メニューを開く

削る?磨く?はがす?かかとの角質除去方法 長所と短所

Pocket
LINEで送る

かかと 角質 除去

自宅でできる、かかとの不要な角質を除去するお手入れ方法、いろいろあってお悩みではないですか?
今回は、一般的に知られている3つの方法「削る」「磨く」「はがす」、それぞれのお手入れ方法の長所・短所をご紹介します。

また、どのお手入れ方法も、間違った行い方をしていては肌の負担になることもあります。お手入れ時の注意点アイテム選びのポイントも合わせてご紹介しますので、ぜひ確認してみてくださいね。

また、最後にカチカチのかかとを繰り返さないためのポイントもご紹介いたします。やわらかい足裏を目指して、日ごろからかかとにかかる負担を減らしてあげましょう。

◆肌らぶ セレクション◆

POLA 【ボディエスト ホットポリッシュ】

気になるひじ、ひざ、かかと等のザラつきのお手入れにおすすめの温感マッサージジェル。
香りは、グレープフルーツ・ミントティーです。お手入れの目安は、3日に一度とされています。

>>>POLA 【ボディエスト ホットポリッシュ】公式ページはこちら


1. かかとの角質取る方法 ①削る

お手入れで、「かかとの角質を取る方法は?」と聞かれて、はじめに考えるのは古い角質を「削る」という方法ではありませんか?
だいぶ昔から存在する角質除去の方法と言っても良いでしょう。
早くお手入れの結果を「知りたい!」「感じたい!」という方に、向いている方法です。

長所:
お手入れしたその場で結果が実感しやすい。
かかとの角質お手入れ用のやすりがドラッグストアなどで比較的簡単に手に入る。
道具が繰り返し使える。

短所:
削りすぎてしまったり、周りの皮膚を傷つけてしまうリスクがある。

1-1 アイテム選びのポイント

・ フットケア専用のやすりがおすすめ。
・ 「目の粗い面」と「細かい面」両方ついているようなものだと、丁寧なお手入れができておすすめ。

参考商品:
ツインヘッド かかとファイル
かかとファイル販売:ドクターショール

フットケアアイテムを豊富に取り揃えているドクターショールから出ているかかと用のやすりです。粗い・細かいの2種類のヘッドを使い分けできるアイテムです。

1-2 お手入れ時の注意点

・ 清潔な状態で行う。
・ 他の部位の肌を傷つけない。
・ 一度に削りすぎてしまわない。
古い角質がだいぶ厚いというときは、少量ずつ数日に分けて削りましょう。
いっぺんに削ってしまうと、肌に必要な角質を傷つける確率が増えてしまいます。

剃りすぎると肌にとって刺激になり、刺激を受けとった肌は体を守ろうとします。そのため、「角質に厚みがでる」ということを繰り返しがちになることが考えられます。
削るという除去方法を行う際には慎重に実行しましょう。

1-3 お手入れの手順

(1) やすりを使用する前には、入浴や足湯、蒸しタオルなどで、肌がふやけないくらいに、古い角質を柔らかくしましょう。
※とはいえ、お風呂場で肌が濡れた状態のまま、やすりを使用することはおすすめしません。ふやけた皮膚をお手入れしてしまうと、角質を取りすぎてしまうことがあるからです。

(2) 足の水気を拭いて、やすりは清潔なものを用意します。

(3) 他の部分の肌を傷つけたり、角質を削りすぎることがないように、注意しながらやすりをかけましょう。
※角質を厚するという悪循環を引き起こさないために、削りすぎなどで肌へ刺激を与えないように、慎重に行いましょう。

ポイント:
往復させながらやすりをかけないずに、同じ方向に向かって移動させましょう。
乾燥が目立つ部分は、細かい目のやすりを使用することがポイントです。

(4) やすりの使用後は、しっかり保湿します。
※古くなった角質を削って取った後は、柔らかい皮膚が外側にあり、その状態の肌はすごくデリケートです。お手入れの最後は、保湿し忘れることがないように注意しましょう。

(5) 靴下を履きます
せっかく保湿しても、裸足で歩き回ってかかとを乾燥や摩擦にさらさないようにしましょう。

最後に気を抜いてしまうと、乾燥により、再度角質を厚くするきっかけをつくってしまうかもしれません。
お手入れの最後は、かならず「保湿をし肌を守る」ということを忘れることがないようにしましょう。

2. かかとの角質除去方法 ②磨く

磨くというのは、スクラブ入りクリームなどで肌をマッサージして、肌の表面の古くなった角質を研磨する方法のことです。

スペシャルケアとしてよりは、定番のかかとやひじ、ひざのお手入れ方法をお探しの方にむいています。
角質がそこまで厚くなる前に、日常的にお手入れを続けることで、肌をなめらかにしていきましょう。

長所:
ふだんのお手入れに取り入れやすい。
アイテムの種類が豊富で、クリームやジェルなど好みのテクスチャーを選べる。

短所:
削るやはがす方法に比べて、お手入れの後の変化はおだやか

2-1 アイテム選びのポイント

・ 粒子が小さめの顔用のものではなく、かかとやひじ・膝用のボディスクラブがおすすめ。粒子の大きさによって肌への刺激も変わるため。
・ 濡れたままで使えるものと、乾いた状態で使うものがあるので使用方法を確認する。
・ 保湿成分など、肌を整えてくれる成分が入っているものがおすすめ。

参考商品:

POLA 【ボディエスト ホットポリッシュ】

販売:POLA

気になるひじ、ひざ、かかと等のザラつきのお手入れにおすすめの温感マッサージジェル。肌をなめらかにしてくれます。

30秒ほどを目安に、カプセルがつぶれるまで円を描くようにマッサージして洗い流します。
グレープフルーツ・ミントティーの爽やかな香り。

>>>POLA 【ボディエスト ホットポリッシュ】公式ページはこちら

Oh! Baby ボディ スムーザー N
Oh! Baby ボディ スムーザー N
販売:ハウスオブローゼ

体温37度前後でテクスチャーがやわらくなり、大きさの違うスクラブの粒で心地よくマッサージできます。
シルクパウダー(保湿成分)配合で、肌をなめらかにします。

>>>【Oh! Baby ボディ スムーザー N】公式ページはこちら

ボディエクスフォリエイティングジェルN
ボディエクスフォリエイティングジェルN
販売:ジュリーク

テクスチャーがゆるく、さっと塗れるタイプ。クルミの粒がスクラブの役目をします。オーガニックにこだわりのある方におすすめ。

>>>【ボディエクスフォリエイティングジェルN】公式ページはこちら

2‐2 お手入れ時の注意点

・ 強い力でゴシゴシとこすらない。
スクラブ入りクリームでこするということは、クリームの中にふくまれる細かい粒子を肌の上で滑らせることによって、肌を研磨する、ということです。
必要以上の刺激を肌に与えないようにしましょう。

・ 指先か手のひらで円を描くようにマッサージする。力の入れすぎに注意する。

・ お手入れをした後はしっかり保湿する。

3. かかとの角質除去方法 ③はがす

はがすというのは、正確に言うと、はがれやすくする方法のことです。

専用の液に足を浸すことによって、古い角質層をはがれやすくしてくれるというアイテムがあるのです。
日焼けして皮がむけるのに似た感じで、古い角質をお手入れすることができます。

古くなった角質を削る作業が面倒で、結果が出るまでに時間がかかってもよい、定番と違う方法を試したいという方に向いています。

長所:
薬液に足を浸すだけでよいので簡単。

短所:
むけ切るまでに日数を要する。(2~3週間など個人差あり)
むけている最中は見た目がよくない。
液が肌に合わないことがある。

3-1 アイテム選びのポイント

・ ジェルの入ったくつした型の袋を履くようにして、足を浸すだけのタイプが簡単です。
・ 浸す時間は商品によって、30~120分間と幅があるので、よく確認しましょう。

参考商品:

ベビーフット

ベビーフット画像

株式会社リベルタ

3-2 お手入れ時の注意点

・ 液が肌に合わないことがあるので、使用前に、必ずパッチテストをする。
パッチテスト用のジェルがセットでついている商品があります。そういった商品を選び、説明書にしたがってチェックしましょう。

・ むけている期間は、乾燥した状態になりますが、なるべく保湿クリームなどは塗らない。
どうしてもの場合は、アルコールや油分を含まない低刺激のローションなどを使用する。

・ むけている期間はあまり見た目が良くないので、素足になる季節や、旅先や温泉など人前で裸足になる予定があるタイミングはエチケットとして避ける。

・ むけきった後は、しっかり保湿する。

4. お手入れしても続くなら水虫を疑う

きちんとお手入れをして、日ごろからいろいろ気をつけていても状態がよくならない/繰り返す場合、水虫の可能性があります。

かかとの水虫はかゆみがないことが多いので、かゆみがないから大丈夫と決めつけず、一度皮膚科を受診してみてくださいね。

5. 繰り返さないために、意識したい3つのポイント

古くなった角質除去をして、柔らかいかかとを手に入れた後は、角質カチカチのかかとを繰り返さないため、3つのポイントを意識することをおすすめします。
日常から、かかとをいたわってあげるとよいでしょう。

ポイント1 外部刺激から守る

サイズや形が合っていない靴やハイヒールを履かないようにし、足の裏にむやみに圧迫感や摩擦与えないようにしましょう。
かかとは、体の重さを支え、さらに靴によって摩擦や圧迫を受けやすい部位です。そのように外部からの刺激を与えられると、皮膚は体を守ろうと角質を厚くしてしまうと言われています。

裸足でたくさん歩いたり、素足で靴を履くと、摩擦を強く受けてしまいがちになるので、角質の厚さを気にしている方には薦められません。

ポイント2 乾燥を防ぐ

日常的に保湿のお手入をし、靴を履く際はかならず靴下はいて、肌を乾燥から守りましょう。

かかとには皮脂腺がありません。もとより乾燥しやすい部分とされています。
乾燥した肌は調子が悪くなり、皮膚の生まれ変わりのリズムも乱れてしまいます。すると、通常なら垢になり剥がれ落ちていくはずの古くなった角質が溜まっていき、分厚くなると言われています。
乾燥を防ぎましょう。

参考商品:
MAMA BUTTER(ママバター) フェイス&ボディクリーム

MAMA BUTTER(ママバター) フェイス&ボディクリーム
販売:株式会社ビーバイイー シンシアガーデン

シアバター(保湿成分)のみを原材料としたボディクリーム。増粘剤・乳化剤・安定剤不使用。
気温によってテクスチャーが変化しますので、クリームが硬いときは手のひらで温めてから塗布すると伸ばしやすくなります。

ポイント3 血行をよくする

靴下をはくなど冷えを防ぎ、血行をよく保てるようにしましょう。足裏のマッサージを行っても良いですね。

皮膚の生まれ変わりのリズムを正しく保つてるように、体のめぐりをよくすることが大切です。

6. 最後に

デリケートな肌を、本当なら取り除かなければいけないほど、角質が厚くなるまでそのままにしはいけません。
日常的に、足裏の状態を確認し、乾燥や角質の変化に気づけるようにしましょう。そして、そのつどお手入れを行うことが大切です。

この記事は2016年5月26日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る