メニューを開く

“目頭切開メイク”のやり方とコツ!整形級の目にみせる方法

目頭 切開 メイク1 「整形したみたいに目が大きく見える!」とウワサの“目頭切開メイク”をご存じですか?

“目頭切開メイク”は、もっと目を大きく見せたいという方におすすめのメイクのひとつです。

“目頭切開メイク”をマスターすれば目が大きい印象になるだけでなく、目と目の距離が縮まることで、鼻筋が通った印象を演出できるのだとか!

ただし、うまくやらないと不自然な顔になってしまうので、コツをしっかり理解することが大切なんです。

そこで今回は、顔の印象をグッと変える“目頭切開メイク”のやり方とコツ、そしておすすめのメイクアイテムをご紹介します!

「あれ、もしかして整形した・・・?」なんて言われるくらい、可愛くなれちゃうかもしれませんよ♡


astalift
astalift

1.“目頭切開メイク”のやり方

目頭 切開 メイク2“目頭切開メイク”のやり方はとてもシンプルで、「目頭の部分にアイライナーをいつもより長めにひく」というものです。

しかし、実はこの「いつもより長めに」の加減が難しいんです!

今回は、黒または茶色のアイライナーを使って目頭を強調するメイクと、白のアイライナーを使って目頭をぼやかして大きく見せるメイクの2パターンをご紹介します。

1-1.黒or茶のアイライナーを使った“目頭切開メイク”

目頭 切開 メイク涙が出やすい・溜まりやすい目頭のメイクがポイントとなる“目頭切開メイク”は、ウォータープルーフで細めのリキッドタイプを使用するのがおすすめです。

しっかりメイクのときは黒、ナチュラルメイクのときは茶色など、自分の好みや、なりたい雰囲気に合わせてアイライナーの色を選んでください。

また、リキッドタイプだとうまくできなかったり印象が強すぎると感じる方は、ペンシルタイプを使って柔らかく仕上げましょう。

全体のバランスがとても大切なので、大きな鏡でメイクをするようにしてくださいね。

①アイラインをキワにひく

アイシャドウを塗った後、アイラインを目のキワに細くひいてください。

なお、アイシャドウは下まぶたにも塗っておくと、後ほど下のラインをひくときになじみやすくなるのでおすすめです。
目頭 切開 メイク

★ポイント
・このあとひく目頭切開風のラインが浮かないように、目のキワにひくことがとても大切です。
まつ毛の隙間を埋めるようにしましょう。
目頭 切開 メイク

②目頭のキワに少しずつラインを足す

全体のバランスを見ながら、アイラインを目頭に伸ばすように、少しずつひき足していきましょう。
目頭 切開 メイク

★ポイント
・目頭のラインは上のアイラインとしっかりとつなげると、自然な仕上がりになります。
・切開したように見せたい部分の皮膚に沿って、くぼみを埋めていくようにひきましょう。

長さは1~2mm出るくらいでOKです。
バランスを見ながらひきすぎないようにしましょう!
目頭 切開 メイク

③「く」の字に下のラインをひく

目頭の先端までラインをひいたら、目のふちにそって「く」の字の形に下のラインをひいていきます。
目頭 切開 メイク

★ポイント
・ナチュラルメイクにしたいときは黒目の真ん中くらいまで、しっかりメイクにしたいときは目尻まで下のアイラインをひいてください。

④濃いアイシャドウで下のラインをなじませる

目尻まで描いたらラインが目立ちすぎてしまうというときは、濃い色のアイシャドウでラインをなじませましょう。
目頭 切開 メイク

⑤完成

上のアイラインをひくだけで目元の印象の違いを感じる方も多いので、ナチュラルな仕上がりにしたいときは、上のアイラインをひいた印象をみてから、下のラインをひくか判断してみてください。
目頭 切開 メイク

1-2.白のアイライナーを使った“目頭切開メイク”

目頭 切開 メイク次に、白のアイライナーやアイシャドウで目頭の輪郭をぼやかして、目を大きく見せるというメイク方法をご紹介します。

黒や茶のラインよりもはっきり線がわかるわけではないので、不器用な方でもやりやすいでしょう。

また、目頭だけ白くなりすぎると派手な雰囲気になるので、ラメがたくさん入っているものではなくパール系のアイライナーを選ぶようにすると、ナチュラルな印象になります。

①アイラインを細くキワにひく

アイラインをひくところまでは、黒or茶のアイラインでひくときと同じです。

目のキワにいれることを意識してひいてください。
目頭 切開 メイク

②目頭の切開ラインに沿って「く」の字にひく

白いアイラインもしくはアイシャドウで目頭の切開したように見せたい部分にラインをひいていきます。
目頭 切開 メイク

③完成

全体のバランスをみて、白く目立ちすぎていないか確かめましょう。

黒や茶色のアイラインでひくより柔らかい印象になります。
目頭 切開 メイクその日のメイクのテーマやファッション、自分のなりたい印象に合わせて、アイラインの色を使い分けてください。

2.“目頭切開メイク”の注意点

“目頭切開メイク”の基本的なやり方をご紹介しましたが、このメイクには注意点があります。

「怖い顔になった」「違和感がある顔になる」など、“目頭切開メイク”がうまくできないという悩みの声が多くあるようです

そこで、失敗しないために“目頭切開メイク”のコツともいえる注意点を3つご紹介します。

①長くひきすぎない

目を大きくしたい一心で、目頭のラインを長くひきすぎてしまうと、とても不自然な顔になってしまいます。
目頭 切開 メイク両目にこのように長くしっかりラインがひいてあると、少し怖い顔になってしまいますよね。

「これくらいでいいのかな?」と思うくらいの短さでも、だいぶ目元の印象は変わります。

慣れるまでは少しずつラインをひいて、不自然にならない位置と長さを見つけていきましょう。

メイクをするときは、小さい鏡で目だけをみてやるのではなく、大きな鏡で全体を見ながらやるようにしましょう。

また、蒙古ひだがしっかりとある方は、メイクをはじめるまえに目頭を少しひっぱって、「これくらい蒙古ひだが無い印象にできたらいいな」というイメージを作っておくと、失敗しにくくなるのでおすすめです。

■蒙古ひだ:目頭のピンクの部分を隠しているひだ
目頭 切開 メイク

②上目づかいでラインをひかない

上目使いで目頭切開ラインをひくと、目を閉じたときにラインが不自然にはみ出てしまうということがよく起こります。

■不自然にラインがはみ出してしまったときのイメージ
目頭 切開 メイク上目使いではなく、少しあごをあげるようにしてメイクをすると、ラインをきれいにひきやすくなります。

■“目頭切開メイク”が失敗しやすい角度
目頭 切開 メイク
■“目頭切開メイク”が成功しやすい角度
目頭 切開 メイク

③正面以外の角度からも確認する

目頭 切開 メイク正面からみたらバッチリなのに、横から見たらなんだか変・・・というメイクになってしまうことがありますよね。

“目頭切開メイク”もそうなりがちなメイクのひとつのようです。

しっかりと目頭切開ラインにそって目頭のくぼみにラインをひいていき、上と下のラインとつなげれば、別の角度から見ても違和感のない目元になりますよ。
目頭 切開 メイク横から見たとき、目を伏せたとき、斜め上からみたとき・・・どの角度からみても自然にみえるように、メイクが終わったら確認してみましょう。

3.“目頭切開メイク”に!おすすめアイテム

最後に、1・2章の“目頭切開メイク”で実際に使用したアイテムをご紹介します!

“目頭切開メイク”に使用するアイライナーは「にじみにくいこと」「細くてひきやすいこと」の2つが重要なポイントです。

“目頭切開メイク”をしてみたいけど、どのアイテムを使ったらいいかわからない、という方は参考にしてみてください。

FLOWFUSHI(フローフシ) 「モテライナー リキッドBrBk(ブラウンブラック)」
目頭 切開 メイク
販売会社:株式会社フローフシ
価格:1,500円(税抜)

【肌らぶ編集部コメント】
黒or茶のアイラインメイクにはこちらのアイライナーを使用しました。

耐水性に着目して作られているので、水分が多く崩れやすい目頭にラインをひく目頭切開メイクにぴったりです。
筆が細くてひきやすく、不器用さんでも使いやすいアイテムです!

また、黒だと印象が強くブラウンだと印象が優しすぎるという方には、このブラウンブラックはほどよい色味なのでおすすめですよ。

CANMAKE(キャンメイク)アイライナーペンシル No.11
目頭 切開 メイク

販売会社:株式会社井田ラボラトリーズ
価格:400円(税抜)

【肌らぶ編集部コメント】
白アイラインのメイクにはこちらのアイライナーを使用しました。
芯が柔らかめなのでひきやすく、パールタイプなのでナチュラルに仕上がります!

繰り出しタイプなので削る必要がなく便利です。
あまり芯を出しすぎると折れてしまうので、2mm程度出して使うようにしてみてください。

400円(税別)というお手頃な価格もうれしいですね♪

4.“目頭切開メイク”まとめ

目頭 切開 メイク 印象が大きく変わる“目頭切開メイク”のやり方とコツ、そしておすすめのアイテムをご紹介しました。

アイラインひとつでこんなに簡単にデカ目な印象をゲットできるなんて、うれしいメイク方法ですよね♪

いつものデカ目メイクがマンネリ化してきたなぁという方は、“目頭切開メイク”にトライしてみてはいかがでしょうか。

いつもとちがう目元で、意中の彼をドキッとさせちゃいましょう♡

この記事は2016年12月2日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください


Pocket
LINEで送る