メニューを開く
2017年5月11日 更新

老けて見えるのはなぜ?老けて見える8つの特徴&若く見える8つの特徴

老けて見える

老けて見えることに、お悩みではありませんか?

自分が老けて見えると、同年代の若く見える人を交えて年齢の話題になった時、憂鬱ですよね。

一定の年齢までは、そんなに差がなかったはずなのに・・・老けて見える女性たちに共通している点はどんなところなのでしょうか?

若く見えることが100%良いことではありませんが、老けて見えるよりは若く見られた方が嬉しいですよね!

そこで今回は、老けて見える人の特徴と、若く見える人の特徴、さらに、若く見えるため意識したいことをご紹介します!



1.老けて見える人の8つの特徴

老けて見える

はじめに、老けて見える人の特徴をご紹介します。

老けて見える原因は、顔立ちだけではありません。

自分で変えられる特徴がたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

老けて見える特徴①肌の乾燥

老けて見える

老けて見える方は、肌が乾燥していることが考えられます。

肌が乾燥すると、ツヤがなく、くすんで見えるため、それだけで老けて見える原因となってしまうと言われています。

また、肌の乾燥によって引き起こされる「小じわ」も、老けて見える原因になってしまうでしょう。

老けて見える特徴②古いヘアメイク

老けて見える

老けて見える方の特徴として、古いヘアメイクをしていることがあげられます。

恋愛面でも仕事面でも、自分が1番順調だった時のヘアメイクからバージョンアップしていない状態です。

単純にヘアメイクが古い場合もあれば、現在の自分には似合わないメイクをずっとしている場合もありますので、一度、素直な気持ちで自分の姿を確認してみましょう。

老けて見える特徴③厚化粧

老けて見える老けて見える特徴として、厚化粧であることも考えられます。

厚化粧で一番老けて見える原因となるのは、ベースメイクだと言われています。

特に、パウダーファンデーションの厚塗りはツヤ感を出すのが難しいとされているため、瑞々しい印象を与えるのが難しいでしょう。

パウダーファンデーションを塗る前はそこまで目立たなかったはずの小じわにもファンデーションが入り込んでしまい、かえってシワが目立つことも…。

また、こんなに厚くファンデーションを塗るなんて、どんな素肌なのだろう…と、悔しい誤解を与えかねません。

老けて見える特徴④姿勢が悪い

首猫背

老けて見える特徴として、姿勢が悪いということも考えられます。

猫背であったり、肩が内側に入っていたりすると、年配者のような印象を与えてしまうこともあると言われています。

また、姿勢が悪いことで女性らしいボディラインも隠れてしまうので、実際よりスタイルも悪く見えてしまうでしょう。

老けて見える特徴⑤不満げな表情

老けて見える

老けて見える方は、不満げな表情が常態化していませんか?

眉間にシワが寄り、口角が下がったような不満げな表情は、周囲に老け込んだ印象を与えると言われています。

また、その眉間のシワが、悲しいことに笑顔の時にまで深く刻まれている方も見かけますね。

老けて見える特徴⑥髪の毛のパサつき

老けて見える

老けて見える方は、髪の毛がパサパサで乾燥していることがあります。

潤ってツヤのある、豊富な髪の毛は若さの象徴でもあると言われています。

そのため、髪の毛がパサついていると、メイクやファッションを若々しく保っても、どうしてもアンバランスになってしまいがちです。

老けて見える特徴⑦老け込んだように見える言動

老けて見える

老けて見える方の中には、見た目の若さを保っているにも関わらず、老け込んだような言動が目立つ方がいます。

言動が疲れ切っていると、どうしてもおばさんくさい印象になり、老けて見えてしまうのです。

例えば、「よっこらしょ」というかけ声であったり、ため息ばかりついていたり、慎みなく大口を開けて大きな声で笑ったりするような言動は、老けて見える原因となるでしょう。

老けて見える特徴⑧年齢で物事を決める

老けて見える

老けて見える方は、年齢で物事を決めてしまうところがあるかもしれません。

この年齢だから「恋はもうしない」、この年齢だから「洋服はこれ」など、年齢では区切れないことまで、年齢にとらわれて決めてしまいがちだと言われています。

また、そういう目で周りの人も見てしまうため、なかなか若い表情やオーラを出すのが難しいでしょう。

2.若く見える人の8つの特徴

老けて見える

ここでは、若く見える人の特徴をご紹介していきます。

年齢を聞いて、良い意味で思わず驚いてしまう女性っていますよね。

そんな女性たちに共通している点は、どんなところなのでしょうか?

若く見える特徴①ナチュラルなメイク

老けて見える

若く見える方は、素肌感のあるナチュラルなメイクをしている方が多いです。

肌悩みがある方も、化粧下地やコンシーラーを薄く重ねてカバーし、肌そのものが潤っているようなツヤを重視したメイクを行っています。

若く見える特徴②姿勢が良い

老けて見える

若く見える方の特徴に、姿勢が良いことがあげられます。

姿勢が良いだけで、元気よくイキイキとして見えますよね!

それだけでなく、姿勢が良いとボディラインも良くわかり、スタイルが良く見えるため、自己管理が行き届いているように見えると言われています。

また、スタイルが良く見えることによって、ファッションまでもが素敵に映るでしょう。

若く見える特徴③ツヤとボリュームのある髪の毛

老けて見える

髪の毛にツヤとボリュームがあると、若く見えると言われています。

髪の毛を結んでいても、トップにボリュームを出すアレンジをしていたり、毛先までツヤが感じられたりします。

髪の毛のツヤとボリュームは、顔の作りやメイクとは違い、離れた場所や後姿からも若さが感じらるでしょう。

若く見える特徴④肌がキレイ

老けて見える若く見える方は、肌がキレイだと言われています。

若さを保つためのスキンケアを怠っていないのでしょう。

「赤ちゃんみたいな肌だね」などという褒め言葉があるように、毛穴の目立たないみずみずしい肌は、若さの象徴のひとつです。

もちろん肌のお悩みがある方は、メイクでそれをカバーし、若さを演出しているのでしょう。

若く見える特徴⑤自分に似合うファッションとヘアメイク

老けて見える

若く見える方は、自分に似合うファッションやメイクがわかっているように見えます。

若く見える方は、年齢を重ねる度に、柔軟に自分をリニューアルしているからでしょう。

以前とても似合っていたファッションやヘアスタイルに固執せず、自分に似合うものを追及する前向きな姿勢も、若く見えることにつながっています。

若く見える特徴⑥笑顔で過ごしている

老けて見える若く見える方は、笑顔で過ごしている方が多いです。

笑顔には、多少のシワもシミも気にならなくなるパワーがありますよね。

単純に、ほがらかでニコニコしている女性はイキイキとしていて、若々しく感じられるものです。

若く見える特徴⑦年齢で物事を決めつけていない

老けて見える

若く見える方は、年齢で物事を決めつけない、ということがあげられます。

自由に恋をして、自由にファッションやヘアメイクを選び、自由に自分の人生のキャリアを考えて生きているのでしょう。

そのエネルギッシュな姿が、若く見えるのです。

若く見える特徴⑧恋をしている

老けて見える

若く見える方は、恋をしていることもあります。

恋をしてドキドキすると、キレイになると良く聞きますよね。

「旦那さんに褒めてもらいたい!」「彼と会うまでにもう少し痩せたい!」などと、キレイでいたい気持ちや、キレイになりたい気持ちが自然と出てきて行動につながり、若さを保つための活力になっているのでしょう。

3.老けて見える人が若く見えるために意識したい6つのこと

老けて見える

ここで、老けて見える人が若く見えるために意識したい6つのことをご紹介します。

老けて見える方は、「老けて見える人の特徴」と逆のことを行い、さらに「若く見える人の特徴」を真似をすると良いかもしれません♡

その具体的な方法について、お伝えしますので、参考にしてみてくださいね♪

①美容院に行く

老けて見える

老けて見えることにお悩みの方は、美容院に行ってみてはいかがでしょうか。

髪の毛がツヤツヤになると、キレイな髪に見合うスキンケア・メイク・ネイル・ファッションがしたくなり、自然に他の部分まで美意識が高くなると言われています。

まずは、「若く見せたい」と素直にオーダーし、プロの力で若く見えて、なおかつ自分に似合う髪型にしてもらいましょう。

髪の毛のボリュームに悩む方も、それを伝えればさまざまな提案をしてくれるはずです。

そして、しっかりトリートメントをしてもらいましょう。
髪の毛がパサパサしている状態であれば、美容院でトリートメントをしてもらうことで、見違えるような髪になることが期待できます。

それを保てるよう、自宅でのトリートメントにも励みましょう。

キレイになることで、自然と笑顔も増えるはずです。

②良く笑う

老けて見える

老けて見える人は、今日から良く笑う人になりましょう!

無邪気に笑う人は、若く見えるものです。お金のかからない方法なので、実行しない手はありません。

笑うのが苦手な方は、良く笑う人のそばに行ってみてください。

良く笑う人のそばにいると、つられて笑ってしまうことが良くありますよね。

ふだん、笑顔が少ない方には難しいと感じるかもしれませんが、笑顔のハードルは意外と低いものです。

③首や手も含めたスキンケア

老けて見える

老けて見えることにお悩みの方は、首や手も含めてしっかり肌のお手入れをしましょう。

重要なのは、顔だけでなく首と手も、たっぷりお手入れをすることです。

顔は若くてキレイなのに、首と手に年齢を感じる女性は少なくないですよね。

女性は、顔は入念にスキンケアを行っているものですが、年齢が出やすいと言われている首や手のお手入れは忘れてしまいがちだと言われています。

 

また、夜だけでなく、朝のメイク前にもしっかりスキンケアを行うようにしましょう。

朝は時間がない方も多いため、スキンケアがおざなりになる方は少なくありません。

しかし、メイク前のスキンケアはメイクよりも重要だと言われるくらい、ベースメイクの仕上がりに影響を与えると言われています。

丁寧に肌のお手入れをして、潤いが感じられるような若々しい肌を演出しましょう。

④ナチュラルメイクにする

老けて見える

老けて見える方は、ナチュラルメイクを心掛けましょう。

ナチュラルメイクと言っても、肌のお悩みがある方はいきなり薄くはできないですよね。

そこでおすすめしたいのが、リキッドファンデーションです。

リキッドファンデーションは、少量を薄く伸ばすだけで肌悩みをカバーしやすいファンデーションだと言われています。

パウダーファンデーションの方がナチュラルな印象がありますが、ナチュラルに見せるのであれば、ツヤを演出しやすいリキッドファンデーションを使ってみましょう。

⑤ファッションについて客観的な意見を聞く

老けて見える

老けて見えることにお悩みの方は、ファッションについて客観的な意見を求めてみましょう。

自分では、似合うファッションや若く見えるファッションが意外とわからないものです。

そこで、シンプルな品ぞろえの店を選び、「素敵だな」と思う店員さんにアドバイスを求めてみるのも良いでしょう。

顔が映えるカラーや、似合う形についてなど、自分では気づかなかった意見をもらえるかもしれません。

オシャレで気のおけない友人にお願いして、一緒にショッピングをしてアドバイスをもらうのもおすすめです。

もし、上記のことが苦手であれば、なりたいイメージの雑誌やモデルさんを参考にして服を選び、必ず試着をたくさんして、色んな角度から自分をチェックしてみてくださいね。

⑥姿勢を良くする

老けて見える

老けて見えることにお悩みの方は、姿勢を良くすることを心掛けましょう。

素敵なヘアスタイルやファッションも、姿勢が悪ければ台無しになってしまうことも考えられます。

一番大切なのは、美しい姿勢を保とうとする意識です。

座っている時、立っている時、常に面接官に見られているような意識を持って過ごしましょう。

4.まとめ

今回は、老けて見える方、若く見える方についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

老けて見える方は、若く見えるためにできることが沢山あるのがおわかり頂けたでしょうか♪

美容院に行ったり、洋服を変えてみたり、いつもより丁寧にスキンケアをしたり…やるべきことは、女性ならワクワクすることも多いですよね。

若く見えることが100%良いことだというわけではありませんが、今よりキレイな自分を目指すのは素敵なことですよね♡

この記事は2017年2月7日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。