メニューを開く
アスタリフト;

くせ毛の原因は遺伝と生活習慣にあった?!くせ毛の対策について

くせ毛 原因

くせ毛の原因ってなんなの?くせ毛ってなおすことできるの?と知りたいと思いませんか?

くせ毛は、「先天的くせ毛」と「後天的くせ毛」に分かれます。

先天的くせ毛の原因は「遺伝」、後天的くせ毛は「ホルモンバランスの影響」「栄養不足」「毛穴詰まり」などが主な原因と言われています。

それぞれ原因が異なっており、先天的・後天的どちらも完璧に直毛にすることは難しいかもしれませんが、うねりやちぢれを自分のお手入れによって、抑えることは可能です。

今回はくせ毛についてのお話をします。



astalift
astalift

1.後天的くせ毛の原因3つ

くせ毛 直し方

生活していく中で、くせ毛になってしまう主な原因は、
・ホルモンバランスの乱れ
・頭皮の栄養不足
・頭皮毛穴の詰まり

の3つと言われています。

1-1.ホルモンバランスの影響

ホルモンバランスの影響で、くせ毛になることがあります。
これは女性ホルモンの影響を受けています。

髪質が変化しやすい時期は「思春期(成長期)」「出産後」「40代以降」と言われています。

また、他にもストレスや生活習慣などによってホルモンバランスが乱れ、くせ毛の原因になることがあります。

1-2.栄養不足

髪の毛の成長には、栄養と栄養を運ぶ血行が良いことが条件となります。
「過度なダイエット」や「偏った食生活」などにより、全身に栄養が行き届きにくくなります。

髪や爪などの身体の末端部分は、栄養の供給がはじめに滞ってしまいがちであると言われています。
したがって、頭皮の血のめぐりが悪くなり、栄養が届きにくくなります。

すると、栄養が不均一に頭皮へ届けられるため、太さが不均等で弱々しい印象の髪の毛になってしまい、くせ毛の原因になることがあります。

1-3.毛穴詰まり

頭皮の毛穴に汚れが詰まり、くせ毛の原因になることがあります。

頭皮の毛穴が詰まることで、まっすぐ生えるはずの髪の毛が圧迫され、くせが付いてしまうのです。

毛穴に詰まりやすいものとして、シャンプーのすすぎ残しや、皮脂、外のチリや埃などの汚れがあげられます。

また頭皮の皮脂が過剰に分泌されてしまう原因は大きく2つあります。

1つめは、頭をしっかり洗いすぎることにより、頭皮が乾燥してしまい、乾燥を防ぐために皮脂が過剰に分泌されてしまうことです。

2つめは、油っぽい食事ばかり偏って摂っていることで、皮脂の分泌量が多くなります。

2.先天的くせ毛の原因は遺伝

くせ毛 原因

先天的くせ毛の方は、遺伝としてくせ毛を引き継いでいると言われています。

くせ毛を引き起こすのは、

・毛根の形
・髪の毛内部のタンパク質のバランス

などが遺伝しているからと言われています。

両親ともにくせ毛の場合は、高い確率でくせ毛が遺伝しやすいと言われています。

両親がくせ毛の場合は、後天的ではなく先天的くせ毛と言えるでしょう。

親の片方がくせ毛の場合でも、子どもにくせ毛が遺伝することがあると言われています。

3.くせ毛をまっすぐにしたい方へ|3つの秘策

ヘアケア

くせ毛を完璧に直毛にすることは難しいですが、少しでもうねりや縮れを自分で抑える方法は以下の3つです。

・ホルモンバランスを整える
・栄養バランスを整える
・毛穴詰まりを防ぐ

では、ひとつずつ詳しく見ていきたいと思います。

3-1.ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスを整えるために、「良質な睡眠を取る」、「冷えの予防」この2つを心がけましょう。

良質な睡眠を取る

量質な睡眠は、ホルモンバランスを整えるために必要です。

年齢や体質の変化によって、ホルモンバランスが乱れることはありますが、まずはストレスをためないことが大切です。
精神的なストレスのためにおすすめなのは、良質な睡眠をとることです。

起きたときに気分がすっきりしているような質の良い睡眠を取るように心がけましょう。

いつも寝ても身体も心もすっきりされないという方は、こちらの記事を参考にご覧ください。

冷えの対策

特に女性は、冷えに気を付けましょう。
下半身の冷えは、ホルモンバランスが崩れる原因のひとつです。

簡単にできる、冷え対策の例は以下の通りです。

・ウォーキングを大股でしっかり手をふりながら15分歩く
・つま先立ちをして5秒間キープを5回繰り返す
・足首をゆっくり回す
・足をマッサージする

他にも、下半身の冷え対策となる記事のこちらを参考にご覧ください。

3-2.栄養バランスを整える

食事の栄養バランスを整えることで、ちぢれやうねりの出にくい健康的な髪の毛を目指せます。

髪の主成分はタンパク質でつくられており、その中でも大豆製品はおすすめです。

また、タンパク質と一緒に亜鉛をとるよう心がけましょう。「牡蠣」や「ナッツ類」などをとると良いでしょう。

髪の毛によい食事についてはもっと詳しく知りたい方は、こちらを参考にご覧ください。

3-3.毛穴詰まりを防ぐ

頭皮の皮脂が出やすい方は、頭皮のクレンジングをおすすめします。

使用するクレンジング料は、頭皮用のものがおすすめです。

オイル系であれば頭皮の皮脂と混ざりやすいので、べたつきを抑えながらクレンジングを行うことができます。
頭皮のクレンジングと同時にマッサージをすると、さらにスッキリとし、余分な皮脂や汚れを落とすことができます。

頭皮のマッサージの仕方は、こちらの記事を参考にご覧ください。

またシャンプーのしすぎや、熱いシャワーのかけすぎは頭皮が乾燥しやすくなり、ますます皮脂を分泌する原因になりますので、注意してください。

頭を洗うのは毎晩1回、頭皮にかけるシャワーの温度は38度前後がおすすめです。

くせ毛を抑えるためのおすすめトリートメントや、使い方についてはこちらをご覧下さい!

4.くせ毛の種類

くせ毛には、大きくわけて4種類のタイプ「波状毛」「捻転毛」「連球毛」「縮毛」があると言われています。

一人の髪の毛でも4種類のくせ毛がミックスしていたり、1種類しかなかったりと個人差が出る傾向にあります。

4-1.波状毛(はじょうもう)

毛1

波のようにうねっている、ウェーブ状のくせ毛です。
パーマがかかっているように見えて、ウェーブの大きさは人によって大小様々です。
日本人をはじめアジア系にもっとも多いタイプのくせ毛と言われています。

4-2.捻転毛(ねんてんもう)

毛2

毛がグルグルと、裏表に交互にねじれているようなくせ毛です。
波状毛のように波うっていないので、くせ毛と気づきにくい傾向があります。
ロングヘアにするとその重みで、真っ直ぐの髪に近づきます。

4-3.連球毛(れんきゅうもう)

毛3

毛に太い所や細い所などバラつきがあるくせ毛です。
ジュズのように見えることが名前の由来で、触るとごわごわした質感をしています。
とても切れやすく、後天的要因が主に関係していると言われています。

4-4.縮毛(しゅくもう)

毛4

毛のうねりが細かく、縮れたくせ毛です。
ちりちりしていて、触るとザラザラ、ゴワゴワした質感をしています。
まれに螺旋状になっている場合もあります。

5.まとめ

くせ毛の原因には、「後天的くせ毛」を引き起こす「ホルモンバランスの影響」「栄養不足」「毛穴詰まり」と「先天的くせ毛」である「遺伝」などがあります。
くせ毛対策として、頭皮や髪の毛のお手入れなど日ごろからできることを心がけましょう。

※この記事は2016年5月8日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る