メニューを開く

鼻の黒ずみをとる方法ってあるの?鼻の黒ずみの原因と対策

鼻の 黒ずみをとる 方法鼻の黒ずみって、ほんとに気になりますよね。
「鼻の黒ずみってどうしてできるの?」「鼻の黒ずみを防ぐ方法を知りたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は鼻の黒ずみの種類別の原因と対策方法を紹介していきます。


1.鼻に黒ずみができる原因と種類

「鼻にポツポツと黒ずみがある」「鼻を触るとザラザラしている」そう感じていませんか?
鼻の毛穴が黒ずんでみえるのには、【落としきれていない毛穴汚れ】が原因だと考えられています。

鼻の黒ずみをとる 方法

角栓とは、古くなった角質と皮脂が混ざったものです。この毛穴に詰まった角栓と、落としきれなかったメイクの汚れやホコリなどが空気にさらされて酸化することで、黒ずみになると言われています。

2.鼻の黒ずみ対策!お手入れ方法

鼻の黒ずみをとる 方法前章でお伝えしたように、鼻の黒ずみの主な原因は「毛穴に角栓や皮脂が詰まること」です。鼻の黒ずみに対策するには、毎日肌の汚れをしっかりと洗い流すことです。

そのために重要になるお手入れが「洗顔」です。クレンジングでメイクを落としたら、蒸しタオルで鼻周りを温め、キメの細かい泡で洗顔しましょう。
さらに、週に1度のスペシャルケアとしてオリーブオイルを使ったお手入れや酵素洗顔もおすすめです。

ここでは、お手入れの基本であるクレンジング、蒸しタオル洗顔の方法と、スペシャルなお手入れとしておすすめのオリーブオイルクレンジング、酵素洗顔についてそれぞれご紹介します。

2-1.クレンジング

鼻の黒ずみをとる 方法

落としきれずに肌に残ったメイク汚れは、鼻の黒ずみの原因になる可能性があります。しっかりと洗い流しましょう!

手順1|適量のクレンジング料を手に取る
お手持ちのクレンジング料の適量を説明書きで確認し、手にだします。

手順2|Tゾーンになじませる
鼻の黒ずみをとる 方法皮脂が多く分泌されるTゾーンから、クレンジング料をなじませます。適量の半分を、額から鼻にかけて指先の腹の部分で優しくつけましょう。摩擦をかけすぎて肌の負担にならないよう、すべらせるように広げていきます。
鼻の黒ずみをとる 方法やさしい力加減で、くるくると小さく円を描くようにしてなじませましょう。

手順3|Uゾーンになじませる
鼻の黒ずみをとる 方法
クレンジングの残りを、頬やあごなどのUゾーンに伸ばしていきます。

手順4|目元や口元は「やさしく」を意識してクレンジングする
鼻の黒ずみをとる 方法小鼻や唇の下の凹みなど、汚れがたまりやすい部分にも丁寧にクレンジング料をなじませましょう。

手順5|手早く洗い流す

ゴシゴシと洗い流さずにぬるま湯でさっと流すようにします。

2-2.蒸しタオル洗顔

鼻の黒ずみをとる 方法クレンジングでメイクを落としたら、洗顔前に蒸しタオルを顔に当てて毛穴を開きましょう。
毛穴につまった汚れが浮き上がり、とれやすくなることが期待できます。

手順1|電子レンジで蒸しタオルをつくる

【蒸しタオルに必要なもの】
・濡らした厚手のフェイスタオル
・電子レンジ

水で濡らしたフェイスタオルをしっかりと絞り、ラップをしないで電子レンジで温めます。
(600wで約1分、500wで約1分30秒を目安にしてください。)

鼻の黒ずみをとる 方法

手順2|蒸しタオルを顔にのせて肌をあたためる
電子レンジからだした蒸しタオルは一度広げ、腕の内側など柔らかい部分で熱すぎないか温度を確認しましょう。

鼻の黒ずみをとる 方法気持ちいいと感じる程度の温かさにタオルがなったら、顔に1分~2分ほど当てます。
鼻の黒ずみをとる 方法

手順3|肌がまだあたたかいうちに洗顔をする

鼻の黒ずみをとる 方法肌が温まったら、すぐに洗顔に移ります。肌が温かいうちに次のステップに移るのがポイントです。

まずは、洗顔料をたっぷりと泡立てましょう。

たっぷりの泡で洗い、肌と手の間にクッションをつくることで摩擦が減り、肌の負担を減らすことができると言われています。
泡立てが苦手だと感じる方や忙しい方は、泡立てネットやポンプ式泡ボトルを利用するのがおすすめです。

手順4|力を入れすぎないようにしっかりと鼻周りを洗う
鼻の黒ずみをとる 方法皮脂の多い鼻を含む「Tゾーン」から洗います。
額に泡を付け、徐々に広げながらこめかみ部分に移します。そして、毛穴が気になりやすい鼻まわりは泡をクルクルと指でマッサージするように洗いましょう。

手順5|次に頬を洗う
鼻の黒ずみをとる 方法毛穴が気になりやすい頬は、手で泡をサンドするようにやさしく包みましょう。Tゾーンと比べて皮脂が少ないので、洗いすぎに気をつけましょう。

手順6|デリケートゾーンを洗う
鼻の黒ずみをとる 方法目や口は、顔の中でも比較的皮膚が薄い部分です。泡をのせるだけにし、こすらないように気をつけましょう。

手順7|しっかりとすすぐ

鼻の黒ずみをとる 方法 あごやこめかみなどの泡が残りやすい部分も丁寧に、20回を目安にすすぎましょう。

手順8|清潔なタオルで水気をとる

鼻の黒ずみをとる 方法清潔なタオルを顔に当てて、吸収させるようにして顔の水気を取り除きます。摩擦を軽減するためにも、こすらないように要注意です。

【洗顔の注意点】
洗顔は乾燥肌や普通肌の人は夜に1回、べたつきが気になる人も1日2回までに回数をおさえましょう。
洗い過ぎは肌の摩擦が増え、乾燥などの原因になってしまう可能性があります。

2-3.オリーブオイルクレンジングの方法

鼻の黒ずみをとる 方法鼻の部分的なお手入れ方法として、オリーブオイルを使ったスペシャルクレンジングを取り入れるのもおすすめです。

手順1|500円玉大のオリーブオイルを手に取る
鼻の黒ずみをとる 方法

手にとったオリーブオイルは、肌なじみをよくするために両手の平で温めましょう。

手順2|オリーブオイルを鼻に伸ばし、1分程放置する
鼻の黒ずみをとる 方法

温まったオイルが毛穴の汚れを浮かすことが期待できます。

手順3|2本の指でオリーブオイルをなじませる
鼻の黒ずみをとる 方法

この時、ゴシゴシこすらないように注意しましょう。
あまり長くやりすぎると肌の負担になってしまうことがあります。1分程で十分です。

手順4|ティッシュやコットンなどで、オイルを吸い取ります。
ティッシュやコットンを肌にやさしくあて、吸い取るイメージでオイルを取りのぞきましょう。

【オリーブオイルクレンジングの注意点】
肌への負担を考え、オリーブオイルを使う部分クレンジングは週1~2回程度にしておきましょう。

2-4.酵素洗顔のポイント

鼻の黒ずみをとる 方法酵素洗顔とは、肌に溜まった余分な皮脂や角質などのタンパク質を分解するといわれる酵素(タンパク質分解酵素)を使用した洗顔方法です。

肌表面から古い角質を洗い流して肌を清浄にしてくれますが、酵素洗顔を過剰におこなうと肌がデリケートになったり、肌荒れしやすくなったりすることも考えられます。

酵素洗顔料は、メーカーによっては毎日使えるものから週に1回使用するものまで、さまざまな種類があります。必ず使用方法や使用頻度を確認するようにしましょう。

肌らぶ編集部おすすめの酵素洗顔料をご紹介します。肌の汚れをしっかりと洗い流しつつ、うるおいをキープしてくれるものを選びました。

アルファピニ28 コーラルクリア パウダーウォッシュ
アルファピニ28 コーラルクリア パウダーウォッシュ販売元:株式会社シェルゥーム
内容量:45g
価格:2,917円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
もこもこと濃密な泡立ちが特徴の、ボトルタイプの酵素洗顔パウダーです。洗浄成分として「パパイン酵素」を配合。毛穴に詰まった皮脂や角質などを含む、肌の汚れをすっきりと洗い流して整えます。

公式HPはこちら(大)

3.鼻の黒ずみを予防する生活習慣

鼻の黒ずみを防ぐためには、毎日の洗顔にくわえて生活習慣を整えることも大切です。

ここでは、鼻の黒ずみを予防するために取り入れたい3つの生活習慣のポイントをご紹介します。

①バランスの良い食事を心がける

鼻の黒ずみをとる 方法鼻の黒ずみの原因となる皮脂は、食生活の乱れによって過剰に出ることがあります。

揚げ物などの油分の多いものやチョコレートなどの糖分が多く含まれる食べ物は皮脂が出やすくなると考えられています。摂りすぎに気をつけ、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

②質の良い睡眠をとる

鼻の黒ずみをとる 方法質の良い睡眠は、肌を整えてすこやかに保つためにとても大切です。以下のポイントに気をつけ、リラックスしてぐっすりと寝付くことを意識してみてください。

【質の良い睡眠を摂るポイント】

・自分にあった高さの枕を選ぶ
・スマートフォンなどのブルーライトがでる機器を就寝前に使わない
・室内の照明をできるだけ控えめにする
・コーヒーなどカフェインが含まれるものは就寝前は飲まない

③お酒とタバコは控える

鼻の黒ずみをとる 方法

アルコールやタバコは、代謝を悪くしてしまう可能性があるのでほどほどにしましょう。

日々のスキンケア対策も大切ですが、生活習慣を変えるということも黒ずみを解消するうえではとても大切なことです。できることから始めてみましょう!

4.鼻の黒ずみ対策!まとめ

鼻の黒ずみをとる 方法

今回は鼻の黒ずみができてしまう原因と、その黒ずみを目立たなくするための対策方法をお伝えしました。
日々のお手入れで肌の汚れをすっきりと洗い流し、黒ずみの目立たない綺麗な小鼻を目指していきましょう!

この記事は2017年5月9日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る