2017年4月13日 更新

マツエク愛用者に捧げる!まつ毛美容液の選び方とその魅力♡

マツエク  美容液「マツエクはやめたくないけど、自まつ毛も大切にしたい!」「マツエク中でも使えるおすすめのまつ毛美容液ってどれなんだろう?」とお悩みではありませんか。

マツエクはすっぴんでも自信がもてたり、美しい目元の印象を演出することができたりと理想の目元を作れる素敵な美容アイテムとして愛用者も多いですよね。

しかし、年齢を重ねると目元の悩みやまつ毛の悩みが出てきたり、メイクの仕上がりを左右するようなこともあるため、新たなスキンケアの習慣として、まつ毛美容液が注目されているのです。

そこで、今回はマツエク中の方にもおすすめのまつ毛美容液や、まつ毛美容液の魅力などについてご紹介します。



◆肌らぶ セレクション◆

シーエスシー リバイブラッシュ
リバイブラッシュ
内容量:6g
価格:5,370円(税抜)
定期購入の場合:4,370円(税抜)

【肌らぶ編集部コメント】
4種の保湿成分、オリゴペプチド-20、24、41、アセチルデカペプチド-3を配合。

まつげのハリ・コシ・ツヤ感・しなやかさをサポートしてくれるまつ毛美容液です。

マツエク中でも、気になるまつ毛のお手入れができます。

定期コースの場合、60日間全額返金保証付きなので試しやすいですね。※2017年4月時点、初回限定

公式HP

1. マツエク中にもまつ毛美容液は欠かせない!

マツエク 美容液マツエクをしている方にとっても、マツエク中のすこやかな自まつ毛をキープさせるまつ毛美容液は欠かせない美容アイテムと言っても過言ではないでしょう。

マツエクをつけたまつ毛は、知らず知らずのうちに負担になっていることもあると言われているため、エクステの土台となる自まつ毛を、すこやかな状態に保つことはとても大切です。

すこやかなまつ毛にとって必要な条件には、まつ毛のハリやコシなどが挙げられます。

このようなまつ毛の状態をキープさせ、マツエクを長持ちさせるためにも、まつ毛美容液は役立ちます。

また、マツエクは自まつ毛に付けるため、毛の量が多い方がボリューム感を出せたり、デザインの幅も広がったりと、理想の目元をつくることができるでしょう。

2. マツエク愛用者にも!まつ毛美容液の選び方

マツエク 美容液ここでは、マツエク愛用者にもおすすめの、まつ毛美容液の選び方のポイントを2つお伝えします。

2−1. ハリやコシを与える美容(保湿)成分配合の美容液を選ぶ

マツエク中でも、すこやかなまつ毛をキープするためには、ハリやコシを与える美容(保湿)成分配合の美容液を選ぶとよいでしょう。

例として、ハリ・コシを与えるためによく配合されている保湿成分は、以下のようなものが挙げられます。

・センブリエキス
・オタネニンジン根エキス
・ビオチノイルトリペプチド-1、オクタペプチド-2などのペプチド
・イラクサ など

また、すこやかなまつ毛をキープするために、下記のような保湿成分があわせて入っているものもよいでしょう。

・ヒアルロン酸
・パンテノール
・加水分解シルク
・コラーゲン
・BG など

2−2. 使いやすい形状・価格のまつ毛美容液を選ぶ

まつ毛美容液とひとことに言っても、さまざまな種類があります。

形状や価格など自分が使いやすいものを選びましょう。

まつ毛美容液の先端の形状は主に、筆タイプ・チップタイプ・ブラシタイプの3種類があります。

それぞれの特徴は以下のとおりです。


【筆タイプ】

まつ毛の根元やまつ毛の隙間など、細かなところまで塗りやすい。


【チップタイプ】

目元の細かい部分にも肌あたりがよい。


【ブラシタイプ】

マスカラのように塗れるため、まつ毛1本1本に塗布しやすい。

また、毎日使うものなので、リピートしやすい価格のものを選んで、お手入れを継続していけるとよいですね。

3. マツエクを長持ちさせる+αアドバイス

マツエク 美容液 ここでは、マツエクを長持ちさせるためにおすすめの+αアドバイスを4つお伝えします。

3-1. オイルフリーのクレンジングを使う

マツエク中は「オイルフリー」「マツエクOK」の表示があるクレンジングを使うとよいでしょう。

しっかりメイクしているときは、メイク落ちを気にされることもあるかもしれませんが、リキッドタイプは比較的メイクも落としやすく、マツエク中の方にもおすすめです。

ナチュラルメイクの場合は、水クレンジングと呼ばれるタイプのものや、ジェルタイプのものもおすすめします。

※ジェルタイプのクレンジングには、オイルインタイプもあるので必ず表示を確認してください。

3-2. まつ毛美容液は洗顔後、清潔な状態の目元に塗布する

マツエク 美容液まつ毛美容液は洗顔後、清潔な状態の目元に塗布しましょう。

洗顔後の肌に塗布することで、しっかりまつ毛の根元になじませることができます。

商品によって異なるものもありますが、基本的には1日朝晩2回、毎日続けて使うとよいですね。

3-3. まつ毛美容液は正しい使用量・使用方法を守る

まつ毛美容液を使うときは、正しい使用量や使用方法を守りましょう。

量が少ないと美容液の魅力を実感しにくくなったり、量が多過ぎると目元になじみきらず目に入ってしまうことにつながってしまいます。

また、肌に合わない時は使用を中止しましょう。まつ毛美容液も化粧品などと同様に肌に合わないこともあります。

使用して合わなかった時はすぐに水で洗い流し、使用を控えましょう。

3-4. マツエク中のまつ毛はしっかり乾かす

ドライヤー お風呂上がりや洗顔後など、マツエク中はまつ毛をしっかり乾かすことをおすすめします。

マツエクのグルーは、ぬれた状態で放置すると剝がれやすくなることもあるため、髪を乾かすついでにドライヤーで乾かすとよいでしょう。

ドライヤーを使うときは、冷風でマツエクの下から30秒ほど風を当てます。

風が強すぎると、マツエクのカールがバラバラになってしまうので、気をつけましょう。

弱めの風にし、マツエクから30cmほどドライヤーを離して乾かしてください。
乾かしたあとにはコームを使うとよいでしょう。

4. マツエク美容液まとめ

マツエク 美容液マツエク中でもまつ毛をすこやかに保つために取り入れていただきたい美容液についてご紹介しました。

女性の印象は目元で決まる!とも言われています。

自分のまつ毛に自信を持ってメイクを楽しむためにも、まつ毛美容液を使ったスキンケア習慣を始めてみませんか。

この記事は2017年4月13日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。