メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社POLA

理想肌を作れるファンデーションの塗り方|道具・順番・コツ

理想肌を作れるファンデーションの塗り方|道具・順番・コツもっとキレイにファンデーションを塗りたいけどどうすれば・・・?正しい塗り方を知りたい!とお探しではありませんか?

しっかりカバーしたい方、薄く仕上げたい方、希望は人それぞれあるかと思いますが、理想とするのは透明感のある肌ですよね。お気に入りのファンデーションが見つかっても、ファンデーションは塗り方一つで仕上がりが全然異なります。

本日は、パウダーファンデーション・リキッド(クリーム)ファンデーションの塗り方からハイライト・シェーディングの入れ方まで、ベースメイクの作り方をご説明します。見直して、素肌美人を目指しましょう!

POLA最高峰ブランドB.Aのクリーミィファンデーションはこちら>>>


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

B.A ザ クリーミィファンデーション

B.A ザ クリーミィファンデーション隠したい肌悩みが増えてきた方におすすめのクリームファンデーション。とてもやわらかくのびが良いので、クリームファンデーション初心者の方でも塗りやすいのが特徴です。

のびは良いですが、厚みもあるため、気になる部分もしっかりカバー。ポーラ独自の保湿成分「モイストアップポリマー」配合で、日中も肌の潤いを保ちます。

B.A ザ クリーミィファンデーション


1. ファンデーションの塗り方のコツ | 下地7割

ファンデーションをきれいに仕上げる塗り方を覚える前に、まずは下地がきちんと塗れているかを確認する必要があります。今の下地の塗り方、本当に正しいと言えますか?

下地の塗り方が雑だと、この後いくら正しくファンデーションを塗ったところでキレイな仕上がりはできません。ここでおさらいしておきましょう!

1.化粧下地の役割

・肌を滑らかに整える
・化粧崩れを防ぐ
・ファンデーションの刺激から肌を守る

2.ベースメイクの順番

メイク_初心者01日焼け止めを塗る場合は、化粧下地は一般的に、日焼け止めの後に塗ります。5~9月は特に紫外線が強いので、化粧下地にUVカット機能が入っていたとしても、日焼け止めも併せて使用することをおすすめします。

3.化粧下地の塗り方 手順

①手の甲にのせる

手の甲にのせる化粧下地の適量は、一般的にパール1個分です。

②人差し指と中指、薬指を使ってなじませる

手の指になじませる

③両頬・おでこ・鼻・あごの5か所にのせる

ファンデーション 塗り方 手順

④3本の指で、顔の外側に向かってのばしていく

顔2人差し指・中指・薬指で、厚くならないように薄く均一になるようにのばします。ここで厚くなりすぎると化粧崩れの原因になるので、少ないかな?と思うくらいで丁度良いです。

⑤メイクのよれやすい目元や小鼻は、指でしっかりとたたきこむ

顔  ポンポン皮膚が薄い目元・脂の出やすい小鼻はさらに薄くを心がけ、指に残った下地を軽くたたくようにポンポンとなじませます。

⑥スポンジを使って顔全体にしっかりとなじませる

スポンジでなじませる

スポンジを使って、顔全体、または特に気になる部分をカバーするように、丁寧に叩き込みます。顔の凹凸をなくす&余分な脂を取り除いてくれます。スポンジは、100円ショップに売っている使い捨てのスポンジでも良いです。

4.おすすめ化粧下地3選

化粧下地は、肌質に適した物を使用することで、メイクの持ちをよくすることができます。

今回は、乾燥肌・オイリー肌・混合肌の3つの肌質に分けて、おすすめの化粧下地をご紹介します。

■乾燥肌におすすめの化粧下地

▽つやのある質感に仕上げる下地美容液
B.A ザ デイセラム

B.A ザ デイセラム2ブランド:ポーラ
ポーラ最高峰ブランドB.Aベースメーク。独自開発したカプセル状保湿成分「エッセンスインナノルートカプセル」が肌をうるおし、化粧のりをよくします。

>>B.Aザ デイセラムの詳細はこちら

■オイリー肌におすすめの化粧下地

▽余分な皮脂を吸着してくれる
シルキーカバーオイルブロック

シルキーカバーオイルブロックブランド:アプロス
下地としてだけではなく、これ一つだけでもナチュラルすっぴん風に仕上がることのできる便利なアイテムです。

>>「シルキーカバーオイルブロック」の詳細はこちら

■混合肌におすすめの化粧下地

▽Tゾーンの部分使いにおすすめ
スムースマットベース

スムースマットベース
ブランド:オルビス
特におでこや鼻のテカリにおすすめの部分用化粧下地です。肌にのせるとさらさらの感触のパウダーに変化するクリームで、ファンデーションの持ちを良くします。

>>「スムースマットベース」の詳細はこちら

2.ファンデーションの塗り方の手順

それでは実際にファンデーションの塗り方についてです。パウダータイプとリキッドタイプの2種類ご紹介しますので、お持ちのファンデーションに合った方をご参照ください。

2-1.パウダーファンデーションの塗り方

パウダーファンデーション おすすめ (2)ルースファンデーションやミネラルファンデーションなど粉状のファンデーションもこちらで確認しましょう。

1.使用する道具

■しっかりカバーしたい人
⇒パフ

パフ付属のパフが好みでない方は別売りのものを買いましょう。
※パウダー用、リキッド用(または共用)があります。違うタイプを買うとのびが悪くなるので購入前に確認しましょう。

■ナチュラルに透明感を出したい人・不器用な人
⇒ブラシ ファンデーションブラシ

2.パウダーファンデーションの塗り方 手順

①コンシーラーを使う場合は先に塗る

コンシーラークマ、くすみ、ニキビ跡などが気になる方は、先にコンシーラーを使って隠しておきましょう。
コンシーラーの選び方はこちらの記事、使い方はこちらの記事をご確認ください。

②パフまたはブラシにファンデーションをとる

頬・おでこ・鼻・顎の4回に分けて付け足すので、一度につけすぎないようにしましょう。

■パフの場合
パウダーファンデーション パフ3分の1目安量は、パフ全体の1/3です。
■ブラシの場合
ブラシ なじませるファンデーションをブラシにとったら、手の甲でくるくる回しましょう。ブラシに均一になじませ、つけ過ぎた不要分を落とします。

③頬⇒おでこ⇒鼻筋⇒あご(口回り)の順番で、顔の中心から外側に向かってなじませる

ファンデーション 塗り方 手順それぞれのパーツごとにファンデーションを付け足します。最初につけた部分に一番量がつくので、顔中心から塗ることで、顔に立体感を出すことができます。

小鼻など細かい所は、パフを使用する場合は抑えるように、ブラシの場合はくるくると円を描くようにしましょう。

④目の周りはパフ(ブラシ)に残ったファンデーションでやさしくつける

ファンデーション 目元目元はメイクが崩れやすいため、ファンデーションは付け足しません。パフ(または指)に残ったファンデーションを軽くおさえるようになじませます。

⑤最後にフェイスラインをぼかす

ファンデーション 塗り方 首なじませファンデーションのついていない面のパフ(または残った粉を落としたブラシ)で、フェイスラインから首筋に向かってぼかします。顔の色だけが変わり、浮いて見えることを防ぎます。

完成です!

3.塗り方のコツ まとめ

    • パーツごとにファンデーションを付け足す
    • 顔の中心から外側に向かって塗る
    • 隠したいからといって厚塗りしない。
    • パフ・ブラシは最低でも週1で洗う

2-2.リキッドファンデーションの塗り方の手順

リキッドファンデーション同じく液状のクリームファンデーションもこちらの塗り方です。

1.使用する道具

好みで使い分けましょう。いずれにせよスポンジは必須です。

■しっかりカバーしたい人
⇒手+スポンジ
ファンデーション スポンジ■ムラができやすい人
⇒パフ+スポンジ
パフ・スポンジ※パフにはパウダー用、リキッド用(または共用)があります。違うタイプを買うとのびが悪くなるので購入前に確認しましょう。

■ナチュラルに仕上げたい人
⇒ブラシ+スポンジ

ブラシ・スポンジ

2.リキッドファンデーションの塗り方 手順

①手の甲にリキッドファンデーションをのせる

リキッドファンデーション 手の甲にのせる

② 甲の上でファンデーションをなじませる

あらかじめ広げておくと、塗る際に便利になります。また固まっていたリキッドが伸ばしやすくなります。

●手の場合
手の指になじませる人差し指・中指・薬指を使って広げます。

●パフの場合
甲の上でファンデーションをなじませる先に指先で広げた後でパフになじませると、つけすぎを防ぐことができます。

●ブラシの場合
リキッドファンデーション ブラシでなじませる甲の上でブラシを回してなじませます。

③ 頬⇒おでこ⇒鼻筋⇒あご(口回り)の順番で、顔の中心から外側に向かってなじませる

ファンデーション 塗り方 手順それぞれのパーツごとにファンデーションを付け足します。一気に大量につけないように気を付けましょう。
●手の場合
ファンデーション 3本指頬などのように面積の広い部分は、人差し指・中指・薬指を使用して塗り広げるようにします。小鼻脇や口元など、細かい部分は1本の指だけで、丁寧におさえるように塗りましょう。

●パフの場合

パフの広い面を使って一気に広げます。少しずつ広げると厚塗りになります。

●ブラシの場合

広い面を使って一気に広げて、筆の跡が残らないようになじませます。どうしても跡が残る場合はスポンジでならします。

④目の周りはスポンジを使ってなじませる

ファンデーション 目元崩れやすい目元は厚塗りを防ぐために、ファンデーションを少量だけなじませたスポンジで軽くおさえるようにつけていきます。

⑤フェイスラインをぼかす

 

ファンデーション 塗り方 首なじませスポンジでフェイスラインから首にかけてをぼかします。

⑥必要な場合はコンシーラーで隠す

コンシーラークマ、くすみ、ニキビ跡などが気になる方は、リキッドファンデーションを塗ったあとで、コンシーラーを使用しましょう。

⑦フェイスパウダー(フィニッシングパウダー)を手の甲でなじませる

フェイスパウダーを手の甲でなじませるより自然に仕上げるためには、フェイスパウダーの使用がおすすめです。つけすぎを防ぐために、まずは手の甲でなじませます。

⑧フェイスパウダーを中心から外側に向かってつける

ファンデーションと同じように、顔の中心から始めて、外側に向かって塗り広げます。
小鼻や目元のように細かい部分は、パフの角を使用して、塗り残しのないようにします。

⑨最後にフェイスラインをぼかす

フェイスラインをぼかすファンデーション同様、パウダーも顔と首の境界線をぼかすようになじませます。

3.塗り方のコツ まとめ

      • パーツごとにファンデーションを付け足す
      • ファンデーションはなじませてからつける
      • 顔の中心から外側に向かって塗る
      • 隠したいからといって厚塗りしない
      • 最後にフェイスパウダーを重ねる

3.プロ仕上げ | ハイライト&シェーディング(ローライト)で理想の顔の形に

2で終了しても十分透明感ある素肌の完成ですが、より立体感のある理想の顔の形に近づけたいのであれば、ハイライトとシェーディング(ローライト)を入れましょう。

3-1.ハイライト

ハイライトは顔の出ている部分(おでこ・鼻)に入れてより立体感を出す効果があります。

1.入れる場所

ハイライト 入れ方① Tゾーン(おでこから鼻にかけて)…おでこの1番出っ張った部分+鼻の1番高い部分
② 目の下…1/4円を描くように
③ (面長の人は無し)あご…真ん中に

※①と②は顔の形に関係なく全員同じですが、面長の方は③は入れないようにしましょう。

2.ポイント

      • 大きめのブラシを使う。
      • 2往復程度入れる
      • 暗い場所でやると入れすぎてしまうので注意。

3.選び方

      • 初心者はパールが入っていない方が自然に仕上げられます。
      • 色白の方はピンク系、標準~色黒の方はベージュ系を選ぶと変に浮くことがなくなります。

4.おすすめハイライト

ミュゼル ノクターナル フェイスカラー
ミュゼル ノクターナル フェイスカラーブランド:POLA
チークカラーとハイライトの機能を備えた便利なパレットです。
仕上がりイメージによって3種類から選ぶことができます。
・ふんわりナチュラルな仕上がり
・若々しいキュートな仕上がり
・エレガントな雰囲気の仕上がり

>>「ミュゼル ノクターナル フェイスカラー」詳細はこちら

3-2.シェーディングの入れ方

シェーディングは入れることで影を作り、顔自体を小さく見せます。ハイライトとの相乗効果でより小顔に近づきます。

1.入れる場所

顔の形によって入れ方が異なります。目指すは卵型なので、卵型になるように、余分なところに影を入れていきます。

■全体的に小顔にしたい

シェーディング 小顔全体的に小顔になりたいという方は、顔の周りに全体的に入れましょう。その中でも、特に気になる場所があれば深めに入れます。

■面長の人

シェーディング 面長上と下に影を入れることで長さをカバーさせましょう。額の際と顎に入れ、サイドには入れません。

■えらが張っている人

シェーディング えら

張っているエラ部分を隠すように、サイドに入れましょう。

2.ポイント

      • 大きめのブラシを使う。
      • 2往復を目安に軽めに入れる。
      • 暗い場所でやると入れすぎてしまうので注意。

3.選び方

      • シェーディングカラー、ローライトカラー、フェイスカラーなど呼び方は様々です。
      • 慣れないうちは、パールの入っていないタイプを選びましょう。
      • 濃いめのベージュのものは肌に馴染ませやすいです。
      • 使っていないアイブロウやアイシャドウでも代用可ですが、発色がいいのでつけすぎに注意。

4.まとめ

いくらキレイに塗れても、明らかにメイクが濃いな、と感じるようでは美しくありませんよね。そうならないために、

      • 下地は丁寧に
      • 自分の肌に合ったファンデーションを選ぶ
      • 使いやすい道具を使う
      • 厚塗りにならないように
      • ハイライトとシェーディングで理想の顔に

以上の点に気をつけて、素肌美人肌を作ってください!

この記事は2016年8月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご理解ください。

POLA最高峰ブランドB.Aのクリーミィファンデーションはこちら>>>

ファンデーション 関連記事

◆[PR]魅せ肌を作る 本当に自分に合ったファンデーションの選び方

【肌らぶセレクト】パウダーファンデーションおすすめ3選★

肌に密着して美しく仕上げる!リキッドファンデーションおすすめ3選

肌質で選ぶ!美肌に魅せる化粧下地の選び方

【やってみました!】洗浄料別 きれい&簡単なパフの洗い方



Pocket
LINEで送る