メニューを開く

テカリ防止のカギはベースメイク!テカリを抑えるなら化粧下地に注目

テカリ防止「テカリですぐにメイクがくずれてしまう…」「テカリがどうしたら無くなるのかわからない…」とずっと悩んでいませんか?

清潔感をダウンさせてしまったり、雑な印象を与えてしまったり…メイクイメージを大きく左右するべたつきやテカリは見せたくないですよね。

日中のテカリ防止のカギはずばり、ベースメイクにあります。

今回は、肌らぶ編集部から、日々テカリで悩むあなたにぴったりの化粧下地を選ぶポイントとおすすめの化粧下地をご紹介いたします。


◆肌らぶ セレクション◆

制汗ジェル【医薬部外品】SaLafe plus(サラフェプラス)
制汗ジェル【医薬部外品】SaLafe plus(サラフェプラス)販売会社:株式会社ハーバーリンクスジャパン

べたつかずに肌にさらりと広がり、汗や皮脂によるテカリを抑える制汗ジェルです。

化粧下地はもちろん、外出先で汗やテカリが気になり出したときには、メイクの上からの使用も可能です。メントールの爽やかな香りが涼やかで、心地よく使用できるのも嬉しいですね。
制汗ジェル【医薬部外品】SaLafe(サラフェ)

1.顔のテカリ防止のカギはベースメイク

テカリ防止 化粧下地顔のテカリの原因は、顔にある20万個もの皮脂腺から過剰に出された皮脂だとされます。

皮脂は肌を守って水分蒸散を抑制する役割があり、本来なくてはならない大切なものですが、過剰になることにより、ニキビやくすみなど様々な肌の悩みを引き起こしてしまいます。

テカリを隠そうと、皮脂が過剰な肌にさらにメイクで油分の多いものを重ねてしまうと、余計にべたつきやテカリを招き悪循環になってしまいます。

皮脂の吸着が期待できるベースメイクを選んで、皮脂をしっかり抑えることが大切です。

テカリが気になる肌には化粧下地を重ねることを避けてしまいがちですが、化粧下地を使用することで、ファンデーションを肌により密着させることができるため化粧崩れしにくくなります。

さらに、一番最初に肌に重ねる化粧下地で皮脂を吸着し、しっかりとカバーすることによって、仕上げのファンデーションが軽く仕上げられるでしょう。

では具体的にどのような化粧下地を選べばいいのか、後章ではお伝えしていきます。

2.顔のテカリを防止する化粧下地選びのポイント

テカリ防止 化粧下地顔のテカリを防止するために、化粧下地を選ぶ際は、“パウダー配合・オイルフリー・UV対策”の3つのポイントに着目して選ぶことをおすすめします。

①パウダー配合

気になるテカリを防止するためには、化粧下地で肌をカバーするだけでなく、余分な皮脂を吸着して抑えることが大切です。

過剰な皮脂を吸着しながら、肌に密着してカバーしてくれるパウダーなどを配合した化粧下地がおすすめです。

②オイルフリー

顔のテカリが気になる肌は、すでに過剰な皮脂で油分を必要以上に纏っているので、油分を含まないものがおすすめです。

オイルフリータイプを選ぶことで、使用感もサラッと軽く、肌に伸ばすときの摩擦も少なく済ませることが期待できます。

③UV対策

紫外線を浴びると過剰な皮脂はニキビや黒ずみなど他の肌悩みの原因となる可能性があるので、UV対策できるものがおすすめです。

通勤や買い物などのちょっとしたお出かけにはSPF 35・PA++程度、長時間のレジャーやスポーツにはSPF 50・PA+++以上など、シーンに合わせて選ぶと良いでしょう。

【肌らぶ編集部参考化粧下地】
今回は、パウダー配合かつオイルフリーの化粧下地の中から、肌らぶ編集部参考商品として選んでいます。

草花木果(そうかもっか)化粧下地 テカリ知らず

草花木果 化粧下地 テカリ知らず販売会社:株式会社キナリ
容量:26ml
価格:2,000円(税抜)

【肌らぶ編集部コメント】
涼素材「麻」を活用して生み出された化粧下地。みずみずしいうるおいを与えながら、肌を整えます。

テクスチャーは液状で、伸びが良いため広げやすく、塗り残しの心配が少ないのも嬉しいポイントですね。

草花木果 化粧下地 テカリ知らず

3.顔のテカリを防止するメイク方法

テカリ防止 化粧下地最後に、顔のテカリを防止し、美しい肌を演出する化粧下地の使い方を肌らぶ編集部からご紹介します。

ファンデーションを重ねる前に、化粧下地をのばした肌の上にフェイスパウダーを重ねると、さらに崩れにくくなるのでおすすめです。

〈下準備〉

(1)化粧水を乾いた手にとり顔全体になじませた後、両手の平で包み込みなじませる
(乳液も使用する場合は薄めに使用)
(2)ティッシュで押さえるように余分な水分を拭き取る

〈化粧下地の手順〉

(1)化粧下地をパール粒大の大きさで手に取る(適量はメーカーによって異なる場合有り)
(2)顔の5点(額・両目の下・あご先・鼻筋)に化粧下地をのせる(鼻筋とあごは少量)
ファンデーション 毛穴(3)顔の中心から外側に向かって、あご先→額→鼻筋→両目の下の順に化粧下地を伸ばしていく
(皮膚が薄い目元・脂の出やすい小鼻は指に残った下地を軽くたたくようにポンポンとなじませる)
ファンデーション 毛穴(4)伸ばし終わったらそのまま1〜2分程置いて、肌に密着させる
(5)顔の中心から外側に向かって、フェイスパウダーを軽く全体にのせる(ファンデーションを重ねる前にフェイスパウダーをのせることにより、持ちが良くなります)

☆ルースパウダーの使い方をもっと詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください

〈メイクのポイント〉

①化粧下地は適量を守る

テカリ防止 化粧下地化粧下地の量は少なすぎると全体的にムラになりやすく、多すぎると油分が多くなってしまい、化粧崩れを引き起こす可能性があります。

化粧下地の適量はメーカーによって異なるため、パール粒大の量を基本として念頭に置きながら、各メーカー推奨の量を確認しましょう。

使用時は、ラフに手にとるのではなく、手の甲にのせて量を確認・調整することを心掛けましょう。

②ファンデーションは薄く

テカリ防止 化粧下地水分を含まないパウダータイプは、厚塗りすると、必要以上に肌のうるおいを奪ってしまい、さらに過剰な皮脂を招く可能性があります。薄く均一に伸ばして仕上げましょう。

大きめのフェイスブラシを使用すると、つけすぎてしまう心配もないので、ふんわり自然に全体に広がってカバーできます。

気になる肌悩みがある場合は、部分的に重ね塗りしてカバーしましょう。

☆気になる肌悩みのカバーについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください

③メイク直しで皮脂を取り過ぎない

テカリ防止 化粧下地メイク直しは、テカリが気になる部分を、ティッシュで優しく押さえるようにして行います。メイク直しで皮脂を取り過ぎると、余計に皮脂が出てしまうことがあるため、適度に取るように心掛けましょう。

メイクがよれてしまった部分は、清潔な指で軽くぽんぽんと馴染ませるようにすると、自然におさまるでしょう。

4.まとめ

テカリ防止 化粧下地いかがでしたでしょうか。
テカリが気になるときにおすすめしたい化粧下地の選び方とおすすめ商品、さらにテカリを抑えるために意識したいメイク方法をご紹介しました。

この記事を参考に、あなたにぴったりのベースメイクを見つけてサラサラ快適な毎日を過ごしてください。

この記事は2017年4月17日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る