2017年9月27日 更新

ヘナトリートメントの魅力&使い方から、おすすめアイテムまでご紹介!

ヘナ トリートメント1ヘナトリートメントが気になっている方はいませんか?
髪や頭皮に馴染みやすいトリートメントとして知られている「ヘナトリートメント」ですが、普通のトリートメントと何が違うの?と疑問に思っている方は多いはず!

そこで今回は、ヘナトリートメントが髪や頭皮に馴染ませやすい秘密やその魅力、使い方、そして肌らぶ編集部おすすめのアイテムまでご紹介いたします。
ヘナトリートメントが気になっている方、必見です!

1.ヘナトリートメントとは?

くせ毛 トリートメントまずは、ヘナトリートメントについて詳しくご説明します。

1-1.ヘナトリートメントの「ヘナ」って何?

エンハーブヘナとは、主に西南アジア~北アフリカにかけて広く自生しているとされる常緑低木のことを指します。
ヘナの葉には着色するという特徴があり、乾燥させ粉末状にすることで、染料として古くから利用されてきました。

みなさんは美容院やドラッグストアで「ヘナカラー」というものを見たことがあるのではないでしょうか?
主に白髪染めで頭皮がかゆくなりやすい方や、ナチュラル思考の方に愛用者が多いようです。

また同時に、ヘナの葉の粉末に水分を足してペースト状にしたものは髪に馴染ませやすく、保湿対策にも良いとされているため、ヘナトリートメントを髪に塗ることで、髪をすこやかに整えることが期待できるのです。

1-2.「ヘナトリートメント」の種類

ハーブ カラー1ヘナがトリートメントとして使用されるのは、ヘナに含まれている成分が髪に馴染みやすいという特徴を持っているからです。
ヘナの成分が髪に絡みつくことで、髪にハリ・コシが出ることが期待できるのです。

ヘナトリートメントには大きく分けて2つの種類があります。
「100%ヘナ」のものと「そのほかの成分が配合されている」ものです。

【ヘナトリートメントの違い】

①100%ヘナのトリートメント

使用方法:ヘナの粉末に水分を加え、ペースト状にしたものを髪に塗布する。

メリット:肌がかゆくなりやすいという方でも使いやすい。

デメリット:ある程度長期にわたり、継続して使用し続ける必要がある。髪の状態や髪質によっては、髪にヘナの色がついてしまう。肌につくと、色が落ちにくくなることがある。使用頻度が高く、使用方法が少々手間。

②そのほかの成分が配合されているトリートメント

使用方法:製品により異なるが、クリーム状やペースト状になったものを髪に塗布するタイプが一般的。

メリット:使用方法が簡単。数回の使用でも違いがわかることがある。

デメリット:そのほかの成分が肌に合わない場合がある。

「100%ヘナ」のものは、ヘナの髪に馴染ませやすいという性質を活かして髪のケアを行うものです。
ヘナの髪への蓄積はとても緩やかであり、そのため、ヘナの魅力を実感するにはある程度の間、長期的に使用し続ける必要があるのです。

また、使い始めたばかりの頃は髪がきしんでいるように感じる場合もあるようです。
そうしたデメリットを省いたものが、「そのほかの成分が配合されているヘナトリートメント」です。
通常のトリートメントアイテムに配合されているような成分を配合することで、使いはじめからさらさらとした扱いやすい手触りの髪へと導いているのです。

しかしその分、ヘナトリートメントとしての魅力を実感することは難しくなり、一般的なヘアトリートメントに近いものになりがちでもあります。

1-3.染料としての「ヘナトリートメント」

別れた先にもお話ししたとおり、ヘナには染料としての使用方法もあるため、髪の状態や髪質によっては、ヘナトリートメントを使用することで髪の表面にヘナの色味がついてしまうことがあります。

とはいえ、ヘナの染料は黒髪を染めることは難しいため、白髪やダメージを追っている毛先などを染めることに使用されることが一般的です。
黒髪に使用した場合、髪全体が着色されてしまうことはありませんが、白髪やダメージを負っている部分があると、その部分のみヘナの赤っぽい色味により着色されてしまうことがあります。
ヘナトリートメント、特に100%のヘナ粉末でできているトリートメントを使用する場合は、注意が必要です。

反対に、白髪が気になる方はヘナトリートメントを使用することで、白く目立ちがちな白髪をヘナの色味で着色することができるのです。

2.ヘナトリートメントのおすすめ

オイルフリー クレンジング マツエク おすすめ プチプラこの章では、肌らぶ編集部おすすめのヘナトリートメントをご紹介しましょう。

「100%ヘナのトリートメント」と「そのほかの成分が配合されているヘナトリートメント」それぞれのおすすめアイテムをご紹介します。

購入しやすさを求め「通信販売のあるヘナトリートメント」に絞ってご紹介するので、気になるものがあったらぜひ、一度お試しください。

100%ヘナのトリートメントのおすすめ

マックヘナハーバルヘアトリートメント ナチュラルオレンジ

マックヘナ販売会社:株式会社マックプランニング
容量:100g
価格:1,000円 (税抜)

100%ヘナでできているヘナカラートリートメントです。 カラーバリエーションは全部で7色。
赤みのある色味が出やすいヘナにインディゴやハーブといった成分を配合することで色味に変化を出しています。

細かいパウダー粒子はダマにならず溶かしやすく、1箱でショートヘアは2~3回、ロングヘアでも2回(長さにより差が生じます)使用することができます。
ハリ・コシのある若々しい髪を目指すと共に、ヘアカラーも楽しみたいという方におすすめです。

公式HPはこちら

ナイアードヘナ1

ナイアードヘナ1販売会社:株式会社 ナイアード
容量:100g
価格:1,000円 (税抜)

オレンジ~赤褐色系の染髪を楽しみつつ、髪のケアを行うことができるヘナカラートリートメントです(白髪に使用した場合)。
ヘナの青葉の自然な香りを楽しみながら、髪にハリ、ツヤを与えることができます。

植物ならではの、優しい使い心地の髪染めとして注目されています。
ショートヘアで2回、ロングヘアで1回分の容量が入っています。

リピーターのお客様向けに、100g×4袋(3,000円/税抜)の販売もあります。

公式HPはこちら

そのほかの成分が配合されているヘナトリートメント

ダイム カバーグレイトリートメント

ダイム販売会社:株式会社ダイムヘルスケア
容量:240g
価格:1,000円 (税抜)

ヘナの独特な色味を活かして楽しむことのできる、ヘナトリートメントです。
使用するたびに、白髪や退色・変色したダメージ毛を少しずつ着色・ケアして自然な色みを感じる、まとまりのある髪へと導きます。

自然で落ち着いた黒色(ダークグレー)と大人女性に似合う温かみのあるブラウン(ナチュラルブラウン・チャコールブラウン・ダークブラウン・ディープブラウン)の5色から、好きな色味を選ぶことができます。

公式HPはこちら

テンスターカラートリートメントⅢ

テンスターヘナトリートメント販売会社:三宝商事株式会社
容量:250g
価格:1,800円 (税抜)

髪を染めながらケアすることのできる、ヘナトリートメントです。
元々の髪色を変えることなく、白髪部分にのみ色合いを与え、均一な若々しいヘアスタイルへと導きます。

シリコン不使用。最近髪のボリュームが気になりだした、と言う方にもおすすめです。
カラーバリエーションはブラウン・ダークブラウン・ソフトブラック・チャコールブラウン・ライトブラウンから選ぶことができます。 公式HPはこちら

ヘナトリートメント/ブラック

ヘナトリートメントブラック販売会社:宮島物産株式会社
容量:300g
価格:オープン価格

自然なカラーリングを楽しみながら、髪のお手入れをすることができるヘナトリートメントです。
乾燥しがちな髪をしっとりとまとまりのある髪へと導いてくれます。

髪のダメージをケアしながら、少しずつ自然な髪色へと色づけていくので、最近白髪が気になり始めた、という方にもおすすめです。
ブラック、ブラウン、ライトブラウンの3色から好みの色味を選ぶことができます。

公式HPはこちら

利尻ヘアカラートリートメント

ws001259販売会社:自然派clubサスティ
容量:200g
価格:3,000円(税抜)

髪になじみやすく、色の持ちもよいカラートリートメントです。
髪にうるおいとハリ・コシを与え若々しい印象へと導いてくれます。

ツンとしたにおいがなく、毎日使用することができます。
髪のパサつきをケアしながら、自然な形で白髪もカバーすることができます。

公式HPはこちら

ルプルプ ヘアカラートリートメント

255552_xl販売会社:株式会社Jコンテンツ
容量:200g
価格:3,000円(税抜)

セルフで簡単に染めやすいカラートリートメントです。
保湿成分として「ルプルプWフコイダン」を配合。
うるおいの感じられる、すこやかな頭皮を保ち、毛先までまとまりのある髪へと導きます。

カラ―展開は計4色。自然な形で、白髪を目立ちにくくしてくれます。

公式HPはこちら

3.ヘナトリートメントの使い方

モテる女子 この章では、ヘナトリートメントの基本的な使い方をご紹介します。

ヘナトリートメントには、2つの種類があるとご紹介しました。
今回は、ヘナトリートメント初心者でも使いやすい、「ヘナ以外の成分が配合されたヘナトリートメント」の使い方を6つのポイントに分けてご紹介します。

ヘナトリートメント初挑戦という方も、使ったことはあるけれど、使い方に不安があるという方も、ぜひ参考にしてみてください。

①シャンプー後の髪を適度にタオルドライする

白髪染め 頻度5ヘナトリートメントはシャンプー後の清潔な髪に使用しましょう。

シャンプーを済ませた髪をタオルで拭き、適度に水気を取り除きます。
髪が水気を多く含んだ状態だと、ヘナトリートメントが薄まってしまうことがあります。
髪から水が滴り落ちなくなる程度まで、タオルドライしておきましょう。

②髪の生え際にクリームを塗る

白髪染めヘナトリートメントを塗る前に、額や襟足など髪の生え際にクリームを塗っておきましょう。

ヘナが付着した肌には、ヘナの色味が付いてしまうことがあります。
ヘナの色移りを防ぐために、額や襟足など髪の生え際部分にはあらかじめクリームを塗っておくとよいでしょう。

③手グシまたはクシで髪全体に馴染ませる

40代 シャンプー 選び方ヘナトリートメントは、髪の根元から毛先に向かって塗っていくことがポイントです。

髪を適量手に取り、手グシまたはクシで馴染ませていきます。
手グシまたはクシを毛先まで通したら、毛束は後頭部に向けて流しておきます。

髪全体に馴染ませたら、髪が長い方は髪を高い位置でまとめます。
髪が短い方は、後頭部に向かって流しておきましょう。

④キャップまたはラップで密閉して放置する

シルクキャップ画像ヘナトリートメントを塗ったまま、放置します。

放置時間は製品により異なるので、説明書をよく読み、メーカーやブランドの指定した時間に従いましょう。
また、放置している間にヘナトリートメントが垂れてくることがあります。

垂れたヘナトリートメントを放置すると、肌にヘナの色味が付着してしまうことがあります。
肌にヘナトリートメントがついてしまった場合はティッシュで拭き取りましょう。

⑤ヘナトリートメントをよく洗い流す

ヘアカラートリートメントぬるま湯で洗い流します。
ヘナトリートメントの洗い残しは、頭皮の毛穴詰まりなどの原因となることがあります。
洗い残しがないように頭全体によくお湯を流し、手グシでしっかりとヘナトリートメントを洗い落としましょう。

⑥タオルでしっかりと拭く

頭皮 乾燥 フケ ローション 原因 かゆみ シャンプー 対策ヘナトリートメントは洗い流した後でも、ヘナの色味がタオルなどに移ることがあります。
髪が濡れた状態にあると、より色移りしやすくなるので、お風呂から出た後はできるだけ早めに髪を乾かしましょう。

清潔かつ、ヘナの色が移っても支障のないタオルで丁寧にタオルドライしてから、ドライヤーで乾かしましょう。

4.ヘナトリートメントの注意点

無添加 シャンプーこの章では、ヘナトリートメントを使用する際の注意点3つをご紹介します。
ヘナトリートメントは、通常のトリートメントと同じく髪をケアするためのアイテムです。
使い方は大体通常のトリートメントと同じですが、ヘナが配合されていることで少しばかり気を使うべきポイントがあります。

以下の3点に注意して使用することで、ヘナトリートメントを上手に使いこなしましょう。

①使用する前に、肌にクリームを塗る

保湿 ボディクリーム2ヘナトリートメントは、ヘナの染料が肌に付着してしまうことがあります。

ヘナトリートメントを使用する前に、額や襟足、耳の前などの生え際にクリームを塗ることで、ヘナの染料が肌に付着してしまうことを防ぎましょう。

使用するクリームは、普段スキンケアに使用しているもので構いません。
ヘナトリートメントが肌に付着した場合は、すぐに水を含ませたティッシュでふき取りましょう。

②説明書に明記された放置時間を守る

保湿 ボディクリームヘナトリートメントは、放置時間が設けられていることが多くあります。
髪に塗布した状態のまま数分置くことで、ヘナの染料を髪に定着させやすくしているのです。

とはいえ、放置時間を長くすればするほど髪への定着がよくなるわけではありません。
放置時間は、メーカーや製品が定めた時間を守るようにしましょう。

③ヘナトリートメントの色落ちに備える

30代 クレンジング おすすめヘナトリートメントに含まれているヘナの染料は、髪へ定着するのに時間がかかることがあります。
そのため、ヘナトリートメントを使用し始めたばかりの頃は、ヘナの染料が色落ちしやすいことがあります。
お風呂上りのタオルにヘナの色が移ったり、枕に色味が移ってしまうことがあるので、使い始めの頃は枕に汚れてもよいタオルを敷くなどをおすすめします。

また、髪が濡れた状態にあると、ヘナの色落ちがしやすいとされています。
ヘナトリートメントを使用した際は、お風呂上りにしっかりと髪を乾かすようにしましょう。

5.まとめ

ヘナトリートメントについて、魅力や特徴、種類、おすすめのヘナトリートメント、使い方などをご紹介しましたが、いかがでしたか?
ヘナトリートメントは髪のお手入れをすると同時に、白髪や痛んだ毛先などを色づけることができるヘアケアアイテムです。
白髪が気になる方や、痛んだ毛先の退色が気になる、という方は、ぜひ一度お試しくださいね。