メニューを開く
アスタリフト;

緊張でかく汗を予防する方法とすぐ止める方法3つ

緊張 汗「緊張するといつも汗をかくから、人前に出るのが不安」、「緊張している時に汗を止めるにはどうしたら良いの?」と、お悩みではありませんか?

緊張による汗は、緊張をやわらげることで抑えることができます。今回は、緊張による汗を止める方法と、未然に防ぐ方法をご紹介します。

富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

Pick Up

緊張による汗に悩んでいるあなたへ、手汗対策用の制汗パウダー「ファリネ」

緊張などで出る手汗は、脇汗の制汗剤やスプレーでは抑えられないということに着目して作られた、手汗ケア専用パウダーです。

なんと今だけ、初回限定で70%offのキャンペーン実地中です。通常価格8,890円⇒『2,667円(税別)』とお得なうえに、送料も無料です!

さらに、90日間の返金保証付きなので、実際に何度か使用するため、試しに使ってみるのも良いのではないでしょうか♪
ファリネ


1.緊張でかく汗の予防方法

汗が出るのは、神経の緊張が深く関係しており、緊張による汗は、緊張をほぐすことで緩和が期待できます。

そのため、普段から緊張しにくくするために、緊張にも負けない心を作ることが大切です。

1-1.心を強くする言葉を唱える

日頃から緊張しにくく、気持ちを大きく保つために、実際に私が使っている言葉と、偉人の名言をご用意しましたので、気がついた時に唱えてみてください。

「どうでもいいや、死ぬわけじゃないし」
by 私

私自身、緊張した時にこの言葉で自分を納得させています。極端ではありますが、例え失敗しても死ぬわけではありません。例え失敗しても、どう見られても、究極死にませんので、「どうでもいいや」と思ったら、なんとなく気持ちが軽くなりませんか?

「今から一年もたてば私の悩みなどおよそ下らないものに見えるだろう」
by サミュエル・ジョンソン(イギリス文学者)

一年後に今緊張していることを振り返ったら、「ばかばかしい」と思えるようになっているはずです。もし失敗したとしても、未来の自分は、今日のことを笑い話にできるはずです。

「思いわずらうな。なるようにしかならんから、今をせつに生きよ」
by ブッダ(釈迦)

どんなに緊張しても、思うようにできなくても、「なるようにしかならない」のが人生です。目の前の失敗を怖がらずに、今できることを必死にやることが大切です。
免

1-2.汗をかいた時の備えを万全にする

汗をかいても大丈夫なように、汗をかいた時のことを見越して、汗への備えをしましょう。緊張で汗をかく人の多くは、汗をかくことへ恐怖心を抱いていることが多いです。

そして、緊張による汗は、焦れば焦るほど止まりにくくなります。

しかし、対策をしておくことで、「これ以上汗をかくと、服に汗ジミができる!」と焦ることもありません。

〈部位別 汗をかいた時の備え〉

顔、ひたい
汗をかいてもすぐに拭き取れるよう、吸水性にすぐれたハンカチを常備しておきましょう。また、女性の場合は、メイクが崩れないように、化粧下地やメイク方法を工夫してください。

首~体
汗を吸い取り、すぐに乾かすインナーがおすすめです。化学繊維を使用しているため、においを防ぐ働きもあります。

■おすすめの商品
・汗取り付キャミソール(女性用)
女インナー

速乾、防臭・抗菌加工があります。ワキの汗取りもついています。
♡汗取り付キャミソールの詳細はこちら

・さらっとヒンヤリキャミソール(汗とりパッド付き/女性用)
女GUインナーワキに汗取り用のパッドがあり、抗菌防臭・吸水速乾機能が施されています。着心地がひんやりしていて、590円(税別)と、価格も手頃です。
♡さらっとヒンヤリキャミソール(汗とりパッド付き)の詳細はこちら

・汗取り付VネックTシャツ(短袖/男性用)
男インナー速乾、防臭・抗菌加工があります。
♡汗取り付VネックTシャツ(短袖)の詳細はこちら

・さらっとストレッチVネックT(半袖/男性用)
男GUインナー吸水速乾・抗菌防臭機能とともに、さらりとした着心地が人気です。590円(税別)という価格なので、外出先の着替え用として何枚か買っても良いでしょう。
♡さらっとストレッチVネックT(半袖)の詳細はこちら

ワキ
服に汗のシミを作るのを防ぐ商品に、服のワキ部分に張るパットがあります。汗ジミも、ニオイも防ぐことができます。

※パットを1日中つけることで、汗を誘発する可能性もあるため、緊張する場面のみに使うといった工夫が必要です。

■おすすめの商品
・あせワキパットRiff ホワイト/小林製薬
汗ワキパット汗とニオイを防いでくれます。違和感のない使用感が魅力です。形や色のバリエーションが豊富なので、生活スタイルに合わせて選んでください。
♡あせワキパットRiff の詳細はこちら

1-3.イメージトレーニングをする

イメージトレーニングは、多くのスポーツ選手も行って、成果を出していると言われています。

しかし、イメージトレーニングは、スポーツ以外の緊張する場面にも応用が可能です。

イメージトレーニングには、頭の中で自分が成功していることをイメージし、ここぞという場面で冷静に対処する力をつけ、さらに自信が生まれます。

自信がつけば、大切な場面での緊張を和らげることができるかもしれません。

〈イメージトレーニングのポイント〉

(1)集中できる環境を整える
静かでリラックスできる環境で行いましょう。呼吸はゆっくりとした腹式呼吸で整えます

(2)成功したイメージをする
「成功している自分のイメージ」をしてください。緊張する場面を思い浮かべて、その場で緊張せず、汗もかかず、堂々としている自分をイメージしてください。

(3)詳細にイメージする
可能な限り詳しく、細かくイメージします。緊張する場面で、自分はどこにいて、周りにはどんな人がいて……と、詳細にイメージするのがポイントです。

(4)感情をイメージする
さほど緊張せず、汗もあまりかいていない自分が、どんな感情になるのかをイメージしてみましょう。

誇らしいか、ホッとしているか、その感情は人それぞれですが、よりリアルにイメージすることで、自信につながります。

2.緊張で汗をかいた時に止める方法

緊張している場面で汗をかいてしまった時にこっそりできる、汗を止める方法をお話しします。

2-1.マッサージをする

汗を止める働きを期待できるマッサージをしてみましょう。緊張による汗におすすめのマッサージのポイントは体中にありますが、どんな場面でも押しやすい、手のポイントをいくつかご紹介します。

●手首

陰げき小指の下の、手のひらから指一本分下がったところにあります。押すと、熱を発散させる働きがあります。

●小指のつけ根
後谿結婚線と言われる場所にあるポイントです。押すことで、リラックス感と体の熱を下げる働きを期待できます。

●親指のつけ根
手のポイント親指と人差指の分かれ目の、くぼんだところにあります。親指を使い、人差し指の骨の下にもぐりこませるようなイメージで押してください。特に手の汗におすすめです。

2-2.腹式呼吸をする

腹式呼吸は、心身をリラックスした状態に導きます。

緊張状態は、自律神経のバランス(交感神経と副交感神経)が乱れることで引き起こされます。バランスが交感神経の方に傾くと、鼓動や呼吸が速くなり、汗が出やすくなると言われています。

腹式呼吸は、意識的に息を吐くことが重要で、鼻から息を吸い、その倍の時間をかけてゆっくりと鼻から吐きましょう。2秒間かけて息を吸ったら、4秒かけて鼻吐き出します。

この時、お腹をふくらませるように鼻から息を吸い、お腹をへこませるようにして鼻から息を吐くイメージで呼吸をすると、さらに効果的です。
腹式呼吸なお、緊張している時だけでなく、日頃から腹式呼吸を行っていると、緊張状態からリラックス状態への切り替えがスムーズになります。

2-3.心を落ち着ける

緊張による汗は、リラックスすれば止まるため、心を落ち着けることが大切です。しかしながら、緊張は簡単にほぐれるものではありませんよね。

焦らず、無理に緊張をほぐそうとする必要はありませんので、汗が出てきたら、これからご紹介することを試してみてください。

●緊張している自分を認める
緊張していると感じたら、素直に「今、緊張している」と認めてください。緊張している自分に、「落ち着け」「緊張するな」と言い聞かせても、焦るばかりです。

これは、落ち着こうと言い聞かせるほど、意識が集中してしまうためです。「この状況は緊張しても仕方ない」「汗が出ている」と、緊張している自分を客観視することで、気持ちが楽になってきます。

●「緊張=悪」という意識を捨てる
「緊張は自分をダメにする悪」と思っていたら、その意識は捨ててください。緊張は誰でもするものですし、実はなくてはならないものなのです。

適度な緊張は、本来持っている以上の能力を引き出してくれますし、他人が見て分かるほどの緊張は、「生真面目さ」「本気さ」「人間らしさ」をアピールすることができます。

緊張することは、決して恥ずかしいことではありませんし、悪いことばかりではありませんので、緊張している自分を否定するようなことはやめましょう。

●気持ちが楽になる言葉を唱える
1で紹介した、気持ちが楽になる3つの言葉を唱えて、緊張をほぐしましょう。

切羽詰まった心に、多少はゆとりが生まれてくるはずです。

3.緊張で汗をかく仕組み

緊張でかく汗は、緊張によって神経が興奮することで分泌されます。神経が興奮すると、交感神経の働きが優位になるため、汗の分泌が促されるのです。

4.緊張で汗をかくのは普通

汗緊張で汗をかくことは、決して異常なことではありません。好きな人とのデートで緊張すれば、手をつなぐのが恥ずかしいほど手に汗をかくことがありますし、昔から「手に汗握る」という表現もありますよね。

また、失敗のできない作業に集中していると、服のワキの下部分が汗でシミになるのも、誰もが経験していることでしょう。

このように、誰でも緊張で汗をかくものなので、緊張で汗をかくことを嫌だと思ったり、自分はおかしいと心配する必要はありません。

5.まとめ

緊張で出る汗を止める方法や、防ぎ方をご紹介しました。緊張による汗は、心を落ち着けることで、ある程度止めることができます。

緊張で汗をかくこと自体は、いたって自然な人間の生理現象だと受け入れましょう。

※この記事は2015年4月28日時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る