メニューを開く
アスタリフト;

鼻の黒ずみを取る方法ってあるの?気になる鼻の黒ずみの原因と対策

鼻鼻の 黒ずみをとる 方法
鼻の黒ずみって、ほんとに気になりますよね。
「鼻の黒ずみってどうしてできるの?」「鼻の黒ずみを防ぐ方法を知りたい!」と
お悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は鼻の黒ずみの種類別の原因と対策方法を紹介していきます。


astalift
astalift

1.鼻に黒ずみができる原因と種類

鼻の毛穴の黒ずみの主な原因は大きく分けて【落としきれていない毛穴汚れ】【乾燥による皮脂過剰】【メラニンの蓄積】の3つになります。

鼻の毛穴の黒ずみは黒ずみの種類によってお手入れ方法が変わってくるので、まず自分はどのタイプなのかよく理解することが大切です。

まず、鼻の黒ずみの原因をそれぞれ解説していきます。

①落としきれていない毛穴汚れ

毛穴に詰まった角栓と、落としきれなかったメイクの汚れやホコリなどが空気にさらされ、酸化したことによって、黒ずみが生じやすいと言われています。

角栓とは、古くなった角質と皮脂が混ざったものです。

鼻を触ってザラつきを感じる場合は、この毛穴詰まりのタイプが多いです。

②乾燥による皮脂過剰

肌が乾燥すると、肌の水分量が不足している状態になるため、皮脂腺が刺激され皮脂が過剰に出ると言われています。

それにより、水分と油分のバランスが崩れ、皮脂が毛穴にたまって酸化し、黒ずみの原因になると言われています。

また、乾燥から肌を守ろうとして角質部分が厚くなり毛穴がつまりやすくなることもあります。

③メラニンの蓄積

鼻の黒ずみは、メラニンの蓄積によっても生じるがことあります。

毛穴に詰まりや角栓がみられないのに、毛穴の色が黒ずんで見える場合は、メラニンの蓄積によるものだと考えられます。

紫外線などの強い刺激により、毛穴にメラニンが蓄積されることが黒ずみの原因になると言われています。

鼻を触ってもザラザラしていないことが多いのもこのタイプの特徴です。

2.鼻の黒ずみ種類別お手入れ方法

毛穴お手入れ
鼻のお手入れは、黒ずみのタイプごとに方法が異なってきます。
ここからは、黒ずみの種類別にお手入れ方法をお伝えします。

①毛穴汚れの詰まりタイプのお手入れ方法

鼻の黒ずみが毛穴汚れの詰まりのタイプである場合は、毛穴の中の角栓や汚れが酸化して黒ずんだ状態なので、毛穴の中の不要な汚れを取り除くことがポイントです。

そのために重要となるのが「洗顔」です。
クレンジングでメイクを落としたら、蒸しタオルで鼻周りを温めて毛穴を開き、キメの細かい泡で洗顔しましょう。

さらに、週に1度のスペシャルケアとして酵素入り洗顔料を使ったり、オリーブオイルを使ったお手入れを取り入れてみてもいいでしょう。

それでは、クレンジング・蒸しタオル洗顔・オリーブオイルマッサージ・酵素洗顔の方法をそれぞれご紹介します。

【正しいクレンジングの方法】

クレンジングがしっかり行えていないと、残ったメイク汚れは鼻の黒ずみにつながると言われているので、しっかり汚れを落とすよう意識しましょう。

手順1|適量のクレンジング料を手に取る
クレンジング手のひらお手持ちのクレンジング料の適量を説明書きで確認し、手にだします。

手順2|Tゾーンになじませる
クレンジングTゾーン
皮脂が多く分泌されるTゾーンから、クレンジング料をなじませます。適量の半分を、額から鼻にかけて指先の腹の部分で優しくつけましょう。摩擦をかけすぎて肌の負担にならないよう、すべらせるように広げていきます。
クレンジング額なじませやさしく圧をかけながら、くるくると小さく円を描くようにマッサージしましょう。

手順3|Uゾーンになじませる
クレンジングUゾーン
クレンジングの残り半量を、頬やあごなどのUゾーンに伸ばしていきます。

手順4|目元や口元は「優しく」を意識してクレンジングする。
クレンジングUゾーンくるくる小鼻や唇の下の凹みなど、汚れがたまりやすい部分にも丁寧にクレンジング料をなじませましょう。

手順5|手早く洗い流す
ゴシゴシと洗い流さずにぬるま湯でさっと流すようにします。
体温より少し低い32~35度くらいのぬるま湯ですすぎましょう。

※1から5までの手順を1分以内に終わらせることが理想と言われています。

②蒸しタオル洗顔

蒸しタオルTOP画クレンジングでメイクを落としたら、洗顔前に蒸しタオルを顔に当てて毛穴を開かせましょう。
毛穴につまった汚れが浮き上がり、とれやすくなると考えられています。

【蒸しタオルの方法】

手順1|電子レンジで蒸しタオルをつくる
【蒸しタオルに必要なもの】
・濡らした厚手のフェイスタオル
・電子レンジ

水で濡らしたフェイスタオルをしっかりと絞り、ラップをしないで電子レンジで温めます。
(600wで約1分、500wで約1分30秒を目安にしてください)

蒸しタオルレンジ

手順2|蒸しタオルを顔にのせて肌をあたためる
電子レンジからだした蒸しタオルは一度広げ、腕の内側など柔らかい部分で熱すぎないか温度を確認しましょう。

タオル腕
気持ちいいと感じる程度の温かさにタオルがなったら、顔に1分~2分ほど当てます。
蒸しタオル顔

手順3|肌がまだあたたかいうちに洗顔をする
肌が温まったら、すぐに洗顔に移ります。肌が温かいうちに次のステップに移るのがポイントです。

蒸しタオルでのお手入れは、頻繁におこなうと肌が乾燥してしまうことがあります。週に1~2回を目安に肌の状態を確認しながら行いましょう。

【毛穴を目立ちにくくする洗顔方法】

洗顔は、手ではなく「泡で洗う」ことが大切です。たっぷりの泡で顔のすみずみまで丁寧に洗いましょう。

手順1|洗顔料をよく泡立てる
洗顔泡立て
たっぷりの泡で洗い、肌と手の間にクッションをつくることで摩擦が減り、肌の負担を減らすことができるといわれています。
泡立てが苦手だと感じる方や忙しい方は、泡立てネットやポンプ式泡ボトルを利用するのがおすすめです。

手順2|力を入れすぎないようにしっかりと鼻周りを洗う
洗顔1皮脂の多い鼻を含む「Tゾーン」から洗います。
額に泡を付け、徐々に広げながらこめかみ部分に移します。そして、毛穴の開きが気になる鼻は泡をクルクルと指でマッサージするように洗いましょう。

手順3|次に頬を洗う。
洗顔2毛穴の開きが気になる頬は、手で泡をサンドするように優しく包みましょう。Tゾーンと比べて皮脂が少ないので、洗いすぎに気をつけましょう。

手順4|デリケートゾーンを洗う。
洗顔3目や口は、顔の中でも比較的皮膚が薄い部分です。泡をのせるだけにし、こすらないように気をつけましょう。

手順5|しっかりとすすぐ。
あごやこめかみなどの泡が残りやすい部分も丁寧に、20回を目安にすすぎましょう。

手順5|清潔なタオルで水気をとる。
洗顔4
清潔なタオルを顔に当てて、吸収させるようにして顔の水気を取り除きます。タオルは指よりも摩擦が起きやすいので、こすらないように要注意です。

【洗顔の注意点】
洗顔は乾燥肌や普通肌の人は夜に1回、べたつきが気になる人も1日2回までにおさえましょう。
洗い過ぎは肌の摩擦が増えてくすみ、乾燥や皮脂過多の原因になってしまう可能性があります。

【オリーブオイルクレンジングの方法】

オリーブオイル
鼻の部分的なクレンジングの方法としてオリーブオイルを使った方法があります。

手順1|500円玉大のオリーブオイルを手に取り、少し温めます。
オリーブオイル手

手順2|鼻に丁寧に広げ、1分程放置します。温まったオイルで毛穴が開き、汚れが浮いてきます。
オリーブオイル 鼻

手順3|鼻は立体的なので、隅々までオリーブオイルがなじむように2本の指でしっかりとなじませましょう。
オリーブオイルクレンジング

※この時、ゴシゴシこすらないように注意しましょう。
あまり長くやりすぎると肌の負担になってしまいますので1分程で十分です。

手順4|最後にティッシュやコットンなどで、オイルを吸い取ります。
拭き取るよりも、優しくあてて吸い取るイメージで行うと肌に負担がかかりにくいです。

【オリーブオイルクレンジングの注意点】
肌への負担を考え、オリーブオイルを使う部分クレンジングは週1~2回程度にしておきましょう。

【酵素洗顔で角質ケア】

毛穴_酵素洗顔
酵素洗顔とは、肌に溜まった余分な皮脂や角質などのタンパク質を分解する働きがある酵素(タンパク質分解酵素)を使用した洗顔方法です。

肌表面から古い角質を洗い流して、肌を清浄にしてくれますが何度も何度も酵素洗顔を行い過ぎると、肌がデリケートになったり、肌荒れしやすくなったりする可能性があります。

酵素洗顔料は、メーカーによっては毎日使えるものから週に1回使用するものまで、さまざまな種類があるので、必ず使用方法や使用頻度を確認するようにしましょう。

また、朝よりも夜の方が皮脂が多いので、酵素洗顔は夜に行うのがおすすめです。

②乾燥による皮脂過剰タイプのお手入れ方法

乾燥による皮脂過剰タイプは、肌の水分量の不足により水分と油分のバランス崩れている状態なので、「保湿」することがポイントです。

洗顔後にきちんと保湿することで、肌の乾燥を防ぎ皮脂が過剰に出てしまうことを抑えることができると言われています。

セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を与えて、肌にうるおいを与えてあげましょう。

【正しい保湿方法】

保湿イメージ

手順1|化粧水は洗顔後5分以内につける
汚れを落とした洗顔後の肌は皮脂が少ない上に毛穴が開いているので、水分が失われやすい状態です。
なるべく時間をあけず、水分が失われる時間を減らしてあげましょう。

手順2|化粧水を使う量は惜しまず適量を使う
肌にきちんとうるおいを与えるためにも化粧水は適量をつけるようにしましょう。
商品によって異なりますので確認しましょう。

化粧水は、手のひらで顔を軽く包むようにすると浸透しやすくなります。
時間がある時はローションパックやシートマスクをして肌にたっぷり水分を与えてあげましょう。

手順3|美容液で肌に必要な栄養を補う
美容液は、保湿成分や美容成分が配合されたものです。
「乾燥を防ぎたい」など、明確な目的がある場合は、その目的に合わせて美容液を選びましょう。

手順4|乳液やクリームでカバーする
肌に与えたうるおいを逃さないように乳液やクリームでカバーしてあげましょう。

乳液やクリームは油分を多く含んでいるので付けすぎてしまうと、毛穴に油分が詰まって黒ずみが目立ってしまう可能性があるので使う量には注意しましょう。

乳液やクリームを使うのに抵抗がある方は化粧水の後に美容オイルを1滴、顔に伸ばす
お手入れ方法をおすすめします。

使用するオイルは保湿性のあるホホバオイルなどがおすすめです。

③メラニン蓄積タイプのお手入れ方法

メラニン蓄積タイプは、毛穴にメラニンが沈着して黒ずんでみえる状態です。

一度メラニンが肌に蓄積してしまうと、自宅でのセルフケアで元に戻すことは難しいです。

そのためにもメラニンを蓄積させないように予防をすることが重要になっていきます。

メラニンを防ぐには「紫外線対策」がポイントです。

また、肌に負担がかかるとメラニン色素が増えてしまうことがあるので、お手入れの際には力を過剰に入れないで行うようにしましょう。

天気などに油断せずに、日頃からきちんと紫外線対策を行い、メラニンの生成と蓄積を防ぎましょう。

【紫外線対策のポイント】

①日焼け止めはこまめに塗り直す

日焼け止め SPF
日焼けしないためにも日焼け止めはきちんと塗るように心がけましょう。

ただ、家を出る前に1回塗ったからと言って、そのあとは安心というわけではありません。

こまめに塗り直すことが紫外線対策にとって重要です。
鼻は立体的なので、塗り忘れがないようにしっかりと塗りましょう。

塗るタイプの日焼け止めをこまめに塗りなおすのは難しい…という方には、手軽なスプレータイプのものやSPF・PAが記載されているフェイスパウダーなどのパウダータイプがおすすめです。

②日焼け止めはシーンごとに使い分ける

日焼け止め
日焼け止めは自分の目的にあったものを選ぶことをおすすめします。

各指数が高いほど紫外線ダメージは防げますが、その分肌に負担をかける場合があります。

SPFでいうと、日常使いならSPF20前後くらいが一般的です。

長時間屋外にいる場合は、SPF40やSPF50を選ぶのもいいでしょう。

PAは日常使いなら「++」でよいでしょう。ただ、海や山など、紫外線が強く、浴びる時間が長くなる場合は「+++」以上がおすすめです。

③目から入ってくる紫外線もしっかり予防

サングラス
紫外線対策と聞くと肌を気にする方がほとんどですが、一説によると目から入ってくる紫外線も肌に影響があると言われています。

そのため、目から入る紫外線を防ぐためにも、外出時はUVカットのサングラスやメガネをかけることをおすすめします。

3.鼻の黒ずみを予防する生活習慣3つのポイント

鼻の黒ずみを防ぐためには、正しいスキンケアにくわえて生活習慣を見直すことも重要です。
ここでは、鼻の黒ずみを予防するために取り入れたい3つの生活習慣のポイントをご紹介します。

①バランスの良い食事を心がける

毛穴_食事
鼻の黒ずみの原因となる皮脂は、食生活の乱れから過剰に出ることがあります。

脂っこいものやチョコレートなどの糖分が多い食べ物というのは皮脂の元にもなるので、

摂りすぎてしまうと鼻などの黒ずみの原因につながると言われています。

くわえて、辛い食べ物も代謝促すため皮脂を過剰に出すと言われているので、こちらもほどほどにしましょう。

すこやかな肌作りに良いと言われている「ビタミンC」、「ビタミンB2」、「ビタミンB6」、「ビタミンA」、「亜鉛」などを含んだ食品を、バランスよく摂ることをおすすめします。

【ビタミンCを多く含む食べ物】


いちご
いちご、ほうれん草、カリフラワー、柿、小松菜、ブロッコリーなど

【ビタミンB2を多く含む食べ物】


アーモンド
納豆、豆腐、アーモンド、たらこなど

【ビタミンB6を多く含む食べ物】


卵
卵、牛乳、バナナ、鮭など

【ビタミンAを多く含む食べ物】


にんじん
にんじん、卵、うなぎ など

【亜鉛を多く含む食べ物】


チーズ
納豆、チーズ、牡蠣 など

②質の良い睡眠をとる

睡眠
角栓を予防するためには質の良い睡眠をとって、肌を整えることが必要です。
新しい肌は睡眠中につくられるといわれているので、最低でも6時間は睡眠をとるようにしましょう。
肌リズムが崩れてしまうと、肌に残った古い角質と皮脂が混じって角栓になってしまいます。

【質の良い睡眠を摂るポイント】

・自分にあった高さの枕を選ぶ
・食事は就寝の2~3時間前、1時間前には入浴を終える
・スマートフォンなどのブルーライトがでる機器を就寝前に使わない
・室内の照明をできるだけ控えめにする
・コーヒーなどカフェインが含まれるものは就寝前は飲まない

③お酒&タバコは控える

禁酒喫煙
アルコールやタバコは、代謝を悪くしてしまう可能性があるので、鼻の黒ずみが気になる方はできるだけ控えましょう。

日々のスキンケア対策も大切ですが、生活習慣を変えるということも黒ずみを解消するうえではとても大切なことです。できることから始めてみましょう!

4.鼻の黒ずみのまとめ

今回は鼻の黒ずみができてしまう原因と、その黒ずみを目立たなくするための対策方法をお伝えしました。
日々、セルフケアを実践していくことで黒ずみの目立たない綺麗な小鼻を目指していきましょう!

この記事は2016年8月10日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る