メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社ポーラ

【必見】美白化粧水の選び方|おすすめの美白成分・種類について

美白化粧水

「美白化粧水が欲しいけど、どうやって選べば良いのか分からない・・・。」と美白化粧水を購入する際、悩んでしまうことはありませんか?

美白化粧水に含まれる美白成分には様々な種類があります。そこで今回は、化粧品会社での勤務経験のある、肌らぶ編集部員が、美白化粧水の種類や選び方をご紹介します。

併せて、美白化粧水のおすすめ、美白によい食べ物などもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

astalift
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

ホワイトショット【医薬部外品】
ホワイトショット

日焼けによる「シミ・ソバカス」や、乾燥による肌の「くすみ」、気になりませんか?

ポーラの美白ケアシリーズより、目的に合わせて使える2種類の美容液が登場!
どちらも無香料・無着色です。

■ホワイトショットSX
肌(角層)の「過脂化メラニンキャップ」に着目してつくられた、日焼けによるシミやソバカスを防ぐ薬用の部分用美白美容液です。
気になる部分にピタッと密着!コクのあるクリームタイプとなっております。

■ホワイトショットCX
顔全体に使用できる液状の薬用美容液です。
肌へのなじみが良く、角層のすみずみまでいきわたります。

※美白:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。
キャプチャ


1.美白の定義

美白※とは、「肌を白く美しくすること」。具体的に言うと、色素沈着が少なく光の反射量が多い、明るく美しい肌の事を指す言葉として用いられます。

美白※に取り組む方のほとんどは、「見た目が明るく、透明感のある素肌」を目指してセルフケアを行います。

(※美白:日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐこと。)

1-1.美白化粧品の働き

化粧品や薬に含まれる美白成分は、「日焼けなどによるメラニン(色素)の生成を抑制し、その沈着を予防する」ことを目的とします。

つまり、日焼けの後に肌が黒くなったり、シミ・そばかすが増えて肌の透明感や明るさが減少してしまうのを予防するのが美白化粧品の主な働きなのです。

美白美容液01
※メラニン…シミの原因となる色素で、紫外線などの影響により肌の中のメラノサイトでつくられます。

1-2.美白化粧品がおすすめの人

美白化粧品の主な働きは、【メラニン(色素)の生成を防ぐ予防】と【メラニン(色素)沈着の予防】です。

肌の悩みによっては美白化粧品で改善できないものがあるので、まずは自分の肌悩みに美白化粧品が適しているかを確認しましょう。

【美白化粧品がおすすめの人】
・シミ・ソバカスや日焼けを予防したい

【美白化粧品がおすすめできない人】
・元の肌色よりも更に肌を白くしたい
・できてしまったシミ・そばかすを改善したい
・イボのように盛り上がっているシミを改善したい

上記の通り、美白化粧品には「肌本来の色以上に白くする効果」がありません。

あくまでも、肌本来の色に戻しながら、予防をしていくものになります。

濃いシミやイボに関しては、美容皮膚科でのレーザー治療が効果的とされています。

改善したい方は、美容皮膚科の専門医に相談してみることをおすすめします。

1-3.美白化粧水の役割

化粧水の基本的な役割は、肌に保湿成分や美容成分を与えて、次に使う美容液やクリームの馴染みを良くすることです。

例えば、乾いたスポンジに洗剤を含ませても、なかなか馴染まないのと同じように、乾いた肌にいきなり美容液やクリームを乗せてもなかなか馴染みません。

そこで、水分を含んだ化粧水をたっぷりつけることで、その潤いが次に使うアイテムのサポートをするのです。

つまり、美白化粧水とは、美白成分と保湿成分を肌に与えながら次に使うアイテムのサポートをする美白したい方におすすめの化粧水なのです。

※最近では先行型美容液や乳液なども発売されているためアイテムごとの使用方法は、取扱説明書で確認しましょう。

1-4.美白を意識したいなら「美容液」を取り入れるのもおすすめ

美白をより意識したい方は、化粧水と共に美容液も一緒に使用することをおすすめします。

それは、美容液自体が有効成分を肌に届ける目的でつくられたものであり、化粧水や乳液に比べて凝縮された成分が配合されているからです。

美容液は自分自身の肌悩みを解決するために、取り入れるべきアイテムなので美白を意識したい方は美白化粧水や乳液に加えて美白美容液を取り入れましょう。

2.美白化粧水の選び方

美白化粧水※を選ぶ時に意識しなければいけないポイントは3つあります。

透明感のある肌を実感したいという方は、ぜひ次の3つのポイントを参考にしてみてください。

(※美白:日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐこと。)

2-1.美白成分が配合された化粧水を選ぶ

美白化粧水 プチプラ

美白化粧水を選ぶ際、意識をしたいのが美白成分が配合されているかどうかです。

化粧品の中には、 「ホワイト○○」などのように、美白を連想させるイメージで販売されていても、美白成分を含んでいない化粧品も数多くあります。

美白化粧品は、成分表示できちんと成分を確認して購入しましょう。

ここで代表的な美白成分をご紹介します。

【代表的な美白成分】

・ビタミンC誘導体
・カモミラET
・トラネキサム酸(表示例:m-トラネキサム酸)
・アルブチン(表示例:α-アルブチン)
・エラグ酸(表示例:エラグ酸)
・ルシノール(表示例:ルシノール/4-n-ブチルレゾルシノールなど)
・コウジ酸(表示例:コウジ酸)
・4MSK(表示例:4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
・プラセンタエキス(表示例:プラセンタエキス)

上記は、美白の有効成分として国から認可を受けている美白成分です。

中でも「ビタミンC誘導体」は、化粧水などの「水」との相性が良く、角層への浸透もよいとされているので、美白化粧水を購入する際、成分に迷ったら、「ビタミンC誘導体」を取り入れることをおすすめします。

また、美容通の間で人気のある美白成分「ハイドロキノン」は、美白有効成分としては、まだ認められていません。

ハイドロキノンは、現在美容皮膚科などでトランサミンと共に、シミやニキビ跡治療に用いられています。

効果を実感しやすいと評判は高いものの、肌刺激を受けやすく、使用には注意が必要な成分ともいわれているので、試してみたいという方は、専門医に相談してみることをおすすめします。

2-2.続けられる価格を選ぶ

価格

美白化粧水を含む美白化粧品は、使い続けることで良さを実感できます。無理なく継続して続けるためにも続けやすい価格帯のものを選びましょう。

肌の生まれ変わり(ターンオーバー)は約1ヶ月の周期で行われているため、美白化粧水の良さを感じるためには、最低でも1か月前後は必要だと考えられています。

2-3.「日本処方」を選ぶ

基礎化粧品 ランキング

海外の輸入品や免税店で売られている化粧品は、値段が安いものが多いのですが、「日本処方」でないものが多く、基本的にはおすすめしません。

「日本処方」の化粧品は、日本人の肌に合わせた基準でつくられているため安全性も高いとされています。

海外処方だと濃度が高すぎるものや日本で認可されていない成分も配合されている可能性があり、刺激を受けてしまうことも。

特にスキンケア化粧品は注意しましょう。

3.保湿&美白におすすめ|美白化粧水ランキングTOP5

ここでは、美白成分と保湿成分がバランスよく配合された医薬部外品の美白化粧水をランキング形式でご紹介します。
化粧品での販売経験がある肌らぶ編集部員が選びました。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

1位POLAホワイティシモ 薬用ローションホワイト【医薬部外品】

美白化粧水

企業:POLA
参考価格:4500円(税抜)
容量:150ml
美白化粧品 トライアルセット:なし

◆肌らぶ編集部 口コミ◆

みずみずしいテクスチャーが魅力的な、薬用美白化粧水。

美白成分「ビタミンC誘導体」に加え、POLA独自の保湿成分「トリプルブライトカプセル」を配合しています。

さっぱりとしたテクスチャーなので肌へのなじみも良く、夏場のケアにもおすすめです。

POLA 販売サイトはこちら

 

2位ASTALIFT(アスタリフト) ホワイトローション【医薬部外品】

美白化粧水

参考価格:3800円【税抜】
内容量:150ml
企業:富士フイルム株式会社
美白トライアルセット:1000円

◆肌らぶ編集部 口コミ◆

美白成分「アルブチン」「ビタミンC誘導体」が配合された美白化粧水。

水と相性の良い水溶性保湿成分「コラーゲン」等も配合。

日焼けによるシミ・そばかすを防ぎながら、肌にうるいを与えます。ベタつきのないテクスチャーが心地よい化粧水です。

アスタリフト販売サイトはこちら

 

3位サエル ホワイトニングローション クリアリスト【医薬部外品】

saeru
企業:株式会社decencia decenciaINC.
容量:125ml
美白化粧品トライアルセット:1480円(税込)

◆肌らぶ編集部 口コミ◆

敏感な肌の方のためにつくられた、薬用美白化粧水です。

保湿成分の「ヒト型セラミド」に加えて、美白成分でもある「ビタミンC誘導体」も配合しています。

肌表面をやわらげて、日焼けによるシミ、ソバカスや肌荒れを防ぎます。

サエル 販売サイトはこちら

 

4位ETVOS(エトヴォス)薬用アクネVCローション【医薬部外品】

美白化粧水

会社:株式会社エトヴォス
容量:150ml(2カ月分)
参考価格:3800円+税(1カ月あたり1900円)
美白化粧品トライアルセット: 1900円

◆肌らぶ編集部 口コミ◆

肌へ潤いを与える保湿成分「ヒアルロン酸」や美白成分「ビタミンC誘導体」等が配合されている薬用美白化粧水です。日焼けによるシミ、ソバカスを防ぎ、肌のキメを整えます。美白対策したい方だけではなく、ニキビができやすい方や乾燥が気になる方にもおすすめです。

肌に水分と油分を補い、肌をなめらかにします。

ETVOS(エトヴォス) 販売サイトはこちら

5位リベシィホワイトローション 【医薬部外品】

美白化粧水
企業:ヤクルト
参考価格:6500円(税抜)
容量:130ml
美白化粧品トライアルセット:1500円(税抜)

◆肌らぶ編集部 口コミ◆

美白成分「ビタミンC誘導体」を配合した美白化粧水です。さらに保湿成分「トリプル乳酸菌」や「高分子ヒアルロン酸」を配合しています。

とろみのあるテクスチャーが肌を包み込み、肌の柔軟性を保ちながらハリを与えます。

リベシィ 販売サイトはこちら

4.美白を意識したい方へ|おすすめの食べ物

ビタミンC

肌の細胞をつくる源は食べ物といわれています。美白化粧品※の良さを引き上げるためにも、内側からのケアにも意識を向けましょう。

特にストレスを感じたり、日焼けをした後はメラニンの元となる「活性酸素」を防ぐ「抗酸化成分」が含まれる食材を積極的にとりましょう。

(※美白:日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐこと。)

【美白を意識したい方へ|おすすめの食べ物】

■ビタミンC
・レモンやオレンジなどの柑橘類
・トマト
・パプリカ
・アセロラ

■β‐カロチン(ビタミンA)
・にんじん
・かぼちゃ
・ブロッコリー

■ビタミンE
・ナッツ類
・アボカド
・えごま

■L‐システイン
・大豆
・蜂蜜

■リコピン
・トマト

■アスタキサンチン
・サーモン
・えび
・かに

■エラグ酸
・イチゴなどベリー系の果物

5.美白は全て先手必勝!

美白乳液 おすすめ ランキング

肌全体の【日焼け】や【シミ】は、紫外線を浴びてから約3日で定着するといわれています。

そのため、ほとんどの美白化粧品は紫外線のダメージに素早くストップをかける「予防」に重きを置いているのです。

美白化粧水の魅力を最大限に活かすためにも、自分自身の肌に合う「美白化粧水」を選びセルフケアに取り組んでみてはいかがでしょうか?

この記事は2017年1月12日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

うるおいと美白どちらもしたい方へ『ホワイティシモ薬用ローションホワイト』はこちら>>>



Pocket
LINEで送る