メニューを開く
アスタリフト;

どっちが先が正しいの!?日焼け止めと化粧下地の塗る順番

日焼け止め 下地あなたはメイクで、日焼け止めと化粧下地のどちらを先に塗っていますか?

「日焼け止めは一番下に塗ったらきちんと日焼けを予防できないんじゃないの?」
「化粧下地を先に塗った方がメイクは崩れにくいんじゃ?その方が肌をいたわれる気がする…」

考えれば考えるほど、どちらを先に塗るべきなのか分からなくなってきますよね…。

今回はそんな疑問にお答えして、日焼け止めと化粧下地の塗る順番をお伝えします!

astalift
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

ホワイティシモ デイセラム
ホワイティシモ デイセラム販売会社:株式会社 ポーラ

1本で化粧下地、メイクアップ、日焼け止め、スキンケアの4つの役割が期待できる化粧下地です。

独自の複合保湿成分トリプルブライトカプセル※でメイクしながら肌にうるおいを与え、透明感あるツヤ肌を演出します。

軽やかな仕上がりで気になる皮脂を吸着するので、メイクが崩れやすく乾きやすい夏場にもおすすめです。

※水添レシチン、ダイズステロール、マヨラナ葉エキス、クララ根エキス、カニナバラ果実エキス、ワイルドタイムエキス、ルイボスエキス(すべて保湿成分)

株式会社 ポーラ


1.日焼け止めと化粧下地の順番はどちらが先?

ベースメイク 基本

結論から言うと、日焼け止めと化粧下地では、基本的に日焼け止めを先に肌に塗るのが正しい塗り方です。

〈基本の順番〉

①化粧水・乳液
②日焼け止め
③化粧下地
④ファンデーション

どちらを先に塗るのが良いのかは諸説ありますが、日焼け止めと化粧下地それぞれの本来の目的を考えてみると分かりやすいと思います。

日焼け止めの目的は日焼けを防ぐこと、そのためには顔全体にムラなく均一に伸ばすことが重要です。
化粧下地の目的は肌を整え、その後に重ねるファンデーションをより密着させて持ちをよくすること、そのためにはファンデーションの直前に塗る方が効率的です。

さらに、日焼け止めを塗った上に化粧下地・ファンデーションの層を重ねることで、より効率的に日焼けを防ぐことができます。

ただし、日焼け止めで最も多いのはリキッドまたはジェルタイプですが、パウダータイプなどの異なるテクスチャーでは化粧下地の前に塗るとよれてしまうので、化粧下地の後につけた方が良い場合もあります。

日焼け止めを先に塗る方が日焼け対策・メイクの仕上がり共に効率的ですが、必ずしも順番を守らなければならないというわけではないので、リキッド・ジェルタイプ以外のテクスチャーの日焼け止めを使用する場合は、その都度順番を調整しましょう。

2.日焼け止めと化粧下地は両方必要?

日焼け止めと化粧下地を両方使用するべきなのかということも、多くの方が疑問に感じていることだと思います。

この結論としては、もう一方の役割を補ってくれるものを選べば、日焼け止めか化粧下地どちらか一つだけの使用でも問題ありません。

化粧下地を使用せず日焼け止めのみにする場合は
「化粧下地のように肌を整える役割のある日焼け止め」
日焼け止めを使用せず化粧下地のみにする場合は
「一定のSPF&PA数値がある化粧下地」を選びましょう。

長時間のレジャーやスポーツにはSPF 50・PA+++以上の「化粧下地のように肌を整える役割のある日焼け止め」
通勤や買い物などのちょっとしたお出かけにはSPF 35・PA++程度の「一定のSPF&PA数値がある化粧下地」
など、シーンに合わせて選びましょう。

3.おすすめの日焼け止めと化粧下地

肌らぶ編集部から是非おすすめしたい、一つで二つの役割を果たしてくれる日焼け止め・化粧下地をご紹介します。

〈長時間のレジャーやスポーツにおすすめの日焼け止め〉

【医薬部外品】ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト
(SPF50 PA++++)

【医薬部外品】ホワイティシモ UVブロック ホワイトシールド(SPF50 PA++++)
販売会社:株式会社 ポーラ

美白※有用成分「ビタミンC誘導体」や保湿成分「ブライトカプセル」「S-ヒアルロン酸」を配合、ハリあるいきいきとした肌を保つ薬用美白※美容液です。

SPF50・PA++++、ウォータープルーフ設計で肌を整えます。

日焼け止め特有の白浮き・ベタつきはなく、使い心地の良さを追及しています。
※日焼けによるシミやソバカスを防ぐ


⇒株式会社 ポーラ公式HPはこちら

ホメオバウ UVヴェールEX(PF50 PA++++)
ホメオバウ UVヴェールEX
販売会社:株式会社サンライズジャパン

うるおい成分「リピジュア」、「プラチナナノコロイド」で、乾燥から肌を保護しながらうるおいを保つ日焼け止めです。

ホイップクリームのような軽やかな付け心地と、肌に良く伸びて白浮きしにくいところも嬉しいですね。

ラベンダーとローズマリーがほのかに香ります。


⇒株式会社サンライズジャパン公式HPはこちら

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター
(SPF50+ PA++++)

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター
販売会社:資生堂ジャパン株式会社

汗や水に触れることで、紫外線をよりブロックする「アクアブースター技術」搭載のウォータープルーフタイプの日焼け止めです。

紫外線から肌をしっかりと保護し、うるおいも保ちます。

石けんで落とすことができるのも魅力的ですね。

⇒資生堂ジャパン株式会社公式HPはこちら

〈ちょっとしたお出かけにおすすめの化粧下地〉

ヌーディーヴェール(SPF36 PA++)
ヌーディーヴェール
販売会社:ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社

保湿成分として、ヒアルロン酸・コラーゲンなどが配合されています。肌をうるおわせることで、メイク崩れが起こりにくい状態をキープし、素肌を自然に美しく見せる化粧下地です。

光の反射を味方につけて、顔の立体感を出す「シャイニングパール」と、肌の動きや皮脂の浮きにも負けない「ストレッチヴェール」が、メリハリのあるなめらかな肌を演出します。

⇒ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社公式HPはこちら

UVラグジュアリーデイクリームII(SPF23 PA++)
UVラグジュアリーデイクリームⅡ
販売会社:株式会社ブルークレール

コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸、褐藻エキスなどの保湿・整肌成分を配合し、美容液のように肌を整えうるおいを与えるUV美容クリームです。

肌になじみやすいクリーム色でファンデーションとのなじみも良く、季節を問わず一年中使用が可能です。

ネロリとローズの優しく上品な香りで、メイクタイムも心地よく過ごせます。

⇒株式会社ブルークレール公式HPはこちら

【医薬部外品】ホワイトルーセント ブライトニングスポットコントロールベースUV
(SPF35 PA+++)

ホワイトルーセント
販売会社:資生堂ジャパン株式会社

紫外線から肌を保護し、メイクもちも良くする薬用化粧下地です。

美白※有用成分「m-トラネキサム酸」や保湿成分「ヒアルロン酸」等が配合されています。

コントロールカラーの役割も持ち、まるで内側から輝くような透明感のある肌を演出します。
※日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

⇒資生堂ジャパン株式会社公式HPはこちら

4.日焼け止めの効率的な使い方

日焼け止め
この章では、日焼け止めまたはSPF&PA付き化粧下地を効率的に使用するポイントをご紹介します。

①毎日使用する

日焼け止めは季節に関係なく、毎日使用することが大切です。

紫外線は季節に関係なく毎日降り注いでいます。肌は紫外線を受けると蓄積するようにできており、この蓄積量が増えることで、肌表面にシミ・そばかすとして現れてくるのです。

健やかで若々しい肌を保つためには、年間を通して使用することをおすすめします。

②ムラなく伸ばす

まずは日焼け止めを塗る前に化粧水でたっぷりと肌をうるおし、肌と日焼け止めが馴染みやすい状態を作りましょう。肌がうるおうことで、日焼け止めの伸びが良くなり、隅々まで塗り広げやすくなります。

少量ずつ手のひらにとり、顔全体に丁寧に塗り伸ばします。

小鼻の脇や目の際など、細かな部分までしっかりと塗り、シミ・ソバカスができやすい鼻の頭や頬は二度塗りをすることがおすすめです。

③適量をしっかり塗る

日焼け止めの重たい感じを嫌って、薄く塗ってしまうことはありませんか?日焼け止めには肌を守るために適切な量があります。

顔全体だと約0.8gが日焼け止めの適量となり、分かりやすく言うと500円玉と同じくらいの大きさだといわれています。

使用量が少ないとムラになってしまいます。定められた適量を使うよう心がけましょう。

④こまめに塗り直す

日焼け止めは汗や皮脂で流れ落ちてしまう可能性があるので、目安として2~3時間に1回程度の頻度で、塗り直すようにしましょう。

メイクの上から塗り直す際は、パフに日焼け止めを馴染ませ、よれてしまったファンデーションを拭き取るようにしながら、重ねて塗っていきましょう。
その後、ファンデーションを上から塗り重ねることで、メイク直しをすることができます。

〈基本の塗り方〉

1.額・両頬・鼻・あごに日焼け止めをのせる
日焼け止め 塗り方1
2.内側から外側に向かって、丁寧に塗り広げる
日焼け止め 塗り方2
3.1と同じ部分にもう一度日焼け止めをのせる
4.2と同じように塗り広げ、小鼻などの細かい部分は、指先でなじませる
5.耳・首の後ろ、さらにデコルテまで塗り広げる
日焼け止め 塗り方3
6.なじんだら、下地を塗る

5.日焼け止めと化粧下地に併せて行うUV対策のポイント

紫外線対策
より効率的に紫外線を防ぐために、日焼け止めと化粧下地に併せて行うUV対策のポイントをお伝えします。

①あらゆる場面でUV対策する

紫外線は、屋内にいれば大丈夫というものではありません。実は紫外線は、空気中にも散乱しているため、私たちの肌は常に紫外線にさらされているのです。

頭上からだけでなく反射する紫外線、屋内での影響も意識したあらゆる場面・方向からのUV対策をしましょう。

②UVパウダーを重ねる

素肌にそのまま使用することはもちろん、日焼け止めやファンデーションの上に仕上げとして重ねることで肌を守り、メイク崩れを防ぐことで、さらりとした状態をキープすることができるのです。

外出先のメイク直しにも役立つので、仕上げパウダーとしてメイクの最後に重ねるのがおすすめです。

☆UVパウダーについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください

③紫外線が多い時間に出歩かない

どうしても紫外線が気になる場合は、一日の内紫外線が最も強くなる時間帯の外出を避けるという方法もあります。

紫外線が最も強くなる時間帯は、午前10時から午後2時の間の41時間だといわれています。この4時間で1日の全紫外線量の約50%が降り注ぎます。

日焼け対策としては午前10時~午後2時の間は、長時間外を出歩くことを控えるのがおすすめです。

上記4時間の間に外出する用事のある場合は、肌の露出をできるだけ減らし、意識的に日陰を選んで歩いたりすると良いでしょう。日陰は日なたの50%程度の紫外線量になると言われています。

④肌を露出しない

紫外線を肌に直接当てないためには、衣類や日焼け対策用の小物を駆使し、肌の露出を防ぎましょう。

厚い素材の黒い布は、紫外線を最も通しにくいとされているため、紫外線対策にはこうした羽織ものなどを着用するとよいでしょう。

しかし、常にこうした羽織ものを着用していると、夏場は特に熱中症などのリスクが高くなります。気温や体調に合わせ、通気性・吸収性の良い素材などに変えながら、紫外線対策を行いましょう。

衣類の紫外線保護指数「UPF」※表記があるものを選ぶのもおすすめです。
オーストラリア/ニュージーランド規格の繊維製品の紫外線遮蔽率(%)の数値

⑤美白※化粧品で肌をうるおし整える

肌が乾燥してうるおいがなくなると角質層が硬く厚くなり、日焼けによるシミの原因となるメラニン色素が肌に残りやすくなります。

肌にたっぷりとうるおいを与えて、健やかな肌をつくりましょう。

乾燥した肌をうるおすと同時にシミの予防もできる美白※化粧品の使用がおすすめです。
※日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。
美しく輝く毎日を送るためには、日焼け止め・化粧下地それぞれをより効率的に使用することが大切です。
この記事を参考に、是非今日から実践してみてください。

この記事は2016年9月6日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください


Pocket
LINEで送る