メニューを開く
2017年4月12日 更新

痛い頭皮の日焼けに!頭皮のお手入れ方法&日焼け対策

頭皮 日焼け フケ 日焼け止め 赤い 抜け毛 かさぶた ケア 影響 海やレジャーで楽しいひと時を過ごしたのもつかの間…、頭皮を日焼けしてヒリヒリ痛い!とお悩みではありませんか?

顔や身体の日焼け対策はバッチリなのに、忘れてしまいがちなのが頭皮。

適切な対処をしないと、あらゆる髪・頭皮の悩みにつながってしまうかもしれません。

本日は、日焼けしてしまった頭皮のお手入れ方法、そして頭皮を日焼けから守るための日焼け対策をご紹介いたします。


◆肌らぶ セレクション◆

アネッサ パーフェクトUVスプレー アクアブースター
アネッサ パーフェクトUVスプレー アクアブースター 頭皮 日焼け

「アネッサといえば!」なゴールドカラーと太陽のロゴマークが印象的なUVスプレー
独自の「アクアブースター技術」を採用、さらさらのテクスチャーで心地よく使えます。オフするときは通常のシャンプーやボディソープ・洗顔料でOK!
スプレータイプなので、塗り直し用にもおすすめです。

アネッサ パーフェクトUVスプレー アクアブースター  頭皮 日焼け

1.日焼けした頭皮の正しいお手入れ方法

日焼けはやけどの一種とも言える状態だとされているので、顔などと同じで、頭皮も日焼けしてしまったときは「冷やす」⇒「保湿」のお手入れがとても大切だと言えるでしょう。

ステップ① 冷やす

頭皮 日焼け フケ 日焼け止め 赤い 抜け毛 かさぶた ケア 影響まずは頭皮を冷やしましょう。頭皮の負担にならないように気をつけながら、塗れタオル(保冷剤があれば巻く)を頭に乗せるなどして冷やすとよいでしょう。

ステップ② 保湿

ここから先は、頭皮の日焼け状態によって異なります。

■痛みが我慢できない・頭皮に違和感がある場合

痛みが我慢できないとき、または頭皮に違和感がある場合は、誤った自己処理、自己判断をしてしまってもよくありません。
病院で皮膚科などの専門医に相談するようにしましょう。

■痛みがほぼない場合

頭皮にあまり違和感を感じない場合は、自宅でお手入れを行って、頭皮を保護しましょう。

普段顔に使っているアイテムで良いので、頭皮にたっぷり化粧水をつけた後、乳液をつけます。乳液の代わりに専用のヘアオイルでも代用できるでしょう。

化粧水は、日焼けの度合いによってはしみてしまうこともあるので、一気に大量につけるのではなく、少しずつつけながら様子を見ましょう。

痛みを我慢してまでつける必要はありませんので、しみた場合は無理をしないようにしてください。使用する化粧水のタイプによってもしみる場合がありますので、少しずつつけてくださいね。

2.頭皮の日焼け後のシャンプーで意識する3つのこと

頭皮 日焼け フケ 日焼け止め 赤い 抜け毛 かさぶた ケア 影響頭皮の日焼け直後は髪を洗うのも一苦労でしょう。

できれば当日は水洗いだけにして、翌日以降は下記の3つに注意してください。

①自分の頭皮に合うシャンプーを使う

日焼けしている頭皮は、通常の状態とは異なります。できる限り頭皮に負担を与えないよう、自分の頭皮に合ったシャンプーを使うことが大切です。

また、いつも使っているシャンプーでも、ものによってはひりひりとすることがあるかもしれません。そうした場合は、使用するシャンプーを見直してみるのもよいでしょう。

たとえば、アミノ酸系の洗浄成分を使用しているシャンプーを使うというのも選択肢の一つです。
アミノ酸系のシャンプーには、洗浄成分として「ラウロイル●●」「●●グルタミン酸」「ココイル●●」などが含まれているとされています。成分表示などで確認する際の確認してみてください。

②先に泡立ててから髪につける

頭皮 日焼け フケ 日焼け止め 赤い 抜け毛 かさぶた ケア 影響 シャンプーは、先に手で泡立ててから髪につけましょう。
前で紹介したアミノ酸系シャンプーは泡立ちにくさを感じるという面もあると言われています。

そのため、普段のシャンプーのように泡立たないかもしれませんが、できるだけ泡立ててからつけましょう。

③洗い流す時はぬるま湯で

日焼けはやけどの一種といわれていますので、熱いお湯をかけるのは良くありません。

いつもより温度を下げて、熱すぎず、冷たすぎずのぬるま湯を意識しましょう。

3.頭皮の日焼け対策方法

同じような頭皮の日焼けを繰り返さないために、また、状態を早く元に戻すためにも、今から紹介することを意識して、普段から頭皮まで日焼け対策を行いましょう。

3-1.帽子、日傘で紫外線をブロック

頭皮 日焼け フケ 日焼け止め 赤い 抜け毛 かさぶた ケア 影響頭皮に紫外線そのものが当たらないようにすることは、手軽ながら確実な日焼け対策の1つと言えます。

外出する時はできるだけ日傘を使ったり、レジャーの時は帽子を被ったりしましょう。

3-2.頭皮にも日焼け止めを塗る

頭皮 日焼け フケ 日焼け止め 赤い 抜け毛 かさぶた ケア 影響日傘も帽子も使えない状況の場合は、頭皮にも日焼け止めを塗って対策してみてください。

最近では頭皮・髪用のものも販売されているので、そうしたものを使うか、顔用のものを使ってもよいでしょう。気になる方は、使用するアイテムの使用方法を確認して、使うようにしてください。

また、一度に塗りすぎると白くなる場合があるので、少しずつ重ねるようにしましょう。

3-3.こまめに塗り直す

頭皮 日焼け フケ 日焼け止め 赤い 抜け毛 かさぶた ケア 影響朝に日焼け止めを塗ったからといって安心してはいけません。

日焼け止めは汗や皮脂と一緒に落ちてしまうので、レジャーなどで1日中外にいる場合は、3時間に一度を目安に塗り直しをすることをおすすめします。

働いている方でお昼に外に出る場合や、塗り直しをしている時間がない場合などには、スプレータイプの日焼け止めも便利です。

シュッと吹きかけるだけなので、塗り直し用として活用するのもいいですね。

3-4.分け目を定期的に変える

毎日同じ分け目や結び方をしている方は、週に1~2回でも良いので分け目の違う髪型の日を作りましょう。

分け目を変えないと、頭皮の同じ部分ばかりに集中して紫外線が当たりやすくなってしまいます。

4.頭皮の日焼けが引き起こす髪のお悩み

頭皮 日焼け フケ 日焼け止め 赤い 抜け毛 かさぶた ケア 影響頭皮の日焼けは、痛いだけでなく、下記のような状態を引き起こす可能性もあります。(※あくまで可能性です)

4-1.髪の毛が傷む

紫外線を浴びたからといってすぐに髪の毛に大きな影響が出るわけではないと考えられますが、なんの対策もせずに強い紫外線を浴び続けると、髪の毛がパサついたり、色が抜けやすくなるなど、髪の毛が傷む原因になることもあるでしょう。

4-2.皮膚の病気

頭皮への日焼けを繰り返しすぎたり、あまりにも強い紫外線を浴びてしまうと、頭皮への負担が積み重なり、頭皮の皮膚になんらかの病気を引き起こすきっかけになることもあるかもしれません。紫外線対策が必要なのは頭皮に限ったことではありませんが、頭皮は身体の中で最も太陽に近い位置にあるといえるため、しっかりと注意する必要があるでしょう。

5.まとめ

頭皮 日焼け フケ 日焼け止め 赤い 抜け毛 かさぶた ケア 影響 頭皮の日焼け後には、冷やす⇒保湿のお手入れをすることが重要です!
そして、シャンプー時の頭皮への負担をできる限りおさえましょう。

日焼けがおさまったと感じた後でも、顔や身体と同様、日焼け対策をすることが大事です。
「頭皮も顔の一部」ということを意識して、日頃から気遣ってあげましょう。

この記事は2017年4月12日時点での情報です。
また、記事の内容には個人差がありますのでご了承ください。