メニューを開く

面長はチークでカバーする!面長さんがマスターすべきチーク術♡

面長 チーク 大人っぽく落ち着いた印象をもたれやすい「面長さん」。

でも「もっとかわいらしく見られたい!」という方もいるのではないでしょうか?

そんなお悩みをお持ちの面長さんにぜひおすすめしたいのが、面長をカバーするチーク術です!

面長さんに合ったチークの入れ方や色選びを覚えるだけで、周囲に与える印象をがらりと変えることができるかもしれません。

そこで今回は、面長さんに実践してほしいチーク術と、面長をカバーするメイクのポイントをご紹介します!


1.面長さんの特徴と悩みカバーするポイント

チーク術をご紹介する前に、面長さんの特徴と、「かわいらしく見せる」ためのポイントをご紹介します。

1-1.面長さんの特徴

面長 チーク面長さんは、眉と口のラインを結ぶ縦の長さと、口を軸として延長した横の長さの割合が横に比べて縦が長いため、落ち着いた大人っぽい印象に見られがちです。

そのため、面長さんは「老けて見られやすい…」「おとなしそうに見られる…」などの悩みを抱えやすいと言われています。

1-2.かわいらしく見せるためのポイントは≪顔に丸みをもたせること≫

赤ちゃん ボディソープ大人っぽく落ち着いた印象をもたれやすい面長さんを、かわいらしく見せるには「顔に丸みをもたせること」が大切です。

赤ちゃんをイメージしてみてください。
丸い輪郭にふっくらとした頬、くりっとした丸い目。

誰が見ても、「かわいい!」と思う赤ちゃんの顔は、丸いパーツでできていますよね。

この丸みこそが「かわいさ」を演出する大事なポイントなのです。

「面長の顔は縦に長いから、丸みなんて…」と諦めないでください。

チークなどのメイクを上手く活用し、縦の長さをカバーしながら横のボリュームを出すことで、顔の丸みを演出することができます。

2.面長さん必見!顔に丸み演出するチークの入れ方

それではさっそく、面長さんに覚えていただきたいチーク術をご紹介いたします。

チークは、肌の血色を良くみせるという役割だけでなく、入れる位置や色を変えることによって顔のパーツバランスを整えることができると考えられています。

①横に向かって楕円形に入れる

チークは、鼻の横から耳に向かって、楕円形になるように入れましょう。
以下の図をご覧ください。
面長 チーク1Aのように、チークを頬の内側に丸く入れると、縦の長さが強調されやすいです。

一方で、Bのように横に向かって楕円形に入れると、横の幅が強調されふっくらして見え、縦の長さをカバーしやすいと考えられます。

また、頬がふっくらするとやさしい印象を与えやすいので、かわいらしさを求める面長さんには一石二鳥ですよ♡

②頬よりも少し高い位置に入れる

チークは、頬よりも少し高い位置に入れましょう。
実は、チークを入れる高さも重要です!

以下の図をご覧ください。
面長 チーク2Aは頬より少し低めに、Bは頬より少し高めにチークを入れた状態です。

チークは視線を集めるため、Aのように低い位置に入れると縦の長さが強調されやすいです。

そのため、頬よりも少し高い位置に入れることで、視線が上に集まり縦の長さをカバーしやすくなります。

【肌らぶ編集部おすすめ参考商品】
色みに変化が出しやすいチークを選びました。

POLA ミュゼルノクターナルフェイスカラー
ミュゼル ノクターナル フェイスカラー質感の異なるパウダーがセットになったフェイスカラーです。

質感の異なるパウダーを混ぜ合わせることで、シーンや気分によって肌に異なる表現をしやすい便利なアイテムです。

ふんわりとしたナチュラルな肌を演出してくれます。

公式HPはこちら(オレンジ)

3.さらに面長をカバー!チーク以外のメイクポイント♡

チークの入れ方を変えるだけでも、面長をカバーすることができますが、「もっとメイクで面長をカバーしたい!」という方は以下の2つのメイク術をプラスしましょう。

①額とあごにシェーディングを入れる

面長さんは、縦の長さを短く見せるために、額とあごにシェーディングを入れましょう。
シェーディング 面長額は、中央からこめかみまで塗ります。

最後に髪の生え際に向かってなじませると、より自然に仕上げることができますよ。

あごは、短く見せたい部分にふんわりと入れ、陰影をつけましょう。

②アイブロウは目と平行に、太めに描く

アイブロウは、目と平行になるように、太めに描きましょう。

そうすることで、横幅が強調され、縦のラインを和らげることができます。
面長 アイブロウ逆に、細く弓なりのアーチ眉は、縦の長さが強調されてしまうとされているので注意が必要です。

ふんわりと仕上がる、アイブロウパウダーを使用すると、やさしさとかわいらしさを演出することができておすすめです。

4.まとめ

今回は、面長さんがかわいらしく見られるためのチーク術と、メイクのポイントをご紹介しましたがいかがでしたか?

プロのメイクさんのように、すべてのメイク工程にこだわってメイクをするのは至難の業。

しかし、チークの入れ方や色を変えるだけなら、誰でも気軽にできますよね。

「かわいらしく見られたい!」という面長さんは、自分に合ったチークを見つけ、ぜひ実践してみてくださいね!

※この記事は2017年3月3日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る