メニューを開く
提供:株式会社メビウス製薬

シミを消す方法ってあるの?美白化粧品・レーザー・メイクについて


Pocket
LINEで送る

本当に正しいシミの消し方|美白化粧品・薬・レーザー・メイク年齢と共に目立ってくるシミ。

一度できてしまうと、どうしても気になってしまいますよね。

時間とお金を無駄にしないためにも、本日は、シミを消す方法と、これ以上作らないようにするための方法、そしてメイクで消す(隠す)ためのポイントをお伝えします。

◆肌らぶ セレクション◆

decencia サエル(医薬部外品)
saeruサエルサエルは、ポーラ・オルビスグループの肌がデリケートになりやすい方・乾燥しやすい方に向けたスキンケアブランド「decencia(ディセンシア)」からつくられた、保湿と美白※1に着目した医薬部外品のスキンケアシリーズです。

日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ美白※1有用成分「ビタミンC誘導体」や「アルブチン」を配合し、肌のきめを整えます。

さらに美容液には、保湿成分「ヒト型セラミド」や「白様雪®」を配合し、お肌にたっぷり水分を与えることで、美白※1有用成分も浸透※2しやすい肌をサポートします。

(※1 美白とは、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと)(※2 浸透とは、角質層まで)

化粧水、クリーム、美容液が入った10日間分のトライアルセットを初回限定1,370円(税抜、送料無料)でお試しできますので、気になる方はぜひチェックしてみてください!※2016年6月時点での情報です

サエルimp

1.シミを消したいなら医療レーザー

既にできてしまったシミを消したいのであれば、美容医療クリニックなどで医療レーザーの相談をしてみましょう。

医療レーザーとは、専用のレーザーをシミに照射し、シミの元となっている異常な色素細胞を細かい粒子に分解することで、シミを消すことのできるお手入れ方法です。

シミの濃さや大きさにより照射回数が変化するため、トータルでかかる費用には個人差があるようですが、目安として大体、シミ1cmの治療で1万円前後の費用がかかるといわれています。

まずは医師に相談をして、納得したうえで施術してもらいましょう。(中にはレーザーで消すことのできないシミもあります)

■シロノクリニック
img16img15肌のシミやしわ、たるみ、ニキビ、毛穴など「美容的な観点」における肌悩みのお手入れを、専門的に手助けすることをモットーとした、美容皮膚科・皮膚科・形成外科を展開する「シロノクリニック」。

レーザーによるシミのお手入れや、年齢にふさわしい健やかな肌を目指すお手入れなど、さまざまな形で美しさの実現を手助けしてくれるクリニックです。

レーザーに対する不安や疑問を解決してから、施術に臨むことを大切にしており、施術前にはカウンセリングと共に、施術内容の丁寧な説明が行われます。
恵比寿・銀座・池袋・横浜・大阪の計5か所に開院。

駅から徒歩5分以内という好立地ながら、院内は心穏やかに施術に臨むことができるよう、落ち着きのある雰囲気で統一されています。

診療時間は10:00~19:00(最終受付18:00)/初診予約時間は10:30~12:30、15:00~17:30。
予約優先制システムを採用しており、予約は電話にて受け付けています(初診のみ、ネット予約も可能)。
支払方法を・現金・クレジットカード(一括)の他、月々の支払い回数や金額を自由に設定することのできる、医療専用の「メディカルローン」から選ぶことができます。

(※自由診療となるため、健康保険は適用されません。)
(※2016年6月時点の情報です)

>>>シロノクリニック公式HPはこちら

2.薬は皮膚科に相談

レーザーに抵抗がある方、費用が心配な方は、薬という方法もあります。

飲み薬・塗り薬があり、シミの種類によっても異なるようです。保険が適用される場合もありますし、きちんと自分に合ったものを取り入れるためにも、皮膚科で相談することをおすすめします。

薬

3.シミを予防する方法|美白化粧品

シミが気になる方は、これ以上シミを作らないように対策することも大切です。

そこで、毎日のスキンケアに美白(※)化粧品を取り入れることをおすすめします。

美白(※)化粧品を使用することで、日焼けによるシミをできにくくしたり、これ以上増えにくくすることが期待できます。(※美白とは日焼けによるシミ、そばかすを防ぐこと)
化粧品の選び方とおすすめをご紹介いたします。

3-1.美白(※)化粧品選び 2つのポイント

① 美容液で取り入れる

全てのアイテムで取り入れるのが最も理想的ですが、その中でも特に“美容液”がおすすめです。美容液は、成分を濃縮して配合しているものが多いためです。

② 毎日使い続けることができる金額を選ぶ

美白(※)化粧品は1年を通して使い続けることが理想なので、自分の財布と相談して、継続できる金額かどうかを確認しましょう。

3-2.おすすめ美白(※)美容液

■ASTALIFT ホワイト エッセンスインフィルト【医薬部薬品】
アスタリフト美容液販売会社:富士フイルム株式会社

【肌らぶ編集部コメント】
保湿成分と美白(※)成分がバランスよく配合された美白(※)美容液です。

保湿成分の「コラーゲン」・「酵母エキス」・「アスタキサンチン」が肌の角層まで潤いを与え、肌をすこやかに保ちます。

初めての方は、美容液の他にも先行美容液・化粧水・クリームもついた1,000円(税抜)のトライアルセットがあるので、そちらをお試しすることをおすすめします。

(※日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと)

>>>アスタリフト公式HPはこちら

■POLA ホワイトショットSX【医薬部外品】
ジュニア販売会社:POLA

【肌らぶ編集部コメント】
コクのあるクリームタイプの薬用美白(※)美容液です。

すばやく馴染む全顔用と、気になる部分にピタッと密着する部分用美容液から選べるので、お好みで選んでみてはいかがでしょうか。

(※日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと)

>>>ポーラ公式HPはこちら

■アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110【医薬部外品】
アンプルール販売会社:株式会社ハイサイド・コーポレーション

【肌らぶ編集部コメント】
夜型集中美容液です。化粧水をつける前に、シミを予防したい部分に軽く叩き込みます。

こちらは夜用の部分美容液ですが、朝夜に化粧水後に使用する全顔用の美白(※)美容液・化粧水・美容乳液ゲル・メイク落とし・洗顔料のトライアルセットが1,750円(税抜)であるので、気になる方はこちらから試してみてください。

(※日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと)

>>>アンプルール公式HPはこちら

4.シミをメイクでカバーする方法

シミ メイクシミは、メイクで隠すという方法が1番手っ取り早いです。ファンデーションで隠そうとすると不自然な厚塗りになることがあるのでコンシーラーを上手に使って隠しましょう。

1.コンシーラーの選び方  2つのポイント

①肌よりワントーン暗めのコンシーラーを選ぶ

肌より少し暗めのコンシーラーを選ぶことで、自然にシミとコンシーラーをなじませることができます。

シミを「消す」のではなく、「肌になじませて目立たなくする」という感覚で、周りの肌にグラデーションのようになじませていきます。

②シミの状態によってコンシーラーを変える

シミの大きさや範囲によって、コンシーラーのタイプを変えることをおすすめします。

ピンポイントで気になるシミや大きく目立つシミには、鉛筆やスティックになっている固形のコンシーラーがおすすめです。

もしシミが広範囲で気になる場合は、筆タイプやリキッドタイプを全体になじませて使用することをおすすめします。

2.タイプ別 おすすめコンシーラー

【スティックタイプ】
■エトヴォス ミネラルコンシーラー
エトヴォス ミネラルコンシーラー固めですが伸びのよいテクスチャーで、ピンポイントで気になる日焼けによるシミを滑らかにカバーしてくれます。
クマやニキビ隠しにもおすすめなので、1本持っておくととても便利です。

>>>エトヴォス公式HPはこちら

【リキッドタイプ】
■ポーラ ミュゼル スポッツコンシーラー
ミュゼル スポッツコンシーラー
気になる日焼けによるシミを隠してくれる美容液タイプのコンシーラーです。
光の三原色に着目して作られており、カバーしたい部分を光で飛ばし、明るく自然な仕上がりにしてくれます。

>>>ポーラ公式HPはこちら

3.コンシーラーの塗り方ポイント

①ファンデーションによって塗る順番を変える

 

コンシーラー 順番パウダー(粉状)ファンデーションの場合はコンシーラーを先に、リキッド(クリームも含む液状)ファンデーションの場合はコンシーラーを後に塗りましょう。

②コンシーラーは、周りに塗ってからなじませる

シミをコンシーラーで隠すときは、カバーしたい部分より2周りくらい大きめにコンシーラーをのせたあと、コンシーラーの周りの部分をなじませていきましょう。

もし重ねてカバーしたい場合も、再度周りにのせてからなじませることでシミの部分だけ厚塗りになるのを防ぐことができます。

5.最後に

いかがでしたでしょうか?
シミをこれ以上増やさないために、そして濃くしないためにも、日々の予防はしっかり行いましょう。

レーザー・薬を検討する場合は、しっかりと医師に相談するようにしてくださいね。

この記事は2016年6月27日時点での情報となります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご理解ください。

【関連商品】
ホワイトニングリフトケアジェル【医薬部外品】

ホワイトニングリフトケアジェル

気軽にシミ予防したい方におすすめのオールインワンゲルがこちら。

1つで10役(美白、化粧水、乳液、アイクリーム、保湿、美容液、マッサージ、クリーム、パック)をこなし、手軽に美白・保湿ケアが可能です。
※日焼けによるシミ、そばかすを防ぐこと

シミ予防だけでなく、保湿ケアもハリケアもしたい欲張りさんにぴったりです。
まずは体験してみたい方のために、30日間全額返金保証のコースがあります。

>>ホワイトニングリフトケアジェル公式HPはこちら

バナー原稿imp

 

Pocket
LINEで送る


【永久保存版】クレンジング完全攻略マニュアル