2017年5月10日 更新

【注目】髪の傷みが気になる!そんなSOSに徹底解説!!

髪 傷み「髪の傷みが気になる…」「どうやって髪のお手入れしようかな~」などとお悩みではないですか?
髪の傷みは、一度意識してしまうとどうしても気になってしまいますよね。

今回は、髪の傷みの原因と、髪が傷んでしまっても諦めず続けて欲しいお手入れ方法をご紹介します。

髪の傷みが気になるときだからこそ、お手入れ方法を見直して少しでもクシ通りのよい扱いやすい髪を目指しましょう。


1.髪の傷みの原因

髪の傷みが気になるときのお手入れ方法をご紹介する前に、髪の傷みの主な原因を5つご紹介します。

普段何気なくしている行動が原因で髪は傷んでしまうことがあると言われています。自分の日常の行動を思い出しながら、原因になり得る行動をしていないか確認していきましょう。

①紫外線(日焼け)

首 乾燥髪は紫外線を受けてしまうと傷んでしまうと言われています。

紫外線の光や熱の影響を髪が受けてしまうと、髪の温度が高くなったり髪を構成している成分が変化してしまったりすると考えられているのです。

すると、枝毛や切れ毛など髪の傷みが一因で起こる別の悩みに繋がってしまうこともあるとされています。

②間違った洗髪方法

髪の毛 ベタベタシャンプーを泡立てずに頭皮に付けたり、使用量が多すぎたりと間違った洗髪方法を続けていると髪が傷んでしまうことがあるようです。

また、洗髪のしすぎで頭皮や髪に必要な皮脂まで洗い流してしまうと、うるおいを保とうと皮脂が過剰に出てしまうことがあり、過剰に出た皮脂が原因で毛穴が詰まったり、抜け毛が増えてしまうこともあると考えられています。

③髪同士の摩擦

頭皮 皮脂洗髪の際、髪をよく濡らさずに洗い始めたり、タオルドライのときに布でごしごしと擦りすぎてしまうとキューティクルが剥がれ、髪が傷んでしまうとされています。

さらに、濡れた状態の髪はキューティクルが開いたままの状態なので剥がれやすく、普段通り髪に触れているつもりでも髪が傷む行動になってしまっている可能性が多々あるようです。

④熱による影響

前髪 くせ毛 ヘア アイロンドライヤーやコテ・ヘアアイロンで、髪に熱を与え過ぎてしまうと、キューティクルが剥がれてしまったり、毛髪を構成しているたんぱく質が変化したりしてしまうため、髪が傷みやすくなると言われています。

また、ドライヤーを使う際にキューティクルの流れに逆らい、毛先の方から風を当ててしまうとキューティクルが整わず髪の毛がまとまりづらくなってしまうこともあるそうです。

⑤生活習慣の乱れ

気分転換 ストレス解消生活習慣の乱れは体や肌だけでなく、髪にも影響してしまうことがあると考えられています。

無理なダイエットや睡眠不足、過度なストレスが原因で体のめぐりが悪くなったり、ホルモンバランスが乱れてしまったりすると結果的に髪が傷むことに繋がってしまう可能性があるようです。

2.髪の傷みが気になるときのお手入れ方法

ヘアパック おすすめ髪の傷みに気づいても、「実は、傷んだ髪をどうやってお手入れしたらいいのか分からない」という方も多くいらっしゃいますよね。

髪は一度傷んでしまうと、どんなお手入れをしても元に戻ることはありません。そのため、「傷んだ髪は切ってしまった方がいい!」という意見もあるようです。

しかし、傷んだ髪は、お手入れをしないとますます傷みが広がってしまう可能性があり、その時々に必要な頭皮や髪のお手入れをしなければ新しく生えてくる髪にもよくないと言われています。

少しでもよい状態の髪を保つために今できるお手入れを行いましょう。
髪の傷みが気になるときにも続けてほしい、お手入れ方法を3つご紹介します。

①トリートメントを使う

馬油 髪髪の傷みが気になる時には、トリートメントを使用してみることがおすすめです。

トリートメントは、傷みが気になる髪にもうるおいやツヤを与え、指通りをよくします。

油分で髪を包み込むという点ではコンディショナーと役割は同じですが、トリートメントは髪の傷みに注目している商品が多く、配合される成分量にも違いがあると言われているのです。

トリートメントにはさまざまな種類があるので、髪の傷みが気になるときには「ダメージケア」などの記載があるトリートメントを探してみましょう!

~肌らぶ編集部おすすめトリートメント~
髪にうるおいを与え、クシ通りをよくするトリートメントをご紹介します。
ラサーナ 海藻 海泥 トリートメント
ラサーナ 海藻 海泥 トリートメント
販売会社:株式会社ヤマサキ
価格:1,600円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
傷んだ髪にもうるおいを与えるお手入れに着目して作られたトリートメントです。
保湿成分の「トチャカエキス」「シーラベンダーエキス」「水溶性コラーゲン」を配合しており、髪にうるおいやツヤを与え、クシ通りをよくします。

公式HP

②摩擦を与えない

頭皮 乾燥 フケ ローション 原因 かゆみ シャンプー 対策さらに、髪の傷みを広げないために、摩擦を極力与えないように気をつけることも大切です。

タオルドライやブラッシングの際には無理に擦ったり、必要以上に髪に触れたりして摩擦を与えないようにしましょう。

洗い流さないトリートメントやヘアオイルを付けてからブラッシングやドライヤーをすることで、ある程度摩擦を抑えることが期待できると言われています。髪の傷みが気になるときこそ、普段以上にヘアケアに気を使ってみましょう。
~肌らぶ編集部おすすめ洗い流さないトリートメント~
髪にうるおいを与え、すこやかに保つ洗い流さないトリートメントをご紹介します。
ラサーナ 海藻ヘアエッセンス しっとり
ラサーナヘアエッセンス 販売会社:株式会社ヤマサキ
価格:1,000円(+税)25mL

【肌らぶ編集部コメント】
しっとりまとまるツヤのある髪へ導く、洗い流さないタイプのトリートメントです。
保湿成分である、「オリーブ油」や「ローヤルゼリーエキス」を配合、うるおいを与えすこやかに保ちます。ブラッシングやブローの前に付けるのがおすすめです。

公式HP

③冷風で乾かす

頭皮 乾燥キューティクルは熱に弱く、ドライヤー温風を当てすぎてしまうと、髪をさらに傷ませてしまうことがあると言われています。

髪の傷みが気になるときは、冷風で乾かすか低温ドライヤーを使って乾かしましょう。

もし温風を使うのであれば、ヘアオイルなどを付けて熱から髪を守り、ブローすることがおすすめです。

~肌らぶ編集部おすすめヘアオイル~
髪になじませやすいテクスチャーで、ツヤも与えるヘアオイルをご紹介します。
ディープモイストオイル (ヘア&ボディオイル)
mogans(モーガンズ) ディープモイストオイル 販売会社:彩り株式会社
価格:2,500円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
さらっとしたテクスチャーが特徴の、100%自然由来の成分で作られたナチュラルピュアオイルです。
ヘアオイルとしてだけでなく、ボディオイルとして全身に使用することができます。

公式HP

3.髪を傷みにくくするために気を付けたいこと

ここでは、髪を傷みにくくするために、日常で気を付けたいことをご紹介します。

①紫外線対策をする

そばかす 原因髪を傷みにくくするために、日頃から紫外線対策を行っておくことも大切です。

髪が日焼けしないように、日傘や帽子で紫外線が髪に当たらないようにしましょう。髪の長い人は紫外線が当たる面積を減らすために結んでまとめてしまうこともおすすめです。

また、髪にも使える日焼け対策スプレーを使用してみてもよいですね!

~肌らぶ編集部おすすめ日焼け対策アイテム~
毎日気軽に使いやすい、日焼け対策アイテムをご紹介します。
紫外線予報 透明UVスプレー
紫外線予報
販売会社:株式会社 石澤研究所
価格:1850円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
持ち運びにも便利なサイズの日焼け止めスプレーです。
1本で顔・髪・体(全身)のUV対策に使用でき、「時間がないけれど紫外線対策をしておきたい!」という時でもシューッとかけるだけで日焼け対策が行えます。

公式HP

②生活習慣を整える

ほうれい線 ニキビ髪や頭皮をすこやかに保つためにも、バランスのとれた食事や睡眠リズムを整えられるよう心掛け、生活習慣を整えましょう。

食事は、肉・魚・野菜・米などをバランスよく摂るように意識してみてください。不足しがちなビタミン群なども積極的に摂り入れてみましょう。

睡眠は、なるべく決まった時間に眠り、起きるというようにすると睡眠時間のリズムが整いやすくなります。

朝起きるのが苦手だという人は、起きてすぐ朝日を浴びたり、筋トレなどをして体に朝が来たと教えると目が覚めやすくなるそうです。こういった行動が習慣になると、睡眠時間のリズムが取りやすくなるでしょう。

4.まとめ

普段なにげなくしている行動が髪の傷みの原因になることが分かり、驚いた方も多かったのではないでしょうか?

一度髪が傷んでしまうと元に戻ることはないと言われても、そのまま放っておいたりお手入れをさぼったりしてはいけません。諦めずにお手入れを続けて少しでも扱いやすい髪を目指しましょう。

※この記事は2017年5月10日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。