メニューを開く
2017年8月28日 更新

自宅で簡単キレイに染まる!おすすめの白髪染め

白髪染め おすすめ


白髪染めっていろいろあるけど、綺麗に染まるのは?長持ちするのはどれ?簡単にできるものは?と選ぶ時に悩んでしまいますよね。

白髪染めには、ヘアカラーやヘアマニキュア、ヘナなど様々な方法がありますが、白髪は目立ってくる度に染めたり、何回かに分けて染めるなど、染める頻度が多い為、髪や頭皮をすこやかに保つ白髪染めを選ぶ事が大切です。

今日は、キレイに染まり、長持ちする白髪染めや、髪や肌をすこやかに保つ白髪染めを選ぶポイントをはじめ、おすすめの白髪染めを紹介していきます。



1.白髪染めは目的に合わせて選ぶ

白髪染めは、「染まりやすく長持ちするタイプ」と「髪と頭皮をすこやかに保つ」2つのどちらが自分の目的に合っているか、以下でチェックをしてから選びましょう。

1-1.染まりやすく長持ちするタイプ

・白髪が染まりやすい
・染める回数が少ない
・長持ちしてくれる

など、染まりやすく長持ちするタイプを希望する方におすすめなのは、ヘアカラーです。

ヘアカラーは、元の色素を脱色してから髪の毛に色を付けていきます。
白髪が染まりやすいですが、髪や頭皮にはダメージを与えやすいので、ヘアカラーの中でも、出来るだけ過酸化水素無配合の低刺激の物を選ぶようにしましょう。

※過酸化水素とは、白髪染めの脱色剤として配合されています。

1-2.髪と頭皮をすこやかに保つタイプ

・頭皮をすこやかに保つ
・髪の毛が傷みにくい
・白髪染めの匂いが苦手

など、髪や頭皮をすこやかに保つタイプを希望する方は、ヘアトリートメント、シャンプータイプがおすすめです。

ヘアトリートメントやシャンプータイプは、お風呂で使用する白髪染めです。素手で使用できるので、髪の毛にうるおいを与えながら白髪を染めてくれます。

ヘアカラーに比べて、1回で染まるわけではなく、継続して使用する事で白髪を染めていきます。

2.タイプ別で選ぶおすすめの白髪染め

【1.白髪染めはタイプに合わせて選ぶ】で紹介した「染まりやすく長持ちするタイプ」と「髪や頭皮をすこやかに保つタイプ」2つのタイプに合わせて、それぞれおすすめの白髪染めを紹介していきます。

白髪染めを選ぶ時の参考にしてみてくださいね。

2-1.染まりやすく長持ちするヘアカラー

泡の白髪染め■ ヘアボーテシーエッセンスカラーフォーム(医薬部外品)

泡の白髪染め ヘアボーテシーエッセンスカラーフォーム【ヘアカラー】 白髪染め おすすめ
内容量:80g
特典:送料無料、次回以降に使えるクーポン付

髪や頭皮のことを考えた白髪染めです。泡で出てくるので、液だれが少なく、1度で簡単に白髪が染められて、色が長持ちするので人気が高いのが特徴です。髪にうるおいを与えるスクワラン、真珠エキス、カゴメ昆布エキスなどのミネラルを豊富に含み、染めた後の髪はしっとりうるおいのある仕上がりになります。
染める時間 5~15分
染める頻度 月1回程度
香り マリン系
カラー ナチュラルブラック、ダークブラウン

公式HPはこちら

自然に白髪が染まる!■ラサーナ ヘアカラー

自然に白髪が染まる!ラサーナ【ヘアカラー】白髪染め おすすめ
内容量:80g
特典:送料無料

15分で自然に染められるラサーナのヘアカラー。ちょっと白髪が気になったときに手軽に使えます。
液だれしにくいムースタイプを使用し、脱色せずに自然に酸化させて色を付けるので、髪や頭皮に負担をかけにくいヘアカラーです。褐藻エキスやボタンエキス、真珠貝由来成分など、髪の毛の補修やうるおいを与える成分を豊富に含んでいます。
染める時間 15分
染める頻度 月1回程度
香り フローラル
カラー ライトブラウン、ダークブラウン

公式HPはこちら

2-2.髪や頭皮をすこやかに保つヘアトリートメント・シャンプー

■簡単に白髪が染まる!ラサーナ ヘアカラートリートメント

簡単に白髪が染まる!ラサーナ【ヘアカラートリートメント】白髪染め おすすめ
内容量:180g
特典:送料無料、専用ブラシ&コーム、海藻 ヘア エッセンス しっとり 10ml

ヘアケア商品で有名なラサーナが開発した白髪染めで、染めた後のトリートメントとして使用します。保湿成分の海藻エキスが乾燥から守り、真珠貝由来成分や羊毛由来成分が髪のキューティクルを守り、ツヤを出します。

植物由来の天然色素を配合したヘアトリートメントです。

染める時間 初回約10分、2回目以降から約5分
染める頻度 毎日(シャンプーの前又は後)
香り シトラス&フローラル
カラー ダークブラウン

公式HPはこちら

■シャンプーで白髪染め!利尻カラーシャンプー【ヘアシャンプー】

利尻ヘアカラートリートメント
内容量:200ml
特典:2本以上で送料無料、頭皮もみブラシ、初回限定キャンペーン★今だけ1000円OFF!

手で使用できるシャンプータイプの白髪染めです。普段使用しているシャンプーを利尻カラーシャンプーに変えるだけで手軽に白髪を染める事が出来ます。毎日使ってもらえるように、香料、パラベン、鉱物油、不使用の無添加にこだわったカラーシャンプーです。

使い続ける事で、白髪が目立たなくなります。

染める時間 通常のシャンプー時間
染める頻度 毎日(シャンプーにて使用)
香り 無し
カラー ライトブラウン、ダークブラウン、ブラック

公式HPはこちら

3.白髪染めを綺麗に染めるポイント

白髪染めを綺麗に染めるには、「髪質で色を決める」「室温」の2つのポイントを気にしてあげましょう。

3-1.髪質で色を決める

白髪を染める時に、想像したときの色と違う!とならないように綺麗に染めるポイントをご紹介します。

●柔らかい髪質やダメージのある髪質の方

柔らかい髪質やダメージのある髪質の方は、染まりやすい特徴があります。

暗い色で染めたい時には、理想の色よりも少し明るめの物を選びましょう。
明るい色に染めたい時には、理想の色に近い物を選びましょう。

●硬い髪質や初めて髪の毛を染める方

硬い髪質や初めて髪の毛を染める方は、染まりにくい特徴があります。

暗めに染めたい場合は、理想の色に近い物を選びましょう。
明るく染めたい時は、理想の色よりも1トーン明るい色を選びましょう。

3-2.室温

白髪染めには、室内の気温が20~30℃前後で行う事を想定しています。推奨の温度で白髪染めを置く事で、綺麗にうまく染まってくれます。

冬に白髪染めを行う時には、推奨の室温で行うか、染める時間を少し長めにしてみましょう。

4.白髪染めを行う時の注意点

白髪染め(特にヘアカラー)を行う時に注意してほしい点が2つあります。

4-1.パッチテスト(皮膚アレルギー試験)を行う

初めて白髪染めを行う時はもちろん、白髪染めを使用する時には、必ずパッチテストを行うようにしましょう。

 髪や頭皮に優しい白髪染めであっても、トラブルを避けるためにパッチテストは必ず行ってから、使用することをおすすめいたします。

パッチテストのやり方については、商品パッケージでご確認ください。

4-2.部屋の換気を行う

白髪染めを行う際には、必ず部屋の換気を行いながら染めましょう。
白髪染めの匂いが部屋に充満する事で体調を崩す事があります。室内の換気をしながら、使用方法に従って使うことが大切です。

5.まとめ

白髪染めにも、いろんなタイプの物が販売されていますので、ご自分に合ったものを見つけて行きましょう。

相性の良い白髪染めに出会えたら、ぜひ綺麗に染めるポイントを実践してみてくださいね。
いつまでも、きれいな女性を目指していきましょう。