メニューを開く

魅力的な唇に仕上げるための必需品!リップライナーの使い方


Pocket
LINEで送る

リップライナー 使い方
「リップライナーってどうやって使ったらいいのかな?」「リップライナーを使うとどんなリップメイクができるのかな?」と気になってはいませんか?

リップライナーは、リップメイクをはっきりと美しく描くことのできる便利なアイテムです。

今回は、リップライナーの使い方をご紹介します。

リップライナーを使いこなして、はっきりとした魅力的な唇を作りましょう!


1.リップライナーとは

リップライナー 種類
出典:MAQUIA ONLINE

リップライナーとは、リップの輪郭を描くときに使用するアイテムです。

口紅で輪郭を描くよりも、しっかりとしたラインを描くことができ、きちんとした印象に仕上げることができます。

また、リップライナーを使用することで、唇の輪郭を直したり、口紅のにじみを防いだり、リップメイクのもちをよくしたりすることも期待できます。

輪郭の描き方で好みの唇の形に近づけることもできるので、リップライナーは美しいリップメイクをするのにおすすめのアイテムなのです。

2.リップライナーの使い方

ここからは、基本的なリップライナーの使い方をご紹介します。

[下準備]
①リップクリームで唇を保湿する
リップクリームをつけて唇をなめらかに整えておくことで、ラインをスムーズに描きやすくなります。
つけ過ぎると上滑りして描けなくなってしまうので、軽くティッシュで押さえておきましょう。

②ペン先を少し丸くする
リップライナーのペン先は、ティッシュや手の甲を使って少し丸くしましょう。
少し丸くしたペン先だと安定感があり、きれいなラインが描きやすくなります。
先がとがっていると、安定感がなく、ラインがぶれやすくなったり、唇にひっかかったりしてしまうことがあります。

[リップライナーの使い方]
リップライナーを持つときは、なるべくペン先に近い部分を持つようにしましょう。
ペン先から近い部分を持つと安定感があるので、ラインが描きやすくなります。

①上唇の山を描く
IMG_2496
まずは上唇の山の形を作っていきます。
山のラインは角をつくると、きつい印象になってしまうため、少し丸みを意識してラインを描きましょう。

②下唇の底辺を描く
IMG_2497
次に、下唇の直線部分である底辺のラインを描きます。
唇の赤みが一段薄くなっている約1~2mm外側のライン(唇の丸みの裏側ギリギリあたり)に線を描きます。

③口角から上唇の山までをつなげる
IMG_2498
上唇の口角から山のラインをつなげていきます。左右同様です。

④口角から下唇の底辺をつなげる
IMG_2499
口角から下唇のラインをつなげていきます。左右同様です。

⑤すき間を埋める
IMG_2500
口角は上下のラインにすき間ができやすくなるため、口を開けて口角のすき間をリップライナーで埋めます。

⑥軽く内側にぼかす
IMG_2502
リップライナーで描いたラインを軽く内側にぼかしていきます。
軽くぼかすことで、唇の輪郭だけが目立ってしまうことを防ぎましょう。
リップブラシを使うと塗りやすく、きれいに仕上がります。
この後、口紅やグロスを塗って仕上げます。

★美しく仕上げるためのポイント
リップライナーで輪郭をとるときは、なめらかな線を意識して描いていきましょう。
ラインが直線的すぎて角ができてしまうと、不自然な仕上がりになってしまいます。

3.リップライナーで印象を変える方法

リップライナーは、「2.リップライナーの基本的な使い方」を少しテクニックをプラスするだけで、よりなりたい唇の印象に近づけることができます。

■より自然に仕上げたいとき
上下のリップラインを中心だけ描き、指でラインをなじませましょう。
口角まで描かないことできっちりしすぎた印象にならず、自然に見せることができます。

■よりはっきりしたリップラインにしたいとき
上下のリップラインを、口紅よりも少し暗めの色のリップライナーで描きましょう。
暗めの色を使うことで口元を引き締め、よりはっきりした印象を与えることができます。

■より立体感のある唇にしたいとき
基本の使い方でラインを描いた後、上下の口角部分を三角形に塗りつぶしましょう。
口角に影を作ることで立体感が生まれてふっくらと見せることができます。

4.リップライナーの選び方

リップライナーを選ぶときは、リップライナーのタイプと色選びが重要です。

4-1.リップライナーのタイプ

リップライナーは主に3つのタイプがありますが、削る必要がなく、詰め替えて使うことができるカートリッジタイプが使いやすいです。

芯の細さや硬さもちょうどよく、スムーズなラインが描きやすいのでおすすめです。

また、その他には、芯が硬めでにじみにくいペンシルタイプ、芯が太めで口紅としても使えるクレヨンタイプがあります。

4-2.リップライナーの色

リップライナーの色は、「自然になじみやすい色」もしくは「手持ちのリップに近い色」を選ぶことをおすすめします。

まず1本用意するのであれば、「自然になじみやすい色」を選ぶとどんな口紅にも使えるので便利です。

ベージュ系、コーラルピンク系、ピーチ系のリップライナーを使うと自然に仕上がります。

この中で最も自分の素の唇の色に近いものを選びましょう。

自分の唇になじみやすい色を使った場合は、唇とラインの境目が目立ちにくいので、ナチュラルにラインを整えることができます。

[おすすめリップライナー]

ミュゼル ノクターナルリップライナーペンシル
ミュゼル
販売元:POLA

カートリッジ式のリップライナーです。(ホルダー別売り)
柔らかい描き心地で唇にフィットし、美しい仕上がりをキープします。
自然な印象のピンク系・女性らしい唇にぴったりなローズ系の2色展開です。

公式通販サイトはこちら

ハウスオブローゼ ファイナス リップライナー
HOR
販売元:ハウスオブローゼ

シャープナー不要の繰り出し式ペンシルリップライナーです。
長時間にじみにくいリップラインを描くことができます。
レッド系・ローズ系・ベージュ系の3色展開で、なじみが良く口紅の色を選びません。

公式通販サイトはこちら

DHC リップライナーパーフェクトプロ
DHC
販売元:DHC

カートリッジ式のリップライナーです。(ホルダー別売り)
なめらかな描き心地で、つややかなラインが描けます。
自然になじむカラーが揃った、全5色展開です。

公式通販サイトはこちら

5.まとめ

リップライナーは、使うことでリップメイクをより美しく仕上げることができるアイテムです。
ぜひ、いつものリップにプラスして魅力的な口元を作ってみましょう!

※この記事は2016年4月6日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る