メニューを開く
提供:株式会社イッティ

目の下のしわ対策!意識するポイント&アイテム


Pocket
LINEで送る

目の下 しわ
「目の下のしわをなんとかしたい!」と、お悩みではありませんか?

目の下のしわは、できる前から正しいお手入れを続けることで、しわのできにくいすこやかな肌に整えていくことが大切です。

ここでは、目の下のしわの原因と、しわをできにくくするための対策をお伝えします。

また、乾燥を防ぐためにおすすめのアイテムもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

>>>目元に悩んでいる方には、一度は試していただきたいアイクリームはこちら

◆肌らぶ セレクション◆

グラシュープラス
グラシュープラス

値段:1,500円(税抜)
内容量:20g
企業:株式会社イッテイ

「乾燥小じわ」をメインに※1「くすみ」※2「シミ」※2「美白」など
目元の様々な悩みをお持ちの方におすすめできるアイクリームです。
※1汚れや古い角質による※2日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ

特徴:「高分子ヒアルロン酸・スーパーヒアルロン酸・低分子ヒアルロン酸」の保湿成分が角質層全体を包み込み、
保湿成分を含む「セラミド」がお肌の乾燥から守ってくれます。

さらに「プラセンタエキス」も配合されているので目元に潤いとハリを与えます。

通常価格9,334円(税抜)のところ、なんと、初めての方限定で特別価格1,500円(税抜)でお申込みが可能です。
(※2016年4月12日時点の情報です)

目元の小じわで悩んでいる方に、一度は試していただきたいアイクリームです。

グラシュープラス


1.目の下のしわの原因

目の下のしわの原因は主に「乾燥」と「ハリの低下」です。

1-1.乾燥

目の下 しわ
目の下のしわの主な原因は、「乾燥」によるものだといわれています。

「乾燥」が原因の目の下のしわは、比較的しわが浅くて細かく、「ちりめんじわ」と呼ばれることもあります。

このしわは、肌の潤い不足が原因でできるため、お風呂上がりやスキンケアをした直後には目立たなくなるのが特徴です。

目の下は、顔の中でも皮膚が薄い部分であり、皮脂腺が少なく乾燥しやすいため、潤いが不足してしまい、しわができやすいのです。

乾燥によるしわは、放っておくと深いしわになってしまう可能性があります。

1-2.ハリの低下

hari
「ハリの低下」による目の下のしわは、しわが深くて太く、はっきりとしているのが特徴で、スキンケアで消えることはありません。

このしわは、年齢を重ねたことによって、肌のハリや弾力が低下することが原因だといわれています。

肌は、年齢を重ねるとともに、潤いが奪われやすくなることでハリ・弾力も低下していきます。

また、紫外線の影響を強く受けてダメージが蓄積されてしまうと、肌はハリを失ってしまうといわれています。

ハリの低下によるしわは、一度できてしまうとなくすことはできないため、しわができる前から対策を行うことが大切です。

2.目の下のしわ対策

目の下のしわをできにくくするために、目元の皮膚に負担をかけないようにして、肌をすこやかに保つことを心がけましょう。

ここでは、日常生活で意識するポイントをお伝えします。

■目を強くこすったり引っ張ったりしないように意識する
こする
目元を、無意識にこすったり引っ張ったりする癖のある人は、意識して直しましょう。

目がかゆいときや眠くなったときに無意識で目をこすってしまう人は、目元の薄い皮膚に負担をかけてしまうことがあります。

また、コンタクトレンズを装着するときに目の下を強く引っ張る癖がある人も、目元に刺激を与えてしまうことがあるため、注意しましょう。

■アイメイクリムーバーを使用する
アイメイク落とし
落ちにくいアイメイクは、アイメイクリムーバーを使ってメイクを落とすことをおすすめします。

目元の薄い皮膚は、毎日のメイクを落とすことでも刺激を受けやすいといわれています。

アイメイクは、涙などによってにじまないように、落ちにくい仕上がりのものが多く、メイクを落とすときに力が加わりやすいからです。

特に、マスカラをオフするときには、目の下にも余分な力が加わりやすくなります。

落ちにくいアイメイクは、ポイントリムーバーを使い、やさしく丁寧に落としましょう。

■日焼け対策をする
紫外線
目の下の繊細な皮膚が、紫外線の影響を過剰に受けぬよう、日焼け対策をしっかり行って肌を保護しましょう。

紫外線を過剰に浴びることによって、肌の潤いが不足するだけでなく、ハリも奪われやすくなると、しわができてしまう可能性があります。

そのため、目の下までしっかり日焼け止めを塗るのがおすすめです。

よく伸びて肌になじみやすいテクスチャーのものを選ぶと良いでしょう。

【おすすめアイテム】
ホワイティシモUVブロックミルキーフルイド
UV

企業:POLA

SPF30、PA+++の日焼け止めです。
さらりとした感触のクリームタイプです。

>>POLA 公式ホームページはこちら

3.お手入れにプラスしたいおすすめ保湿アイテム

肌をすこやかに保つためには、肌に潤いをしっかり与えることが大切です。

目の下は皮膚が薄く、潤いも逃げやすい部分であるため、通常のお手入れだけでは潤いが不足しやすいといわれています。

そのため、しっかりと肌に潤いを与える保湿アイテムを、お手入れに取り入れてみましょう!

①アイクリーム

目元用の保湿アイテムである「アイクリーム」を使って、目の下の皮膚にもしっかりと潤いを与えましょう。

[おすすめアイクリーム]
サインズショット
サインズショット

企業:POLA

POLAオリジナル複合保湿成分「サインズコアリキッド」配合の部分用クリームです。
気になる目元にピタッと密着して潤いを与え、乾燥による小じわを目立たなくします。

>>POLA公式ホームページはこちら

キラリエ2 アイクリーム
キラリエ

企業:オリガミ

「ヒアルロン酸」等の保湿成分が配合されている、やわらかいテクスチャーのアイクリームです。
潤いを与えて、肌をなめらかに整えます。

>>キラリエ 特設ページはこちら

②スティック状美容液

乾燥が気になったとき、すぐに保湿できる「スティック状美容液」を取り入れることもおすすめです。

肌は、屋内でも屋外でも、紫外線や湿度の影響を受けて常に乾燥しやすい環境にあるといわれています。

そのため、朝晩のスキンケアだけでなく、日中も保湿をすると良いでしょう。

乾燥を感じたら、メイクを一度落としてスキンケアをやり直し、しっかり保湿するのが理想的ですが、日中にそのような時間はなかなかとれませんよね。

そこで、メイクの上からでも使えるアイテムを使用して保湿してみましょう。

目の下には、メイクの上からでも使えるスティック状の美容液を使用するのがおすすめです。

[おすすめアイテム]
DHC薬用アイリンクルスティック(医薬部外品)
DHC

企業:DHC

肌に潤いを与えてなめらかに整える保湿スティックです。

>>DHC 公式ホームページはこちら

4.まとめ

目の下のしわは、できる前から対策をしておくことがとても大切です。

保湿をしっかりと行い、目の下に極力負担がかからないように意識をして、なめらかな肌を目指しましょう!!

※この記事は2016年6月7日(最終更新日)時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

>>>目元に悩んでいる方には、一度は試していただきたいアイクリームはこちら

【おすすめ美容液】
エファクト アイゾーン セラム<目元用美容液>
BCL エファクト アイゾーン セラム
肌に馴染みやすく、とろみのあるテクスチャーが魅力の目元用美容液です。
保湿成分「ダイズタンパク」「加水分解コメタンパク」など配合。
たっぷりの潤いを与え、目元にハリを与えます。

~6種類のタイプが展開~
→頬、フェイスラインが気になる方
→毛穴、キメが気になる方
→目の周りの色ムラが気になる方
→目じりが気になる方
→シミ、そばかすが気になる方
→ニキビ、肌あれが気になる方


Pocket
LINEで送る