メニューを開く
アスタリフト;

魅力的な唇に仕上げるための必需品!リップライナーの使い方

リップライナー 使い方
「リップライナーってどうやって使ったらいいのかな?」「リップライナーを使うとどんなリップメイクができるのかな?」と気になってはいませんか?

リップライナーは、リップメイクをはっきりと美しく描くことのできる便利なアイテムです。

今回は、リップライナーの使い方をご紹介します。

リップライナーを使いこなして、はっきりとした魅力的な唇を作りましょう!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.リップライナーとは

リップライナー 種類
出典:MAQUIA ONLINE

リップライナーとは、リップの輪郭を描くときに使用するアイテムです。

口紅で輪郭を描くよりも、しっかりとしたラインを描くことができ、きちんとした印象に仕上げることができます。

また、リップライナーを使用することで、唇の輪郭を直したり、口紅のにじみを防いだり、リップメイクのもちをよくしたりすることも期待できます。

輪郭の描き方で好みの唇の形に近づけることもできるので、リップライナーは美しいリップメイクをするのにおすすめのアイテムなのです。

2.リップライナーの使い方

ここからは、基本的なリップライナーの使い方をご紹介します。

[下準備]
①リップクリームで唇を保湿する
リップクリームをつけて唇をなめらかに整えておくことで、ラインをスムーズに描きやすくなります。
つけ過ぎると上滑りして描けなくなってしまうので、軽くティッシュで押さえておきましょう。

②ペン先を少し丸くする
リップライナーのペン先は、ティッシュや手の甲を使って少し丸くしましょう。
少し丸くしたペン先だと安定感があり、きれいなラインが描きやすくなります。
先がとがっていると、安定感がなく、ラインがぶれやすくなったり、唇にひっかかったりしてしまうことがあります。

[リップライナーの使い方]
リップライナーを持つときは、なるべくペン先に近い部分を持つようにしましょう。
ペン先から近い部分を持つと安定感があるので、ラインが描きやすくなります。

①上唇の山を描く
IMG_2496
まずは上唇の山の形を作っていきます。
山のラインは角をつくると、きつい印象になってしまうため、少し丸みを意識してラインを描きましょう。

②下唇の底辺を描く
IMG_2497
次に、下唇の直線部分である底辺のラインを描きます。
唇の赤みが一段薄くなっている約1~2mm外側のライン(唇の丸みの裏側ギリギリあたり)に線を描きます。

③口角から上唇の山までをつなげる
IMG_2498
上唇の口角から山のラインをつなげていきます。左右同様です。

④口角から下唇の底辺をつなげる
IMG_2499
口角から下唇のラインをつなげていきます。左右同様です。

⑤すき間を埋める
IMG_2500
口角は上下のラインにすき間ができやすくなるため、口を開けて口角のすき間をリップライナーで埋めます。

⑥軽く内側にぼかす
IMG_2502
リップライナーで描いたラインを軽く内側にぼかしていきます。
軽くぼかすことで、唇の輪郭だけが目立ってしまうことを防ぎましょう。
リップブラシを使うと塗りやすく、きれいに仕上がります。
この後、口紅やグロスを塗って仕上げます。

★美しく仕上げるためのポイント
リップライナーで輪郭をとるときは、なめらかな線を意識して描いていきましょう。
ラインが直線的すぎて角ができてしまうと、不自然な仕上がりになってしまいます。

Pocket
LINEで送る