3月くらいから、屋外で長時間過ごすと日焼けする程度の紫外線量がるといわれています。
加えて、量は少ないにしても、12月・1月といった真冬でも油断はできません。

また、屋内でも窓ガラスを通り抜けて紫外線は入り込んできますし、日陰で直接日光が当たらない場所でも、空気中で反射した紫外線の影響を少なからず受けます。

さらに、天気がくもりだからといって、紫外線対策をされない方も多いですが、くもりでも紫外線は快晴の時の60~85%はあるとされています。
気象庁 グラフ
「天気と紫外線量の関係」(参考:気象庁)

屋内でも、肌を無防備な状態にはせず、紫外線対策できる化粧品や、日焼け止めを塗るようにしましょう。

・紫外線対策グッズ使用の注意点

① 日焼け止め

日焼け止めは汗などで流れてしまうので、屋外では2時間程度で塗りなおすようにしましょう。

日焼け止めを塗る量でも、効果は変わってきますので、日焼けしやすい場所(顔の中でも高くなっている、鼻、頬骨、おでこ)には重ねて塗るのがおすすめです。

② 日傘

日傘のUV加工は、3年程度と言われています。

古くなったら買い替えたり、UV加工スプレーを吹きかけたりすることをおすすめします。

詳しくは下記サイトをご参照ください。

日傘と傘の専門店リーベン

③ サングラス

意外に知られていませんが、長時間目から紫外線が入ると、メラニン色素が増加する可能性があるといわれています。

ちょっとした外出や通勤で目が紫外線を浴びることは、そこまで問題はないのですが、長時間屋外にいる場合や、海や山などに行く際は、UV加工されたレンズのサングラスをかけることをおすすめします。

屋外でお仕事をされている方や、アウトドアを好む方は、普段からしっかり紫外線対策をしてください。

2-2.正しいクレンジング・洗顔

・正しいクレンジングのポイント

ランキングクレンジングミルク 

① 適量を守る

お使いのクレンジングの説明書を確認し、適量を守りましょう。少なすぎると、メイクとのなじみが悪くなり、肌をこすって負担を与えてしまう可能性があるからです。

② 指の腹を使ってなじませる

顔の中でも油分の多い、Tゾーン→Uゾーンの順になじませていきます。指の腹を使ってやさしくなじませます。

③ ぬるま湯を使う

クレンジングはぬるま湯で洗い流しましょう。熱いお湯は皮脂を落としすぎてしまうことがあるし、冷たすぎる水では、クレンジングの油分が落ちにくくなるのでおすすめです。

④ すぐに洗い流す

クレンジングに時間をかけ過ぎると、肌に必要な油分まで奪いやすくなります。

・正しい洗顔のポイント

角質 洗顔①

① 手を清潔に

洗顔の前に手を洗わないと、手についた油分や汚れをそのまま顔に広げてしまうことになります。

手についた汚れは、ニキビや肌荒れの原因となることがあると言われています。

② 洗顔料はよく泡立てる

洗顔料は、密度の濃い、きめの細かい泡になるように泡立てます。

このとき、泡立て用のスポンジなどを使うと良いでしょう。きめの細かい泡がクッションとなり、肌の摩擦が抑えられます。

③ Tゾーンから洗う

洗い始めは、顔の中でも油分の多い額と鼻のTゾーンから洗い始めます。

肌の油分の少ない目元・口元は最後に洗うようにしましょう。

④ 時間をおかずに洗い流す

30秒から1分程度で、なるべく手早くぬるま湯で洗顔料を洗い流します。

時間をかけ過ぎると、肌の必要な油分まで洗い流してしまう可能性があるからです。

2-3.美白化粧品を使う

美白化粧品は、日常的に使うことで日やけによるそばかすを防ぐことができます。

毎日のお手入れにプラスして、そばかすを防ぎましょう。
(※日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)

【おすすめ美白化粧品~トライアルセット~】
初めての方でもお試ししやすい、トライアルセットの用意があるスキンケアシリーズをご紹介します。

ASTALIFT(アスタリフト)ホワイト(医薬部外品)
アスタリフトホワイト

保湿成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」が配合された美白*化粧品です。
さらに独自の保湿成分である「ナノAMA」も配合されており、肌にうるおいを与えます。
(*日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)

公式HP

エリクシールホワイト(医薬部外品)
エリクシールホワイト

保湿成分「コラーゲン」配合の美白*化粧品です。
角質層のすみずみまでうるおいで満たし、ハリとツヤを与えます。
(*日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)

公式HP

2-4.ピーリング洗顔

ピーリング 洗顔
自宅でピーリング洗顔をされる場合はいくつか注意が必要です。

① タイミング

ピーリング洗顔は、朝ではなく夜にやりましょう。

なぜなら、ピーリング洗顔の後は紫外線にあたるのを避ける必要があるからです。

② 頻度

ピーリングの頻度は、お使いのピーリング洗顔料によって異なります。

製品によっては一週間であったり、3日であったりします。

しかしながら、これはあくまで目安ですので、睡眠不足などで肌の調子があまり良くないときには、無理に行わないようにしましょう。

③ アフターケア

ピーリング洗顔の後は、肌をしっかり保湿しましょう。

不要な角質を取り除いたあとは、肌荒れや乾燥等を引き起こす可能性があります。うるおいを与えて保湿することで、肌を守りましょう。

2-5.生活習慣の見直し

そばかすを増やさないためにも、食事、睡眠、運動など、肌に良い生活を心がけていきましょう。

・食事

野菜
バランスが良く、特にビタミンが不足しないような食事を心がけてください。そばかすにおすすめの栄養素は、ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10などです。

それぞれの栄養素が含まれる食べ物の一例をご紹介します。

① ビタミンC…ピーマン、パセリ、ブロッコリー、アセロラ、キウイ、など
② ビタミンE…もろへいや、カボチャ、アボガド、うなぎ、など
③ コエンザイムQ10…いわし、牛肉、ほうれん草、など

・睡眠のとり方

生理前 うつ8
「肌のゴールデンタイム」という言葉を、一度は聞いたことがあるはずです。

以前は、22時~2時のことを、こう呼んでいました。しかし、現代では入眠後の3~4時間が、肌のゴールデンタイムに当たるという考えが一般的になってきました。

入眠後の3~4時間の間に、深い睡眠をとることが重要です。

・適度な運動

有酸素運動 ダイエット
適度に体を動かし、汗をかくことも大切です。運動によって体のめぐりがよくなることが、そばかすが増えるのを防ぐことにつながる場合があります。
また、体を動かすことが、ストレスの解消につながり、睡眠の質をよくすることも期待できます。

運動は苦手という方は、ウォーキングやヨガなど、無理のないことから始めてみてください。

2-6.サプリメント

水 サプリ
食事で栄養をバランス良く摂ることが難しい場合は、サプリメントの利用をおすすめします。ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10といった栄養素は、サプリメントであれば、手軽に補うことができるからです。

ただ、サプリメントさえ摂っていれば、睡眠不足でも偏食でも問題ないというわけではありません。サプリメントはあくまで補助的なものです。規則正しい生活と食事を心がけましょう。

3.できてしまったそばかすの対策

ニキビ 洗顔回数
そばかすをふせぐのではなく、できてしまったそばかすの対策をしたい場合は、皮膚科の治療を受けるか、メイクで隠すしかありません。

皮膚科での治療方法と、そばかすを隠すメイクの方法については、こちらの記事で詳しく説明しています。

4.まとめ

そばかすには、子どもの頃にできるものと、大人になってからできるものの、2つのタイプがあり、原因もそれぞれ違っています。

日常の中で気をつけて対策していきましょう。

そばかす対策のための生活習慣は、美しい肌を作る習慣にもなります。できることから始めていきましょう。

この記事は2016年9月30日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご理解ください。


Pocket
LINEで送る