メニューを開く
アスタリフト;

ツルピカ小鼻になりたい!鼻パックの正しい方法と角栓ケアの方法

鼻 パック 角栓
鼻の角栓詰まりでお悩みの方なら一度は手に取ったことがある鼻パック、「鼻パックの正しいやり方ってあるの?」「鼻の皮膚への影響は大丈夫なの?」と気になっている方も多いと思います。

今回は鼻パックの正しい方法と注意点、アフターケアのポイントをお伝えしつつ、余分な角栓を防ぐ方法もご紹介します。

自分にあった角栓ケアを見つけて角栓の目立たないツルピカ小鼻を目指しましょう!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.鼻パックの特徴と正しい方法

鼻パック イラスト
鼻の角栓を取る鼻パックには【シートで剥がし取る鼻パック】【洗い流す鼻パック】の2種類があります。
それぞれの鼻パックの特徴と使用上の注意点をご紹介します。

①シートで剥がし取る鼻パック

【シートで剥がし取る鼻パックの特徴】
剥がし取るタイプの鼻パックは、汚れやつまりの気になる箇所を濡らしてから、シートタイプのパックを貼り、乾いたら剥がすというものです。
パックのしっかりした吸着性によって、毛穴に詰まった汚れや角栓を取り除くことができるというものです。

シートにくっついた角栓を目で確認できるため、角栓が取れたという実感が得やすいというメリットがあります。

その一方で、シートを剥がすときに肌に負担がかかったり、本来肌に必要な皮脂膜や水分までをも取り除いたりしてしまう可能性があるため、正しい使い方や使用頻度を守ることが大切です。

誤った使い方をしてしまうと、人によっては逆に毛穴に汚れが詰まりやすくなる可能性がありますので気をつけましょう。

【シートで剥がし取るパックの方法】

パックの手順は、次のとおりです。

①使用前に洗顔で汚れを取っておき、蒸しタオルを顔全体かパックをする箇所にあてて温め、毛穴を開いておきます。
蒸しタオル顔
②肌表面をしっかりと水で濡らし、シートをムラなく密着させます。
鼻パック
③シートが完全に乾いたら、一気に剥がさずやさしくゆっくりと剥がします。

【シートで剥がし取るパックの注意点】
・パックする箇所には通常の水道水を使って濡らすようにし、化粧水などで濡らさないようにすること
・シートを置く時間は商品に記載されている時間を守ること

②洗い流すタイプ

【洗い流すタイプのパックの特徴】
洗い流すタイプのパックは炭酸パックやクレイパックなどいくつかの種類があります。
顔全体か気になる箇所に塗り、乾いたら洗い流すというものです。

剥がし取るタイプのパックに比べて肌への負担が抑えられると考えられていますが、肌への吸着力・洗浄力があるため、注意点を守って使わないと、肌がカサついたり、ヒリヒリすることがあります。正しい使用方法を守りましょう!

【洗い流すパックの方法】

パックの手順は、次のとおりです。

①使用前に蒸しタオルを顔全体かパックをする箇所にあて、毛穴を開いておきます
蒸しタオル顔
②パックする箇所の肌が隠れるぐらいの量を伸ばし、5分から10分程度置きます。デリケートな目元や口元を避けて塗りましょう。
洗い流すパック
③完全に乾いたらぬるま湯(体温より少し低い32~35℃)で洗い流します。洗浄力が強いので、パックの成分が肌に残らないようしっかりとすすぎましょう。

【洗い流すタイプのパックの注意点】
・敏感な目元や口元を避けて塗ること
・肌がヒリヒリするなどの刺激を感じたらすぐに洗い流すこと

どちらの鼻パックも肌への負担がかかることがありますので、使用頻度は月に1回程度にとどめておきましょう。

鼻パックを使用する際は、自分の肌質やその時の体調の様子を見ながら行ってください。

2.鼻パック後のアフターケア2つのポイント

鼻パックを行う際に、大切なのはアフターケアです。

鼻パック後の肌は角質が剥がれ、繊細な状態なのでアフターケアをきちんと行いましょう。毛穴に、また新たな汚れが詰まってしまうことがあります。

そうならないためにも、パックが終わったら速やかにケアをするようにしましょう!

アフターケアのポイントは以下の2つです。

 

①化粧水で肌に水分をたっぷり与える

保湿
鼻パック後の肌は、潤いが不足していてデリケートに傾きやすい状態になっています。
鼻パックが終わったら速やかに保水するようにしましょう。

②保冷パックや氷などで鼻の毛穴を引き締める

保冷剤
鼻パックで角栓を取り除いた肌は、毛穴が開いている状態なので、引き締めてあげることが大切です。

【保冷パックを使う場合】

順番は、化粧水→保冷パック→乳液となります。

(化粧水→クリーム→保冷パックの順でもOK)
鼻を冷やす
肌に化粧水等をたっぷり吸収させた後、気になる所にあて、肌を冷やしていきます。
1か所2秒ずつくらい当てながら毛穴の目立ちやすい部分、小鼻や頬、あご等をまんべんなく冷やしましょう。

3.角栓が詰まる5つの原因

日々、多くの人を悩ませる鼻の毛穴につまった角栓。
ここではどうして角栓が発生してしまうのかという、角栓の原因についてご説明します。

【そもそも角栓とは?】
角栓 角質層
角栓とは、【皮脂過剰による油分】と【古い角質(タンパク質)】が混ざって毛穴に詰まった老廃物のことを言います。

それでは、角栓のもととなる、【皮脂過剰による油分】と【古い角質(タンパク質)】が毛穴に詰まってしまう5つの原因をご紹介します。

①メイクや汚れの洗い残し

鼻パックメイク汚れ
クレンジング・洗顔がおろそかになることで肌表面に残ってしまった、不要な角栓や汚れが皮脂と混ざることで角栓となり、毛穴に詰まってしまうのです。

②うるおい不足による乾燥

毛穴 角質_乾燥
適量よりも少量の化粧水や乳液でスキンケアを済ませていると保湿は不十分な状態です。

うるおいが不足することで、肌は必要な水分・油分が奪われ乾燥してしまいます。肌が乾燥すると、鼻の毛穴まわりの角質も硬くなり、角栓が詰まりやすくなってしまうのです。

③摩擦による乾燥

鼻パック摩擦乾燥
クレンジングや洗顔の際にゴシゴシとこするように力を加えて洗ってしまうと摩擦が起こってしまうため肌に負担がかかることがあります。

肌はダメージを受けることで潤いを失い、乾燥してしまうことがあります。肌が乾燥すると毛穴は固くなり、角栓ができやすくなってしまうのです。

④道具を使って無理やり鼻の角栓を押し出す

鼻パックピンセット
鼻の角栓が気になるからといってピンセット、角栓を取る専用の器具(コメドプッシャー)、爪などで鼻の角栓を力まかせに押し出すと毛穴が開いて凹凸が目立ちやすくなることがあります。

それだけではなく、毛穴周辺の皮膚が傷ついてしまうことがあります。

⑤「脂っこい食べ物」や「甘い食べ物」の食べ過ぎ

鼻パック不規則食事
鼻の毛穴に詰まる角栓は、毛穴から出る皮脂の量が多くなるほど出来やすくなります。
皮脂が過剰出てしまう原因の1つに、食事が影響していることも考えられます。

皮脂過剰を促す食べ物として、あげられるのはフライドポテトや唐揚げなどの揚げ物や、ポテトチップスなどのスナック菓子類「脂っこい食べ物」です。

もう1つは、ケーキやチョコレートなどの「糖分を多く含む甘い食べ物」です。
甘い食べ物も皮脂の過剰を促すと言われています。

4.鼻パック以外の角栓対策

鼻パックは、角栓を簡単に取り除けるという手軽さがありますが肌へ負担がかかりやすいため、鼻パックのみで角栓ケアをすることは、あまりおすすめできません。

鼻に角栓がたまるのは、間違った肌のお手入れ方法や生活習慣の乱れによる場合もあります。
間違った角栓のお手入れや不規則な生活を繰り返すことによって、角栓ができやすい状態を自ら招いてしまっている可能性があります。

いまいちど自分のお手入れ方法や生活習慣を見直してみることを心がけましょう。

①丁寧なクレンジングと洗顔を心掛ける

鼻パック洗顔クレンジング
クレンジングや洗顔は肌に負担をかけないように行いましょう。
そのために、クレンジングはメイクとよくなじませましょう。

また、洗顔料はよく泡立てて、手で洗うのではなく泡で洗う感覚で肌のすみずみまでやさしく丁寧に洗い、汚れをきれいに落としましょう。

使用量や使用方法をしっかりと守ることも大切です。
化粧品の正しい使用量・使用方法の通りに行うことで、望んだ使用感を実感しやすくなる事も期待出来ますので、必ず確認してから使うようにしましょう。

②保湿を十分に行う

保湿鼻パック
洗顔後はしっかりと保湿をして角栓ができにくいうるおいのある肌づくりを心がけましょう。
なぜなら、肌が乾燥すると角質が硬くなり角栓ができやすくなると言われているからです。

肌質によって必要な保湿ケアは異なりますが、基本的には化粧水で水分をたっぷり与え、美容液で肌に栄養を補ったら、乳液・クリームの油分でカバーをして、与えた潤いが逃げないようにしましょう。

収れん化粧水を取り入れるのもおすすめです。
毛穴 角質_拭き取り化粧水
収れん化粧水を取りいれたスキンケアの順番は、化粧水→乳液→収れん化粧水です。

収れん化粧水をコットンに適量を取り、下から上に向かってやさしく付けましょう。

収れん化粧水は、小鼻などのテカリが気になるTゾーンなどに部分的に使うようにしましょう。

③バランスの良い食事をとる

バランス食事
食事は、栄養バランスを考えて摂るようにしましょう。

糖分を多く含むお菓子やスイーツや、揚げ物やファーストフードなどの脂っこい食事を食べる習慣の多い方は、皮脂が過剰に出て角栓が出来やすくなってしまうと言われています。

皮脂過剰を抑えてくれる働きがあると言われている「ビタミンC」、「ビタミンB2」、「ビタミンB6」を積極的に摂りいれることをおすすめします。

【ビタミンCを多く含む食べ物】
ビタミンC
・いちご
・ほうれん草
・カリフラワー
・柿
・小松菜
・ブロッコリー など

ビタミンCには、過剰な皮脂分泌を抑える働きがあるとされています。また、体内でコラーゲンが生成される際、サポートをする働きも持っているため、ビタミンCは別名、「美肌のためのビタミン」と呼ばれることもあるのです。

【ビタミンB2を多く含む食べ物】
ビタミンB2
・アーモンド
・牛肉(レバー)
・豚肉(レバー)
・鶏肉(レバー)
・うなぎ
・サバ など

【ビタミンB6を多く含む食べ物】
ビタミンB6
・かつお
・鮭
・牛乳
・豆腐
・バナナ など

ビタミンB2・B6には、体内の脂質の分解・生成のサポートをする働きがあるとされています。ビタミンB2・B6が不足すると、体内の脂質の分解・生成を上手く行うことができず、余分な脂質が皮脂として肌表面に排出されてしまうこともあるそうです。

④質の良い睡眠をとる

睡眠
角栓を予防するためには質の良い睡眠をとって、肌の調子を保つことが大切です。
睡眠中に新しい肌が作られると言われているからです。
肌リズムが乱れると古い角質が肌に残ってしまい、この角質と皮脂が混ざり合って角栓が発生してしまいます。

十分な睡眠こそが角栓を予防する上で重要になってきます。最低でも6時間は睡眠時間を摂とるように心がけましょう。

【質の良い睡眠を摂るポイント】
・自分にあった高さの枕を選ぶ
・就寝2~3時間前には食事を済ませる
・就寝1時間前には入浴を終わらせる
・就寝1時間前にはPCやスマートフォンを見ない
・部屋はできるだけ暗くする
・カフェインは摂取しないようにする

5.鼻パックのまとめ

鼻パックは正しく使えばとっても便利な美容グッズです。

ただ、小鼻をきれいにするには生活習慣やお手入れ方法を見直すなどの日々のちょっとした心がけが大切です。

この記事を参考にして自分に合った角栓ケアを見つけてみてください。

この記事は2016年8月5日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る