2018年11月12日 更新

ブラジャーの洗い方って?お手入れ上手で型くずれは防げる!

ブラジャー 洗い方

いつのまにか型くずれしがちなブラジャー。

気に入って購入したものだからこそ、なるべくキレイな状態で長く愛用したいですよね。

実は、ブラジャーの型くずれを防いだまま、長持ちさせるために1番大切なのは「洗い方」を意識すること!

そこで今回は、ブラジャーの正しい洗い方とその後の干し方、収納方法からおすすめアイテムのことまで。

ブラジャーの基本についてたっぷりとご紹介します。



1.ブラジャーの基本的な洗い方

男性が好きな女性の下着

ブラジャーは、そのままの状態で洗濯機にポイッ!なんて洗っていませんか?

実はそれ、ブラジャーの洗濯方法で1番NGなやり方なのです。

ブラジャーは丁寧に取り扱うことが大切!そこで、まずはブラジャーの基本的な洗い方をお伝えします。

1-1.ブラジャーを洗う前に知っておいてほしい3つのこと

◎洗濯タグを必ず確認する

洗濯をする前に必ずタグを確認し、それに従った洗濯方法で洗うようにしましょう。

◆ブラジャーに多い洗濯表示◆ブラジャー洗濯表示

◎洗剤は中性洗剤を使う

ブラジャーを洗うときは、基本的におしゃれ着用洗剤(中性洗剤)を使用するようにしましょう。何も気にせずアルカリ性洗剤を使用すると、刺繍やフリルなど繊細な生地を傷めてしまうこともあります。

◎ブラパッドは外し、ホックは留めた状態にする

パッドを外せる場合は外し、ホックは留めた状態で洗濯をします。型くずれを防ぐための大切なポイントです。

1-2.ブラジャーの洗い方

続いては、ブラジャーの正しい洗濯方法をご紹介します!

今回ご紹介するのは手洗いと洗濯機での洗濯方法の2種類。

ブラジャーは手洗いをするのが基本ですが、洗濯機で洗う場合の最低限やっておくべき手順も併せてご紹介します。

◎ブラジャー|基本的な手洗いのやり方

加齢臭 石鹸 効果 ボディーソープ ランキング 柿渋 安い 市販 ドラッグストア①ぬるま湯にブラジャーを浸す

皮脂や汚れを十分に落とすためには、ぬるま湯で洗うのがベスト!

温度が熱すぎてしまうと、ブラジャーを傷つけてしまうこともあるので注意しましょう。

②洗剤をぬるま湯によく溶かす

洗剤が直接ブラジャーにかからないよう、ぬるま湯によく溶かしてから洗います。

③優しくふり洗いをする

ブラジャーを手洗いするときに1番よいのが、ふり洗い。

揉み洗いなどは、カップがへこんでしまう場合もあるので、汚れがひどい場合以外はなるべく避けましょう。

④2回ほどすすぐ

洗剤が残らないよう、すすぎはしっかりと行いましょう。

洗剤残りは、色落ちなどの原因になってしまうこともあります。

⑤タオルで水気を取る

洗濯をした後は、乾いたタオルで水気を十分に吸い取りましょう。

タオルを強く当ててしまったり、ブラジャーを絞るのはNGです。

⑥形を整える

ある程度脱水できたら、ブラジャーの形を整えましょう。

カップの形を戻し、レースや生地がシワにならないよう、丁寧に整えます。

◎ブラジャー|洗濯機での洗い方

アロマオイル 使い方_洗濯

続いては、洗濯機でブラジャーを洗う場合に最低限してほしい手順をご紹介します。

ブラジャーは手洗いが基本ですが、洗濯機を使うときでも型くずれを防ぎたいという方はぜひチェックしてみてくださいね。

①下着用洗濯ネットにブラジャーを入れる

このときホックを留め、ブラジャーを2つ折りにして洗濯ネットに収納するのが理想です。

平たい洗濯ネットではなく、立体的な洗濯ネットが◎

②弱水流で数分間洗う

ブラジャーを洗濯するときは、弱水流で6分程度、もしくはランジェリーコースやソフトコースを設定しましょう。

※長時間の洗濯は控えましょう。

③洗濯機での脱水は避ける

洗濯機で脱水するのはなるべく避け、手洗いと同じようにタオルで脱水させましょう。

1-3.ブラジャーを洗うときのポイント

・ブラジャーは1枚ずつ洗う

色移りを避けるために、ブラジャーは1枚1枚分けて洗うようにしましょう。

洗う際は淡い色から濃い色の順番に洗うようにするのが◎

※洗濯機を使用する場合は、ブラジャー1枚に対して、1つの洗濯ネットを使用すれば他の洗濯物と一緒でも大丈夫です。

・ブラジャーは着けたその日に洗う

1日肌に密着するブラジャーは、黄ばみの原因ともなる皮脂や汗汚れが残りやすくなっているため、着けたその日に洗うのがベストです。

洗う頻度に夏や冬といった季節は関係ありません!

2.ブラジャーの基本的な干し方

加齢臭 原因 洗濯物

続いては、ブラジャーの干し方をご紹介します。

干すのが面倒だからといって、ブラジャーを乾燥機に入れるのはNG。

乾燥機の熱が原因となって生地が縮んでしまったり、型くずれしやすくなってしまうことも。

正しく洗濯した後は、正しく干すことも重要ですよ!

2-1.基本的なブラジャーの干し方

ブラジャーの干し方としておすすめしたいのは、下記の2パターンです。

①逆さにして干す

干す①

このとき洗濯バサミでアンダー部分(ワイヤーの下あたり)を2か所挟むようにして干します。

②真ん中を折るようにして干す

干す②

ブラジャーの中央部分を2つに折るようにしてハンガーにかけて干します。

このときもホックは留めた状態にします。

2-2.ブラジャーを干す際に意識したいポイント

・直射日光には当てない

直射日光を当ててしまうと、生地の色があせてしまったり、黄ばみの元となってしまう場合もあります。

干すときはなるべく直射日光を避け、風通しのよい日陰などで干すようにしましょう。

・形を整えてから干す

干す前に必ずブラジャーの形を整えましょう。

カップを整え、ホックは留めた状態にすると◎

3.ブラジャーの基本的な収納方法

ランジェリー 収納

続いては、ブラジャーの基本的な収納方法についてご紹介します!

3-1.収納方法

◎ワイヤー入りブラの場合

ワイヤーブラ たたみ方形を整えたら、ストラップをカップの内側に隠すようにして収納します。

◎ノンワイヤーブラジャーの場合

ノンワイヤーブラ たたみ方2つに折るようにしてコンパクトに収納します。

3-2.ブラジャーの収納をする際に意識したいポイント

◎ブラジャーはたたんで収納する

ブラジャーはたたんでから収納するようにしましょう。

ハンガーに吊るしての収納は、ストラップがのびてしまうため、必ずたたんでから収納することが大切です。

◎ホックを留めた状態で収納する

ホックを留めないで収納してしまうと、一緒に収納するアイテムと引っかかって傷つけてしまうことも。ホックを留め、形を整えてから収納するようにしましょう。

◎スペースにゆとりをもって収納する

スペースにはゆとりをもって収納するようにしましょう。ちなみに、ビニール袋などに密閉した状態で収納するのはカビが発生する原因になってしまうためNGです。

4.洗濯しやすくて便利!おすすめアイテム&ブラジャー

続いては、ブラジャーを洗濯するときに重宝するおすすめアイテムと、簡単に洗濯をしたい方におすすめのブラジャーをご紹介します。

◆ピーチジョン ミラクルワークブラ

ピーチジョンサイズ:A70~F75カラー:全7色価格:各3,280円(税抜)
ワコール系列のブランドであるピーチジョンから発売されたミラクルワークブラ。ワークシーンでもフィットしやすい着け心地と、洗濯の手軽さを求める大人女子のわがままを叶えます。秘密は柔らかく曲がるワイヤーと、洗濯中でも引っかかりにくいよう工夫されたホック!ネット不要でそのまま洗濯機で洗えちゃうと、今クチコミで話題のブラです♡
ピーチジョン ミラクルワークブラ
ピーチジョン ミラクルワークブラ

◆ワコール ランジェリーウォッシュ

専用ウォッシュ価格:500円(税抜)
ワコールから発売されたランジェリー専用洗剤。ブラジャーの繊細なレースや刺繍を傷めないよう作られた洗剤で、デリケートなデザインのものを洗うときにぴったりです!フローラルのような、ほのかにいい香りが楽しめるのもポイントです。
ワコール ランジェリーウォッシュ
ワコール ランジェリーウォッシュ
ワコール ランジェリーウォッシュ

5.まとめ

胸 ニキビ 美肌 ケア 肌なじみのいい衣類 下着

今回はブラジャーの正しい洗い方から干し方、収納方法&おすすめアイテムのことまでご紹介しました!

ブラジャーを丁寧に洗うことで、お気に入りのブラも長く愛用することができますよ。

どんなときもキレイな状態の下着を保つためにも、今日から実践してみてくださいね♡