2018年11月8日 更新

ヘアカラー後のシャンプーで色持ちが変わる!おすすめ8選&お手入れ方法

ヘアカラー シャンプー しない いつから おすすめ 長持ち「ヘアカラーした日の夜って、なぜシャンプーをしてはいけないのかな?」と疑問に思ったことはありませんか?

お出かけ前に美容室に行き、ヘアカラーをしてもらって1日過ごした夜には、シャンプーで髪の毛を洗いたくなってしまうこともありますよね。

そこで今回は、なぜヘアカラーや白髪染めをした日の夜にシャンプーをしない方が良いのか、翌日以降にシャンプーをするときのポイント、ヘアカラー後の髪のお手入れ方法をご紹介します。

キレイなヘアカラーを長く楽しむためのポイントがたくさん詰まっているので、ぜひ参考にしてみてください♪


1.ヘアカラーした日はシャンプーできない?

ヘアカラー シャンプー しない いつから おすすめ 長持ち
美容室でヘアカラーや白髪染めをしたとき、「今日はシャンプーをしないでくださいね!」と言われたことはありませんか?
美容師さんのその言葉には、少しでも長く、ヘアカラーをキレイな状態で楽しんでもらいたいという気持ちが詰まっています。

実はヘアカラーは、美容室で髪を染めて洗い流して乾かして、帰るときには完成しているというわけではありません。
美容室から帰った後も、髪の毛が空気に触れて酸素を取り入れることで、ゆっくりと髪の毛にヘアカラーが定着していくのです。

ある程度ヘアカラーが定着するまでには、少なくとも24時間程度の時間が必要だと言われています。
またしっかりと定着させるためには、1週間程度必要ともされているのです。

そのため、ヘアカラーが定着しきっていない間にシャンプーをしてしまうと、髪の毛や頭皮の汚れと一緒に、ヘアカラーも洗い流してしまうことがあります。

ヘアカラーをした当日は、シャンプーをしない方が良いと言われているのは、そのためです。

しかし施術方法や使用したヘアカラーによっては、24時間以内にシャンプーをして良い場合も、48時間以上しない方が良い場合もあります。
自分はいつからシャンプーをしても良いのかは、担当してもらった美容師さんに確認するようにしましょう。

2.ヘアカラー後のシャンプーのポイント

ヘアカラー シャンプー しない いつから おすすめ 長持ち前章でもお話ししたように、ヘアカラーや白髪染めがしっかりと定着するためには、1週間ほどの時間が必要になります。

そこで、ヘアカラーをした翌日以降にシャンプーをする際に意識してほしいポイントがあります。
それは髪の毛をいたわりながらシャンプーをするということです。

髪の毛に負担がかかり傷んでしまうことによって、ヘアカラーの持ちが悪くなってしまうからです。

こちらでは髪をいたわりながらシャンプーをするために意識してほしい、具体的なポイントを3つご紹介します。