2019年6月25日 更新

目を大きく見せるメイク方法基本!ナチュラルぱっちり目も大人デカ目も♡

「目を大きく見せたい!」「メイクで目を大きく見せられる?」とお悩みではありませんか?

そんな女の子の願いを叶えてくれるメイクには、特別なアイテムやスキルはいりません。

いつものアイメイクをちょっと変えるだけで、目を大きく見せることが期待できるのです。

今回は簡単にできる、目を大きく見せるメイクのご紹介です。さぁ、さっそく試してみましょう!
目を大きく見せる メイク 


1. 目を大きく見せる4つのアイメイクポイント

目を大きく見せるにはまず、アイメイクから変えましょう!
目を大きく見せるアイメイクのポイントは、「立体感」と「広がり」です。

ポイントを意識しつつ、アイライン、アイカラー、マスカラ、それぞれのアイテムごとのメイク法を見てみましょう。

▽こちらも併せてチェック!
デカ目アイメイクは3アイテムでつくれる♡やり方・コツもご紹介!

1-1 ラインを目幅より長めにひく

リキッドタイプのアイライナーで、本当の目幅よりもやや長めにラインをひきましょう。
そうすることで、目に横への広がりを作ることができます。
切開メイク2 目頭 アイライン アイライナー 目頭

▽こちらも併せてチェック!
美しい目頭切開ラインをつくる!上手な引き方のコツ♡
目を大きく見せたい方必見♡“目頭切開メイク”のやり方とコツ
アイラインの引き方♡初心者必見!ペンシルもリキッドも簡単!一重対策も!

【方法】

① 初めから長めに描くことを意識しすぎると不自然になってしまうので、まずは目の形に合わせてラインを引きます。

② 目頭側は0.5㎜程度、目じり側は目じりがまっすぐ横に伸びたイメージで5㎜ほど、書き足します。

【肌らぶ編集部おすすめアイライナー】

今回は、にじみにくいウォータープルーフタイプのリキッドアイライナーをご紹介します。

ミュゼル ノクターナル アイライナー リキッド
ミュゼル ノクターナルアイライナー リキッド詳細をチェック!
価格:3,000円(税抜)
カラー:全2色(BKブラック・BRブラウン)
保湿成分:コラーゲン・ヒアルロン酸・リピジュア

安定感のあるグリップ・こしのある筆先で、アイラインが苦手な方でも使いやすい、筆ペンタイプのリキッドアイライナー。
太いラインも細いラインも思いのままに引くことができ、目元の跳ね上げラインにも、目のキワを埋めるのにも使うことができます!
ツヤのある発色で、くっきり印象的な目もとに仕上がります。
使い方として、アイラインを引く前に筆先を手の甲で整えてから使うことで、スムーズに引けます。リキッドタイプなので、使用後にしっかりとフタを閉めるのを忘れずに!
皮脂・汗に強いウォータープルーフタイプですが、ぬるま湯で落とすことができるのもうれしいポイントです。

詳細をチェック!

1-2 アイシャドウでグラデーションを作る

アイシャドウは目の際から二重幅に向け、グラデーションをつくるようにのせましょう。
そうすることで、目元に立体感が生まれ、目を大きく見せることが期待できます。
アイシャドウ アイメイク 

▽こちらも併せてチェック!
アイシャドウの塗り方|基本から一重/二重別のポイント・選び方まで

【方法】

① ホワイトやピンク系の明るいアイカラーをアイホール全体に広げます。
チップではなくブラシまたは指で広げると、薄付きできれいに仕上がります。アイシャドウ 塗り方9

② 目の際にラインを引く感覚でブラウン系の濃いカラーを載せ、グラデーションを意識して二重幅までぼかし広げます。
アイシャドウ 塗り方6

☆POINT 一重の人は二重ラインをひく
一重の人は二重の幅が欲しい部分を決め、明るい茶色のペンシルアイライナーで薄く二重の線を引き、その線までアイカラーをぼかし広げます。
目頭部分(黒目より内側)は薄く、目尻側はややオーバー気味に広げるときれいに仕上がります。

【肌らぶ編集部おすすめアイカラー】

今回は、肌になじみやすいベージュ・ブラウン系のカラーが4色以上展開されているアイカラーをご紹介します。

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ
マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ詳細をチェック!
内容量:4g
価格:2,800円(税抜)
カラー:全7色(PK303トワイライトアワー・VI707レイニーモーメント・RDラズベリーモカ・BR505ショコラカプチーノ・BR707ダークエスプレッソ・BE303リッチカフェラテ・OR303オレンジキャラメル)
使用上の注意:
◇コンパクトの鏡面に内蔵している透明フィルムは取り外しできません。
◇チップやブラシがよごれるとつきにくくなりますので、ティッシュペーパーなどで拭いて、いつも清潔にしてお使いください。
◇落下などの衝撃には十分注意してください。
◇日のあたるところや高温・多湿のところに置かないでください。

自分の瞳の色に溶け込むようになじみ、自然に目もとを大きく見せるアイシャドウ。瞳に近い色に合わせて、自分の”運命のブラウン”メイクが演出できます。
重ねる順を変えるアレンジで、スイートもビターも自由自在。グラデーションも簡単にできて美しい仕上がりに。
目もとファンデベースで、くすみやクマも明るく整え、メイクの持ちがよくなるのもポイント。
パレット内の5種類のカラーバリエーションから、自分の瞳をより美しく引き立てるメイクを発見できるでしょう!
全てのカラーを用いてグラデーションをつくるのもキレイですが、それぞれ単色でも使えるのでさまざまなバリエーションのアイメイクを楽しむことができるのもうれしいポイントです◎

詳細をチェック!

1-3 涙袋を作る

下まぶたに涙袋を作ると、下まぶたに立体感が生まれ、目を大きく見せることが期待できます。
アイメイク 目を大きく見せるメイク まつげ まつ毛 目元

【方法】

① 下まぶたに目の形をなぞるような感覚でホワイト系のアイカラー(またはアイライナー)を太めにのせます。涙袋メイク3

② ブラウン系のアイライナーまたはアイブロウペンシルで涙袋の下に細くラインを引きます。涙袋のふくらみによってできた影になる部分です。涙袋メイク3

③ 自然に見えるようチップや綿棒でぼかします。涙袋メイク4

④ 下まぶたの内側の粘膜のキワに白いペンシルアイライナーを塗ります。
白目を大きく見せ、黒目の印象を強めるための隠し味のつもりで控えめに塗ってください。

【肌らぶ編集部おすすめ涙袋メイク用アイカラー】

今回は、チップタイプのアイカラーをご紹介します。
レレバンス 涙袋ハイライトチップ
デカ目_涙袋ライン詳細をチェック!
価格:1,167円(税抜)
カラー:全2色(パールピンク・パールベージュ)
保湿成分:ヒアルロン酸・コラーゲン・スクワラン

涙袋を作るための、チップタイプのアイカラーです。
涙袋メイクに初めてチャレンジする人でも簡単に、仕上げることのできるうれしいアイカラー。チップの先端が細くて塗りやすいので、細かい部分までしっかりとつけることができます!
また、塗る範囲の広さを変えたり、グラデーションを演出することもできます。細やかなパールの入ったホワイトカラーが涙袋のふくらみを表現し、自然と目を大きく見せてくれます。
全2色展開ですが、ドーリーな印象にしたい方には「パールピンク」、ナチュラルな印象にしたい方には「パールベージュ」がおすすめです。

詳細をチェック!

【肌らぶ編集部おすすめ涙袋メイク用アイライナー】

今回は、手軽な値段のプチプラコスメの中から、薄いブラウンで陰影を表現しやすいアイライナーをご紹介します。

セザンヌ 描くふたえアイライナー
セザンヌ 描くふたえアイライナー詳細をチェック!
価格:600円(税抜)
カラー:全1色(影用ブラウン)

ドラッグストアなどで手軽に手に入り、手に取りやすい価格も魅力的な、セザンヌの「描くふたえアイライナー」。
本来は影を演出してふたえを自然に強調するアイテムですが、あえて淡いブラウンの色味が、涙袋の影をつけるのにも活躍してくれます。
極細筆タイプですが筆先にコシがあるので、繊細な目元に自然な細ラインを描きやすいアイテムです。
使い方として、下まぶたのふくらみの部分にラインを描くことで、自然な涙袋を演出します!アイメイクの最初に使用することにより、より自然に仕上がります。
こちらを二重部分に用いる場合は、アイプチなどの上から重ねてしまうとにじむ恐れがあるので、液が粘着部分につかないようご注意ください。

詳細をチェック!

1-4 マスカラで上下のまつげを放射状に広げる

まつげ 抜ける マスカラロングタイプのマスカラで、まつげを放射状に広げましょう。
そうすることで、目に広がりが生まれ、目を大きく見せることが期待できます。

【方法】

① ビューラーで上向きのまつげををつくります。

② 長さを出すタイプの黒いマスカラを、まつげの中間から毛先にかけて塗ります。
黒目を中心とした放射状に広げることがポイントです。マスカラ 塗り方 奥二重 一重 下まつげ ナチュラル

③ まつげを黒目より内側・黒目の上・黒目より外側の3つに分けて考え、まつげの先が右、上、左それぞれの方向に向かうようマスカラを塗ります。

④ 下まつげの毛先だけにマスカラを塗ります。
下まつげは寝た形で生えることが多いので、まつげの生え方に逆らい、目尻から目頭に向けて滑らせることで、寝ているまつげを立たせながら塗りましょう。マスカラ 塗り方 奥二重 一重 下まつげ ナチュラル

⑤ 次に付け根から毛先に向けて塗ります。下まつげも上まつげ同様、放射状の広がりを意識して広げましょう。

【肌らぶ編集部おすすめマスカラ】

今回は、まつげを長く見せてくれるロングタイプのおすすめマスカラの中から、特徴的なブラシで、短いまつげや塗りにくい目頭、下まつげもしっかりキャッチしてくれるマスカラをご紹介します。

POLA ノクターナルマスカラ
polaマスカラ詳細をチェック!
価格:3,000円(税抜)
カラー:BK・BR
保湿成分:パンテノール・ヒアルロン酸・サクラエキス

つややかな発色でまつげの存在感を強めてくれる、ロングタイプのマスカラです。
コームいらずのストレートスリムブラシが、短いまつげや塗りにくい目頭、下まつげもしっかりキャッチし、塗り残しをつくりにくくしてくれます!美しいセパレートまつげに仕上がります。
カールを持続してくれるのも見逃せないポイント。まつげのすこやかなハリ・コシもサポートしてくれます。
皮脂・汗・水に強く、にじみにくいのに、ぬるま湯で簡単にメイクオフ。まつげにやさしいのもうれしいところです。
印象的な目もとを彩るつややかな仕上がりを、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

詳細をチェック!

2. 目を大きく見せるその他のパーツメイクの3つのポイント

目を大きく見せるコツは、アイメイクだけではありません。
アイメイク以外のパーツも工夫すると、目をさらに大きく見せることができます。
次はその方法をご紹介します。

① 眉毛を明るいカラーに変える

「目を大きく見せる」ということは、顔のパーツの中で目が最も印象的に見えるようにメイクする、ということです。
目が与える印象をより強めるため、眉毛の色を髪色より1トーン~2トーン明るめに変えて、眉毛の存在感を薄めましょう。

眉毛自体を明るくする眉毛ブリーチも市販されていますが、眉マスカラは眉毛を簡単に明るく見せることができるのでおすすめです。

【肌らぶ編集部おすすめ眉マスカラ】
今回は、色の展開が3色以上ある眉マスカラをご紹介します。

マキアージュ アイブローカラーワックス
目を大きく見せるメイク詳細をチェック!
内容量:5g
価格:1,800円(税抜)
カラー:全3色(55ナチュラルブラウン・66ライトブラウン・77イエローブラウン)
使用上の注意:
◇ご使用後は容器の口もとをきれいにふき、キャップをきちんとしめてください。
◇日のあたるところや高温のところにおかないでください。
◇お肌に傷やはれもの・湿しん・色抜け(白斑等)や黒ずみなどの異常が生じていないかよく注意して使用してください。お肌に合わないときは、使用を中止し、皮ふ科医などにご相談ください。

眉を自然に色づけながら、眉毛1本1本をとかしあげて毛流れも整えるアイブローマスカラです。
立体的で洗練されたナチュラルな眉メイクを完成させ、持続させます。3色展開で、自分のヘアカラーに合わせて選ぶことができるのもうれしいポイント。
ヘアとのカラーが変わってしまい、顔のバランスに違和感が生まれることもありません。
ペンシルタイプやパウダータイプと併用する場合は、最後に使うのがおすすめ。ウォータープルーフタイプなので、落とす際には油性のアイメーキャップリムーバーを用いましょう◎

詳細をチェック!

② 眉毛の位置、幅を変える

眉毛 濃い画像眉の位置をやや下げ、幅を太くすることで、目と眉毛の距離を縮めましょう。
そうすることで、目をより大きく見せることが期待できます。

人間の目は錯覚を起こしやすく、接近した状態の二つのものを見ると、実際よりも誇張されたサイズ感で捉えてしまう傾向にあります。

アジア人の目よりも欧米人の目の方が大きく印象的に見えるのは、欧米人の顔はホリが深く、目と眉毛の位置が近いという特徴も関係しているのです。

眉の上の部分を削り、反対に眉の下の部分を描き足すようにすると、眉毛を目に近づけることができます。
この時、眉の下のあたりをやや濃いめに描くと、眉毛に陰影がついて、より目を大きく印象付けることが期待できます。

③ 前髪を作る

三軒茶屋 美容院 おすすめ前髪を目元ギリギリの長さで揃えてカットしましょう。
そうすることで、顔を小さく、目を大きく見せることが期待できます。
こちらも人間の目の錯覚を利用した方法ですが、目を大きく見せるには、顔自体を小さく見せることがポイントです。

重めに取った前髪を目が隠れるギリギリの長さに設定し、まっすぐ「ぱっつん!」とカットすると、目の印象が強まり、目が大きくなったように見えます。
前髪の幅を目の幅に合わせると、顔の横幅が細く見え、さらに小顔感の演出が期待できます。

また、おでこ全部を隠したくない場合は、前髪を左右どちらかに流し、おでこの一部分を出してもOKです。
おでこを出す場合は、大きい方の目の上のおでこを出すようにすると、目をより大きく見せることができるでしょう。

3. まとめ

30代 メイク目の大きさや形はみんな違います。その違いは女の子にとって、とても大切な「個性」です。
それぞれ違った個性を持っているのだから、女の子の数だけたくさんのメイク方法があります。

今回ご紹介したのは、目を大きく見せるための基本的なメイク方法です。
たとえばアイカラーやマスカラの色を変えてみたり、チークを合わせてみたりしてオリジナリティをプラスすれば、あなだけの個性を生かした、さらに魅力的な大きな目を作ることもできるので、あなただけのデカ目メイクを見つけてみてくださいね。

◆アイメイク 肌らぶ関連記事◆

肌らぶ編集部おすすめマスカラ|目力美人になりたい方必見!
マスカラ全6種すべて試してみた!リアルなレビューご紹介★
魅力的な目元を演出する!アイラインの引き方とは? ◆アーモンドアイメイクで正統派美人!憧れの愛され目元の作り方
アイラインの引き方【完全版】一重も奥二重も初心者さんも♡

作成者情報

肌らぶ編集部
キレイになりたいあなたに価値ある情報を提供する美容メディア「肌らぶ」編集部。スキンケア・メイクを中心に、みなさまのキレイに寄り添った記事を日々執筆中。肌のお悩みからコスメの最新トレンド情報までお任せください!

⇒肌らぶ編集部員一覧を見る