メニューを開く
アスタリフト;

面長はチークでカバーする!面長さんがマスターすべきチーク術♡

面長 チーク 大人っぽく落ち着いた印象をもたれやすい「面長さん」。

でも「もっとかわいらしく見られたい!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんなお悩みをお持ちの面長さんにぜひおすすめしたいのが、面長をカバーするチーク術です!

面長さんに合ったチークの入れ方や色選びを覚えるだけで、周囲に与える印象をがらりと変えることができるかもしれません。

そこで今回は、面長さんが簡単に実践できるチーク術と、面長をカバーするメイクのポイントをご紹介します!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.面長さんの特徴と悩みカバーするポイント

チーク術をご紹介する前に、面長さんの特徴と、面長さんの願いである「かわいらしく見られる」ためのポイントをご紹介します。

1-1.面長さんの特徴

面長 チーク面長さんは、眉と口のラインを結ぶ縦の長さと、口を軸として延長した横の長さの割合が3:2と、横に比べて縦が長いため、落ち着いた大人っぽい印象に見られがちです。

そのため、面長さんは「老けて見えられやすい…」「おとなしそうに見られる…」などの悩みを抱えやすいのです。

1-2.かわいらしく見られるためのポイントは≪顔に丸みをもたせること≫

赤ちゃん ボディソープ大人っぽく落ち着いた印象をもたれやすい面長さんを、かわいらしく見せるには「顔に丸みをもたせること」が大切です。

赤ちゃんをイメージしてみてください。
丸い輪郭にふっくらとした頬、くりっとした丸い目。

誰が見ても、「かわいい!」と思う赤ちゃんの顔は、丸いパーツでできていますよね。

この丸みこそが「かわいさ」を演出する大事なポイントなのです。

「面長の顔は縦に長いから、丸みなんて…」と諦めないでください!

チークなどのメイクを上手く活用し、縦の長さをカバーしながら横のボリュームを出すことで、顔に丸みをもたせることができます。

2.面長さん必見!顔に丸みをもたせるチークの入れ方

それではさっそく、面長さんに覚えていただきたいチーク術をご紹介いたします。

チークは、肌の血色を良くみせるという役割だけでなく、入れる位置や色を変えることによって顔のパーツバランスを整えることができると考えられています。

①横に向かって楕円形に入れる

チークは、鼻の横から耳に向かって、楕円形になるように入れましょう。
以下の図をご覧ください。
面長 チーク1Aのように、チークを頬の内側に丸く入れると、縦の長さが強調されて見えます。

一方で、Bのように横に向かって楕円形に入れると、横の幅が強調されふっくらして見え、縦の長さをカバーすることができます。

また、頬がふっくらするとやさしい印象を与えることができるので、かわいらしさを求める面長さんには一石二鳥ですよ♡

②頬よりも少し高い位置に入れる

チークは、頬よりも少し高い位置に入れましょう。
実は、チークを入れる高さもかなり重要です!

以下の図をご覧ください。
面長 チーク2Aは頬より少し低めに、Bは頬より少し高めにチークを入れた状態です。

チークは視線を集めるため、Aのように低い位置に入れると縦の長さが強調されてしまします。

そのため、頬よりも少し高い位置に入れることで、視線が上に集まり縦の長さをカバーすることができるのです。

③肌なじみの良い明るいカラーを選ぶ

チークの色は、肌なじみの良い明るいものを選びましょう。

しかし、人によって肌の色はさまざま。肌なじみの良いカラーも異なります。

自分に似合うチークを探す方法はとても簡単!

指をぎゅっと握って、赤くなったところの色がまさにあなたに似合うチークの色です。
面長 チーク 色その色味に近い、明るめのカラーを頬にふんわりといれると良いでしょう。

3.面長さんにおすすめのチーク3選

ここでは、面長さんに肌らぶ編集部がおすすめしたいチーク3選をご紹介します。

今回は、「ふんわりと仕上がるもの」の中から、好みに合わせて選んでいただけるよう「パウダータイプ」「クリームタイプ」「パフタイプ」のものをそろえました。

面長さんのチーク選びの参考にしてみてくださいね!

【パウダータイプ】POLA ミュゼルノクターナルフェイスカラー

ミュゼル ノクターナル フェイスカラー質感の異なるパウダーがセットになったフェイスカラーです。

質感の異なるパウダーを混ぜ合わせることで、毎回肌に異なる表現をすることができる、便利なアイテムです。

ふんわりとしたナチュラルな肌を演出してくれます。

公式HPはこちら(オレンジ)

【クリームタイプ】rms beauty リップチーク

rms beauty リップチークrms beauty リップチーク唇にも頬にも使用できるクリームチークです。

「ヤシ油」「シア脂」「ホホバ種子油」などの保湿成分を配合。

しっとりとほどよいツヤ感で、ナチュラルに仕上がります。

少量でもパッと華やぐ発色の良さで、きっと毎日のメイクが楽しくなるはず!

公式HPはこちら(オレンジ)

【パフタイプ】エトヴォス ポンポンミネラルチーク

エトヴォス ミネラルポンポンチーク自然のミネラルで作られた、パフ一体型のチークです。

蓋の上部が鏡になっているので、鏡を見ながらポンポンとお肌にチークをのせることができます。

ミネラルチークながら、発色は自然で鮮やか。幅広いカラー展開なので、その日の気分に合わせてチョイスしてみてはいかがでしょうか?

防腐剤、香料、ワックス、オイル不使用。

公式HPはこちら(オレンジ)

4.さらに面長をカバー!簡単にできるメイクのポイント

チークの入れ方を変えるだけでも、面長をカバーすることができますが、「もっとカバーしたい!」という方は以下の2つのメイク術をプラスしましょう。

①額とあごにシェーディングを入れる

面長さんは、縦の長さを短く見せるために、額とあごにシェーディングを入れましょう。
シェーディング 面長額は、中央からこめかみまで塗ります。

最後に髪の生え際に向かってなじませると、より自然に仕上げることができますよ。

あごは、短く見せたい部分にふんわりと入れ、陰影をつけましょう。

【おすすめのシェーディング】

キャンメイク シェーディングパウダー
キャンメイク シェーディング
フェイスラインに陰影を付け、立体感を強調することで小顔に見せてくれるシェーディングパウダーです。

ブラシもセットになっているので、持ち運びにも優れています。

ブラシを立たせて持てば、ノーズシャドウとしても使用できます。

公式HPはこちら(オレンジ)

②アイブロウは目と平行に、太めに描く

アイブロウは、目と平行になるように、太めに描きましょう。

そうすることで、横幅が強調され、縦のラインを和らげることができます。
面長 アイブロウ逆に、細く弓なりのアーチ眉は、縦の長さが強調されてしまうので注意が必要です。

ふんわりと仕上がる、アイブロウパウダーを使用すると、やさしさとかわいらしさを演出することができておすすめです。

【おすすめのアイブロウパウダー】

POLA ミュゼルノクターナルアイブローパウダー
ミュゼル ノクターナル アイブロー ペンシルキメ細かいパウダーが肌になじみ、自然な立体感を演出するアイブローパウダーです。

髪色に合わせて3色をブレンドでき、ナチュラルな眉が簡単に仕上がります。

保湿成分として、「シードオイルコンプレックス」「ヒアルロン酸」を配合しています。

公式HPはこちら(オレンジ)

5.まとめ

今回は、面長さんがかわいらしく見られるためのチーク術と、メイクのポイントをご紹介しましたがいかがでしたか?

プロのメイクさんのように、すべてのメイク工程にこだわってメイクをするのは至難の業。

しかし、チークの入れ方や色を変えるだけなら、誰でも気軽にできますよね。

「かわいらしく見られたい!」という面長さんは、自分に合ったチークを見つけ、ぜひ実践してみてくださいね!

※この記事は2016年6月2日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る