メニューを開く
アスタリフト;

マツエクで憧れ可愛い目元にする本数!マツエクの本数を徹底分析♡

マツエク 本数

「マツエクで可愛い目元にしたい!けど、どのくらいの本数をつけたら可愛い目元になれるんだろう」と思っていませんか?

マツエクはつける本数によって印象がガラリと変わるもの。ナチュラルだけどぱっちりした印象の目元を作りたいのか、ボリュームたっぷり♪存在感のある目元を作りたいかで、つけるマツエクの本数は変わってきます!

マツエクするのが初めてとなると、つける本数と仕上がりのデザインがわからずに悩んでしまいますよね。

ここでは、マツエク初心者さんも迷わずオーダーできる、なりたい目元を手に入れるために失敗しないマツエクの本数の選び方をご紹介します!

マツエクの本数別に、マツエク装着時の写真もご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください♡



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.マツエクの本数を知る前に|マツエクの基本をおさらい♡

マツエク 本数
マツエクの本数選びは、なりたい目元を作るうえで要となる部分です。イメージ通りのマツエクに仕上げるためには、マツエクとはどのようなものかを知っておくことが重要です!

マツエクの本数の選び方をご紹介する前に、まずはマツエクの基本知識をおさらいしていきましょう♡

1-1.そもそもマツエクとは?

マツエク 本数

マツエク(=eyelash extension)とは、まつげエクステンションの略称で、ミンクやセーブルといった化学繊維等で作られた人工のまつげをグルーと呼ばれる専用の接着剤を使い、自まつげに装着する美容技術です。

まつげ一本に対してマツエクを1本ずつ装着することで、まつげに長さやボリュームを持たせてぱっちりとした目元を演出してくれます。中には、束になっているタイプや枝分かれしているタイプもあります。

マツエクをまつげに装着するときは生えたてのまつげではなく、しっかりと長さのある成長毛につけます。また装着部分は、まつげの生え際ギリギリにつけるのではなく、生え際から1~2mmほど離れた部分に装着していきます。

マツエクを外したいときは、サロンでグルーを落としてもらいます。「時間もないし、サロンまで行くのが面倒!」と自分でまつげから無理に剥がしてしまうと自まつげを傷めてしまいます。

健康なまつげを維持するためにも、きちんとサロンに行ってアイリストに外してもらうようにしましょう。

1-2.マツエクの片目・両目の表記の違い

マツエク 本数

マツエクの本数を表記するうえで使われる「片目」「両目」という言葉。「片目」「両目」による本数の違いを知っておくことも重要です。

マツエクのサロンでは、マツエクの本数を表記するときに「片目○○本」「両目△△本」といったように、マツエクの本数を「片目」・「両目」を使って表記します。

例えば「片目100本」と「両目100本」を比べた場合、同じ「100本」という本数でも、片目と両目の違いで仕上がりに大きく差が出てしまいます。

仮にマツエクの本数を100本とした場合、片目・両目による本数表記の違いは以下のようになります。

■片目100本⇒まぶたの片目側のみに100本のマツエクを装着
■両目100本⇒両目のまぶた全体に合計100本のマツエクを装着

片目の場合は、片方のまぶたに100本のマツエクを装着しているため、ふさふさとしたボリュームのあるまつげに仕上がります。

マツエク 本数

一方、両目の場合は、両目のまぶた全体に合計100本のマツエクを装着していきます。両目100本だと多くの場合、片目50本ずつで仕上げることが多いです。

片目100本と比べると半分の本数で仕上げるため、よりナチュラルな目元に仕上がります。

マツエク 本数

中には、控え目な目元といった印象を受ける方もいるかもしれません。

「きちんと希望の本数でオーダーしたのに、何だか思っていた仕上がりと違う…?」なんてことにならないように、片目・両目によるマツエクの本数の違いをしっかり確認してから施術に臨むようにしましょう。

1-3.マツエクの本数をキープできる期間

マツエク 本数

マツエクの本数をキープできる期間は個人差がありますが、大体上まつげで約1ヵ月半、下まつげで2~3週間といわれています。

これはマツエクが自まつげの成長と共に一緒に抜けてしまったり、接着部分が弱まり自然にマツエクが剥がれてしまったりと、初めにつけた本数から徐々に少なくなってしまうためです。

せっかくアイリストの手できれいに仕上げてもらったマツエクした目元。ずっときれいな状態をキープしたいものですよね。

常にきれいな目元をキープしたい場合、3週間ごとに不足した本数を補うといったリペアがおすすめです。

1-4.自分がつけられるマツエクの絶対本数

マツエク 本数

マツエクには、自分がつけられるマツエクの絶対本数というものがあります

マツエクは自分の自まつげに対してマツエクを装着していくものです。つまり、自分のまつげ以上の本数をつけることができません

一般的な日本人女性のまつげの平均本数は以下になります。

上まつげの本数:120本前後
下まつげの本数:40本前後

自まつげの本数が少ないと、マツエクをたくさんつけてボリュームある目元にしたくてもマツエクそのものがつけられない場合があります。

自分のまつげがどのくらいの本数あるのかアイリストに確認してみるようにしましょう。

2.マツエクでナチュラル可愛い目元が作れる本数は?

マツエク 本数

せっかくマツエクをつけるのだから、可愛い目元にしたいと願うのはみんな一緒です☆
ナチュラルで可愛い目元が作れる本数は、両目120本までがおすすめです。

ナチュラルで可愛い目元は、オフィスシーンでも気軽に取り入れられますし、バサバサのまつげが苦手な男性からも人気のある仕上がりなんです!

人気の理由は、清楚で自然な可愛さがさり気なく演出できる点です。マツエク初挑戦の初心者さんもトライしやすい仕上がりです。

マツエクをしてナチュラルで可愛い目元をつくるには、マツエクの本数が多すぎても少なすぎても近づけません!

マツエクの本数を両目120本までで仕上げると、マツエクをつけていても悪目立ちせず、でもしっかりと目元を主張してくれますよ。

このとき、まつげの長さを短めにしておくと、まつげが自然になじむのでおすすめです。

3.【マツエクの本数別で比較】仕上がりスタイルブック

マツエク 本数

ここでは、マツエクの本数別にスタイルブック形式で目元の仕上がりを比較してご紹介していきます!

マツエクはつける本数で仕上がりが大きく変わってきます。前項でもご紹介したようにナチュラルでさり気なく印象づける目元にしたいのか、存在感あるボリュームのある目元にしたいかでマツエクの本数は変わります。

なりたい目元のデザインが決まっていても、それがどのくらいの本数をつけているかまでは見た目になかなか判断しにくいものですよね。

初めてマツエクをつける場合、ある程度、本数による仕上がりがわかっているほうがオーダーしやすいですし、希望通りの仕上がりにするためにも事前に仕上がりのイメージ別にどのくらいの本数が必要か知っておきたいですよね♪

マツエクの本数別で目元の仕上がりをしっかりイメージできていたら、オーダーもグンとしやすくなるはず!ぜひマツエクの本数選びの参考にしてみてくださいね。

2-1.片目40本・両目80本

マツエク 本数

※直径0.2mmのマツエクを使用
出典:Beauty * eyelash

マツエクの本数が、片目40本・両目80本だと、自分のまつげともなじみやすく、さり気なく目元に存在感を与えてくれます。

自まつげに自然なボリュームを持たせたように見えるため、元々のまつげの長さが短かったり細くて存在感がなかったりと、自まつげにコンプレックスを感じている方や、マツエクをつけたいけど、いかにもマツエクをしている目元になるのでは抵抗があると感じている方、マツエクで不自然な目元になるのが怖いという方におすすめです。

2-2.片目50本・両目100本

マツエク 本数

※直径0.2mmのマツエクを使用
出典:Beauty * eyelash

マツエクの本数が、片目50本・両目100本になると、片目40本・両目80本よりもより自然なボリューム感を与えてくれます。

目元だけ悪目立ちすることもないため、オフィスシーンでも抵抗なくつけられると人気があります。

初めてマツエクに挑戦するという方にもおすすめです。

2-3.片目60本・両目120本

マツエク 本数

※直径0.2mmのマツエクを使用
出典:Beauty * eyelash

マツエクの本数が、片目60本・両目120本だと、まるでマスカラをひと塗りしたようなぱっちりとした目元に仕上がります。

しっかりとマツエクをしている目元に抵抗のある男性にも人気のある本数です。

普段のメイクにもなじみやすい本数なので、普段からメイクをしている方や自然に仕上がるのにまつげの存在感も欲しい方におすすめです。

2-4.片目70本・両目140本

マツエク 本数

※直径0.2mmのマツエクを使用
出典:Beauty * eyelash

マツエクの本数が、片目70本・両目140本だと、ふさふさとしたボリュームを持たせたまつげに仕上がります。

まつげの密度も高まるのでアイライン要らずの目元がつくれます。

普段のメイクでボリュームタイプのマスカラをつけている方におすすめです。

3.マツエクをイメージ通りの仕上がりに♡本数で失敗しない4つのコツ

マツエク 本数

ここでは、なりたい目元を手に入れるためにマツエクの本数で失敗しない4つのコツをご紹介します。

マツエクの本数から何となく仕上がりのイメージが持てていても、いざオーダーとなったときに、本数ばかりに気をとられてしまうと、肝心のなりたい目元から遠のいてしまうなんてことも!

マツエクの本数別で希望のスタイルを確認できたら、さらにイメージ通りの仕上がりに近づけるために、もう一歩本数にこだわってみましょう☆

3-1.なりたいイメージを明確にしよう

マツエク 本数

マツエクの本数で失敗しないためには、マツエクをつけた時のなりたい目元のイメージを明確にしておくことが大切です。

ボリュームのあるまつげやさり気なく存在感をアピールできるナチュラルなまつげなど、マツエクの仕上がりは実にさまざまです。

マツエクをつけてどんな目元をつくりたいのか、自分のなりたいイメージを明確にしてから本数を決めていくようにしましょう。

3-2.目元の印象を変えたいならある程度の本数は必須!

マツエク 本数

マツエクをして目元の印象を変えたいと考えているなら、マツエクはある程度の本数をつける必要があります

片目で30~50本、両目で60~100本程度だととてもナチュラルな仕上がりになり、自まつげから大きな変化は見られないことが多いものです。

マツエクをしていて、さり気ないけど可愛い目元をしている人は、両目で120本以上つけているなど思っているよりも意外に多めの本数をつけているものです。

マツエクで目元の印象を変えてみたいと思っている方は、アイリストと相談しながら多めの本数をオーダーしてみることをおすすめします。

3-3.マツエクが取れることを前提に本数をオーダーしよう

マツエクを装着するときは、マツエクが取れてしまうことを前提に、少し多めの本数をオーダーするようにしましょう。こうすることである程度の本数を保ちやすくなります。

マツエクはまつげの成長と共に一緒に抜け落ちてしまうものです。また、うつ伏せに寝たり目をこするといったクセがあるとマツエクが取れやすくなります。他、洗顔やメイク・クレンジングなど日常生活の中でマツエクは自然に落ちていきます。

時間の経過と共にマツエクの本数が少なくなってしまうのが気になるという方は、オーダーするときにアイリストに多めの本数を伝えておくことをおすすめします。

3-4.本数と共に注目したい♪太さ・長さ・カール・デザインにもこだわろう

マツエクをつけるときは、本数とともに太さ・長さ・カール・デザインにもこだわることで、より理想の仕上がりに近づけることができます。

同じ本数のマツエクをつけても、太さ・長さ・カール・デザインが違うだけで仕上がりは大きく変わりますよ♪

マツエクの太さ・長さ・カール・デザインは大きく以下の種類に分けられます。

◇太さ・長さ◇

マツエク 本数

出典:Beauty * eyelash

マツエクは、太さ・長さ共に豊富に揃っている点も大きな魅力です♡太さや長さが選べることで、なりたい目元が作りやすくなります。

マツエクの太さは、0.1mm・0.15mm・0.2mmの大きく3つの太さから選ぶことができます。自まつげの太さに近いものを選ぶことで、まつげのボリュームを自然にUPして見せてくれます。

0.15mmの太さは、マスカラ1度塗りくらいのボリュームに近いといわれています。目元を軽くメイクしたように見せたい場合は、この太さを選ぶと目元をぱっちり見せてくれますよ♪

マスカラを重ね塗りしたようなボリュームある目元に仕上げたい場合は、マツエクは太めを選ぶとバランス良く仕上がります。

マツエクは長さもとても豊富に揃っていて、6mm~14mmなど幅広く用意されています。

目頭側のまつ毛の短い部分には、長さが短めのマツエクを使うことで、まつげを自然にボリュームUPして見せてくれます。全体的に長さのあるマツエクを選ぶと、まつげの存在感をしっかりと感じさせる仕上がりになります♡

また、長さの違うマツエクをランダムに組み合わせてつけていくことで、より自然なまつげを演出してくれますよ。

◇カール◇

マツエク 本数

出典:Beauty * eyelash

マツエクは、まつげのカーブを決めるカールの形にも大きな特徴があります。

自然なカールで上品な仕上がりを目指すなら、Jカールがおすすめです。ナチュラルで印象的な目元を作ってくれます。

ビューラーで仕上げたような、ゆるやかなカーブを描いたまつげにしたいならBカールがおすすめです。上品でやわらかな印象を与えてくれます。

まるでまつげパーマをかけたような、くるんとはっきりとしたカールが作れるのがCカールです。キュートで華やかな印象に仕上がります。

Cカールよりも、さらにはっきりとした曲線でぱっちりとした目元に仕上げてくれるのがCCカールになります。華やかさだけでなくカールの存在感を存分に楽しめる仕上がりです!

今回ご紹介したカールの他、サロンによっては、Nカール・Dカール・SCカールといったカールもあります。

【カールの強さ】
弱い ← N < J < B < C < D → 強い
カールは、左から右に向かって強くなります。

◇デザイン◇

マツエク 本数

出典:Beauty * eyelash

マツエクの太さや長さを変えたり、ランダムにマツエクを入れてもらうことでより自然な仕上がりに近づきます。

またカールの種類やデザインが違うだけでもイメージは大きく変わってきます♪

目の中央に長さを持たせたデザインは目元をキュートな印象にしてくれ、目尻側に長さを持たせたデザインは目の幅を広く見せ、目元をセクシーな印象にしてくれます。

目力を強めたいという方は、縦横共に長さを持たせたデザインがおすすめです。目元をゴージャスな印象に仕立ててくれますよ♡

なりたい目元のイメージが決まったら、アイリストと相談しながら本数や太さ・長さ・カール・デザインを選んでいきましょう!

3-5.目の幅に合わせて本数をセレクトしよう

マツエク 本数

マツエクの本数を決めるときは、自分の目の幅に合わせて本数を決めるようにします。

なりたいマツエクのデザインと近い本数をつけてもらっても、参考にしたモデルさんと自分の目の幅が違うと目元の仕上がりが異なってきます。

アイリストになりたいマツエクの仕上がりを伝えたうえで、目の幅に合わせた本数を決めてもらうようにすると希望の目元がつくりやすくなります。

5.マツエクを好きな本数つけるために習慣にしたいまつげケア

マツエク 生えない

マツエクでなりたい目元を手に入れるためにも、またマツエクを好きな本数分つけるためにも毎日のまつげケアは必須です!

マツエクは自まつげの本数によってつけられる本数が決まってしまいます。ということは、なりたい目元も自まつげの本数が足りなければオーダーすることができないということ。

ここでは、マツエクの本数で悩まないために習慣にしたいまつげケアをご紹介します。

5-1.まつげ美容液を使う

マツエクをつけはじめたら、まつげ美容液を使ったお手入れがおすすめです。

まつげは常に呼吸をしていますが、マツエクによってまつげ表面がグルーで覆われてしまうと呼吸が妨げられてしまいます。すると、まつげが弱り抜けやすくなります。

また、まつげにマツエクが乗っているということは、常にマツエク分の重さがまつ毛にかかっていることになり、まつげにとって大きな負担となっています。

まつげ美容液を毎日使うことでまつげに栄養を与え健やかに保てるようになります。
健康なまつげを育てるためにも、まつげ美容液を使ったケアを取り入れてみてくださいね。

5-2.マツエクを触らない

マツエク 本数

マツエクを装着した後は、できるだけ触らないように注意しましょう。

マツエクをつけると今までにないまつげのボリュームやカールが気になってしまい、つい何度も触ってしまいがちです。ですが、マツエクを頻繁に触ってしまうとマツエクが取れやすくなるだけでなく、まつげの負担となり傷みやすくなります

自まつげを傷めてしまうと、マツエクがつけられる本数も減ってしまうことに。マツエクをつけたら意識して触れないように努めましょう。

5-3.クレンジングしやすいアイメイクにする

マツエク 本数

マツエクを装着しているときは、クレンジングしやすいアイメイクを心がけましょう。

マツエクをしていてもアイメイクをすることはできます。ただし、メイクするということはクレンジングが必要になるということ。

クレンジングの際、メイクをしっかり落とそうとしてまぶたやまつげをゴシゴシと擦りがちです。ゴシゴシ擦ってしまうとまつげを傷めてしまうだけでなく、マツエクも取れやすくなってしまいます。

クレンジングするときはオイルフリーのクレンジングを選ぶようにし、余計な力を入れなくてもきれいに落とせる軽めのメイクを心がけるようにしましょう。

6.肌らぶ編集部おすすめ!お気に入りの目元に仕立てるマツエクサロン

数多くのマツエクサロンが登場しているため、いざマツエクサロンに行きたいと思い、新規でマツエクサロンを探すとなると、どのサロンを選んだらいいか迷ってしまうものです。

できることなら自分のお気に入りのサロンを見つけたいですよね。

お気に入りのマツエクサロンが見つかると、定期的なマツエクの予約やサロン通いも苦にならずに積極的にキレイになれる時間を楽しめますよ♪

今回肌らぶ編集部のおすすめマツエクサロンとして、「Beauty * eyelashをご紹介させていただきます。

Beauty * eyelash」は、「まつげエクステ」を専門とした、目元のトータルビューティーサロンです。国家資格を取得した熟練のアイデザイナーによる、質の高い施術を受けることができます。

是非お気に入りのサロン探しの参考にしてみて下さいね♡

◇肌らぶ編集部おすすめサロン◇
Beauty * eyelash(ビューティー アイラッシュ)
ビューティーアイラッシュ店舗

【肌らぶ編集部コメント】

Beauty * eyelashでは、一人ひとりの顔立ちに合わせたまつげを提案してくれ、お客様の瞳の魅力を引き出した仕上がりをサポートしてくれます。施術中の消毒面や店舗内の衛生面といった清潔な環境づくりを徹底していて、気持ちよく施術を受けることができるのがうれしいですね♪

Beauty * eyelashは首都圏を中心としたデパートやショッピングモールなどの商業施設を中心に全国に店舗を展開しているため、お仕事帰りやショッピング中にも気軽に立ち寄れ、サロン通いがしやすいのも大きな魅力です♡

「美」にこだわる大人の女性に利用してもらいたいマツエクサロンです!

 

7.まとめ

いかがでしたでしょうか。

パッチリとした印象的な目元を作ってくれるマツエク。マツエクは、つける本数によって目元の印象をガラリと変えてくれます♪

なりたい目元のイメージに合わせてマツエクの本数をオーダーできれば、イメージ通りの目元に近づけちゃいます。

マツエクは、ご紹介したマツエクの本数にまつわる基礎知識とマツエクの本数別のスタイルブックを参考に、ぜひイメージ通りの目元を手に入れてくださいね♡

この記事は2016年9月26日時点での情報になります。

また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る