メニューを開く
アスタリフト;

就活の眉毛メイクってどうすればいい?色、太さ、書き方

就活 メイク 眉毛
就活の眉毛メイクってどうすればいいのかな?どう書けば好印象かな?そんなギモンをお持ちではありませんか?

眉毛は顔の印象を大きく変えますから、就活向けの眉毛メイクをしっかりマスターしたいですよね。

今回は、就活における適切な眉毛の色、太さ、そして書き方を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1 就活の眉毛メイクの基本ポイント

まずは、就活の眉毛メイクにおける大切な4つのポイントについてお伝えします。

1-1 就活の眉毛の色はブラウンが基本!

就活における眉毛の色は、ブラウン、ダークブラウンが基本です。就活では黒髪が大前提になるので、アイブロウを黒にすると、重い印象を与えかねないからです。

髪と瞳の間の色であるブラウン、ダークブラウンは、眉毛だけ浮くことなく顔全体に明るい印象を与えられるので就活に向いているのです。

1-2 就活の眉毛は「太め」を意識する!

就活メイクでは眉毛は普段の眉毛より少し太めを意識しましょう。太めの眉毛は、就活生に求められるナチュラル感や上品な印象を与えられるからです。

もちろん、眉毛の普段の太さは人それぞれですし、顔の形などによってもバランス良く見える太さは異なります。
太眉のベースは8mmと言われていますので、まずは6~8mmくらいの太さを意識して眉毛を整えると良いと思います。
その後に顔全体のメイクとのバランスをみて最終的な眉毛の太さを決めていくと、失敗が少なくなるはずです。

1-3 就活ではナチュラル感+自分に似合うメイクが大事!

就活メイクで大事なのは、フレッシュさ、清潔感、知的、健康的といった印象を与えるナチュラルなメイクです。

しかし、ただナチュラルなメイクをしているだけの就活生と、ナチュラルで自分に似合っているメイクをしている就活生では、第一印象が大きく異なります。

採用担当者からすれば、就活メイク、ナチュラルメイクという限られたカテゴリーの中で、「どうすれば自分の持ち味を活かしながら良い印象を与えられるのか」をしっかり研究してきた就活生は、すぐに分かるし好感を持てるそうです。

企業は、就活に前向きでエントリーシートや自己PR、自己分析に余念がない意欲が高い学生を好みます。

自分を良く見せるメイクを見つけ出すのも一種の自己分析ですよね。
ですから、眉毛の色や太さ、その他のパーツのメイク、そして全体のバランスなどをしっかり確認することが重要なのです。

1-4 就活メイクが完成したら客観的に判断してもらおう

就活メイクができたら、本当に適切な就活メイクになっているか客観的に判断してもらうことが重要です。

チェックしてもらう相手は同世代の友達ではなく、社会人の先輩や、学校の就職課の職員など複数の人にお願いしましょう。
社会人目線、企業目線で判断してくれるはずです。

世代の違う人からのアドバイスの中には、そこまでしなくても…と納得できない指摘もあるかもしれません。しかし、複数の人から指摘されたのであれば、内定のため潔く受け入れましょう。

会社説明会で司会などを行う採用担当者は、あまり就活生と年齢が変わらないかもしれません。
しかし、選考が進めば年齢が高い管理職や経営者と面接する可能性が高くなります。そして、管理職や経営者こそ、内定の最終決定権を持っています。

どの年代からもナチュラルでフレッシュさを感じてもらえるメイクを完成させるため、客観的な意見をしっかり聞き入れましょう。

2 ペンシル1本で書けるバランスの良い眉毛メイクの手順

眉毛の書き方はいろいろありますが、就活生にはペンシルをおすすめします。

ペンシルで書くと就活生らしいキリッとした印象を与えやすいからです。
また、ペンシルは書きやすく、落ちにくいというメリットもあります。

今回は、誰でも実践しやすいブラウンのペンシル1本で眉毛メイクが完成する書き方を見ていきましょう。

■まずは眉毛の名称をチェック!
就活 眉毛

①眉山を決める
就活 眉毛2

まずは眉山(眉の一番高いところ)を決めます。
眉山は鏡を正面から見て、目尻から真上に線を伸ばしたところに設定します。

目尻の真上に眉山を設定すると、落ち着いた印象に見えます。フレッシュさを強く出したい場合は、もう少し内側に眉山を作ってみましょう。

②眉山から眉尻に1本線を引く
就活 眉毛3

まぶたの目尻に向かうラインの角度と並行になるように、眉山から眉尻に1本線を引きます。

線の終わりは、小鼻と目尻を直線で結んだ延長線上を目安にします。
やわらかい印象にしたい場合は、口角と目尻の延長線上で終わりにして、少し短めの眉毛にします。

③眉山の下から少しずつ書いていく
就活 眉毛4

眉山から眉尻に1本線を引いたら、眉山の下から少しずつ眉を太くしていきます。
太さが決まったら、眉尻に繋いでいきます。

ペンシルで書くときは、撫でるように左右に動かしていきましょう。

④眉山と眉頭の間を書いていく
就活 眉毛5

眉山から眉尻を書き終わったら、次は眉山と眉頭の間の部分を書いていきます。

③で決めた眉の太さに合わせて、書いていきましょう。そのときもペンシルは撫でるように左右に動かして濃さを調整していきます。

⑤眉頭を薄く書いていく
就活 眉毛6

眉頭は眉毛の中で最も薄く仕上げるため、触るか触らないかといった弱さで書き上げましょう。

眉頭は目頭の真上くらいを目安にします。必要以上に眉毛を内側に書いてしまうとバランスが悪くなってしまいます。

以上がブラウンのペンシル1本でできる眉毛の書き方です。3ヶ所に分けて優しくなでるように書いていきましょう!

■おすすめのアイブロウペンシル
ポーラ ミュゼル ノクターナル アイブロー ペンシル ブラウン
ミュゼル ノクターナル アイブロー ペンシル
自然な眉が書ける繰り出しタイプのアイブロウです。普段あまりメイクをしない方でも書きやすく、また、削る手間もかからないのでおすすめです。
軽やかな使い心地で、ふんわりとした眉を書くことができます。

3 眉毛処理のポイント

就活の眉毛メイクはナチュラルが基本ですので、今ある眉毛をそのまま活かして形作ります。

しかし、明らかに不要な部分があった場合はカットしてしまいましょう。

失敗しにくい、不要な眉毛をカットするポイントを紹介します。

①メイクをしているときに眉毛カットをおこなう

就活メイクを前提にした眉毛のカットをするのであれば、就活メイクをしているときに眉毛を整えるのがおすすめです。
書きたいラインがわかった状態で整えることができるからです。

②書いた眉毛からはみ出ている毛をハサミでカットする

書いた眉毛からはみ出ている毛をハサミでカットしていきます。
就活メイクの眉毛は太めに書いているので、そこからはみ出ているのであれば他の眉毛メイクをするときも不要なので安心してカットできますね。

③長い眉毛をコームの上からカットする

長い眉毛はコーム(眉毛用のクシ)で上から下にとかし、ペンシルで書いた部分からはみ出た部分だけ、コームの上からカットします。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。
理想の眉毛をつくる!基本「眉毛」の整え方

4 まとめ

就活の眉毛メイクのポイント、書き方、そして失敗しにくいカットの方法をみていきましたが、いかがでしたか?

就活の眉毛メイクは、ブラウン系のアイブロウを使い太めに書きましょう。
そして実際に社会人として活躍している人達から客観的なアドバイスをもらい、好感度もチェックをしてもらうことがポイントです。

今回はペンシル1本で書ける眉毛メイクを紹介しましたが、他にもさまざまな書き方があります。
どの方法でも、上記のポイントを満たしていれば、就活生としてふさわしい眉毛になっていますから、自信をもって選考に臨んでくださいね。

この記事は2016年4月8日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る