メニューを開く
アスタリフト;

女性の薄毛の原因と対策について|一刻も早く手を打つための方法とは?

原因女性 薄毛 
「地肌が目立つようになったかも…」「抜ける髪の量が多い気がする…」そんな薄毛にまつわるお悩みは、なかなか人には相談できないかと思います。

女性に見られる薄毛のタイプは大きく分けて5つあり、それぞれ加齢、栄養不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、間違ったヘアケアなど、原因が異なります。

そこで今回は、薄毛にお悩みであったり、薄くなってきたかも?と気にされていたりする女性のために、薄毛の原因と、薄毛対策のための方法をご説明します。

専門のクリニックで無料カウンセリングを受けたい方は「ヘアメディカル ビューティ」をご確認ください。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

グローイングショット BK(医薬部外品)
グローイングショットBKPOLA◆容量:170mL(朝・晩の使用で約1ヶ月半分)
◆無着色、微賦香(ローズフローラルのやさしい香り)

年齢による抜け毛や薄毛に着目して作られた、頭皮専用の薬用育毛美容液です。水分や油分を補い、頭皮や毛髪をすこやかに保ちます。

パウダルコエキス・黒米エキスなどのオリジナル保湿成分を配合しています。朝と夜2回の使用で、約1ヵ月半お使いいただけます。

公式HPはこちら(大)

1.女性の薄毛|種類と原因

女性の薄毛は男性のものと原因が違います。

男性の薄毛は、男性ホルモンの増加が大きく影響しており、髪が産毛のようになり、じきに抜け落ち、しまいには髪が生えなくなってしまうという進行の仕方が一般的ですが、女性の薄毛は異なります。

女性に多く見られる薄毛のタイプは、下記の5つに分けられます。

①頭頂部の地肌が薄い
②分け目が薄い
③頭全体が薄い
④出産後に薄くなった
⑤丸型または楕円形に髪が抜けている

まずは、それぞれの特徴と原因をご紹介します。

①頭頂部の地肌が薄い

頭頂部はここ頭頂部に近い部分の頭皮が目立って見えます。

このタイプは、頭頂部が薄いという見た目は同じでも、「ひこう性脱毛」と「脂漏(しろう)性脱毛」の2つに分けられ、原因もそれぞれ異なります。

◆ひこう性脱毛

【特徴】
かさぶた状の乾燥したフケが出ることが特徴です。

フケが毛穴をふさいで、頭皮が発赤(はっせき)し、髪の成長が妨げられます。フケの発生した頭皮は、雑菌が繁殖しやすく、それにより発赤してしまうのです。

フケの発生が極端に多い場合は、別の病気などの可能性もあります。

【原因】
多くの場合はシャンプーの回数が多すぎることや、シャンプーの際に強い力で洗いすぎてしまうことが大きく関係しています。

(1)頭皮の乾燥
シャンプーの回数が多いと必要な頭皮の油分まで洗い流してしまい、頭皮が乾燥するので、さらにフケが発生しやすくなります。

(2)誤った洗髪
また、フケが毛穴をふさぎ、頭皮が発赤しているので、頭皮は繊細になっています。

洗う際に爪を立てたり、必要以上に強い力で頭皮をこすったりすると、さらに頭皮が腫れてしまうかもしれません。

◆脂漏性脱毛

【特徴】
頭皮に皮脂が過剰に分泌されると起こると言われています。

毛根が目で見て分かるほど赤く腫れ、髪がぬけてしまうというのが特徴です。

【原因】
原因は、髪を定期的に洗っていなかったり、頭皮に合わないシャンプーを使ったり、シャンプーをすすぎきれていないことで、皮脂の分泌が過剰になることが原因です。皮脂が毛根をふさぐことで、健康な髪が生えづらくなるのです。

②分け目が特に薄い

分け目が薄い

【特徴】
牽引(けんいん)性脱毛とも呼ばれます。

薄毛のなり方には個人差はありますが、普段からポニーテールやお団子など、髪を結ぶことの多い方に見られやすいです。

長時間髪が引っ張られ、負担のかかっている部分から髪が薄くなっていきます。

幼少の頃からも含め、髪を引っ張るヘアースタイルを続けていた方は、分け目の部分にかかっていた負担が、薄毛となってあらわれやすくなります。

【原因】
(1)頭皮の負担
長時間、あるいは長年に渡って頭皮に負担のかかる髪型をしていると、引っ張られている頭皮の血行がわるくなり、毛根に栄養が行き渡りづらくなります。栄養が不足した髪は、細くなり、抜けたり切れたりしやすくなります。

また、強く髪を引っ張ること自体が、まだ抜けるタイミングではない健康な髪までも抜けやすくしてしまうのです。

(2)紫外線
頭は、顔や手足よりも高い位置にあり、最も紫外線を受けやすい部位と言えます。紫外線は肌だけでなく、頭皮や髪にもダメージを与えます。
いつも同じ分け目にしていると、紫外線がその部分に当たり続けてしまうことになります。

紫外線によるダメージで、髪の毛を作る働きが衰え、薄毛を招きます。

Pocket
LINEで送る