2017年4月6日 更新

首の乾燥の原因と対策をチェック!魅せる首~デコルテへ♡

首 乾燥「顔の乾燥対策はしっかりしているし、手先の乾燥対策にハンドクリームも塗っているけれど、首の乾燥は今まで放っていた…」という方は意外と多いのではないでしょうか?
春夏に衣替えして、ハッと気づいたときには、かなり乾燥が進んでいることもあるかもしれません。

今回は、首の肌乾燥の原因と対策についてご紹介します。

「首には年齢サインが表れやすい。」…切ないですが、これもひとつの事実ですね。

毎日の顔のお手入れと合わせて、首・デコルテもしっかりお手入れして、魅せる首~デコルテを目指しましょう!



1. 首の乾燥の主な5つの原因

首 乾燥
首の乾燥のお手入れをはじめる前に、首の乾燥の主な5つの原因について、簡単にご紹介します。

ご自身に当てはまる原因をチェックしたら、それを踏まえたお手入れをぜひ今日からとりいれてみることをおすすめします。
(お手入れ方法は第2章【2. 首の乾燥対策|3つの習慣】でご紹介します)

首の乾燥の原因
① 汗

首 乾燥首まわりは意外と汗腺が多く、汗をかきやすい部位のひとつと言われています。

汗をかくと、蒸発する時に肌の水分を一緒に奪ってしまうことがあるので、汗をかく季節や日常的に運動してよく汗をかく方などは注意が必要です。

水分が奪われることによって肌の水分と油分のバランスが崩れると、角層のキメが乱れ、上手にうるおいを保つのがむずかしい肌状態になってしまうことがあります。

また、大量にかいた汗を放置すると、もともとは弱酸性の肌表面がアルカリ性になってしまうことがあります。
放置されてアルカリ性になってしまった汗は、乾燥や肌荒れなどの肌悩みの引き金になることがあると言われています。

首の乾燥の原因 
② 紫外線

首 乾燥紫外線を過剰に、または繰り返し浴びることで、肌のハリが失われることがあるという話はご存じの方が多いのではないでしょうか。

紫外線はすこやかな肌の状態を乱し、ハリだけでなく、潤いを保つちからも弱めてしまうと言われています。
つまり、乾燥しやすくなるのです。

首の乾燥の原因 
③ 皮膚の薄さ

首 乾燥首の前側の皮膚は、体の他の部位に比べると薄いと言われています。

薄いために、他の部位よりもうるおいを保つのが得意ではなく、もともと乾燥しやすい部位だと考えられています。

首の乾燥の原因 
④ 外からの肌ストレス

首 乾燥薄くてやわらかい首の皮膚はとてもデリケートで、衣類やアクセサリーによる摩擦などが肌ストレスになりやすいです。

外からのストレスを受けた肌の角質が厚くなり、肌表面のキメが粗くなると、肌が乾燥しやすくなることがあると言われています。

首の乾燥の原因
⑤ 何らかの病気など

首 乾燥その他に、なんらかの病気により、肌が乾燥していることもあります。
病気の場合は、根本からの治療が大事です。
乾燥がひどい、かゆみがある、赤みがある、など何かしら気になる点がある方は、一度、病院を受診してみてくださいね。

2. 首の乾燥対策|3つの習慣

首 乾燥首やデコルテの乾燥が気になる状態というのは、お肌がデリケートに傾きかけている状態です。
乾燥を防ぐのはもちろんのこと、思いがけない肌荒れを防ぐためにも、今からしっかりとお手入れしていきましょう。

ぜひ習慣として取り入れていただきたい、首・デコルテの乾燥対策を3つご紹介します。

美しい首~デコルテのために、新しい季節に備えてしっかりお手入れしていきましょう。

2-1 汗をかいたら拭く

首 乾燥原因の章でお話したように、汗をかいたままにすると、蒸発とともに肌の水分も奪われてしまったり、放置された汗がアルカリ性に変わり、肌への負担になったりすることがあります。
汗をかいたら、こまめに拭くことを心がけましょう。

首やデコルテの汗を拭く時は、清潔な濡れタオルでやさしく押さえるようにして拭くのがおすすめです。
ゴシゴシと乱暴に拭くと、デリケートな首の肌に強い摩擦を与えてしまいます。やさしくふきとってくださいね。

また、シャワーをあびて全身を清潔に保つのももちろんおすすめです。
シャワーの後は、放置された汗や汚れのついてない、清潔な新しい衣類を身につけましょう。

2-2 紫外線対策をする

首 乾燥首~デコルテの乾燥対策としてだけでなく、肌のハリが気になるなどの年齢サインへの対策としても、しっかりと紫外線対策を行うことはたいせつです。

日焼け止めを使うのはもちろんですが、つばの広い帽子や日傘、UV加工のされたストール・衣類なども合わせ使いして、紫外線を直接浴びるのをできるだけ避ける習慣を身につけましょう。

首~デコルテに使う日焼け止めは、顔より広い面積に塗ることを意識して、のびの良いアイテムを選ぶのがおすすめです。
日焼け止めは汗や皮脂等で取れやすいので、SPF・PAの指数にかかわらず、2~3時間おきに塗りなおすようにしてくださいね。首のうしろなども忘れずに!

2-3 しっかり保湿する

首 乾燥首~デコルテの保湿のお手入れを、毎日の習慣にしてください。

首~デコルテの皮膚は薄くてやわらかいですから、顔に使っているアイテムを流用して、顔と同じようにやさしくお手入れするとよいでしょう。

もちろん、首・デコルテ用のネッククリームや、手足に使うようなボディクリームも使うのもOKです。

ただ、お肌のお手入れというのは、毎日の継続がたいせつです。
首 乾燥あまりアイテムの数が増えると、手間に感じてしまってなかなか習慣づかないこともありますので、「毎日忙しいからできれば時短で…」とお考えの方は、いつもの顔のお手入れの延長線上で首~デコルテのお手入れをすることをおすすめします。

たいせつなのは、毎日の保湿のお手入れを継続することですから、どのようなアイテムを使うのであれ、ぜひ習慣にすることを目指してみてください。

顔のお手入れに合わせて首~デコルテのお手入れをする場合は、化粧水と乳液(クリーム)を使った2ステップのお手入れを、基本とすることをおすすめします。
潤いを与えて、保つ。この2ステップのお手入れを行いましょう。

もしも、アイテム選びに迷ったら、保湿成分がしっかり入っていて、かつ、肌につけたときのテクスチャーが心地よいものを選ぶようにしてみてください。
首からデコルテにかけてというのは意外と面積もありますので、肌に触れたときの感触も重視すると、お手入れタイムをよりリッチな気分で過ごすことができます。

◆肌らぶ編集部おすすめのスキンケアアイテム

コクのあるテクスチャーと華やかなフルーティフローラルの香りで、気持ちよくお手入れできそうなおすすめのスキンケアセットをご紹介します。

POLA 【RED B.A モイスチャースターターセット】
RED B.A モイスチャースターターセット販売:POLA

ポーラオリジナルの保湿成分EGクリアエキス配合で、肌にしっかりとうるおいを与え、なめらかにしてくれる、RED B.A ローションとRED B.A ミルクがセットになった、RED B.A.ラインのスターターキットです。RED B.A ローションは、とろみが特徴的で、肌にまろやかにのばしながら、角層のすみずみまで潤いをとどけるお手入れを楽しめます。RED B.A.ミルクも、こっくりした美容液のようなテクスチャーが特徴的なアイテムです。
肌にじっくりと絡むようになじんでいき、ゆったりとリッチな気分のお手入れを楽しめます。
肌をやわらげ、なめらかなハリ感のある肌に整えてくれます。
公式HPはこちら(オレンジ)

3. まとめ

首 乾燥今回は、首の乾燥が気になる方へ、原因と対策をご紹介しました。

ぜひご紹介した3つの習慣を心がけるとともに、「栄養バランスのよい食生活」や「質の良い睡眠」も意識してみてくださいね。
すこやかな肌へのステップに、インナービューティはかかせません。

魅せる首~デコルテを目指して、いろいろな角度から、しっかり対策していきましょう。

この記事は2017年4月6日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。