2017年4月13日 更新

自宅で手軽に頭皮クレンジング♪毛穴汚れを洗い流す!

頭皮 クレンジング毎日シャンプーをしているのに、頭皮の汚れや皮脂が気になってしょうがない。
頭皮クレンジングってよく聞くけど、頭皮の汚れや皮脂汚れにそんなにいいのかな。
など気になってはいませんか?

一度試してみるだけでもすっきり感を感じる人もいるという頭皮クレンジングは、頭皮の汚れや皮脂を気にしている方におすすめの頭皮ケアです。

そこで、今回は頭皮クレンジングとは何か、頭皮クレンジングオイルや頭皮クレンジングの方法をあわせてご紹介します。


◆肌らぶ セレクション◆

Le ment(ルメント)炭酸オイルシャンプー
サロンシャンプー_ルメン

炭酸が含まれた濃密な泡が、頭皮の汚れや皮脂をすっきり洗い流し、頭皮をすこやかに保ってくれる炭酸シャンプー。頭皮クレンジングとして頭皮をすっきり清浄に洗い上げたい方だけでなく、頭皮と髪の潤いケアも気になる方におすすめ。

保湿成分リピジュア、毛髪補修成分ケラチン配合。ノンシリコン。

公式HPはこちら(オレンジ)

1. 頭皮クレンジングとは?

頭皮 クレンジングそもそも頭皮クレンジングとは、顔のメイクや皮脂の汚れを洗い流すクレンジングと同様に、頭皮の毛穴に詰まった汚れや皮脂をクレンジングして洗い流すことです。

頭皮の毛穴に皮脂などの汚れが詰まると、それらが酸化し、臭いの原因になるともあると言われています。
最近では、美容室の「ヘッドスパ」を利用する方も増えていますが、予算や時間を気にして、なかなか美容室に行けない方は、自宅でもっと気楽に行える頭皮クレンジグを試してみてはいかがでしょうか。

本格的に頭皮クレンジングを行いたい方は、シャンプーの前にクレンジングオイルを使用して行うお手入れから始めてみましょう。
頭皮クレンジング初心者の方は、クレンジングシャンプーから試してみるのもよいでしょう。

2. 自宅で行う頭皮クレンジングの方法

頭皮 クレンジングクレンジングオイルを取り入れて、自宅で気軽に行える頭皮クレンジングの方法をご紹介します。

頭皮の皮脂をオイルでなじませて汚れを洗い流す方法です。

2-1 クレンジングオイルを選ぶ

頭皮 クレンジング頭皮クレンジングで使用するクレンジングオイルは、人間の皮脂にちかくなじみやすいものがおすすめです。

オイルの例:
・ホホバオイル
・椿油
・スクワランオイル
・あんず油
・オリーブオイル

メイク落としでクレンジングオイルを使用している方や上記のオイルをボディケアで使用している方は、同じものを使用するのもOKです。

新たに購入する方は、ピュアオイルがおすすめです。

◆肌らぶ編集部おすすめのピュアオイル

酸化しにくい特徴があるといわれているホホバオイルのなかから、おすすめしたいピュアオイルをご紹介します。

「ホホバオイルなんてどれも同じ」と思っている方にこそおすすめしたい、オーガニックのピュアなホホバオイルです。
非加熱のコールドプレス製法で抽出されているため、金色の美しさが目を惹きます。お試しサイズがあるのも魅力。

NATURAL ORCHESTRA オーガニックホホバオイル
ナチュラルオーケストラホホバオイル 乾燥肌 クレンジング

ナチュラルオーケストラのホホバオイルは、原料だけでなく、製造、工場、流通からブランド、全ての工程で審査に合格しなければならない、フランスのオーガニック認証機関ECOCERTの認定を受けたホホバオイルです。

素肌の乾燥ケアにも、パサつきの気になる髪の保湿ケアにも使えます。

公式HPはこちら(オレンジ)

2-2 ブラッシング

頭皮 クレンジングオイルクレンジングを行う前に、まずはブラシで頭皮をマッサージしましょう。
ブラッシングをする事で、髪の毛に付いた汚れを落とすこともできるので、クレンジングやシャンプーを行う前に、ブラッシングを行うと良いでしょう。

2-3 マッサージ

頭皮 クレンジング髪の毛をかき分けて、頭皮に直接オイルをつけて全体的になじませます。
頭皮クレンジングの1回で使用するオイルの量は500円玉1個分を目安にしてみてください。

ポイント1 乾いた状態で使用しましょう。
髪の毛や頭皮が水でぬれていると、オイルをはじいてしまい皮脂となじませにくくなります。

ポイント2 髪の毛につけず、できるだけ頭皮に付けていきます。
頭皮クレンジングのオイルの役割は、頭皮の皮脂をなじませる事です。髪の毛にオイルをつけると、頭皮にオイルがなじまない可能性があります。

頭皮にオイルをなじませたら、指のお腹で円を描くようにし頭皮全体を優しく5~10分ほどマッサージをしていきます。

汚れを落とそうとして、爪を立ててマッサージを行わないように気をつけましょう。
頭皮の皮脂とオイルがなじんでくると自然に毛穴の汚れがとれていきます。

2-4 洗い流す

頭皮 クレンジングオイルでなじませた後は、オイルを洗い流していきます。
少量のぬるま湯を頭皮に加えて、全体的にマッサージを行います。

ここでのポイントは、ぬるま湯でオイルを乳化させて洗い流すことです。
水と油は、混ざり合わない性質がありますが、少しのぬるま湯を加えてあげる事で、水と油が乳化し、お湯で洗い流すことができます。
乳化されて、汚れが浮き出てきたら、お湯でしっかりとすすいでいきます。

2-5 シャンプー&トリートメントをする

頭皮 クレンジングオイルクレンジング後は、シャンプーを行い、トリートメントをして仕上げましょう。
オイルが気になる方は、シャンプーを1回追加してみてください。

オイルを使った頭皮クレンジングを行う頻度は、週に1回~2回を目安にしましょう。毎日行う必要はありません。

3.頭皮の汚れや皮脂が気になる人に見直してほしいポイント

頭皮 クレンジング頭皮の汚れや皮脂が気になる方に、頭皮クレンジングとあわせて日常のなかで見直してほしいポイントもありますのでご紹介します。

今日からでもできることがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

①シャンプーを丁寧に行う

頭皮クレンジング頭皮には皮脂腺が多いので、毎回のシャンプーを丁寧に行い、皮脂汚れを洗い流すことが大事です。

シャンプー液をつける前に、お湯でプレ洗いするようにしたり、シャンプーをよく泡立ててから頭皮をマッサージするようにじっくり洗ったり、すすぎを念入りにしたりするように心がけましょう。

頭皮クレンジングはおすすめのケア方法ですが、日々のシャンプーを丁寧に行うことで、頭皮と髪を清潔に保ち、すこやかに保つことも大事にしてくださいね。

②バランスの良い食事をとる

頭皮 クレンジング皮脂の量は、普段の食事の影響を受けてしまうこともあります。

普段から、油ものやお肉、ジャンクフードを好んで食べている人は、食べ過ぎや偏りに気をつけましょう。

脂質の代謝に必要なビタミンなどが不足しないように、野菜料理などもしっかり取り入れ、バランスのとれた食生活を心がけてください。

③適度な運動を行う

頭皮 クレンジング運動を普段行わない方は、血行不良につながると言われています。
血行不良によって、体内環境が乱れると、肌リズムも乱れ古い角質が肌の表面にたまってしまうことがあります。
顔のお肌だけでなく、頭皮でも同じことが考えられます。

簡単なウォーキングやストレッチなど、無理のない軽い運動から取りいれて、身体を動かすようにしていきましょう。

4. まとめ

頭皮 クレンジング頭皮クレンジングは、自宅でも手軽に行うことができる頭皮ケアです。
頭皮の皮脂が多いな、汚れや臭いが気になるなと感じたら、週に1度オイルを使用した頭皮クレンジングを試してはみてはいかがでしょうか。

頭皮のクレンジングと共にマッサージを行うことで、すこやかな頭皮を保っていきましょう。

この記事は2017年4月13日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。