2017年10月5日 更新

コンシーラーブラシおすすめ18選!選び方・使い方・お手入れも大事!

コンシーラー ブラシ

使いやすいコンシーラーブラシを探していませんか?

今回は、コンシーラーブラシのメリットから、選び方、肌らぶ編集部おすすめのコンシーラーブラシ、使い方のポイント、お手入れ方法までまとめてご紹介します!

コンシーラーブラシは、メイク上級者のアイテムというイメージを持つ方も多いかもしれませんが、使い方が難しいわけではありません。

隙のないキレイなメイクをより手軽に仕上げるために、ぜひコンシーラーブラシを取り入れてみてくださいね!



1. コンシーラーブラシを使うメリット&選び方

コンシーラーブラシ おすすめ メリット 効果はじめに、コンシーラーブラシを使うことのメリットと、コンシーラーブラシを選ぶ際に意識したいポイントについてご紹介します。

心地よく使えてメイク時間を楽しくしてくれるブラシに出逢うためにも、チェックしてみてくださいね。

①コンシーラーブラシを使う3つのメリット

コンシーラーブラシ おすすめ メリット 効果コンシーラーブラシを使うメリットは、主に3つあります。

メリット 1 目元や小鼻のまわりなど、立体的で細かな部分も塗りやすい。

メリット 2 指で塗るよりも、ムラになりにくく、均一に塗りやすい。

メリット 3 狙ったところにピンポイントでキレイにピタッと塗りやすい。

コンシーラーブラシは、メイクのヨレが気になる方や、メイク崩れが気になる方におすすめです。

より完成度の高いメイクを目指すためには、コンシーラーブラシはなくてはならないアイテムのひとつと言えるでしょう。

②コンシーラーブラシの選び方

コンシーラーブラシ 選び方 おすすめ

コンシーラーブラシを選ぶ際は、主な目的にあった筆先のサイズ(細さ)を選ぶことも大事ですが、同時に、毛質と使いやすさにも注目するのがおすすめです。
選び方のポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

選び方のポイント 1 筆先のサイズ

目の下のクマなど一定の範囲を隠したいのか、ピンポイントのシミを隠したいのか、用途が決まっている場合は、それに応じた筆先のサイズ(細さ)のものを選びましょう。

選び方のポイント 2 毛質

そして毛質は、コンシーラーブラシの場合、基本的に、「やわらか過ぎず、少し硬めのコシがある毛質」のものが使いやすいでしょう。
ナイロンなどの化学素材やイタチの毛などが、毛質がしっかりめだといわれています。

選び方のポイント 3 持ちやすさ

また、全体のデザインとして、柄の部分に十分な長さがあって、持ちやすいグリップのものなどが使いやすいので、実際に持った感じを想像しながら選ぶとよいですね。

2. 肌らぶ編集部おすすめコンシーラーブラシ

コンシーラーブラシ おすすめ 選び方 使い方 お手入れ肌らぶ編集部がおすすめしたいコンシーラーブラシをたっぷり15選、価格帯別にご紹介します!

各化粧品メーカーから、さまざまなコンシーラーブラシが販売されていますので、ぜひ、価格の面でも、使い心地の面でも、自分好みのコンシーラーブラシを見つけてくださいね。

◆コンシーラーブラシ【2,500円以下】5選
◆コンシーラーブラシ【2,500~3,500円】5選
◆コンシーラーブラシ【3,500円以上】5選
◆コンシーラーブラシ【番外編 筆先の細いコンシーラー】3選

肌らぶ編集部おすすめコンシーラーブラシ
◆コンシーラーブラシ【2,500円以下】5選

クマ メイク TOP 女

肌らぶ編集部がおすすめしたいコンシーラーブラシの中から、2,500円(税抜)以下の手に取りやすい価格で、通信販売で購入可能なブラシをセレクトしました。

ナイロンやPBT(ポリブチレンテレフタレート)など、合成繊維を使ったブラシです。ぜひチェックしてみてください。

■資生堂 ザ・メーキャップ コンシーラーブラシ

資生堂 ザ・メーキャップ コンシーラーブラシ価格:2,000円(税抜)

コシがある毛質で使いやすい資生堂 ザ・メーキャップのコンシーラーブラシ。狙った部分に的確に塗りやすいので、ムダなく肌悩みをカバーしてキレイに仕上げたい方におすすめ!耐久性のよいナイロン毛使用なので、頼れる1本として活躍してくれそうです!

公式HPはこちら

■白鳳堂 G540 コンシーラー 丸平

白鳳堂 G540 コンシーラー 丸平価格:1,800円(税抜)

熊野筆で知られる白鳳堂のコンシーラーブラシ。適度なコシがあり、油分とのなじみのよい合成繊維を使っているのが特長です。毛丈が約16mmとたっぷりめなので、広範囲をカバーする場合にも使いやすいブラシです。

公式HPはこちら

■ミシャ アーティスツール コンシーラーブラシ(#104)

ミシャ アーティスツール コンシーラー ブラシ(#104)価格:700円(税抜)

韓国で知られるコスメメーカーMISSHA(ミシャ)のコンシーラーブラシ。
弾力のある毛質で、毛先が三角形になっているので、細かい部分を塗るのにも便利な1本です。

公式HPはこちら

■フェリセラ タッチブラシ

フェリセラ タッチブラシ価格:700円(税抜)

太い毛を混ぜることでブラシにコシを出したコンシーラーブラシ。手に取りやすい価格が魅力です。肌あたりもよいので、コンシーラーを肌に密着させて仕上げやすいです。人工毛なのでお手入れがカンタンなのも魅力。

公式HPはこちら

■志々田清心堂 コンシーラーブラシ (丸平)MR-212

志々田清心堂 コンシーラーブラシ (丸平)MR-212価格:400円(税抜)

1946年創業の筆メーカー、志々田清心堂のコンシーラーブラシ。ポリエチレン素材を使用した、手に取りやすい価格のブラシです。
オンラインショップから購入可能!アイシャドウブラシとして使うこともできます。

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめコンシーラーブラシ
◆コンシーラーブラシ【2,500~3,500円】5選

コンシーラーブラシ おすすめ 選び方 使い方 お手入れ

肌らぶ編集部がおすすめしたいコンシーラーブラシの中から、価格が2,500~3,500円(税抜)で、公式オンラインショップやデパートのオンラインストアで購入可能なコンシーラーブラシをセレクトしました。

シンプルな中にも、メイク上級者の雰囲気を感じさせる仕様・スタイリッシュなデザインのコンシーラーブラシが多くありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

■ディオール バックステージ コンシーラーブラシ

ディオール バックステージ コンシーラーブラシ価格:3,300円(税抜)

完璧を目指すステージを支える、ディオールのコンシーラーブラシ。細かな部分も狙って塗りやすいようにカッティングされた毛先と弾力のある毛先が特長です。コンシーラーのテクスチャーを問わず使いやすいのが魅力!

公式HPはこちら

■THREE コンシーラーブラシM

THREE コンシ ーラーブラシM価格:3,200円(税抜)

テーパードナイロンを使用したほどよく弾力のある毛質で、コンシーラーを肌に薄くピタッと密着させやすいコンシーラーブラシ。毛先の部分が細くなっているので、目元や小鼻のキワなどもスムーズに塗りやすい1本です。

公式HPはこちら

■アディクション コンシーラーブラシ

アディクション コンシーラーブラシ価格:3,000円(税抜)

根元にはボリュームがありながら、毛先は薄くなっているので、細かい部分も広い範囲もカバーしやすい平型のコンシーラーブラシ。肌あたりがよく、肌にコンシーラーをぴったりフィットさせることができます。

公式HPはこちら

■ベアミネラル マックス カバー コンシーラー ブラシ

ベアミネラル マックス カバー コンシーラー ブラシ価格:3,000円(税抜)

ナチュラルビューティをコンセプトに掲げるブランド、ベアミネラルのコンシーラーブラシ。重ねづけしてしっかり隠しながらも、より自然に仕上げたい時におすすめです!全体で約12.5cmと小さめなので、コンパクトサイズが好みの方に。

公式HPはこちら

■クリニーク コンシーラーブラシ

クリニーク コンシーラーブラシ価格:2,800円(税抜)

「ムラのない肌」であることを大切に考えているブランド、クリニークのコンシーラーブラシ。ほどよくハリとやわらかさのある毛質で、色ムラをキレイにカバーしやすい平筆です。シンプルな中に知性を感じる洗練されたデザインも素敵です。

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめコンシーラーブラシ
◆コンシーラーブラシ【3,500円以上】5選

コンシーラーブラシ おすすめ 選び方 使い方 お手入れ肌らぶ編集部がおすすめしたいコンシーラーブラシの中から、価格が3,500円(税抜)以上で、公式オンラインショップやデパートのオンラインストアで購入可能なコンシーラーブラシをセレクトしました。

いずれもこだわりの感じられるブランドのコンシーラーブラシです。
ブラシを手にしてメイクする時を想像しながら、楽しく選んでみてくださいね。

■シャネル パンソーコレクトゥール

シャネル パンソーコレクトゥール価格:5,600円(税抜)

1本に2種類のコンシーラーブラシがまとまっていて、かつキャップ付きで携帯可能なシャネルのコンシーラーブラシ。ピンポイントでカバーしたい時も、目元などの色ムラをカバーしたい時も、これ1本でスマートに進めることができるのが魅力です!

公式HPはこちら

■アルティザン&アーティスト 熊野筆 コンシーラーブラシ 7WM-PF05

アルティザン&アーティスト 熊野筆 コンシーラーブラシ 7WM-PF05価格:4,300円(税抜)

クリームやリキッド、パウダーなど、さまざまなタイプのコンシーラーに使えるコンシーラーブラシ。イタチの毛を使用していて、なめらかで弾力のある毛質が魅力です。
また、グリップ部分の形がオリジナルで使いやすいのもチェックポイント!

公式HPはこちら

■NARS クレームブレンディングブラシ#12

NARS クレームブレンディングブラシ#12価格:3,900円(税抜)

NARSのクリーム状のコンシーラーとの相性がよいコンシーラーブラシです。コンシーラーをブラシで肌にのせて、そのままブラシでなじませても、ムラになりにくくキレイな仕上がりに!指を使うのがイヤという方におすすめです。

公式HPはこちら

■M・A・C #195 コンシーラーブラシ

M・A・C #195 コンシーラーブラシ価格:3,700円(税抜)

さまざまな種類のメイクブラシを取りそろえている、M・A・Cのコンシーラーブラシ。プロフェッショナルなイメージのデザインが素敵な1本。先端が細い平筆タイプで、細かい部分に使いやすいのが魅力!リキッドやクリームタイプのコンシーラーに。

公式HPはこちら

■ボビイブラウン コンシーラー ブレンディング ブラシ

ボビイブラウン コンシーラー ブレンディング ブラシ価格:3,500円(税抜)

個性を大切にするNY発のブランド、ボビイブラウンのコンシーラーブラシ。コシのある毛質と、ほどよいボリューム感の毛量で、なめらかな使い心地。平らな形で先が細くなっている、目のまわりや小鼻の脇なども塗りやすいのがうれしいポイント!

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめコンシーラーブラシ
◆コンシーラーブラシ番外編【番外編 筆先の細いコンシーラー】3選

肌らぶ編集部がおすすめしたいコンシーラーブラシの中から、筆先が細いタイプで、通信販売で購入可能なブラシをセレクトしました。

筆先の細いものは細かい部分を塗る時に便利です。2本目のコンシーラーブラシとして、ぜひ、チェックしてみてください。

■ボビイ ブラウン コンシーラー ブラシ

ボビイ ブラウン コンシーラー ブラシ価格:3,600円(税抜)

NY発のブランドボビイブラウンの、毛先が細くなっているタイプのコンシーラーブラシ。目がしらのまわりなどの細かく繊細な部分のコンシーラーをのせる時に役立ちます。長さは17センチあり、柄が長いので不器用な方でもしっかり持ちやすいのも魅力!

公式HPはこちら

■THREE(スリー) コンシーラーブラシS

THREE コンシーラーブラシS価格:3,000円(税抜)

テーパードナイロンを使用した、弾力のある毛先が魅力のTHREEのコンシーラーブラシ。筆先が細くなっていて、目元の影や、しわの線など細部を塗るのに向いています。THREEらしいシンプルな中に品の感じられるデザインもおすすめのポイント!

公式HPはこちら

■白鳳堂 G516 コンシーラー 丸平

白鳳堂 G516 コンシーラー 丸平価格:2,500円(税抜)

合成繊維を使用した、筆先が細いタイプのコンシーラーブラシ。ニキビ跡やシミなど、隠したいピンポイントの部分にのせやすく、また、熊野筆で知られる白鳳堂ならではの使い心地のよさも魅力。キャップ付きなので携帯に便利なのも見逃せません!

公式HPはこちら

3. コンシーラーブラシの使い方(塗り方)

コンシーラーブラシコンシーラーブラシを使ってコンシーラーを塗る際に、ちょっとしたポイントを意識することで、よりキレイにメイクを仕上げることができます。

コンシーラーブラシを使ったコンシーラーの塗り方のコツとして、3つのポイントをご紹介します。

①量の調整

手の甲で、コンシーラーの量を調節してから肌にのせるようにしましょう。

②塗る範囲

目の下のクマなどを隠す場合は、斜めの線を何本か描くようにコンシーラーを肌にのせましょう。
クマ メイク④

シミやニキビ跡などピンポイントで隠したい場合は、隠したい部分をやや広めにカバーするようにコンシーラーをのせましょう。

③なじませ方

コンシーラーをのせたら、隠したい部分の中心はできるだけ触らず、その周囲をぼかすようにして、他の肌の色になじませましょう。

小さなシミなどを隠したい時は、隠したい部分のまわりを綿棒などでなじませるとキレイに仕上がります。
指だとどうしても隠したい中心の部分まで一緒にぼかしてしまいがちなので、細かい部分には綿棒がおすすめです。

【肌らぶ編集部おすすめのコンシーラー】

乾燥の気になる季節にも使いやすい、保湿成分配合の美容液タイプのおすすめコンシーラーです。

■POLA  ミュゼル スポッツコンシーラー

ミュゼル スポッツコンシーラー(小鼻 赤み)価格:3,000円(税抜)

保湿成分としてビタミンC誘導体、メリッサエキスを配合した、美容液のよさを取り入れたクリームタイプのコンシーラー。肌に密着して、シミや肌の色ムラを自然に隠してくれます。ピンポイントで肌悩みを隠したい方におすすめしたい1品です!

公式HPはこちら

4. コンシーラーブラシのお手入れ

コンシーラーブラシ おすすめ 選び方 使い方 お手入れコンシーラーブラシのお手入れの基本は、「毎回使った後にティッシュでふき取り、清潔に保つ」ことです。

そして、できれば、「2~3週間に1回程度、ブラシクリーナーで洗う」のがおすすめです。

コンシーラーというアイテムが油分をたくさん含んでおり、ティッシュでふき取るだけではちゃんとは汚れが落ちにくいからです。
夏場などは雑菌の繁殖なども気になりますので、肌がデリケートになりやすい方などは特に、定期的なクリーニングを心がけましょう。

ブラシクリーナーがない場合は、薄めた中性洗剤や石鹸、シャンプーなどでも構いません。
動物の毛を使ったブラシの場合は、メーカーの説明をよく確認してから洗いましょう。

コンシーラーブラシ お手入れ⇒メイクブラシクリーナーや洗い方について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
【メイクブラシクリーナーおすすめ9選!使い方・洗い方のポイントも確認!】

5. コンシーラーブラシまとめ

コンシーラーブラシ

今回は、コンシーラーブラシのメリットから、選び方、おすすめのコンシーラーブラシ、使い方のポイント、お手入れ方法までまとめてご紹介しました。

肌悩みが増えてきた女性の強い味方となるコンシーラーブラシ、一度使い始めると手放せなくなるアイテムのひとつかもしれません。

コンシーラーブラシを使いこなして悩みを上手にカバーし、自信にあふれたキレイな肌に仕上げましょう。

メイクアップツール関連記事

メイクブラシの洗い方!面倒くさがり屋におすすめの洗い方を検証!

メイクブラシクリーナーおすすめ9選!使い方・洗い方のポイントも確認!

メイクスポンジおすすめ11選!メイクのりが違う?!スポンジの使い方&洗い方!

リップブラシの選び方&おすすめ13選+美しく仕上げる使い方

【保存版】おすすめチークブラシ特集!メイクに合わせた選び方もご紹介

眉毛カッター(シェーバー)のおすすめ10選!メンズ用も女性用も